新聞のタグまとめ

新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「新聞」タグの記事(367)

  1. JA04AP Leonardo Finmeccanica AW169「あかつき」 - ■□ほーどー飛行機□■Aerial news gathering

    JA04AP Leonardo Finmeccanic...

    JA04AP Leonardo Finmeccanica AW169 格納庫=伊丹 登録17年2月28日◼️2016年2月24日 三井物産エアロスペース名義で登録。日本で最初のAW169登録。朝日航洋川越ヘリポートで艤装シネフレックス防振装置にXDCAMデッキ、42倍TVレンズ付、Ikegam製カメラ搭載。新聞社取材ヘリとして初のFPU伝送装置も搭載、TV局への動画生中継が可能に。当初、朝日...

  2. 「あの時の未来」は来るのかな? - 牡蠣を煮ていた午後

    「あの時の未来」は来るのかな?

    今日の日経新聞に辻村深月のエッセイが載っていた。辻村さんの昔からの一番の夢は「知り合いでも、親戚でもない人たちが二人以上で集まって私の本の話で盛り上がって暮れたら死んでもいい」と言うものだった。我が家の読書会で彼女の「ツナグ」という小説を取り上げたことがあり、非常に「盛り上がった」かどうかは別として4-5名でいろいろ話あったので辻村さんに報告の手紙が出したくなった。「ツナグ」はこの世を去った...

  3. アニサキス - 老いの小文

    アニサキス

    魚を生で食うことは取立てて好きな方ではない。高価な美味いお造りを食す機会がないこともあるなぁ。新聞ネットテレビにと、魚に寄生する「アニサキス」なる寄生虫の話題で姦しい。これ程大きく報じられると魚のお造りを食う気が失せそう。「釣りに行っても刺身に出来るような大物は釣って来んので安心やろ」同居人から嫌味交りに言われるのに先んじて、自虐的に発したのでございますポチッと↓お願いしますにほんブログ村散...

  4. あとがき(てらこや新聞143-144号より) - てらこや新聞

    あとがき(てらこや新聞143-144号より)

    「てらこや新聞」143-144号の発行です。連続の合併号で申し訳ありません。そんな中、忘れず原稿を送ってくださる連載のみなさんに感謝いたします。ありがとうございます。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。さて、「寺子屋かめい」は、2017年3月6日に17周年を迎え、無事、18年目に入りました。少しずつ、いろいろな方にご理解をいただけるようになり、忙しく、また充実した日々が続いてい...

  5. カールビンソン補足は各社横並び - ■□ほーどー飛行機□■Aerial news gathering

    カールビンソン補足は各社横並び

    緊張の北朝鮮情勢。アメリカが投入した空母カールビンソンは4月末に日本海に入りました。その後はちょっと落ち着いています。【写真:JNN ヘリから】そもそも横須賀を母港にしているロナルドレーガンは横須賀で整備中なんですね。なので、カールビンソン投入。沖縄東方海上で海自の護衛艦と空自のF15と演習をおこなって北上を続けたカールビンソン御一行。新聞、テレビ各社は当然映像を狙うはず。いくらでかい空母と...

  6. イラストが載りました「調べる学習子ども年鑑2017」 - きままにマンガみち

    イラストが載りました「調べる学習子ども年鑑2017」

    書籍「調べる学習子ども年鑑2017」にイラストが載りました。まだ、読み切れていませんが、読了次第、追加に書き足していきます。書店などでお見かけの際は、どうぞ手に取ってご覧になってください。今回のは、”帯”もついています!

  7. 色々と…… - きりちゃんふぁ~む

    色々と……

    嘉一です。今日は、露地栽培で一番最悪な雨の中での収穫でした。しかも、かなりの量が生っていて、予想外に時間がかかってしまいました。やはり、雨の日の収穫は大変ではありますが、カラカラで雨が降らない日が続くほうが不安なので、まぁ良しとします(笑)そして、私事ではございますが。。。日本農業新聞にて、僕ら夫婦の記事を掲載していただきました!!欲を言えば、今回は、新規就農というだけで載せていただいている...

