新選組のタグまとめ

新選組」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには新選組に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「新選組」タグの記事(247)

  1. 映画「燃えよ剣」 - 影はますます長くなる

    映画「燃えよ剣」

    この映画は公開が延び延びになっていた。だいたい一年半くらい公開が延びたのではないだろうか。去年予告編を見て期待していた。やっと今年になってみられてよかった。それは良いのだが、はっきり言ってつまらなかった・・・・この映画は言うまでも無く司馬遼太郎原作の新撰組の話。新撰組の事なんて誰もがよく知っている。人によっては飽きるほど見ている。それを「今」「劇場用映画」としてどう見せるかが勝負なのだ。見せ...

  2. 坂本龍馬の日記元治元年卯月二十四から二十五 - 平隊士 静馬 Blog

    坂本龍馬の日記元治元年卯月二十四から二十五

    元治元年卯月二十四幕臣の勝先生の神戸操練所に入ることを、高松太郎と安岡金馬らが躊躇している。飯でも食いながら説得しようと、お登勢に魚が食えるお店を聞く。今なら、六条河原町通りの高瀬川沿いにある船宿、扇岩良いと聞き、皆に声を掛け、食べにでかける。魚はさわらの煮物しかなく、鰹はまた、後の楽しみ。以蔵が説得に応じ、勝先生の護衛を引き受けてくれる。酒を飲みすぎたので、今日はここに泊まり、明日、勝先生...

  3. 楢崎龍の日記元治元年卯月二十四 - 平隊士 静馬 Blog

    楢崎龍の日記元治元年卯月二十四

    元治元年卯月二十四今日もお店に新選組が御用改めに来た。十人ほどの十津川の人が昼食をとるために集まっていた。六人ほどが捕縛され、四人は逃げた様だ。夜に、大柄なお侍さんが数人、魚を食べたいとやってきた。「今日は、良いお魚はありわしまへんね。」大柄なお侍さんは、「なんでもいいんじゃ。魚が食いとうて、食いとうて、困ってる。」「すぐに食べるのは、さわらの煮つけぐらいどす。」「それでも良い。鰹は無いんか...

  4. 楢崎龍の日記元治元年卯月二十から二十三 - 平隊士 静馬 Blog

    楢崎龍の日記元治元年卯月二十から二十三

    元治元年卯月二十ここのところ、なまりの強いお侍さんが沢山泊りになったり、昼間から、障子を閉めて、会合をなさったりして、忙しい。話によると、西の方から来ているらしい。お食事の際も、刀を脇に置いて食事をするので、とても気を遣う。元治元年卯月二十二今日は、昼間のお客さんだけだった。だんだら羽織を着た集団が、昼八つ頃、御用改めと来はった。新選組と言いはるらしい。客はと聞かれたので、お昼の客は半分帰っ...

  5. 坂本龍馬の日記元治元年卯月四から二十一 - 平隊士 静馬 Blog

    坂本龍馬の日記元治元年卯月四から二十一

    元治元年卯月四長崎を出立し、横井小楠先生に会うために熊本へ向かう。島原に宿をとる。元治元年卯月六横井左平太らを同行し横井小楠先生に会い、海舟先生の書状とお願いの旨を伝える。土佐の友人たちが会いに来る。酒を飲みながら、亜米利加の話をする。「みんな聞いとうせ、聞いとうせ、江戸で面白い話を聞いたんじゃ。面白い、えぇ話じゃ。この海の向こうに亜米利加国と言う国があるんじゃと。その国は身分が無いんじゃと...

  6. 桑名藩士加太邦憲の日記 - 平隊士 静馬 Blog

    桑名藩士加太邦憲の日記

    元治元年卯月二十京都の町を散策していたところ、伊勢屋町付近でだんだら羽織を着た新選組に誰何され、父上が叔父上と桑名藩士である旨を告げると、丁寧に頭を下げて、詫びを言い去って行った。新選組と聞くと、乱暴者の感じがしていたが、教養のある者もいるのだなぁと父が言うと、叔父が、新選組の総長と名乗っていたので、かなり上の立場の者じゃないかなと言い、桑名藩は親藩なので、丁寧な対応をしたのかもしれないと、...

  7. ☆コリ旅 in 京都vol.7☆ - やいやい畑

    ☆コリ旅 in 京都vol.7☆

    こんばんはやいやいです(^▽^)ご訪問、本当にありがとうございます♪今日から3月がスタートですね!3月・・・弥生!私の月3月生まれではありませんがw今日はお休みだったので、思い立って登山してきました♪その様子は、いつか・・・必ず・・・ブログにまとめます先月も登山してるので、そちらの方が時系列でいくと先にまとめなきゃ♪書くこといっぱいで嬉しい~さて、タビロクの京都編は最終回です。御朱印がもらえ...

  8. 交流ノートより(23) - 平隊士 静馬 Blog

    交流ノートより(23)

    板橋交流ノートよりと言いながら、オフ会には来ますよね。竜馬と高杉で?

  9. 平隊士の日々元治元年水無月八 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々元治元年水無月八

    元治元年水無月八寝ている皆を起こさないように、竹内伍長を起こして、昨日の話の続きを聞く。竹内伍長「俺は井上組長と、一緒だったから、近藤局長の組の話は、谷修平に聞いた方が分かるぞ」そうかと、納得し、朝食の時に話を聞こう。竹内伍長と朝食の手伝いに行く。朝食、ご飯、味噌汁、漬物、梅干し朝食の時に谷を探すが、見つからない。朝食後、中庭に集まると、土方副長が「今日は巡察には出なくてよいが、屯所から遠く...

