文月のタグまとめ

文月」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには文月に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「文月」タグの記事(78)

  1. ハマボウ - 都忘れと忘れな草

    ハマボウ

    花言葉の楽しい思い出に相応しい夏の浜辺のお花ハマボウ(浜朴)勿体ないほど美しい一日花です種は海を漂って見知らぬ地に着いてまた美しいお花を咲かせるロマン溢れるこのお花今絶滅の危機に陥っているようです各地で災害対策の護岸工事によって種が根づくところが少なくなったためですこんなにロマンチックなお花いつまでもいろんな浜辺でみたいものですね

  2. ネムノキ - 都忘れと忘れな草

    ネムノキ

    可愛い合歓のお花が咲いていました以前日立のテレビCMで流れていた♪この木何の木気になる木~見たこともない木~見たこともない花が咲くでしょう♪ご存知ですかハワイのモアカレア・ガーデンパークにある木で興味津々で見に行きましたらモンキーポッドという木でした。とても大きく格好のいい木でしたがネムノキそつくりお花もそっくり後ほどお聞きしたらアメリカネムノキとも言われているとのことこの写真は日本のネムノ...

  3. 姫女苑 - 都忘れと忘れな草

    姫女苑

    秋の長雨と言われますがそれに勝る長雨の日本列島梅雨前線の停滞で連日の雨模様ですコロナウイルスは自粛解除や政府のGO-TOキャンペーンなども関係しているのか7月に入り感染者が急増PCR検査が増えていることもあるのだと思いますが暑くなってきてマスクはきついですね。なにも思わず日々過ごせたコロナまえは幸せだったのだとつくづく思います生長した稲たちの緑の田に寄り添うように咲いているヒメジョオン(姫女...

  4. 土用の丑 - 都忘れと忘れな草

    土用の丑

    今日は土用の丑の日この日は鰻を食べる風習があります。由来は諸説ありますがもっとも有名なのが平賀源内のお話。その昔平賀源内が商売不振のうなぎ屋さんのために本日土用の丑の日という看板を店先に出して夏バテにはうなぎがいいといったので土用のうなぎは大盛況。その後日本の風習のひとつになったといわれています。本物の鰻に似た可愛いパンを店先で見つけました(^_-)-☆

  5. 萩 - 都忘れと忘れな草

    萩もデビューしています

  6. 桔梗 - 都忘れと忘れな草

    桔梗

    少し落ち着いたように感染者が少なくなっていたのに自粛解除からまた増えてきました。長い月日緊張も続かないとは思いますが世界を見渡しても当分はコロナと共に生きなければ、ですね。真夏のような日が続く三日間でしたが秋の七草のひとつ桔梗がすでに咲き始めてましたふっくらした可愛い蕾も♪早よ咲きたい♪と待っています

  7. 紫陽花 - 都忘れと忘れな草

    紫陽花

    今年も季節を知らせてくれた逞しくも健気な紫陽花たち

  8. 紫陽花 - 都忘れと忘れな草

    紫陽花

    さして手入れもされていない殆ど自然のままの紫陽花たちこの紫陽花たち見ているとホッとします(^_-)-☆

  9. 紫陽花 - 都忘れと忘れな草

    紫陽花

    雨が似合うこの時期のお花この天候がお気に入りかも

  10. 紫陽花 - 都忘れと忘れな草

    紫陽花

    梅雨前線の停滞が長引き連日の雨模様、ニュースはコロナ関係政府のGO-TU-キャンペーンにも青森などは施設を休館するので来ないでほしい!など憂鬱な日々ばかりそんな中でも季節のお花たちは美しい姿を見せてくれています。綺麗に植えられて観賞してくださいではないあじさいの姿毎年会いに出かけているアジサイたちです田と小川の岸にいるこのあじさいたち淡い色がなんとも美しく私の心のお洗濯!雑草といわれる草たち...

