新住協のタグまとめ

新住協」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには新住協に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「新住協」タグの記事(9)

  1. ニセコひらふの新開発 - 『文化』を勝手に語る

    ニセコひらふの新開発

    新住協2019北海道地区大会は胆振支部担当で、ニセコ会場だった。初日は見学会、その中にヒラフ一番下「エスカープメント」という新しく開発された街区があった。道道343の下の旧街区は細かく分譲されていて、広くまとまった土地の取得が難しい。なおかつ羊蹄山もよく見えない。それならいっそのこと新しく開発してしまおうという力ずくの発想。だって高く売れちゃうんだもん・・こんな崖地ですよ、これが30万/坪で...

  2. 新住協支部間交流 - 『文化』を勝手に語る

    新住協支部間交流

    新住協関西支部有志による北海道住宅視察、2日目の「南幌みどり野北すまいるヴィレッジ」をお付き合いした。設計者と工務店5組のコラボレーションで、設計者側から山本亜耕さんと櫻井百子さんがお付き合いしてくれた。冬になって初めての南幌、行ってみると何カ所かで工事が始まっている。今回のみどり野のプロジェクトに刺激されたのかも知れない。その後岩見沢のTKBストリートモデルに移動して見学、設計コンセプトの...

  3. 新住協、建築写真セミナー/KEN五島 - 『文化』を勝手に語る

    新住協、建築写真セミナー/KEN五島

    新住協札幌支部の若手中心企画委員会が上手く機能している。今年の例会は、ほぼ企画委員の発案だ。学生時代はぼくも写真をやっていて、メキシコにはニコンのF2フォトミックに交換レンズ等、1式担いでもっていった。露出は自動計測だったけど、絞りやシャッタースピードは自らどちらかを優先設定して、ピント合わせももちろんファインダーを覗いて手動だった。まずスライドは炭鉱遺産の写真から始まった。そういえば・・と...

  4. 新住協札幌支部7月例会1 - 『文化』を勝手に語る

    新住協札幌支部7月例会1

    オープンセミナー『堀部安嗣講演』設計専業系が多く、会員外参加が3分の1と多い。入会を奨める。設計者にファンの多い堀部さん、北の住まい設計者のM野さん、彼の著書を持参してサインをもらっていました。人間のDNAに宿っている根源的な住まい(本能的な居場所)とは?みたいなところから話が始まる。するとその土地で自然と共生している先住民族の生き方か訴えかけてくる。北海道ならアイヌとか、北米ならインディア...

  5. 【3文字略称 漢字とアルファベットの認識差】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【3文字略称 漢字とアルファベットの認識差】

    みなさんは、TPPとか、NPOとかのアルファベット3文字略語、聞いてからアタマに意味が入っていくまでにどれくらいかかるでしょうか?言語には大体、こういう簡略化表現というのは洋の東西を問わないようで、日本語でも、新木造住宅研究協議会、略して「新住協」というように簡略表現は一般的に多く使われている。これは長い名称の中で、意味合いがもっとも強い部分を強調表示させることで通常使用のときに便利になる機...

  6. 新住協北海道地区大会/第3回函館 - 『文化』を勝手に語る

    新住協北海道地区大会/第3回函館

    発祥の地北海道でも全国総会並に独自の発表の場を設けて、停滞傾向にあった活動を盛り上げていこうと始まった北海道地区大会、早くも第3回を数えることになりました。事務局白井さん(北海道住宅新聞)を中心に、発案した当時を振り返ると何とも感慨深い・・北海道5支部が一番北の旭川から時計回りで始まるという順番、5年で一回転です。今年の開催支部は道南函館、地域区分は2地域になり旭川から言わせると「北海道じゃ...

  7.  新住協全国総会横浜2017/見学会 - 『文化』を勝手に語る

    新住協全国総会横浜2017/見学会

    鈴木アトリエ設計物件から都会の狭小地に建つ。隣地境界の様子。1階の採光は壁からとれない。2階の中庭からトップライトで・・明るさは壁の窓とは比較にならない、印象的な強い明るさ。2階の中庭とは、こんな感じ。ソファベンチの窓の向こうにトップライトが2つ見える。tkbストリートモデルに造ろうとしていた棚とこの棚のイメージが重なったシンクとコンロがI型に分かれたキッチン。コンロ側が5センチ低い。tkb...

  8. 新住協全国総会横浜2017 - 『文化』を勝手に語る

    新住協全国総会横浜2017

    新住協の全国総会は毎年9月開催、今年は東京支部で横浜開催だった。21日が総会と研修会、22日が見学会というスケジュール。朝一番の羽田行き搭乗を目指して千歳へ向かう。いつも見る牧草梱包の光景がきれいだ。全国から300名ほど集まった、懇親会の模様。高断熱高気密の南下にあわせて、新住協の活動地域も南下していく。その分北海道参加者に陰りも見え始める。ちなみに旭川支部参加は、わずか1社・・北海道は地区...

  9.  新住協東北視察・3 - 『文化』を勝手に語る

    新住協東北視察・3

    秋田大仙市から北上して能代へ・・メディアに頻繁に登場する西方邸、敷地は北東角地、見えない後ろ隣が今も使われている旧宅。隣で解体が始まって、これはチャンスと購入したとのこと。アプローチ玄関前アプローチから見た庭、出来たての美しさ北面道路境界なにかよくわからないルートで仕入れたらしい輸入サッシ、輸入窓口やっったらと冷やかされていた・・内外アルミだけど、樹脂材(黒)でしっかり熱絶縁されている。かな...

総件数:9 件

似ているタグ