文化のタグまとめ

文化」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには文化に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「文化」タグの記事(117)

  1. 第452話  「神社」という存在をひもとく       5 - おでんのだし

    第452話 「神社」という存在をひもとく 5

    まぁ前回までのように、我が国の神様は、記紀古来の神様に始まり、様々な習合を経て「八百万の神」として伝統的な信仰を集めたんでございます。ここまできますと宗教と言うよりむしろ伝統とか風習というものになろうかというものです。とにかく様々な存在が神になりますから、実在した人々や、戦争などで亡くなった人、怨霊になった人なども神として祀られるようになります。その代表格が「天神さま」ではないでしょう...

  2. 教員。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    教員。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000000-ytv-l28

  3. 美術館以上に美術館でした。 - Miemie  Art. ***ココロの景色***

    美術館以上に美術館でした。

    秋分を過ぎるとあちらこちらで文化の香りが漂ってくる。地元でも町中でアート・フェスティバルが開催されました。上画像の本格的なインスタレーションは美術館でなく新聞社の倉庫での展示です。天井が高くコンクリート打ちっぱなしの様がそれだけでもうアーティスティック!段ボール箱はアートでなく実用品です(笑)美術館以上に美術館でした。こういう所で展示会&ライブをしてみたい。以前美術館の地下駐車場でアートなイ...

  4. 戸板校下将棋大会亀井敏さんが3度目の優勝 - 若宮新町会ブログ

    戸板校下将棋大会亀井敏さんが3度目の優勝

    戸板校下将棋大会亀井敏さんが3度目の優勝令和元年度(2019年度)前期戸板校下囲碁・将棋大会が9月8日(日)、戸板会館1階ホールで開かれ、将棋A級の部で、若宮新町会の亀井敏さんが優勝しました。亀井敏さんは、平成21年度(2009年度)前期、平成23年度(2011年度)後期に続き、7年半ぶり、3度目の優勝となりました。

  5. 平成最後のツーリング 西日本2850Km ⑭ 龍野藩脇坂氏5万3000石 地場産業は、 醤油・そうめん・皮革 ^^! - 素晴らしきゴルフ仲間達!

    平成最後のツーリング 西日本2850Km ⑭ 龍野藩脇...

    http://ek0901.hatenablog.com/entry/2019/09/11/063000

  6. 手紙文化に戻りたい気持ちになる - 追憶の小箱

    手紙文化に戻りたい気持ちになる

    福井県坂井市と丸岡文化財団は、毎年違ったテーマを設け、一筆啓上賞「日本一短い手紙コンクール」を募っている。第5回(1997年)のテーマ『母への想い』の一筆啓上賞の中で、やはりこの手紙は目にとまった。25歳男性の作品です。この催しは27年続いており、直筆の手紙文化が消えそうになっている時代、貴重なイベントです。毎年5万通の応募があるらしい。情景が想像できる文章は、ほろっとくる。歳のせいかなあ。...

  7. 映画「ムアラフ改心」ヤスミンは世界を救う - 中華 状元への道

    映画「ムアラフ改心」ヤスミンは世界を救う

    「ムアラフ 改心」ヤスミン・アフマド監督作品彼女の作品はどれも素晴らしい。特に言葉と文化のごちゃ混ぜ感がツボにはまる。ムアラフ Muallaf という言葉はイスラム教に改宗した人を指すという。昨今イスラムというと過激なイメージがあり、鑑賞を敬遠する向きもあるかも知れないがこの作品はそれとま反対の許しと寛容の物語だ。ムスリムであるアニ(Rohani)とアナ(Rohana)の姉妹は家出をして知人...

  8. マクドナルドで、間違った英語表記の看板が、 - 佐藤勇太のブログ

    マクドナルドで、間違った英語表記の看板が、

    英語の表記について 日本的英語と英語は似て非なるものである。例えば、ビールは日本語で、ビアが英語である。ややこしいのは、正しいものと間違ったものが混在しているところである。 先日、私の家の近所のマクドナルド明大前駅前店で並んでいたら、けっこう混んでいて、3つのレジが開いていた。ところが、突然1つのラインがクローズされ、店員さんがレジの前に札を出して、奥にいってしまったのであるが、その札に書か...

  9. アニメーション - 彩色生活

    アニメーション

    映画やTVが世界で席巻する以前から否、印刷物が世間に広がる以前から、アニメーションは世にあった・・・。よく話題に上るのが、鳥獣戯画。日本は世界のアニメファンに結構な引力で今世界へ、最先端レベルの一つの文化を発信している模様・・・。哀しい事件が起こったり、連続TV小説の素材になったり、TVのゴールデンタイムからは撤退した感のあるものの、深夜番組やネットでは過去には無かったほどアニメーションは、...

  10. うどん 禅僧 - 彩色生活

    うどん 禅僧

    禅僧は修行の厳しいイメージ。座禅、瞑想、禅問答、精進料理等々・・・。でも、味噌や、がんもどき・喫茶とか、禅寺で開発されたり、進化した飲食類も有名。口にする食べ物を粗末に扱わず、大切に頂くのも修行。食す時も、音を立てずに頂くのが、作法なのだとか・・・?ただし例外なのが、うどんなのだそう。禅僧はうどんが、好きなのだとも・・・?海外では、すすっての飲食はマナー違反。日本の蕎麦やうどんは、すすらない...

