旅行記のタグまとめ

旅行記」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには旅行記に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「旅行記」タグの記事(399)

  1. とってもきれいなコペンハーゲンの街その1 - MotoのNY料理教室ライフ

    とってもきれいなコペンハーゲンの街その1

    いやあ、サッカーなんて全く興味ないんですが、昨日日本から来てる友達とランチ食った後、どうしてもベルギー戦みたいというので付き合いました。まあでも見てよかったわ。優勝候補相手にあんな頑張ったのは偉いことだと思いますわ。すごい空いてるバーで見てたのやかましい応援もなく見れてよかった。さてさて6月末にコペンハーゲンに行ってきました。北欧オススメ。でもヨーロッパ人どこでもタバコ吸うのがとってもいただ...

  2. るるぶベトナム  ちいさいず - ashuとnamyのよもやま日記 Season.2

    るるぶベトナム ちいさいず

    9月にベトナム旅行計画中。最近は小さいるるぶもあるのね。もっと人気のあるところは、超ちいさいずもあります。韓国とか台湾とか。.

  3. 2172. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(16)僕らが旅に出る理由 - 初心者目線のロードバイクブログ(青山医院)

    2172. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(16)僕...

    「モロッコ格安新婚旅行1999」(16)僕らが旅に出る理由 オザケンの歌ですよ。 ……… 予定もたてず、予約もせず、海外旅行に行くなんて、まるで、竹槍で弓部隊に突っ込むようなもんだと、勘違いしていた。 こんなに楽しい冒険は、なかなかできるものじゃない。こんなワクワクした経験は、人生でそうそうあるものじゃなかった。 その理由は、「その場しのぎでも、意外とどうにかなる」という自暴自...

  4. 2171. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(15)帰還 - 初心者目線のロードバイクブログ(青山医院)

    2171. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(15)帰還

    「モロッコ格安新婚旅行1999」(15)帰還 砂漠での楽しい二日間が終わった。たったの二日間だった。 帰り道の写真。 町々にある市場。さりげなく撮った写真。店の人に話しかけたかったけど、なんだか失礼と思って遠慮した。 帰り道にある観光地、トドラ谷。オマールが気を利かせて、寄り道してくれた。 観光客に混じって、地元民とヤギが歩く。自分の体積の倍以上の草を背負っているヤギ。 夕方、ワル...

  5. 「2009年マウナ会長時間耐久ハワイ島一周」! - Hawaiian LomiLomi サロン  華(レフア)邸

    「2009年マウナ会長時間耐久ハワイ島一周」!

    SUP(stand up paddle) 未だにあこがれです。カイルアコナのサンセット。2009年ハワイ島留学最後の頃、実質3日間でハワイ島を長時間耐久でくまなく回った旅行記。結構前に 途中まで直してこちらにアップしようと思いながら 毎度 ずるずるひっぱり、今になってしまいました。でも当時まだ 長文といっても 14ですから そんなに長くないですね(笑)。ベトナム→カンボジア→タイ南部横断の...

  6. 【お遍路別格】第弐番:童学寺 - クッタの日常

    【お遍路別格】第弐番:童学寺

    前回の大山寺からの続きになります。大山寺から細い坂を下りて、 大きな県道34号とおり、吉野川を越えたところにあり、約小一時間。ここは見つけやすく簡単に移動できます。ここで、この童学寺では、お遍路別格において“唯一の”ことを見つけました。この寺だけ駐車料金を取ること。。。あのね、大体お遍路は徒歩で回るものだから、車で来るのはおかしいけど。。。お遍路では結構駐車料金を取るところがあった。。でも全...

  7. 2169. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(14)砂漠の人々 - 初心者目線のロードバイクブログ(青山医院)

    2169. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(14)砂...