  11. 七夕 - 都忘れと忘れな草

    七夕

    ♪♪笹の葉サラサラ~軒端にゆれるお星さまキラキラ~金銀砂子♪♪昨日は七夕さまあいにくのお天気でベガ(織姫)もアルタイル(彦星)もみることできませんでした停滞する梅雨前線の影響で発達した雨雲が次々と流れ込み九州北部は記録的な大雨に見舞われ河川の決壊、土砂崩れなどが起きた熊本行方不明の方の捜索も難航、住民の孤立も解消されないなか今度は福岡、長崎なども。今後九州から東北にいたるまで広い範囲で大雨予...

  12. 七夜月にて。 - *Cuillère de Noie*

    七夜月にて。

    Greener Grass が妙に似合う午後は止まない雨に Joe Sample が響く。僕のパーツに組み込まれた擬態した生活は今日と明日だけを追っている。君はすべてが染め上げられてゆく夕暮れさえもまだ知らない乳呑み児。そうして文字を並べながらどんなにか無力であることを確認しながら僕は今日も擬態した生活から抜け出せずにいるんだ。でも君といつかあの海上都市を訪ねよう。

  13. シロツメ草 - 都忘れと忘れな草

    シロツメ草

    何のお花?かしらよく見るとシロツメ草の葉っぱでした四つ葉のクローバーとも言われて稀にある四つ葉を探したものです見つけるとしあわせになれるうれしくって本に挟んで押し花に。色が変わってしまったしあわせの葉っぱが何枚もあります(笑)

  14. 文月 - 紫檀の書架から

    文月

    七月に入った。旧暦7月を文月(ふみづき、ふづき)と呼び、現在では新暦7月の別名としても用いる。文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に晒す風習があるからというのが定説となっている。梅雨明け宣言されていないのに、連日快晴で30度を越す暑さ。節電が叫ばれている昨今、日本人の忍耐力を試しているかのような酷暑である。せめても涼しげな絵で、涼をとっていただきたい。 鮎の放流がはじまっ...

  15. 2020年7月 幸福の黄色いポスト「元気を出そう」 - ムッチャンの絵手紙日記

    2020年7月 幸福の黄色いポスト「元気を出そう」

    7月のカレンダーを描いたのは不安だらけだった今年の3月。元気がでたらいいなぁ~と幸福の黄色いポストを描いた。ちょうど「文月」♪。絵手紙で元気を伝えたい!元気だよ~と伝えたい!あんまり元気じゃなくても、元気!って文字を見てると元気になってくる気がする。急に休講になったのでアマビエさんや手紙を送ったり、画仙紙葉書を封筒に入れて生徒にプレゼントで送っていたが、そんなに感動が無かった?。迷惑だったの...

  16. サイドバー/ロゴ画像2019年7月 - そらいろのパレット

    サイドバー/ロゴ画像2019年7月

    だいぶ遅くなりましたが、今月のロゴ画像についてをば。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=私の山歩き街暮らし空の色=散歩道でみかける鳥や虫や花も::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...

  17. 梅雨季 - 霧の森 <perfume.blog>

    梅雨季

    宗康白夜:perfume

  18. カラー - 都忘れと忘れな草

    カラー

    ワイシャツの襟に似ていることから名がついたといわれているカラー綺麗なピンクです。こころ旅アップしましたデジブック風恋花で見てくださいね。今回は海辺の棚田です。

  19. 銭葵 - 都忘れと忘れな草

    銭葵

    関東甲信越では梅雨が明けたようで記録的な早さですね。銭葵が可愛く咲いてきました

  20. 風に誘われて≪ヤマユリ≫ - そよ風のつぶやき

    風に誘われて≪ヤマユリ≫

    高山にあるこの園は、さすがに涼しい~♪下界から離れて心地よい散策です。 風に誘われるように、森の王様に会いに来ました。 そう云えば、ユリ(百合)の名は、風で花が揺れる「揺すり」が変化して「百合」になったという説があります。また球根の鱗片が寄り重なる「寄り」からと云う説も・・・ 王様らしく花径20㎝もあり、重たげで傾いてしまっているもののあります。 夏草や樹木の下から風格のある笑みを浮かべるヤ...

総件数:78 件

似ているタグ