新選組のタグまとめ

新選組」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには新選組に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「新選組」タグの記事(381)

  1. 平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十七 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十七

    文久四年(元治元年)弥生二十七昨夜は難しい本だったのでほとんど読めなかった眠い目をこすりながら起き、布団をかたずけ、掃除、井上組長が稽古するぞ、と迎えに来た素振りと竹刀でのかかり稽古、朝食、いつも通り漬物とご飯本日の隊務割は、午前は鍛錬、午後は当直鍛錬と言えば、四番隊松原組長が柔術を教えてくれるという井上組長は、知らないよりは良い程度だ浪士が手ぶらの訳はないので、とりあえず突いて怪我をさせれ...

  2. 交流ノートより - 平隊士 静馬 Blog

    交流ノートより

    置いて、一週間もしない間に、多くの書き込みがあり、うれしいですノートを置いてよかったみんな元気かなぁ

  3. 平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十六 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十六

    文久四年(元治元年)弥生二十六朝起きて、局長、副長助勤、伍長、平隊士、四十人近い人数分の朝食作り一日分のご飯は、十二斗、一斗炊きの釜四つで、三回、置きかまども使わないと炊ききれない米を炊くだけでも大変だ漬物はそこいらで買ってくるか、味噌蔵にある瓶から出すもたもたしているとすぐに食事の時間になる忙しい食事が終わり、本日の隊務割は、東巡察、午後は当直今日は死番ではないので気が楽だ隊務割の後に、七...

  4. 交流ノートより - 平隊士 静馬 Blog

    交流ノートより

    板橋ノートを初めて置いた昔、昔の話です当時は、年の半分ぐらいは海外で仕事をしていて仕事は面白くて、楽しいかったのですがどこかで、幕末にあこがれを持っていて話す相手もいなかった50ccのバイクで日野に通っていた通勤途中で寄り道をすれば板橋に行ける板橋に行ったらたくさんのノートがあり、みんな楽しそうに幕末している仲間になれたらよいなぁ四つ切りの写真をパネルにしてお墓の前に置きましたたいへん、評判...

  5. 平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十五 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十五

    文久四年(元治元年)弥生二十五昨夜に酒を飲んだせいか、喉が渇いて目が覚めたそのまま、布団をたたみ、掃除をして、稽古に出るさすがに、誰も稽古場にいない木剣を取り、素振りを始めたら、井上隊長が来た素振りを見ていた隊長が持ったところから力が入りすぎている打ち込む瞬間まで、軽く持ち、打ち込む瞬間に左腕を締めるように力を入れるのが正しい昨晩、ずーと力を入れて刀を持っているから刀が離せなくなるんだちゃん...

  6. 平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生十から弥生二十四 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生十から弥生二十四

    文久四年(元治元年)弥生二十四夜中に三番隊に襲撃の鍛錬があり、眠いそれでも、隊長は元気だ朝の稽古でも、打ち込みの稽古に参加した今日は死番なので、ともかく、肝を据えて飛び込まなければならない稽古に汗を流して、いつもの朝食本日の勤務割は、午前中は非番、午後は西巡察非番と言うことで近所を散歩しようと思ったが、隊長に呼び止められた月代を剃れ、少しみっともないぞ次郎作を探して、身だしなみを整えるのを手...

  7. 平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十三 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十三

    文久四年(元治元年)弥生二十三ゆうべは、初めての当直、遅くまで起きていたので、井上隊長に起こされるまで寝ていた慌てて、起き、朝の稽古素振りをしていたら、隊長より、素振りも大事だが、君の力量だと自分の足を切るから、突きの練習をした方が良いとのことそう言えば、一番隊の人達も突きの鍛錬が多い隊長に聞いたところ、路上での捕縛より、室内での捕縛が多く、より多くの切りあいがあるのが室内の捕縛なので、切り...

