文化のタグまとめ

文化」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには文化に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「文化」タグの記事(243)

  1. 飛び魚が跳ねる夜の海で - 中華 状元への道

    飛び魚が跳ねる夜の海で

    久しぶりに中国語原書会に参加しました。今回は大阪主催。オンラインだと大阪の集いまで参加できちゃう。ブログやTwitterなどでニックネームで知ってた方が動いて喋ってる。全国の原書好きがとっておきの中国語原書をオススメする。今日紹介した本はこちらです。スピーチ時間は3分。「大海浮夢」台湾の海洋文学作家が書いた自伝的小説です。台湾というと大陸から来た国民党の中華民国の要素とかつて日本の領土だった...

  2. 【日本文化】むかちん、折り紙のつるに癒される - エキサイティングDays♪

    【日本文化】むかちん、折り紙のつるに癒される

    エキサイティング433da~~~y♪むかちんです✨先日、泊まったホテルに鶴がいました🦢日本の文化に触れて、どこか安堵したのを覚えています🌹折り紙・・・紙を折って動植物や生活道具などの形を作る日本伝統の遊び、紙を用いて『折る』という手法で、様々な形をつくりだすこと。趣味・教育・リハビリテーション効果など様々な可能性を持つ折り紙、いまでは工業製品に...

  3. 邂逅北原白秋 - 魏の国 (WEI's Home)

    邂逅北原白秋

    我们来到世间,其实都是偶遇。偶遇的点连成一条线便称作命运。人也好,物也罢,事亦然。那时进大学,别的系都学英文。我们半导体专业被告知要学日语,因为日本的半导体技术世界一流。而真正的原因是学校英语师资不足而已。学了日语自然想往去日本留学。刚来筑波大学时,学校组织了家访(Home Stay),去一对艺术家夫妇的家做客。丈夫是画家,妻子是诗人。分别时诗人妻子送我一本诗集 --- 《爱的香辛料》,那是...

  4. アメリカ大統領選と日本の政治 - 奈良 京都 松江。 国際文化観光都市  松江市議会議員 貴谷麻以  きたにまい

    アメリカ大統領選と日本の政治

    アメリカ大統領選アメリカの大統領選は本当にあれで良いのでしょうか?州によっては有権者より何十万票も多い投票券が確認されたとか。そんなことが有れば、少なくとも投票やり直すべきだろう、と思いますがアメリカは違うのですかね?トランプ大統領は、少なくとも歴代大統領のなかで、戦争をしないただ1人の大統領で、庶民の人気も抜群だったとか。日本のメディアが報じることはないのですが。ーーーーーいま、日本は何を...

  5. 地震。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    地震。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201221-00000005-jnn-soci

  6. 定食。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    定食。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201215-11273342-maidonans-life

  7. ステンレス。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    ステンレス。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201201-00000002-jij-bus_all

  8. 豊かな心には豊かな言葉があり、貧弱な心には貧弱な言葉しかない - 私の心の宇宙

    豊かな心には豊かな言葉があり、貧弱な心には貧弱な言葉しかない

    大体文化の違う民族の言葉を変えることは不可能に近い。独裁的支配・被支配の間柄では文化的に同化するのは難しい。単に言葉を置き換えれば済む話ではない。言語の構造も全く違う。文化が違うからモンゴル語と中国語の単語はぴったり一対一では対応していない。モンゴルの人たちの心の機微を中共が使う中国語で表すことはできない。心の機微とは無関係な単純な情報交換に限られる。言葉の豊かさの度合いは頭の中身次第である...

  9. 改装中 - 香港ランタオ島から

    改装中

    只今改装中1歩も家を出かけれなさそうこの先最低2週間は監禁になりそう勿論おじさんがたが帰れば買い物になんと竹で囲まれてます。竹を使うのはグッドラックの意味もあるそうです。40階のビルでも同じです。興味深々顔は写真に映らないように

  10. 路上観察「実生で生け花」 - 追憶の小箱

    路上観察「実生で生け花」

    国道、県道、市道、路肩が雑草だらけのズサンさが目立つトクシマの市街地。ここは、徳島県立文化の森総合公園、一番奥の駐車場入り口。我が県の文化度についてということはさておき、10年くらい前に見つけて撮影しておいた写真がコレ。歓迎の生け花?と思ったところ、実はズサンが生んだ自然の生け花。新潟県上越市さて、草月の季刊誌から拝借した写真ですが、花で町を飾るアートの公募展を開催する市もあるのだから。トク...

  11. 国分寺を歩いてきました。 - 家暮らしノート 

    国分寺を歩いてきました。

    風はありますが、晴れ間ものぞいている朝です。先日、ヘルシンキの友人、ターヴァさんが通勤途中の道を写真におさめたそうです。ああ、フィンランドは日本より秋が進んでいますね。落ち葉の色が濃いです。私も国分寺史跡を歩いてきました。国分寺万葉植物園。今回は入りませんでした。ここは武蔵国分寺史跡資料館や湧水のあるおたかの道湧水園。萩の花がこぼれんばかり。その近くのおたカフェ。国分寺野菜を使った料理を出し...

  12. [No.127]その人との出会いが(1)絵画の手ほどき ― 徳子女史を偲ぶ - Towards Human Mind & Life Systems

    [No.127]その人との出会いが(1)絵画の手ほどき...

