日日庵のタグまとめ

日日庵」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日日庵に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日日庵」タグの記事(76)

  1. 日日庵、屋根の積雪 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵、屋根の積雪

    2020年12月20日、気象庁データーの積雪129センチ。枕木フェンス天端まで10センチ。キノコの笠の連なりのように見える。トイレ小屋の雪庇は地上に届きそう・・夏の様子をみるとこの雪庇で荷重のバランスを崩して、ひっくり返りそうだった。12月20日危険察知、雪庇だけ落とした後また新雪をかぶった様子の11日後31日大晦日。気象庁データー積雪、133センチ。***年が明けて、1月6日快晴。20年1...

  2. 日日庵2020/藤棚 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/藤棚

    日日庵建築群(4棟)は基本、セルフビルド。まあ大工に手伝ってもらってる部分もあるけどね。そこに藤棚も加わった話。『鉄板の広間』の西側に、日日庵初期の頃ヤマモミジを植樹した。いつの頃からかその脇から藤のツルが、這い回りだした。じゃあせっかくだからとあまり材で藤棚を作成した。(2019・7・21)1年後のツルの状態。(2020・7・26)10月4日、2ヶ月ほどでここまで成長する。来年開花が期待出...

  3. 日日庵2020/天日干し - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/天日干し

    収穫から1週間の手刈りの跡今年は一束がコンパクトで乾燥も早いようだ。刈り取り直後、1週間でこの進展。いつも思う、「太陽は偉大だ!」N尾の唐辛子とシシトウも整理した。この赤が何とも強烈でキレイです。どちらも食べるというより、インテリア理容ですね。

  4. 日日庵2020/レモン結実 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/レモン結実

    鉢植えレモンを日日庵へ。(2014年仁木で購入)肥料が足りないと実が付いても、すぐ落ちてしまうらしい。N尾お奨めの肥料を施肥。いっぱい咲いて実を付けたのを、摘果した。だいぶ大きくなって、落ちる気配はないようだ。もしかして、黄色く熟したものを食することが可能になるかも知れない。

  5. 日日庵2020/収穫祭そば会2 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/収穫祭そば会2

    16名も集まってくるので、コロナ対策はいろいろ考えてもらった。正面建具はぼくの手作りドア、上下2段になっていて上下前回で開けっ放し、開放的に・・コロナ対策その1、BBQはなし。コロナ対策2、それぞれの場所に散らばって・・(焚き火ゾーン)でもアルコールが進むとマスクも外れてくるし、ついつい近くなる。そんなことを見越してか、主治医MIが途中様子見にやって来る。グルッとひとまわりチェックして、もち...

  6. 日日庵2020/収穫祭そば会 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/収穫祭そば会

    前日26日の粉挽き、手挽き。基本は手。皮ごと挽きぐるみ。1.5キロほど、粉にする。***当日16名参加鎌を持って、手刈り。基本は、手。天日干し。島立てから寄せかけ方式になった。人数が多いとドンドン進む。全部で8列、キレイに完了。9間8列、意外に出来がいい。脱穀してどうなるか・・次回コロナ禍の中のそば会に、つづく・・

  7. 日日庵2020/そばの収穫前 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/そばの収穫前

    風よけネットで囲った6列、いつもの背丈はないけど実は黒くなっている。ネットで囲わなかった2列、1度あった強風で倒れてしまっているけど、ちゃんと受粉して実は付いている。9月14日、種蒔き(6/12)から3ヶ月、今年の実りは順調だ。そして収穫祭そば会は、9/27になった。

  8. 日日庵スイカにスズメバチ - 『文化』を勝手に語る

    日日庵スイカにスズメバチ

    日日庵スイカ、カラスなのかアライグマなのか、開けられた穴の中にスズメバチが4〜5匹。(またどこかに巣を作っているのかも知れない)つまり甘く熟しているのである。獣害防止にネットで覆うと、順調に育っている。マダーボール、長手で23センチ程。特に皮に近いところの白いところまで、とってもジューシーに食べられる。45×50センチにカットして、囲いのネットは16枚作った。巻ツルの状態を見ながら、ひとつひ...

  9. 日日庵スイカ2020 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵スイカ2020

    タニダスピリチュアルプロジェクトのとき、栗山タネショウで苗を買ってきて植えた。(5/12)実がつきだしてまだ獣害は大丈夫だろうと高をくくっていたら、やはりやられてしまった。これは何だろう?カラスなのか、アライグマなのか?この果肉の色だともうすぐ収穫のタイミング?あわてて鉄網を買ってきて、大きいものから順に囲って防護した。向こうが今年のソバ状況。青い防風ネットの囲い6列と、右サイドネットのなし...

  10. 日日庵、倒木 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵、倒木

    8月に入って発生した台風が日本海へ抜け、大きく迂回して北海道に戻ってきた。熱帯性低気圧になっていたとはいえ、強風に見舞われた。前回(確か2018年)の台風ではソメイヨシノが1本倒れた。今回は立ち枯れの広葉樹(樹種不明)が、根元から倒れた。際どく、赤エゾマツが難を逃れた。危なかった。さっそくチェーンソーを持ってきて、カットした。焚き火用に、いい薪ができた。根元を見ると完全に腐っていた。これなら...