  11. 藤外美子さんがCD『新友禅ものがたり』寄贈 - 若宮新町会ブログ

    藤外美子さんがCD『新友禅ものがたり』寄贈

    藤外美子さんが『新友禅ものがたり』寄贈駅西本町5丁目(若宮新町会)在住の作詞家、藤外美子さんがこのほど作詞したCD『新友禅ものがたり』を若宮新町会に寄贈しました。藤外美子さん、ありがとうございます。今回のCDは、藤外美子さん作詞、乙田修三さん作曲、唄吉村笑子さんです。『新友禅ものがたり』は、加賀友禅と浅野川の四季折々の風情を叙情豊かに歌い上げたものです。藤さんは、これまでに四季の犀川を情感豊...

  12. 台風。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    台風。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190805-00010000-wmap-soci

  13. 歌の世界にまどろんで_貴州トン族を訪ねて - 中華 状元への道

    歌の世界にまどろんで_貴州トン族を訪ねて

    厦格村(xiage)は山の上にあった。ここでは夕食まで時間がたっぷりある。侗族最大の村である肇兴(zhaoxing)の入り口で観光バスからバンに乗り換え、曲がりくねった山道を30分ほど進むと村のゲートが現れた。すでに村人たちが歓迎のために待っている。前に進み出たのはエリート然として髪を整えた背の高い男性だった。おそらく漢族だろう。午前中に訪れた黄岗(huanggang)村長とはずいぶんと佇ま...

  14. 月人との豊かなかかわりの歴史 - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    月人との豊かなかかわりの歴史

    アポロ月面着陸50年を記念して、私も月に関する本を色々と読んでいます(第1弾は先日の「ドリトル先生」月3部作新訳)。月 人との豊かなかかわりの歴史ベアント・ブルンナー:著、山川純子:訳/白水社/2013 月に対して、人間は何を思ってきたのか。月のことをどう考えてきたのか。月の科学と、月の文化的な面での歴史について記した本です。私は時々、天文仲間さんたちと人通りのある街中の公園で望遠鏡を設置し...

  15. 涼しいけど夏のお便り... - ムッチャンの絵手紙日記

    涼しいけど夏のお便り...

    暑中見舞を出す季節になりましたが、涼しいし梅雨もあけないので例年のような熱い!あつ~い夏らしい感じにかけない私。もらった絵手紙手紙の情熱に元気をもらいました。数年前にボックスで研修した時に、お歳暮は売れるけど、お中元はすくない。「暑中見舞い」、毎日暑いですね。という言葉がピントコナイ。。7月に入っても朝晩は寒いから、ストーブつける日があるんです!と。。へぇ~~。日本は長くて気候が違うのね。。...

  16. 貴重な原画が素晴らしい『ムーミン展』へ - Miemie  Art. ***ココロの景色***

    貴重な原画が素晴らしい『ムーミン展』へ

    久しぶりにゆったりじっくり堪能出来た素晴らしい美術展でした。大分県立美術館で開催の『ムーミン展』(9/1迄)観賞して来ました。最近の美術展は派手な演出でアトラクション化している場合が少なくないが『ムーミン展』はペン画で描かれた原画の小作品の壁面展示が主で凝った演出は特にないのですが古き良きアナログな感じがすごく良かったです☆原画と印刷されたものの色合いの比較や細かいタッチや筆使いが真近で見れ...

  17. 吹“黨旗飛行員”充電 -

    吹“黨旗飛行員”充電

    吹“黨旗飛行員”充電聚焦學校黨建工作樊老師大家好,今天是你們黨的周年紀念日,衷心祝賀你們!讓我們記住入黨的誓言……“最近,85歲的華中科技大學退休教授”樊孝述名“收到了一個政治生日”校黨委的短信。如何讓所有師生關心,理解,支持和參與黨建工作?近十年來,華中科技大學實施了“黨旗試點”項目,使高校黨建工作真正進入大腦,進入人心,領導。校領導走進學生黨支部“我們必須努力成為民族複興時代的新人。我們...

  18. 第451話「神社」という存在をひもとく      その4 - おでんのだし

    第451話「神社」という存在をひもとく その4

    さて、前回まで ざっくりと「神社」という制度の成り立ちを述べてまいったんですが、そもそも「神」ってどういうものなの?という、きわめて単純な「問い」を探っていきます。まず、神社とは何か初頭に申したとおり、「神の宿りし小屋」ということでございました。ですから、その土地や一族の守り神として小規模な祭祀を行うところでした。ところが6世紀頃我が国に「仏教」が伝来し、有力な豪族とともにそれが浸透していく...

  19. 教育孩子不要胡說八道 - はかない

    教育孩子不要胡說八道

    教育孩子不要胡說八道孩子犯了一個錯誤,父母說了很多事情,但他們不知道孩子是否明白你說的話。面對這種情況,父母應該做些什么?批評時,需隔離人與事“我告訴過你多少次,你怎么犯同樣的錯誤......”“這是'1',12345''1',......”場景,對於大多數父母來說,可能並不陌生。前者是一個憤怒的父母,指責錯誤的孩子,而後者是他們“耐心地教導...

  20. 常設展が好き - 四月の魚

    常設展が好き

    フランスに暮らしていたとき、週に1度はルーブルに行った。ヨーロッパをバックパッキングしているとき、主だった美術館はもちろん、田舎の小さなそれらにも好んで入った。ランチを食べるおカネは惜しくても、そういう料金は惜しくなかった。作品のどれが好きというよりも、美術館という生きもの(?)が好きなのだと思う。だいぶ以前、ルーブルの館長さんが講演で来日したとき、縁あって一緒にお茶を飲んだ。どんな芸能人と...

総件数:117 件

似ているタグ