文化財のタグまとめ

文化財」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには文化財に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「文化財」タグの記事(237)

  1. 【重要文化財】瀬底土帝君(沖縄県 本部町)行き方・見学のしかた - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】瀬底土帝君(沖縄県 本部町)行き方・見学...

    to page lastサイトマップ>沖縄県 江戸時代以前の文化財>瀬底土帝君瀬底土帝君(せそことぅんてぃくん、せそことていくん、しーくてぃーてぃんく、などの呼び方があります)は、沖縄本島と橋で繋がれた瀬底島のほぼ中央に位置する、沖縄地方独特の礼拝施設です。土帝君とは中国古来の土地神のことで、沖縄では本島を中心に、その木像を中国から持ち帰り、祀って信仰した場所が各地に存在しました。瀬底土帝...

  2. 【重要文化財】西願寺 阿弥陀堂(千葉県 市原市) - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】西願寺 阿弥陀堂(千葉県 市原市)

    to page lastサイトマップ>千葉県 江戸時代以前の文化財>西願寺阿弥陀堂西願寺(さいがんじ)の阿弥陀堂(あみだどう)は、室町時代中期の1495年、すぐそばにあった平蔵城(へいぞうじょう)の城主、土橋平蔵が仏門に入った時に鎌倉の職人に依頼して建てさせたお堂です。このお堂の特徴は屋根にあり、茅葺きで、ひさしの部分が長く、軒下が比較的大きく反っています。(と言っても他の茅葺きのお堂と比...

  3. 【重要文化財・史跡】円教寺(兵庫県 姫路市)訪問記・建造物解説 - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財・史跡】円教寺(兵庫県 姫路市)訪問記・建...

    to page lastサイトマップ>兵庫県 江戸時代以前の文化財>円教寺>建造物解説・訪問記灯篭の奥に、食堂(じきどう)円教寺(えんぎょうじ・圓教寺とも)への詳しい行き方、拝観のしかたは、前回の投稿ページを参照してください。円教寺は赤マーカー 1〜8スマートフォンはこちらのマップへ円教寺フォトギャラリー(141枚)円教寺のある書写山(しょしゃざん)の上に上がる、書写山ロープウェイ、山頂駅...

  4. 【重要文化財】総福寺 鎮守天満宮 本殿(大阪府 泉佐野市) - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】総福寺 鎮守天満宮 本殿(大阪府 泉佐野市)

    to page lastサイトマップ>大阪府 江戸時代以前の文化財>総福寺鎮守八幡宮本殿総福寺鎮守天満宮本殿(そうふくじ ちんじゅ はちまんぐう ほんでん)は、室町時代後期の1576年前後に建てられた、一間社 春日造(かすがづくり)という形式の小さな神社建築です。屋根は檜皮葺き(ひわだぶき)で、正面の柱上部、屋根との接続部分(持ち送り)にある龍の装飾が特徴となっています。崇福寺やこの鎮守天...

  5. 【登録有形文化財】川島町 旧配水計量室上家(神奈川県 横浜市) - 近代文化遺産見学案内所

    【登録有形文化財】川島町 旧配水計量室上家(神奈川県 ...

    to page lastサイトマップ>神奈川県 近代文化遺産>川島町 旧配水計量室上屋川島町 旧配水計量室 上家(かわしまちょう きゅう はいすいけいりょうしつ うわや)は、大正3年(1914年)に建てられた煉瓦造りの建物です。ここから坂を上がってすぐのところに、同時期の大正4年(1915年)に建造された横浜市西谷浄水場があり、そこからここまで水道水が送られてきます。それを現在の横浜駅周辺...

  6. 【登録有形文化財】横浜市 西谷浄水場(神奈川県 横浜市) - 近代文化遺産見学案内所

    【登録有形文化財】横浜市 西谷浄水場(神奈川県 横浜市)

    to page lastサイトマップ>神奈川県 近代文化遺産>横浜市西谷浄水場横浜市の西谷(にしや)浄水場は大正4年(1915年)に建造されました。小高い丘の上にあり、横浜市からは離れた神奈川県北部の相模湖から水を引いています。敷地は幾何学的な公園のように整備され、水を送る施設の上家(うわや)は白いラインが入った煉瓦造りの瀟洒なデザインとなっています。配水池の浄水井上家と配水井上家、ろ過池...