  8. 井上源三郎資料館様のショーケース - オーダー家具の現場レポート

    井上源三郎資料館様のショーケース

    新選組六番隊組長井上源三郎資料館様へショーケースを納めさせていただきました近藤勇が京都からの土産として兄松五郎に贈った刀土方歳三が兄松五郎に宛てた書状天然理心流剣術免許等々新選組の軌跡をたどれる貴重な資料が公開されております。栗塚旭が土方歳三を演じた新選組血風録を十数年前にDVDで拝見しましたが、本当にカッコよかった!です。あのテーマ曲が流れると涙が出てきます。このようなご縁をいただいたこと...

  9. 平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十二 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十二

    しゃもの鳴き声で暁七つに目が覚め、布団をかたずけ、掃除が終わった頃、井上隊長が、朝の稽古だと迎えに来た隊長は稽古が本当に好きだ我々の力量が無いのが理由なのだろうが、隊士と稽古している姿が多いそして、良く、試衛館時代を思い出すと言うなんでも、局長や副長、各隊の隊長と同じ試衛館と言う道場で過ごしたらしい朝の稽古は個人の鍛錬が中心で、午後の鍛錬は隊での鍛錬になるらしい明け六つの寺の鐘が鳴り、稽古場...

  10. 交流ノートより - 平隊士 静馬 Blog

    交流ノートより

    沖田総司さんうむ、美形であるしかし、実際は美形ではないらしい土方さんの方が美形だと思う

  11. 平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十一 - 平隊士 静馬 Blog

    平隊士の日々文久四年(元治元年)弥生二十一

    文久四年(元治元年)弥生二十一朝早くから、しゃもが鳴いてうるさいご飯の炊ける匂いもするそういえば、ゆうべはしゃも鍋に冷や飯だった大阪は暮れにご飯を炊くが、朝炊くのは珍しい治郎作に言わせると関東では朝ご飯を炊くので、その習慣だそうだ辰の刻には朝ごはんだと、その前に掃除をしておかないと、井上隊長に稽古に呼ばれるらしい布団をかたずけていたら、井上隊長がもう来た最初は木剣選び、隊長たちの木剣はごつい...

  12. 文久四年(元治元年)弥生十から弥生二十 - 平隊士 静馬 Blog

    文久四年(元治元年)弥生十から弥生二十

    文久四年(元治元年)弥生十三番隊斎藤さまの話では、壬生と聞いていたが、壬生で新選組を探したが見つからずあちらこちらに聞いたら、西本願寺に移動したと西本願寺に着いたのは昼八刻、入り口は空いているが、稽古の声が聞こえるばかり声をかけても返事がないし、どうしようかとウロウロしていたら以前にあったことがある人、多分、一番隊隊長かないいよ、いいよ、と誘われて入ると、紹介されたのは、副長の土方さま入隊希...

  13. 交流ノートより - 平隊士 静馬 Blog

    交流ノートより

    板橋の新選組交流ノートより喫茶店でコーヒーなどを飲みながらさらっと、このような絵を描く人達がいます凄いです

  14. 文久三年如月十三から如月二十五 - 平隊士 静馬 Blog

    文久三年如月十三から如月二十五

    文久四年如月十三また、そろいの羽織を着た一団が来た前回来た人たちとは違う人達だ三番隊と言うらしいやはり、若い人が多い、前回の人達は一番隊と言うらしいが、今回の人達の方が気さくに話しかけてくる新選組と言うのは大きな組のようだ剣術もいろいろなところの師範代の人が隊長をしているらしい剣術だけでなく、柔術や、槍術でも隊長になれると隊士にも、町人や、相撲取り、博徒などもいるらしいまた、剣術が弱くても監...