  10. 交流ノートよりオフ会(2) - 平隊士 静馬 Blog

    交流ノートよりオフ会(2)

    オフ会の写真です。みんな元気かなぁ

  11. 交流ノートより(22) - 平隊士 静馬 Blog

    交流ノートより(22)

    ははは。寝てください。

  12. 平隊士の日々元治元年水無月七 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々元治元年水無月七

    元治元年水無月七目が覚め、井上組長を探しに出たら、門の前で、周囲をうかがっている山野に気が付き声を掛ける。昨日捕まえた、炭薪問屋の主人を奪い返しに来るかもしれないので、山南総長に、寝ずの番をしろと言われ、見張っている、厠に行きたいので変わってくれと言われ、門の前で、周囲をうかがう。山南総長が、来て、山野はどうしたと聞かれ、厠に行っていますと答える。そうか、もう、大丈夫らしいから、飯の準備をし...

  13. 平隊士の日々元治元年水無月六 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々元治元年水無月六

    元治元年水無月六朝から、屯所がバタバタしている。隊務に参加したいと思い、井上組長を探したが見つからない。沖田組長を見つけ、声を掛けたが、今は忙しいから、休んでいろと言われ、もう一度、横になる。朝食、起きれる様になったが、まだ、ご飯は食べ難いので、味噌汁をかけて食べた。食事中に、伊木を見つけ、声を掛けると、枡屋喜右衛門と言う炭薪問屋に武器が多数あり、主人を捕縛して戻ったところだとのこと。隊務に...

  14. 平隊士の日々元治元年皐月二十三から水無月五 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々元治元年皐月二十三から水無月五

    元治元年皐月二十三頭が痛い、熱もあるようだ。隣に寝ている伊木に、起きれないことを伝える。朝食、食べれない。うとうとするが、熱があり、眠れない。昼食、食べれない。節々が痛くなって来た。だんだん、意識が遠のく。元治元年皐月二十五体を見ると、あちらこちらに赤い粒々が出来ている風疹らしい南部先生が水分を取れと言い、枕元に水を置くがどうやっても飲めない元治元年皐月二十九井上組長が覗き込んだ記憶があるが...

  15. 平隊士の日々元治元年皐月二十二 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々元治元年皐月二十二

    元治元年皐月二十二起きて、森を見たら、赤い顔で、唸っている、熱もあるようだ井上組長に、森の体調不良を伝えると、食あたりが、治ってきた隊士を探しに行った沖田組長と稽古朝食、ご飯、梅干し、味噌汁、納豆井上組長が阿部を連れてきた本日の隊務割も昨日と同じ午前が南巡察、午後が東巡察、夜が西巡察木屋町通りを五条方面に向かう途中で、浪士らしき人物を発見沖田組長が誰何すると、長州藩士の石川と言う、そう言えば...

  16. 平隊士の日々元治元年皐月二十一 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々元治元年皐月二十一

    元治元年皐月二十一起きて、布団をかたずけていたら、珍しく、沖田組長が来て、今日も稽古は良いので、賄を手伝うように言われた賄の手伝い朝食、漬物、梅干し、ご飯、味噌汁昨日より、隊士は五人ぐらい増えたが、まだ皆寝込んでいる本日の隊務割い組は昨日と同じ、午前が南巡察、午後が東巡察、夜が西巡察南巡察に出る時、山南総長が俺も行くと出てきた東本願寺の脇、花屋町通りから、室町通りに曲がったところにある旅籠、...

  17. 平隊士の日々元治元年皐月二十 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々元治元年皐月二十

    元治元年皐月二十起きて、布団をかたずけ、掃除して稽古に行こうとしたら井上組長に賄を手伝いに行けと言われ、賄の手伝い、隊士が少ないので、前川邸の人達が手伝ってくれる朝食、味噌汁、漬物、梅干し本日の隊務割い組は昨日と同じ、午前が南巡察、午後が東巡察、夜が西巡察井上組長、沖田組長と南巡察に向かう屯所を出てすぐの花屋町通りに浪士らしき集団を発見人数が少ないので、囲み込むように配置しながら詰め寄る井上...

  18. 平隊士の日々元治元年皐月十九 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々元治元年皐月十九

    元治元年皐月十九寝ていたら、多くの隊士が起きて、唸っているどうも腹痛らしい聞くと自分も少し腹が痛い吐いている隊士もいる井上組長に森が、南部先生に来てもらいたいと言いに行った南部先生が来て、診療また、食あたりらしい、田螺もきのこも食べていないのに、困ったものだ朝食、梅干し、ご飯、味噌汁、玉子半分も隊士がいない味噌汁と梅干だけ食べれたなぜか、森は元気だ立てる者だけが、中庭に集まる土方副長と山南総...

  19. 交流ノートよりオフ会(1) - 平隊士 静馬 Blog

    交流ノートよりオフ会(1)

    また、みんなで飲めるといいなぁ

  20. 平隊士の日々元治元年皐月十八 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々元治元年皐月十八

    元治元年皐月十八寝ていたら、どたどたと足音、永倉組長が先頭を切ってはいってくる足音で起きて、刀を持って、脇に退く中の方で寝ていた、五番隊が蹴飛ばされたり、踏まれたりしている土方副長の掛け声で夜襲は終了布団をかたずけ稽古朝食、貝の甘露煮、漬物、味噌汁、ご飯本日の隊務割午前が南巡察、午後が東巡察、夜が当直四番隊と南巡察特に何もなく、屯所に戻る昼食、刺身の盛り合わせ、むにゅむにゅしたものの味噌汁、...

総件数:247 件

似ているタグ