    筆者に絵画の手ほどきをいただいた菅徳子先生 [1957~2020] が先日亡くなられた。本ブログでも、No.63で “極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル2014” の記事の中で紹介したことのあるモダンアーティストの「菅徳子」先生である。2012年に長岡で職を終え、実家のある鎌倉に居を戻して、夫婦同士でのご近所のお付き合いを始めてまもなく、著者は徳子先生から、ご自宅で行っておられた絵画教室に...

  13. 第460話    戦争論」に取り組んでみた      第1章-1 - おでんのだし

    第460話 戦争論」に取り組んでみた ...

    旧約聖書によれば、人類の初の殺人は、カインが弟のアベルを殺害した。ということがあるんですが、カインは農耕、アベルは牧畜もしくは狩猟。そういう象徴的なものを感じます。ここに「異質」に対する対立が生まれるのです。しかも「同類」なのに「異質」を抹殺しようとする感情が生まれるわけです。では、人はなぜ「同類」を殺傷してまで争うようになったのでしょうか。あたしはその根源をなんとなくですが、考えてみたいと...

  14. “中途半端”的宰相@ 日本疫情逸话(十八) - 魏の国 (WEI's Home)

    “中途半端”的宰相@ 日本疫情逸话(十八)

    这个连载中断了近三个月。期间日本的疫情由小康又开始恶化,仿佛迎来了第二波。东京都每天感染二三百人已经成为常态,人们对新冠病毒已经习以为常,带着口罩,该干啥干啥。只有部分高科技企业依然维持居家办公的政策,因此,笔者趁机搬到郊外的僻静之地,远离尘嚣(城嚣),开始耳根清净的生活。呱噪的永远都是浮躁的媒体与浮躁的人心。只要关了电视机,关了微信的朋友圈与各种微信群,这个世界其实还是那个样子,光阴既不会...

  15. 新しい時代を考えるために - 追憶の小箱

    新しい時代を考えるために

    安藤さんから「和楽」とメッセージが届きました。アフターコロナの世界では、働き方も都市の姿も変わるでしょう。新しい時代をどうやって生きるかを考えるには、本が必要であると書かれていました。安藤さんは、日本がいまだに経済中心で動いていることに触れていました。同感です。私の意見ですが、生活の仕方を変えなければいけないと思います。極端にいえば、贅沢な食生活を変えることが必要だと思います。そして、今まで...

  16. 改革開放は恋の季節? - 中華 状元への道

    改革開放は恋の季節?

    雨の日曜日は中国語原書会だった。2020年夏のご時勢を鑑み、高いひさし付きのオープンエアカフェで開催。時折、雨が風に煽られて吹き込み、都度傘をさしつつも、心地よい屋外のチェアで過ごした濃密なひとときだった。2時間があっという間に過ぎる。私自身は最近フランス語学習にかける時間が多いのだが、やっぱり中国語が好き。ホームグラウンドに帰ってきたって感覚がある。今回は1980年発表された短編小説をみん...

  17. 富山を代表する薬文化の歴史とは - 薬の歴史に触れるなら…富山!

    富山を代表する薬文化の歴史とは

    富山といえば江戸時代以前から続く薬売りが有名ですが、そもそもその起源はいつ頃に遡るのでしょうか。これについては諸説存在しますが、記録で確認できる限りでは1455年に中原康富が記した康富記の中で、薬を販売する商人について触れられているので、遅くともその頃にはすでに薬売りが活躍していたようです。その後、16世紀から17世紀にかけて、丸剤や散剤といった様々なタイプの薬剤を製造する専門の業者が出現す...

  18. 第458話   日本人初の「仏教僧」は女性=尼さんだったという話   (その3) - おでんのだし

    第458話 日本人初の「仏教僧」は女性=尼さんだっ...

    で、ここからが本旨に入ります。すなわち最初の「僧」がなぜ女性であったのかという内容でございます。 大倭国には、前回述べたような「公伝」以前に、朝鮮半島から移り住んできた渡来人を中心にして「私伝」という形で信仰され、当時の人々には「蕃神」とか「仏神」という形で認識されていたことが、考古学分野からも確認されております。大倭国には元々「八百万神」というものがございました故、「仏」も、異国か...

  19. デジタル臭さとは何か? - ☆m7☆Markのblog

    デジタル臭さとは何か?

    デジタルマルチエフェクターが出たての頃、A/D⇄D/A変換は16bit/44.1kHzだった。これはCDと同じスペック。量子化ビット数/サンプリング周波数というのはデジタル音声の解像度みたいなものだ。縦軸に音量横軸に時間で音声波形は表されることが多いが、この縦軸を何ステップに分けて記録するかがビット数。16ビットだと約6万5千ステップに分けて記録する。横軸を分割していくのが周波数というわけだ...

  20. 第457話    日本人初の「仏教僧」は女性=尼さんだったという話   (その2) - おでんのだし

    第457話 日本人初の「仏教僧」は女性=尼さんだ...

    で、このようにして伝わった仏教でございますが、決して当時の社会に受け入れられたわけではございません。なんせ、日本には「国つ神」がおりましたので、これら異国の神は「蕃神」とか「仏神」などと呼ばれ、まぁ「保守勢力」からはこんなのを国にいれたら祟りがあろうぞ!手な展開でありました。無理もございません、次回に回しますが、この仏教伝来は百済と日本との「外交政策」の一環だったからでございます。また、「保...

総件数:243 件

似ているタグ