日々の暮らしのタグまとめ

日々の暮らし」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日々の暮らしに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日々の暮らし」タグの記事(1527)

  1. 室内トイレの悩み - yamatoのひとりごと

    室内トイレの悩み

    それはね・・・臭いこと。■トイレシートからはみ出す。■ウンチを食べる。■なかなかしてくれない。たいていのことは解決法が見つかった。+++

  2. 朝散歩の花 - きょうから あしたへ その2

    朝散歩の花

    アカバナユウゲショウとことこ歩いているとどうしても足元の小さな花に眼がいってしまう田んぼの隅に白い花たち去年名前を知ったウリカワ可愛い花についついしゃがみこんでしまうでも農家の方にとっては邪魔な雑草なんだろうなぁ通勤の車がたまに通るだけで誰にも会わない田んぼ道をとことこ歩いて・・・どなたかのお宅の生垣から色鮮やかなヨウシュヤマゴボウが・・・この家は住まわれているのかどうか・・・?この日は30...

  3. 無花果 - 微 風 散 歩

    無花果

    無花果の秋果色づく時迎え朝に夕べに虫の声聴く昨日は秋の訪れを感じる陽気でした。先日、ある方のブログに美味しそうなイチジクの記事と画像がありとても印象深かったので題材にしてみました。

  4. 朝散歩の音 - きょうから あしたへ その2

    朝散歩の音

    まだ朝涼しいうちにと散歩に出かけた近所の里芋畑はもうぐんぐん葉が伸びてとっくに私の背丈なんか通り越してとても立派だam7:08ぱたっ!ぽたっ!すこしの揺らぎで里芋の葉の朝露が転げ落ちて下の葉にあたる音がしているあらっ!大きな芋虫がしゃくしゃくと葉をかむ音が聞こえてきそうだどうやらセスジスズメという里芋の葉を好む蛾の幼虫らしい(ふむふむなるほど芋虫・・・)大豆畑からは虫の鳴き声がにぎやかだそれ...

  5. フォカッチャ - きょうから あしたへ その2

    フォカッチャ

    TVを見ていたらローズマリーのフォカッチャを作っていたのでわが家にもローズマリーはわさわさをたくさんあるのでフォカッチャを作りたくなって庭のローズマリーいつもはビニール袋の中で全工程を済ませてしまうのだけれど(洗い物が少なくてらくちんだからね)今回はちゃんとボールでこねこねしてベンチタイムも真面目に休ませて作りましたよ暑い時なので縁側に置いておいてらしっかりと発酵したみたい・・・で形を整えて...

  6. 歌 - 微 風 散 歩

    拙くも言の端集め紡ぐ歌イイネが力あり難きこと気が付けば8月も大晦日自粛が続く中でただ日々が流れていくような無為な時を過ごしているようなそんな気持ちにさいなまれることも……

  7. ひまわり - きょうから あしたへ その2

    ひまわり

    今年はひまわり畑を見に行くこともなく夏が過ぎてゆくので産直のお店で出会った小さめのひまわりを連れて帰った玄関がぱあっと明るくなってすこし元気になれた気がした

  8. わが家の庭から(シジュウカラ) - きょうから あしたへ その2

    わが家の庭から(シジュウカラ)

    聴きなれない鳥の声が聞こえて窓の外を見るとつい~っと小さな鳥が何かをくわえて飛んできてコムラサキの枝にとまったあら!シジュウカラ!カメラを持って急いでそお~っと庭に降りると今度はハナズオウの枝にイラガの繭をつつこうとしているところだったあっ!でも私の姿に気が付いてお隣りへと飛んで行ってしまったごちそうを食べ損ねたかな?

  9. よりどころ - 日々を紡ぐ

    よりどころ

    図書館から椅子がなくなったのが8月6日土日とは思えないほど館内は閑散としていて受験を控える人たちが勉強のために集まる集会室も閉鎖どこにも長くいられないよりどころがなくなっていく感じもうすぐ新学期かなしいことにこの時期多くの子どもたちが自らいのちを絶ってしまうという大人でさえ先の見えない不安が募る今の状況で学校と家だけが世界のすべてであって何か問題を抱えている子どもたちのこころはいかばかりか先...

