新聞のタグまとめ

新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「新聞」タグの記事(350)

  1. 新聞斜め読み - pianta 暮らしの雑記帳

    新聞斜め読み

    読売新聞を購読しています。昨日の新聞に在日中国大使の寄稿文が掲載されていました。「助け合って難曲を乗り切ろう」という題。中国はどの国よりも先にコロナに罹り、世界に広がる時間稼ぎをした。都市封鎖の実施をし、感染連鎖を断ち切ることに成功。そして、その経験を提供できた。今は支援もしている。日本は必ず打ち勝てる。と書いてありました。そしてページをめくると、細胞生物学者が書いた記事が掲載されていました...

  2. 長崎大学は新たなステージへ! - 長崎大学病院 医療教育開発センター  医師育成キャリア支援室

    長崎大学は新たなステージへ!

    皆様、4月16日の長崎新聞はご覧になりましたでしょうか?この度、長崎大学長の対談に関する記事が掲載されました!!新聞には、長崎大学が2020年に新たなステージへと入り、「プラネタリーヘルス」(地球の健康)を掲げた上で、世界トップレベルの研究に打ち込む方針を出した件を対談形式で掲載されております!学部を新たに設けるなど、時代に即した取り組みを行う長崎大学の今後に目が離せません‼お手元にある方は...

  3. ある募集記事を見て - 経験こそ宝

    ある募集記事を見て

    私が住んでいる県は、国のコロナウィルス緊急事態宣言指定の県ではないですが、県が独自に不要不急の外出自粛要請を出しており、公営のスポーツ施設などは休業状態です。3密、大人数の活動を避けることが必要なこの時期に、地元の新聞には下記のような募集記事が連日のように掲載されています。皆さんはどう思われますか?新聞社は息苦しい世相の中、明るいニュースを載せたいと思っているのでしょうが、私には室内競技や大...

  4. 花まつり - 老いの小文

    花まつり

    新聞‶桜だより”の欄の表示がほゞ満開で占めるようになった。今日4月8日はお釈迦様の誕生を祝う灌仏会、花祭り。もうケロッと忘れてしまったが、確か子供の頃お寺で何かイベント(?)があり見に行った記憶がある。今では多分廃れてしまったに違いない。どっかで読んだことの受け売りですが、「台無し」と言う言葉がある。仏さんを祭るにも座る台が無いと威厳が無く見栄えがしないことから来た言葉らしい。お花見に行楽に...

  5. 麻生財務大臣 「ああいうの(新聞)を金払って読む人の気が知れん」 - 日本を愛する防人のつぶやき

    麻生財務大臣 「ああいうの(新聞)を金払って読む人の気...

    麻生財務大臣 「ああいうの(新聞)を金払って読む人の気が知れん」 麻生財務大臣 「ああいうの(新聞)を金払って読む人の気が知れん」【新聞に金出して読む人は気が知れない】 新型コロナの緊急経済対策に関し、現金給付やクーポン、商品券など様々な意見があることについて、 麻生太郎財務大臣 「色んな方々からのご意見、色んな新聞も裏が取れたような話を全く関係なく書いてますから、ああいう...

  6. 新聞で作る手提げバッグ~オダギリジョーさん☺️ - Atelier-Gekka ハンドメイドのおはなし

    新聞で作る手提げバッグ~オダギリジョーさん☺️

    昨日の製作開始から6個目の新聞バッグは、テキストから少しアレンジして横長にしました。なぜってオダギリジョーさんが!ちぎっちゃうわけにはいかない🤭こちら↓、昨日アップした人体バッグ、居間に飾っておいたら、今朝母が持って出かけたみたい😁テキストです。材料は新聞だけ。道具は糊、ハサミ、定規。シンプルでいいね‼️テキスト外ですが、新聞三枚重ねを折りやす...

  7. 新型コロナウィルスへの対応 - Tea's  room  あっと Japan

    新型コロナウィルスへの対応

    今朝の中国新聞に、感染が疑われる場合の対応策が載っていました。気になれば まずは「保健所」に「行く」のではなく、「電話」ですよ~。保健所がお話を聞いて、病院に行く時間を指定されるので、その時間に行く。自分の車でマスクをつけて。自力で病院に行けなければ、保健所に言う。(方法を教えてくださるみたいです。)検査は保険適用になりました。喉の粘膜などの検体を取る。調べる。その間は、自宅で安静に。陽性が...

  8. ミニスナックマツコ徳井 - 志津香Blog『Easy proud』

    ミニスナックマツコ徳井

  9. 地方自治の時代 - Tea's  room  あっと Japan

    地方自治の時代

    今回のコロナウィルスへの対応を考えると、思うこと色々。でも、くどい話はいやなので印象に残ることだけ。1. 『フェーズ』の多用😏ネットによると、「フェーズ」は英語の「phase」が語源。「フェーズ」の意味は「段階、局面、時期」。ビジネスシーンにおける「フェーズ」は、「変化する過程の一区切り」というニュアンスで使われる。そうなのね。顔(フェイスface)の複数形ではなさそ...

  10. 新聞で紹介されました! - 長福ファームのブログ

    新聞で紹介されました!

    親方ダイです。ついに新聞で紹介されました!その記事がこちらあ、この写真の人物が親方ではないですよ。テンペのことですね。(テンペについてはこちら↓)この記事にかいてある「倶知安町産の小豆」とあるのが長福ファームの小豆のことです。親方のことでもなく、長福ファームのことでもない。というわかりずらさ。あ!この倶知安町産の小豆って長福ファームの小豆じゃん!とわかる方が何人いることやらね~。

  11. 2020聖火到着は3月20日! - ■□ほーどー飛行機□■Aerial news gathering

    2020聖火到着は3月20日!