  15. 治安活動を逸脱した新選組のテロ事件幕末維新 - SAMとバイクとpastime

    治安活動を逸脱した新選組のテロ事件幕末維新

    新選組参謀だった伊藤甲子太郎(かしたろう)は同志十数人を引き連れ、新選組を離れた。脱退は円満に運んだかのようにみえたが、その背景には、近藤勇らとの思想的対立もあった。読売新聞-維新の記憶-より 新選組を脱退した伊藤らが詰め所にした月真院へと向かう。場所は八坂神社から清水寺へ向かう石畳の「ねねの路」沿いにあり、多くの観光客が風情を楽しんでいたが、この石碑の前に立ち止まる人はほとんどいなかった。...

  16. 英雄たちの選択その後の土方歳三 - 一期一会と日日是好日     

    英雄たちの選択その後の土方歳三

    BSの歴史番組、「英雄たちの選択」でその後の土方歳三を取り上げていた。その後とは、近藤勇と別れた後を取り上げていた。主題の一つとして磯田道史先生は、城陥しの名人としての土方歳三にスポットを当てていました。土方さんが陥落させた城は、一つは宇都宮城、もう一つは松前城である。いずれも土方さんによってあっという間に陥されたようです。そしてもう一つ興味深かったのは、奥羽列藩同盟の総督として、榎本武揚が...

  17. 一般有権者の「公務員に天誅!」から新選組・山本太郎支持への転向は歓迎だが - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    一般有権者の「公務員に天誅!」から新選組・山本太郎支持...

    一般有権者で大阪維新やみんなの党、旧希望の党や立憲民主党の一部など「公務員に天誅!」系政党・政治家支持から山本太郎支持への転向という方は結構おられる。具体的な人物像は、就職氷河期の高学歴ワープアで、正規公務員や年配連合組合員への反感が強い、という感じだ。公務員に天誅を加えればスカッとする気持ちは同じ就職氷河期の人間としてよくわかる。その層が新選組の出現で、山本太郎・新選組支持に転向する動きは...

  18. 新選組、ガチガチでなくていいから2013年参院選頃の緑の党・グリーンズジャパン程度の組織と規約はあった方がいい - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    新選組、ガチガチでなくていいから2013年参院選頃の緑...

    新選組の支持者の方は2013参院選で当時の緑の党グリーンズジャパンを支えてくださった方ともかなり重なる。当時の緑の党・ひろしまの代表としてお礼は申し上げたい。新選組についても既成政党が冷たくしているイメージがある庶民の暮らしにフォーカスしているのは評価できる。特に日本共産党以外でほぼ唯一「公務員を増やす」というのは非常に面白い。他方で、せめて2013参院選時の緑の党・グリーンズジャパン程度の...

  19. ランチはとんかつ「とん吉」へ - SAMとバイクとpastime

    ランチはとんかつ「とん吉」へ

    新選組壬生屯所跡、八木邸、前川邸を後にして向かうは三条大橋西詰め、走るは東西に走る四条通。 いわずと知れた京都一の繁華街四条河原町。しかしなんだね、東京ってとこは、こんな繁華街が山手線上にいくつもあるんだからすごいね~なんて突拍子もないこと考える。四条河原町の交差点を左折して北上、三条通で右折をすれば左に池田屋跡、正面に東海道五十三次の西の起点、歌川広重の浮世絵や、弥次喜多コンビの珍道中を書...

  20. テロ鎮圧1863年新選組結成 - SAMとバイクとpastime

    テロ鎮圧1863年新選組結成

    新選組の実態は京都の治安維持に当たる一種の警察組織であり、幕藩体制を力で覆そうとする過激派志士ら、テロリストを取り締まっていたのだ。初代筆頭局長の芹沢鴨に粗暴な振る舞いがあったのは確かで、新選組の中でも特に悪役扱いされてきた。読売新聞「維新の記憶」より。 1863年上洛する14代将軍徳川家茂の警固のため、幕府は江戸で浪士を急募、京都に派遣する。彼らは洛外の壬生に分宿した。今は町の真ん中だが当...

総件数:381 件

似ているタグ