  7. 【重要文化財】成巽閣(石川県 金沢市) - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】成巽閣(石川県 金沢市)

    to page lastサイトマップ>石川県 江戸時代以前の文化財>成巽閣成巽閣(せいそんかく)は、江戸時代末期の1863年、加賀藩主の前田斉泰(まえだ なりやす)が母の隠居所として建てた住宅建築です。金沢城から見て南東方向、つまり巽(たつみ)の方角であることから、当初は巽新殿と呼ばれましたが、明治7年(1874年)に兼六園が一般公開される際に成巽閣と改称しました。一階が武家書院造り、二階...

  8. 【重要文化財】旧金澤陸軍兵器支廠(石川県立歴史博物館)(石川県 金沢市) - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】旧金澤陸軍兵器支廠(石川県立歴史博物館)...

    to page lastサイトマップ>石川県 近代文化遺産>旧金澤陸軍兵器支廠旧金澤陸軍兵器支廠(きゅう かなざわ りくぐん へいきししょう)は、旧日本陸軍の兵器庫として明治42年(1909年)から大正3年(1914年)にかけて建てられました。3つの細長いレンガ造りの建物からなっており、それぞれの長さが85〜90mもあります。西側から、第五號兵器庫(だいごごう へいきこ)、第六號兵器庫、第...

  9. 寄進者銘盤神奈川宮大工 - 堂宮大工 内田工務店 棟梁のブログ

    寄進者銘盤神奈川宮大工

    平塚市重要文化財北金目神社本殿修復事業の追加工事の状況です。覆殿の床板材です。吉野桧の尺三寸巾の床板です。シロアリにやられてしまった床板の交換です。根太の交換。既存の床板は、釘穴を埋木してから同じ位置に和釘で固定します。さて、寄進者銘盤の額が完成しました。とりあえず春のお祭りには白木で納めてから、塗装も完了し、金物を取付けて完成です。寄進者の芳名札を慳貪で入れ込みます。額受けの座布団も神仏具...

  10. 【史跡・名勝】松花堂およびその跡(京都府 八幡市) - 近代文化遺産見学案内所

    【史跡・名勝】松花堂およびその跡(京都府 八幡市)

    to page lastサイトマップ>京都府 江戸時代以前の文化財>松花堂およびその跡石清水八幡宮(国宝)の周辺には、かつて数多くの宿坊が立ち並んでいました。江戸時代前期、その宿坊のうちの一つ、瀧本坊の僧だった松花堂昭乘(しょうかどう しょうじょう)は、隠居後の住まいとして、別の宿坊である泉坊(いずみぼう)に庵を建てました。これが松花堂です。昭乘は当時、茶人、画家、書道家として有名で、当代...

  11. 【重要文化財】石清水八幡宮 五輪塔(京都府 八幡市)行き方 - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】石清水八幡宮 五輪塔(京都府 八幡市)行き方

    to page lastサイトマップ>京都府 江戸時代以前の文化財>石清水八幡宮五輪塔この五輪塔(ごりんとう)は鎌倉時代に建てられた石塔で、高さは約6m、底辺は約2.4mあり、国内最大級の大きさです。石塔を構成する5つの石材は、下から地、水、火、風、空を意味し、一番下の地輪(じりん)は、複数の石を組み合わせて四角形にしています。建立の由来は、摂津の国(現在の大阪府北部から兵庫県南東部)の商...

  12. 【重要文化財】旧春日大社 板倉(丸窓)(奈良県 奈良市)行き方・見学のしかた - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】旧春日大社 板倉(丸窓)(奈良県 奈良市...

    to page lastサイトマップ>奈良県 江戸時代以前の文化財>旧春日大社板倉(丸窓)この建物は、鎌倉時代後期の1291年に建てられた、春日大社の経蔵(きょうぞう。仏教の経典を納める蔵)でした。日本では奈良時代から、神仏習合といって仏教と神道を同じ境内で祀るということが行われてきました。明治時代に入って政府の神仏分離令により、神社から現在の地に移され、公園の東屋として利用されることにな...

  13. 静岡そぞろ歩き・レトロ探訪:御前崎灯台 - 日本庭園的生活

    静岡そぞろ歩き・レトロ探訪:御前崎灯台

    GWの静岡。天候はイマイチでしたが、御前崎に行ってみました。御前崎のある遠州灘は、海岸線には暗礁が続き、昔から航海の難所でした。江戸幕府は、寛永12年(1635)、この場所に「見尾火燈明堂」を設置。240年続きました。明治4年(1871)、軍艦の座礁事故が発生。明治政府は、この事態を重要視し、明治7年(1874)に、円形レンガ造の灯台を完成させました。塔高22m。我が国最初の「回転式一等閃光...