    東京オリンピックの聖火が3月12日(2020年)にギリシャの古代オリンピア市で採火されます。ギリシャ国内をリレーした後3月19日にアテネで引き継ぎ式全日空と日本航空共同運航の聖火特別輸送機TOKYO2020号で空輸され3月20日(金・祝)宮城県の航空自衛隊松島基地に到着します。【写真:2019年10月25日発表された聖火特別輸送機ANAとJALのロゴが並ぶ】この聖火特別輸送機、発表会でボーイ...

  12. 産経新聞1月12日記事になりました【児童書】『おでんのおうさま』山本祐司作がんもやだいこん大騒ぎ - トコトコブログ

    産経新聞1月12日記事になりました【児童書】『おでんの...

    TOPに戻る

  13. あとがき(てらこや新聞2019年秋・冬号より) - てらこや新聞

    あとがき(てらこや新聞2019年秋・冬号より)

    “Education is what remains after one has forgotten what one has learned in school. The aim must be the training of independently acting and thinking individuals who see in the service of the commu...

  14. Howdy? (てらこや新聞2019年秋・冬号竹川のコーナーより) - てらこや新聞

    Howdy? (てらこや新聞2019年秋・冬号竹川のコ...

    ~ 飛びつかない!? ついていけない!? ~10月、消費増税が行われた。増税を前に、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の広告のマーク(アルファベットのCにチェックの記号が入ったもの)を至る所でよく目にした。消費者心理としては出来るだけ出費は抑えたい…どう対策するべきかと思いつつも、年末に向けて年賀状印刷に使うであろうプリンターのインクを前もって買ったくらいで、我が家では特にこれといって駆け...

  15. お正月 - 老いの小文

    お正月

    購読紙の年初土曜版に載る漢字抜け熟語パズルを解くのが、この時期の恒例で楽しみとなっている。今年もコタツに拡げて、途中に昼寝時間も挟みながら取り掛かった。結構難解で翌日まで持ち越して解いた記憶もある。今年は比較的短時間で解き終えることが出来た。多分正解を出したつもりです。ホンとは書きたくないのですが、熟語言葉としては解っても漢字が出てこず、傍らに置いたスマホの世話になりました。漢字パズル

  16. I Love Books! (てらこや新聞2019年秋・冬号たけがわのコーナーより) - てらこや新聞

    I Love Books! (てらこや新聞2019年秋...

    BOOK92・93・94:北村薫「覆面作家は二人いる新装版」「覆面作家の愛の歌新装版」「覆面作家の夢の家新装版」(角川文庫)私の大好きな作家、北村薫さんの作品です。私が北村さんの作品を好きになったきっかけは、友人が勧めてくれた「円紫さんと私」シリーズでした。今回ご紹介する3冊もシリーズ物で、この3冊で完結しています。角川文庫からは1997年に出版されていましたが、気になりつつ私は読んだことが...

  17. Bonjour!(てらこや新聞2019年秋・冬号谷のコーナーより) - てらこや新聞

    Bonjour!(てらこや新聞2019年秋・冬号谷のコ...

    Bath salt今年も、湯船に浸かると自分の身体が冷えていたことがわかる季節になった。これから真冬に向け、入浴にかかる時間はだんだん長くなる。我が家では、入浴剤を久しく使っていなかったが、数年前にいただきものを試してみたところ、その保湿効果を実感したのは私だけではなかったようだ。それ以来、空気が乾燥している季節には入浴剤を使う頻度が高くなる。先日、ホームセンターで小袋入りの入浴剤がよりどり...

  18. 寺子屋の日々~Days in Terakoya~ (てらこや新聞2019年秋・冬号亀井のコーナーより) - てらこや新聞

    寺子屋の日々~Days in Terakoya~ (て...

    ~Education is what remains教育とは~寺子屋の20年目の半分が終わった。ここ数年、急に忙しくなり、ここ数か月、初心を忘れないようにと何かに促されているように戒めのような日々が続いている。英語は言葉だ。単なるコミュニケーションの道具だ。そう言い続けて20年という日々が過ぎている。先日、中学1年生の生徒が「トムはピアノを弾く」と「ビルはピアノを弾ける」だとすれば、どちらの...

  19. Bonjour!(てらこや新聞2019年秋・冬号谷のコーナーより) - てらこや新聞

    Bonjour!(てらこや新聞2019年秋・冬号谷のコ...

    Brass band9月上旬、チャリティージョイントコンサートを聴きに行った。大学校友会から県内在住の卒業生向けにお知らせが届き、地元でこの演奏会が開催されるのを知った。私自身が現役の吹奏楽部員だったのは中学生の時で、大学在学中の4年間には吹奏楽部とこれといった縁はなかった。しかし、母校である大学と母校である高校が共演する珍しいこの機会に、久々に吹奏楽を聴いてみたくなった。大学生の司会進行に...

  20. ダイオウグソクムシ(Ⅱ) - 老いの小文

    ダイオウグソクムシ(Ⅱ)

    つい先日(19日)の夕刊でもダイオウグソクムシの記事を見掛けた。記事によると焼津市では煎餅の材料に、室戸市では生きたまま飼育用に、それぞれふるさと納税返礼品として好評を得ているとか。他に各地でラーメンや味噌汁の具材などになったいるようだ。先日のダイオウグソクムシ(Ⅰ)に続いて過去のブログを繰って貼り付けました。(Ⅲ)につづきます2014年3月27日 (木)ダイオウグソクムシSSBC(世界深海...

総件数:350 件

似ているタグ