新嘗祭のタグまとめ

新嘗祭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには新嘗祭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「新嘗祭」タグの記事(11)

  1. 新嘗祭 - ちょっとネコばか

    新嘗祭

    1週間遅れですが、新嘗祭と紅葉が同時に見れるというのはこの地方ならではです。海が近いので、毎年農産物を始め、豊かな海の幸も奉納されて居ます。その年の沢山の恵みに感謝し、それが未来永劫続きますように・・・・

  2. 新嘗祭 - Tangerine7's Blog

    新嘗祭

    11月23日宮中で、一年で最も重要な祭祀である「新嘗祭」が行われました。

  3. 新嘗祭のおみやげとティータイム - 島暮らしのケセラセラ

    新嘗祭のおみやげとティータイム

    今日は近くの神社の新嘗祭に夫は出かけたコロナ禍の直会は中止でお弁当・お餅・飲み物・正月用のお屠蘇などを頂き帰宅新年の雑誌やお札等も頂いてきた向かいの村の分も含めて2つの村の預かり物だったが向かいの村役はどなたか名前を聞いてもサッパリ分らず人づてに調べながら訪れるとそこはお寺だった昔は神仏習合の時代もあったが神社からお寺へ預かり物を持参するのは不思議な気がした役目を済ませた夫は心なしか安堵感が...

  4. 勤労感謝の日 - LUZの熊野古道案内

    勤労感謝の日

    今日は「勤労感謝の日」ですね。今では「新嘗祭」を言う人も居なくなりました。元々は収穫に感謝する皇室の行事だったようですね。稲の取り入れが早くなっているのでこの時期だとピント来ませんね。育生町大森神社「どぶろく祭り」と井戸町「大馬神社」のお祭りの日です。両方共に結構賑わう祭りですが。今年はコロナで自粛気味でしょう。神事はやっても、どぶろく祭りの「どぶろく振る舞い」「餅ほり」は無いようです。井戸...

  5. 11月23日  「勤労感謝の日」・「新嘗祭の日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    11月23日 「勤労感謝の日」・「新嘗祭の日」

    今日は、「勤労感謝の日」「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日」として、1948年(昭和23年)に制定されました。戦前は、この日を「新嘗祭(にいなめさい)」と呼び、宮中では、天皇が新しい米などを神殿に供えましたその「新嘗祭」は、1873年(明治6年)から1947年(昭和22年)までの国民の祭日でした。天皇が新穀を全ての神々に勧め、また、これを食する祭儀。今日の新嘗祭は、午後6時か...

  6. 「勤労感謝の日」は「新嘗祭」の日 - Tangerine7's Blog

    「勤労感謝の日」は「新嘗祭」の日

    本日11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前までは「新嘗祭」の日だったそうです。今年収穫された新穀を神様に奉り、その恵みに感謝し、国家安泰、国民の繁栄をお祈りする日、なのですね。

  7. 10月17日  「神嘗祭」の日 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    10月17日 「神嘗祭」の日

    神嘗祭(かんなめさい、かんなめのまつり)は飛鳥時代から続く重要な宮中祭祀のひとつ。毎年10月17日に、宮中および伊勢神宮で執り行われる五穀豊穣の感謝祭です。その年の最初に収穫した稲穂「初穂」を、天照大神(あまてらすおおみかみ)にお供えし、感謝するお祭りで、約一ヶ月後の新嘗祭(にいなめさい)は、五穀豊穣の収穫祭で、毎年11月23日に宮中三殿の神嘉殿(しんかでん)で執り行われます。「神嘗」は、「...

  8. 2019-11-25 神舞 - 思い立ったが吉日

    2019-11-25 神舞

    11月23日は、新嘗祭。豊作に感謝する日である。各地の神社では、秋の例大祭が粉我、収穫物を奉納するとともに、舞を舞ったりして神とともに祝う。鹿児島市から約1時間ほどの、薩摩川内市入来町にある大宮神社でも例大祭神舞奉納が行われた。巫女舞、刀舞、龍神舞、田の神舞などと結構盛りたくさんである。途中では、射ん枚で出来た握り飯がふるまわれる。この神社は、神舞の歌詞の中に君が代が歌い込まれていることやサ...

  9. アップルパイ!と新嘗祭 - 海外移住へgo!!スピと子育てと洋裁屋O@P

    アップルパイ!と新嘗祭

    アップルパイ!昨夜、急に食べたくなって作りました。パイシートを使った簡単アップルパイ。結構美味しかったです。まだ満月の余韻が..。満月近くになるとなぜか夜眠れなくなるんですよね。過ぎると急に、熟睡できるのに。不思議です。そして昨日は新嘗祭。神社にお参りに行ってきました。こうやって飢えずに毎日美味しいものがいただける、幸せです。ありがとうございます😊アップルパイは新嘗祭...

  10. 皇紀2678年新嘗祭 - 流れる雲のように

    皇紀2678年新嘗祭

    今日は勤労感謝の日というよりも古来より連綿と続く秋の収穫を祝う新嘗祭だ。皇居でも神嘉殿のすぐ近くにある田んぼで収穫された米を使われて神事が行われたはずだ。こんな新嘗祭がGHQによって勤労感謝の日と名前を変えられた。平成最後の新嘗祭。天皇陛下は今年の新米を召し上がってどんなことを思われたのか。そして来年の新嘗祭は大嘗祭になるのかしら。ちなみに今日から日本国紀 百田尚樹 を読み始めた。好む好まざ...

  11. 新嘗祭で夫は神社へ~ - 島暮らしのケセラセラ

    新嘗祭で夫は神社へ~

    昨夜遅く帰宅した夫は食べ過ぎて疲れ気味昨日の楽しかったことは忘れ今日は神社で新嘗祭のことに神経が集中していた6月に園児たちが田植えをしたお米の収穫を祝うため園児が参加しそれに合わせて巫女の舞が行われた宮役の務めとは言え夫には田舎の行事の参加はチト苦手になって来たらしいそれは延々とキリがなく酒宴が続くそうな~会社勤めをしていた頃は不摂生で82kgもあったが今は減量して64kgになった背広の上着...

総件数:11 件

似ているタグ