  8. Howdy?! (てらこや新聞143-144号竹川のコーナーより) - てらこや新聞

    Howdy?! (てらこや新聞143-144号竹川のコ...

    ~ 何気ない言葉 ~先日、息子が結膜炎になった。かかりつけの小児科の先生は、物腰も優しければ、話し方も接し方も穏やかで子供に合わせてくれるので、息子はこの小児科の先生が大好きだ。痛い注射も我慢できるし、風邪などで診察に行く度に「また来たよ~(*^o^*)」と満面の笑みで挨拶している。結膜炎で診てもらった眼科の先生は、小児科の先生よりもお年を召した年配の男性で、眼光鋭く少しぶっきらぼうで、子供...

  9. Bonjour! (てらこや新聞143-144号谷のコーナーより) - てらこや新聞

    Bonjour! (てらこや新聞143-144号谷のコ...

    現在地... where amI???車を替えてから、以前よりカーナビを使う回数が増えた。説明書をじっくりと読み込むことはなかなかできずにいるが、電話番号や名称を入力して目的地までのルート検索はできるようになった。初めての場所に向かう時、あらかじめ所要時間がわかるのは安心材料の一つになる。何度も通っている道から少しそれて寄り道したり、うっかり道を間違えてしまった時でも、「現在地」のボタンを押...

  10. 中国案内(てらこや新聞143-144号吉田さんのコーナーより) - てらこや新聞

    中国案内(てらこや新聞143-144号吉田さんのコーナ...

    最近、私の周りでは語学の勉強し直しブームらしい。英語か中国語の勉強し直しを始めるという友人が一人ではなく同時期に数人いて、その友人同士につながりはなく、こうも同じようなことを言われると私まで何かはじめた方がいいのではという気分になってくる。中国語の勉強はほそぼそながら続けている(細すぎて勉強とは言えないと言われそうな位だが)ので私も英語の勉強をしなければいけないのかと思ってきた。お金はあまり...

  11. 上越だより最終回(てらこや新聞143-144号下西さんのコーナーより) - てらこや新聞

    上越だより最終回(てらこや新聞143-144号下西さん...

    「高田公園の四季」2月4日(土)高田公園内にある小林古径邸の敷地内にて、「小林古径邸キャンドルナイト」が開かれました。高田城二の丸跡にある古径邸(アトリエ・庭園を含む)に、雪で行灯や灯籠を作って、古径邸に雪の夜の風情を楽しもうという趣向でした。日本画の巨匠・小林古径(1883~1957)は上越市出身。『新潟の美術』(毎日新聞社)の冒頭に次のように評されています。……古径芸術における、その独自...

  12. BROADアイ(てらこや新聞143-144号小野さんのコーナーより) - てらこや新聞

    BROADアイ(てらこや新聞143-144号小野さんの...

    フェイクニュース今年の流行語になりそうなこの言葉「フェイクニュース」(偽のニュース)。火をつけたのはアメリカのトランプ大統領です。CNNやニューヨークタイムズなどのメディアはウソばかり流していると批判する時の決まり文句です。自分もウソをついているのに平然としたものです。振り回されるのは新聞読者やテレビ視聴者。もう何を信じていいかわからないですね。かつてニュースは、新聞社やテレビ局のプロの記者...

  13. I LOVE BOOKS!  (てらこや新聞143-144号竹川のコーナーより - てらこや新聞

    I LOVE BOOKS! (てらこや新聞143-1...

    BOOK80:柏井壽 「鴨川食堂おまかせ」(小学館文庫)BOOK81:近藤史恵「マカロンはマカロン」(創元クライム・クラブ)今回ご紹介する本は2冊とも、以前ご紹介したことのある本の続編です。まず「鴨川食堂おまかせ」の方から・・・。以前にご紹介したのは「鴨川食堂」という本だったのですが、今回ご紹介する「おまかせ」の間に、「鴨川食堂おかわり」と「鴨川食堂いつもの」という2冊が刊行されています。ど...