  14. 県指定有形文化財 「八坂神社」 - 東金、折々の風景

    県指定有形文化財 「八坂神社」

    昨夜は夜中の喘息の発作もなく、熟睡したので体調良好。息切れや動悸の不安は残るが、シニアテニスの練習会に11時まで参加。男子ダブルスを2試合行ったが、久しぶりに息切れもなく気分よくプレーできた。いやー、うれしい。おまけに4-0、4-1と全勝だった。帰りに以前から気になっていた「八坂神社」(市内松之郷)を初訪問。社務所に一人で居た巫女さんに挨拶したあと広い境内を散策した。八坂神社は京都の八坂神社...

  15. 【登録有形文化財】乃木倉庫(愛知県 名古屋市) - 近代文化遺産見学案内所

    【登録有形文化財】乃木倉庫(愛知県 名古屋市)

    to page lastサイトマップ>愛知県 近代文化遺産>乃木倉庫この倉庫は、明治の初め頃(1870年代?)、陸軍歩兵第六連隊の火薬庫として名古屋城の敷地内に建てられました。陸軍大将・乃木希典(のぎ まれすけ)が名古屋鎮台(ちんだい)に赴任していた頃に建造されたため、誰言うとなく「乃木倉庫」と呼ばれるようになったそうです。レンガ造りで壁の厚さは60cmもあり、太平洋戦争の際には、名古屋城...

  16. 兵庫県江戸時代以前の文化財リスト(建造物) - 近代文化遺産見学案内所

    兵庫県江戸時代以前の文化財リスト(建造物)

    to page lastサイトマップ>兵庫県 江戸時代以前の文化財国宝国指定重要文化財あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行・わ文化財分布マップ国宝姫路城(大天守、西小天守、乾小天守)2010.2 国宝一乗寺 三重塔いちじょうじ さんじゅうのとう平安時代後期、1171年の建築。他に5件の国指定重要文化財建造物がある。map34.85898, 134.81896鶴林寺かくりんじ本堂、太子堂本堂...

  17. 【重要文化財】飯香岡八幡宮 本殿(千葉県 市原市) - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】飯香岡八幡宮 本殿(千葉県 市原市)

    to page lastサイトマップ>千葉県 江戸時代以前の文化財>飯香岡八幡宮本殿飯香岡八幡宮(いいがおかはちまんぐう)の起源は、飛鳥時代の675年と言われています。応神天皇その他九柱の神々を祀っており、鎌倉時代以降、源氏、千葉氏、足利市、徳川氏の崇敬の対象となりました。本殿は室町時代中期に建てられたとみられる、幅三間、入母屋造り、銅板葺きの建物です。昭和29年(1954年)に国の重要文...

  18. 【登録有形文化財】野田市市民会館(旧茂木佐平次家住宅)(千葉県 野田市) - 近代文化遺産見学案内所

    【登録有形文化財】野田市市民会館(旧茂木佐平次家住宅)...

    to page lastサイトマップ>千葉県 近代文化遺産>野田市市民会館千葉県北西部の野田市は、江戸時代から醤油醸造が盛んな土地でした。醤油醸造業で財を成した家は複数ありましたが、この建物群は、そのうちの一家でキッコーマン創業家の一つ、茂木佐平次(もぎ さへいじ)家(「茂木」だけでなく、「佐平次」という名も代々継がれていました)の邸宅として、大正13年(1924年)頃に建てられた純和風の...

  19. 【重要文化財】旧奈良県物産陳列所(奈良県 奈良市) - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】旧奈良県物産陳列所(奈良県 奈良市)

    to page lastサイトマップ>奈良県 近代文化遺産>旧奈良県物産陳列所旧奈良県物産陳列所は、明治35年(1902年)に奈良県特産品の展示即売場として建てられました。奈良公園の景観との調和を考えて、外観は飛鳥時代から鎌倉時代の和風建築様式を取り入れていますが、内部は洋風となっているそうです。設計は奈良県の技師で当時寺社建築物の修理などに尽力した関野 貞(せきの ただし)。関野は学生時...

  20. 【重要文化財】旧花野井家住宅(千葉県 野田市) - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】旧花野井家住宅(千葉県 野田市)

    to page lastサイトマップ>千葉県 江戸時代以前の文化財>旧花野井家住宅花野井家(はなのいけ)は、現在地よりも15kmほど南東の前ヶ崎城に属する地侍でした。江戸時代に入ると幕府直轄の牧場の管理人となり、軍用馬の放牧、育成を行い、村の名主として農民たちを率いていました。この建物は江戸時代中期、1600年代後半に建てられ、昭和46年(1971年)に花野井家から野田市が寄贈を受け現在の...

総件数:237 件

似ているタグ