  10. ポケット - 微 風 散 歩

    ポケット

    昨日の投稿に対してファン申請やコメントがありました。ありがとうございます。新しき風を背に受け歩き出す君の心も胸ポケットに(明日から恋歌と艶歌を「ファン限定公開」にします)

  11. 掬う - 微 風 散 歩

    掬う

    湧水の流れる水辺下り出でて踊る砂粒手指で掬う涼を求めて心も浄化【追記】お立ち寄りいただきありがとうございます。先日、このブログを読んだ方からコメントがありました。❝不倫を想像させるもの❞や❝性的な表現❞があって不快という趣旨のものです。僕としては、言葉遊びだし、嫌ならスルーしてもらえば良いのにという思いもありますが、誰でも読める状態では、コメントの指摘ももっともだと感じました。なので今後、恋...

  12. マッチングアプリのお話 - 日々を紡ぐ

    マッチングアプリのお話

    大腸内視鏡検査の帰り道小田急線の電車内新宿から快速急行に揺られながら上を見上げるとマッチングアプリの中吊り広告見るからに素敵な3組のカップル真ん中にはこれで結婚しましたという文字こんなキラキラした恋愛ばかりじゃきっとないだろうにとひねくれ者の僕は思うのです僕自身がマッチングアプリに登録して2週間と少し結果はもちろんはかばかしくない・・・(笑)今まで2、3人メッセージのやりとりまで行った相手が...

  13. あの日は・・・ - きょうから あしたへ その2

    あの日は・・・

    ひどく長雨が続いた後雨が上がって親戚のお墓参りに出たかけた折に(15日)庄川方面へいつも静かなダムでは一斉放水していたのでした小牧ダム恐ろしいくらいの勢い!各地で豪雨の被害が出ていたころでした水煙の向こう川渕にあるのは小牧温泉それからいつもの合口ダムでも普段なら1か所か2か所だけ開いているのだけれどこの日は全開小牧ダムの近くでボタンヅル川に近いところでは不安な日々を過ごされていたことでしょう...

  14. 少し - 微 風 散 歩

    少し

    言の葉を拾い集めて少しだけ寂しを楽しに置き換える夜変換作業に手間取ることも多々あります

  15. きょうの小鉢(きゅうりの酒粕和え) - きょうから あしたへ その2

    きょうの小鉢(きゅうりの酒粕和え)

    畑で取り忘れて大きくなりすぎたきゅうりを頂いたので酒粕和えに皮をピーラーで縞模様にむいて中のたねをとって薄切りにし塩を振ってしばらく置くみずが出てきたらきゅっとしぼってね酒粕・白だし・みりんを合わせてきゅうりと和える今はこんな形の酒粕があるんですね板粕や練粕と違ってとても使いやすく便利です

  16. ひとりぼっちの国から - 日々を紡ぐ

    ひとりぼっちの国から

    川上未映子さんの「ヘヴン」そして「すべて真夜中の恋人たち」を読んだどちらもとにかくもう激しくこころ揺さぶる作品で読み進めるのがつらくて痛くて仕方ないのに彼は彼女は僕だそんな気持ちで最後まで読んでしまった僕がひとりぼっちの国から来た人間なのだということいろんなことできなかったりして来なかったりつかむことなしにここまで来たけれど生きてきたんだよ生きてるんだよそしてこれからも生きていくんだよそう思...

  17. 散歩の途中(8月12日) - きょうから あしたへ その2

    散歩の途中(8月12日)

    あの日曇っているしあまり暑くないからと散歩に出かけたお盆用の花を栽培している畑では花たちが最盛期こんなところにもカエル君は上ってきていたのでしたまだ畑には少しだけ花たちが残っています

  18. 星 - 微 風 散 歩

    仰ぎ見る夜空に星が見えずとも 星があること疑わぬようコロナ禍に思う。。。

  19. おきゃくさま - 日々を紡ぐ

    おきゃくさま

    すずめっているじゃないすずめ?あの空飛んでるちっちゃい鳥?そうあのすずめにもよく見てるとさいろんなのがいてねうちの縁側にえさを入れたお皿を置いてるんだけどぼくが近づいたり物音を立てたりするとたいていのすずめは一斉に飛び立つんだけど中に一羽ぼくが目の前にいるのに飛んでいかないそんなやつがいるトロいのか飛び方がまだ上手じゃないのかわからないんだけどやがてその一羽も飛んでいくんだけどだーっとではな...

  20. 夏の緑 - きょうから あしたへ その2

    夏の緑

    ハゼノキあの時は早朝でも暑かった緑の下に入ると少しだけ涼やかな気配にほっとしたのだった

総件数:1527 件

似ているタグ