  14. 寺子屋の日々~Days in Terakoya~(てらこや新聞143-144号亀井のコーナーより) - てらこや新聞

    寺子屋の日々~Days in Terakoya~(てら...

    ~Before Learning English…~~英語を学ぶ前に~昨年11月と今年の3月に「作文発表会」に招待していただき、そこで、「英語より前に日本語を」というテーマでミニ講演をさせていただいた。寺子屋は3月6日に17周年を迎え、18年目に入ったけれど、私は相変わらず英語への過度の期待と憧れと闘い続けている。そして、講演の機会に原稿を書き、講演への反応を聞いて気が付いたことがある―。こ...

  15. 旅日記(てらこや新聞143-144号海住さんのコーナーより) - てらこや新聞

    旅日記(てらこや新聞143-144号海住さんのコーナーより)

    第54回シエナ(イタリア・トスカーナ地方)イタリア・トスカーナ地方のシエナは、ペルージャのアッシジとは反対方向だがフィレンツェからローカル列車に乗って日帰り旅を楽しめる古くて小さな町だ。ピサの斜塔のあるピサへもついでに足を延ばそう。アッシジに出掛けた翌日、フィレンツェを朝の8時25分に出て、10時5分に到着する汽車に乗ったことを手帳に記している。シエナはアッシジに負けず劣らず魅力的で、同じく...

  16. まえがき(てらこや新聞143-144号より) - てらこや新聞

    まえがき(てらこや新聞143-144号より)

    ~ Great Talents Mature Late. 大器晩成~春、出会いと別れの季節ですが、この仕事をしていると再会の季節でもあります。今年度は、高校・大学・大学院を卒業する寺子屋の卒業生も多く、多くの再会がありました。そして、思い出したのがタイトルの言葉―大器晩成―大きな器を作るのに時間がかかるように、偉大な才能が開花するのにも時間がかかる―。子どもたちにはゆっくりと大人になってほし...

  17. 空母カールビンソン 日本海へ向け航行中 - ■□ほーどー飛行機□■Aerial news gathering

    空母カールビンソン 日本海へ向け航行中

    半島情勢が緊迫しています。トランプ政権がどう出るのか?北朝鮮次第ですが空母カールビンソンがもうすぐ日本海へへ入るようですし緊迫の度合いは増すことでしょう。カールビンソン…ビンラディンを急襲したシールズがその遺体を収容したのもこの空母でした。何らかのメッセージもあるのでしょうか?【写真:US NAVY:4/15インド洋でのCVN70と随伴のイージス艦。タイコンデロガ級とアーレイバーク級だ】とこ...

  18. untitled - 木を見て森も見たい

    untitled

  19. 桜前線 - 老いの小文

    桜前線

    桜前線もそろそろ津軽海峡を越える頃ですね。♪津軽海峡春景色・・・♪新聞夕刊の“桜だより欄”も一昨日で終了となった。散歩道の桜は濃い緑に茂り、冬枯れの木々は芽吹き盛んです。同居人がぼやいています。「残っていたジャガイモに新芽が・・・・」物置の箱の中も芽吹きの季節です。ポチッと↓お願いしますにほんブログ村散歩道町の花「つつじ」

  20. 釣果報告。 - 福岡 白金 カレーキノシタ    華麗なる転身

    釣果報告。

    日曜営業の振り替えで水曜日はお休みしました。暑いくらいのいいお天気、それだけでラッキー!そして夜中から出漁していたシェフからライン。スズキの画像が送られて来ました。毎度言ってますが、生活がかかっています。釣果あるまで帰宅できません(笑)釣りの帰りには出かけた海の地元にある道の駅や市場で新鮮野菜を仕入れてきます。今までただの仕入れだと思っていたのだけど「海を使わせてもらったから」とその地にわず...

総件数:367 件

似ているタグ