    「モロッコ格安新婚旅行1999」(14)砂漠の人々 ↓ラバラカのロビー兼集会所にて左から、ハッサン、僕、ハッシム、妻、オマール。……… ハッサンホテルのオーナー。(一番右がハッサン)魔法使いのようにとがった鼻と切れ長の細い目は、まさに砂漠の王様。黒いマントを羽織れば、そのまま映画に出られそう。その内面には外敵から自分たちの「家」を守る長男であり、家長でもある厳しさを隠し持つ。気軽に話し...

  8. 東京。旅の終わり - 一期一会 ☆

    東京。旅の終わり

    5月27日東京駅息子夫婦と一緒に夕食を今年は2月と5月の節句にも宮崎に帰ってきたので久しぶりでは無く、5月に2回目(笑)元気そうで何よりです。5月28日品川のキャノンギャラリーへ会場では、プリントサービスなどもあったけど。写真集を見れるコーナーで・土門拳「筑豊のこどもたち」・木村伊兵衛の昭和写真集を拝観リアリズムを追求した巨匠流石ですね~人物の魂まで写し撮られて、見る者に問いかけてくる。真似...

  9. みそら野。白鳥村 - 一期一会 ☆

    みそら野。白鳥村

    6月26日昼ぐらいからhiyoさんとruuさんから、白馬村みそら野を案内してもらった。みそら野は森の別荘地でオシャレな店やバンガローなど沢山ありました。この日の記憶をたどると・・・最初にhiyo さんの車が到着し、助手席から両手を振るruuさんの姿が浮かんでくる♪^^遠くまで来てくれて、ありがとう^^それでは皆でランチしましょう!入ったのはイタリアンのお店で、2種類のパスタと2種類のピザを仲...

  10. 北尾根高原・八方尾根(白馬村) - 一期一会 ☆

    北尾根高原・八方尾根(白馬村)

    5月25日北尾根高原北尾根クワッドリフトに乗り、一気に標高1200m天気良く新緑の風が気持ちいい~^^更に北尾根高原から八方尾根、黒菱駐車場行きシャトルバスに乗り込んだおおおー3千メートル級の山が目の前!6月まではシャトルバスのみ運行だが7月からは一般車も通行できるらしいけど、離合が大変そうでガードレールが無いと不安ですね^^;八方尾根スキー場。凄い急っ傾斜!5月6日までは2メートルの積雪が...

  11. 白馬ジャンプ台 - 一期一会 ☆

    白馬ジャンプ台

    5月25日ひえ~高けぇー!!下から見上げると、傾斜角度もほぼ垂直。平成4年に85億円の総工費で完成し収容観客数は4万5千人。ジャンプ台最上部まで一般でも見学できるので怖いもの見たさでGO!スキー経験も無く、人生初リフト。足が~プラプラ。高い所は苦手だ!徐々に高くなり片手はリフトポールを握りしめ~記念でノーファインダーでパチリ♪途中はエレベーターで上がるが今度はスタート地点まで階段。これが下が...

  12. 白馬の夜明け - 一期一会 ☆

    白馬の夜明け

    5月25日朝3時過ぎ目が覚め外を見ると、ん?少し明るい寝過ぎた^^;星撮りに遅刻だ・・。まっいいか!朝日に照らされ、真っ赤な白馬を撮りに行こう!てくてく歩いて撮影スポット探し。五竜岳。白馬三山。東の空が気になるがん・・太陽は顔を見せるかな~?少しガスが掛かっている^^;ほらね~真赤な太陽は拝めず寒い冬の方が条件は良いのかな?しかし寒い。。。手が凍てつく(7℃位?)絶好の無風。。。信州の夜明け...

  13. 百花繚乱。白馬村 - 一期一会 ☆

    百花繚乱。白馬村

    5月24日大出公園(白馬村)吊り橋を渡り、まず目に入ったのが道端に咲き誇る花、花・・・ルピナス、菖蒲、薔薇、ラベンダー他色々白馬村も天気が良く昼間は30度近くで初夏の陽気寒い冬を越し、いちにのさん!で一斉に咲き出したのだろう!塩の道(白馬村)何と云う花ですかね?撮ってくれ~♪と満面の笑顔(笑)信州は山藤も丁度見頃宮崎は四月初めに咲き、一ヶ月半の開きがありますね。半年間は苺の出荷に追われ、花を...

  14. 【お遍路別格】第壱番:大山寺 - クッタの日常

    【お遍路別格】第壱番:大山寺

    前回の大瀧寺からの続きとなります。大瀧寺から山を降りて、ここは高速使うか下道使うか悩んだのですが、ナビで差を見たら13分だから下道行きました。。1時間30分くらい。。つーか、ここも、山道を登ってゆくのだが、コンクリの細い舗装をひたすら上って行く、"そういうとき”に限って離合するんだよなぁ。。平日なのに。。普通のお遍路の第壱番は凄い人がいて、「ここからお遍路頑張るぞ」感が凄かったの...

  15. ヨコハマ散策 - 写真生活2

    ヨコハマ散策

    5月はサボりました(^◇^;)画像はあるのに現像ができなくって・・・GWのドルパ39に行くついでにヨコハマに寄り道前回は港側に行ったから今回は山手へ石川町から歩いてすぐ(坂道登るからしんどかった)の山手イタリア山庭園内にあるブラフ18番館と外交官の家へ2018.5.4 ブラフ18番館

  16. 2167. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(13)砂のホテル - 初心者目線のロードバイクブログ(青山医院)

    2167. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(13)砂...

    「モロッコ格安新婚旅行1999」(13)砂のホテル 砂漠で夜を過ごしたい場合、方法は2つ。 ひとつは、テントを背負って、ラクダに乗る砂漠ツアー。夜になったら、テントか寝袋で就寝。水を持参し、食事は自炊。トイレは砂の上。 さすがに、これは敷居が高い。 もうひとつの方法が砂漠のホテル。 砂浜の上に建物は建てられない。岩漠の上にしか建てられないので、砂漠と岩漠の境界線上に数軒の宿が並ん...

  17. 白鳥展・青木湖(安曇野・大町) - 一期一会 ☆

    白鳥展・青木湖(安曇野・大町)

    5月24日松本駅からレンタカーで市街地を離れ山道へ娘が「ここ来た事あるよね!」hiyoさんから最初に案内してもらったね♪^^安曇野平野が一望でき、常念岳は雲隠れしてるが遠くに白馬手前に槍ヶ岳を源流とする「梓川」が流れあっちの橋の方では奈良井川と合流して「犀川」と名前が変わるとhiyoさんから教えてもらった。その後、千曲川、最後は信濃川と名前が変わり日本海へ。。境が良く分らんけど(笑)今まで、...

  18. 下山。美ヶ原王ヶ頭 - 一期一会 ☆

    下山。美ヶ原王ヶ頭

    5月24日霧が晴れて展望デッキに続々とお客さんが集まりだし思い思いに絶景をカメラに収められていた。10:00 ホテル送迎バスに乗り込み下山する頃には雨上りの青空が広がつたこれぞ美しが原!牛が放牧されていて・・・美味しい空気を吸い、星を眺め、のんびりと草を食べる!ああ~美ヶ原の牛になりてぇ~!天気も良くなり、バスの運転手さんの計らいで、美ヶ原美術館周辺を遠回り。途中、信州蕎麦屋で昼食天麩羅は自...

  19. 2166. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(12)星の砂漠と、朝日の砂漠 - 初心者目線のロードバイクブログ(青山医院)

    2166. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(12)星...

    「モロッコ格安新婚旅行1999」(12)星の砂漠と、朝日の砂漠 せっかく砂漠までやって来たのなら、昼のほかに、夜と朝も感じ取っていかなければならない。 夜。(真っ暗なので写真はなし)日が沈むと、本当に真っ暗になる。 たとえ群馬の山奥にある天文台でも、日本にある以上は、真夜中でも文明の光がわずかに見えてしまう。アウトドアとかいうくせに、キャンプ場では真夜中でも明かりが煌々と照らされている...

総件数:399 件

似ているタグ