  11. 日日庵2020/草取り2 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/草取り2

    4連休中は日日庵に毎日通った。朝飯はトーストにワンプレート、コーヒーの香りの中、爽やかな自然に向き合うのは気持ちが良い。スイカのビニールの風よけも撤去。4株植えて、草取りで間違えて1株鎌でカット、大ショック!!ただN尾の指導で肥料をやっていると、すこぶる生育は順調だ。メインのそばも草取りし、防風ネットで囲った。いつもは花は咲くけど実を結ばないレモン、地力をあげるために肥料をやったら、なんとか...

  12. 日日庵2020/草取り - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/草取り

    6/6種蒔き6/30草取り南蛮を植えていったN尾が使っているのをみて、使ってみた。土をかまかして起こし、草取り。楽で早い。参考にして正解だった。そのN尾の南蛮。だいぶ大きく成長した。日日庵には桑の木が2本、一つはアプローチ横、もうひとつは男子トイレの横。どちらも実をいっぱい付ける。葉はあのカイコの食べる葉・・ちょうど熟し始めている。ジャムでも作ろうか・・また野いちごの蔓がそこら中に這い回って...

  13. 夏至そば - 『文化』を勝手に語る

    夏至そば

    今年の夏至は6月21日、日曜日父の日でなおかつ新月、そして部分日食もだ。(久しぶりに次女からのプレゼントでニンマリ・・)種蒔きにやっていた恒例のそば会はコロナで流れたので、純粋にそばだけを味わってもらう夏至そばにした。冬至にそばを食べる冬至そばというのはあるらしいけど、夏至そばなんてないみたいだ。それでぼくがはじめてみた。前日は粉挽き隊長K人ほか3名ががんばって、1550グラムほど挽きぐるみ...

  14. 日日庵2020/蒔く - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/蒔く

    カッコーが鳴き出すこの季節、日日庵応援隊の連中に会えばみんな同じことを聞いてくる。「今年はいつ?」つまりソバの種蒔きのことである。そしてその労働の後のそば会の宴会のことである。コロナでご婦人たちはみな警戒していて来ないだろうし・・う〜む悩ましい・・っている間に耕して1週間が過ぎて、土が固くなってくるのもいやだなあと思っていた6/6の土曜日、今年はこの第1ゾーンだと、畝切りだけでもしておこうと...

  15. 日日庵2020/耕す - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/耕す

    晴天が3日連続で続いた5月31日(日)、毎年お願いしているYさんが耕しに来てくれた。積雪が少なかったにもかかわらず気温が上がらず、まだジメジメしているところもある。ことしはこの第1ゾーンがソバになる。同じ町内会のYさん、近くに畑を持っている。ちょうど耕し終わった頃、テレが入る。ふれんず応援隊のN尾からだ。山椒漬け(仲間と作っている)で余った南蛮の苗があるけどいらないか?って。いまは準備してな...

  16. 日日庵、花、花・・ - 『文化』を勝手に語る

    日日庵、花、花・・

    日日庵、黄金モクレンが花開いてきた。大麻のジョイフル開店セールで買ったもの。美しい・・スズランも可憐だ・・全所有者の植えたものだと思うんだけど、520坪の敷地にはいろんなものが花開く。適度に手入れし適度に自然のまま放置、やっと付き合い方がみえてきた。

  17. 日日庵さくら2020、『陽光』 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵さくら2020、『陽光』

    GW明け、日日庵のソメイヨシノ(2011年植樹)も終わり・・2015年に植えた品種の『陽光』が満開になっている。まだ背丈ほどなんだけどね・・花びらの趣がだいぶ違うね・・そして、母宅の梅も満開。たくさん実を付けて時、土に落ちる前の収穫の戦略を今から練っている。去年は1/3は捨ててしまったからなあ・・

  18. コロナ禍、日日庵のさくら - 『文化』を勝手に語る

    コロナ禍、日日庵のさくら

    家(home)から10分、日日庵。まあここも home みたいなもの、だからステイホームのGW・・・ぼくは普段どおりの毎年の過ごし方。ただし訪問者とかは、いつもと違ってわずかに1人。それでは、さくらの 5/2 つぼみ〜5/5 満開までの様子。5月1日5月2日5月3日、朝5月3日、夕方5月4日くもり、ほぼ満開5月5日午後、晴れ渡る青空の下満開。おまけの花たち・・日日庵スイセン母宅、梅、今年も豊...

  19. こだわりのそば粉 - 『文化』を勝手に語る

    こだわりのそば粉

    日日庵のソバは、手刈り天日干し。応援隊のみんなで、ほぼすべて手作業である。(畑おこしだけ、Yさんのトラックター)こだわりのそば粉のソバの実は、まずここからスタートする。それを次に石臼でどう挽くか・・玄ソバ挽きぐるみ・・なお石臼は人力、あくまで手で回す。購入から8年、石臼で挽かれた粉をどうやって受けるか、今のところぼくはこうしてタライで受けることに行きついた。今日は「長屋クラブ」の大工たちに振...

  20. 日日庵2019/新そば試食会 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2019/新そば試食会

    今年は新たに試食会を開いた。脱穀した新そばが豊作だったこともある。暇を見てゴミ取り磨きをやって、スチロール箱1箱(11,700cc)から10キロ穀物袋がキレイな玄ソバでいっぱいになった。ここから予測すると、今年の終了は30キロ以上になりそうだ。どんどん惜しみなく粉に挽いて、大いに食していける。その第一弾の試食会、11/3日曜日に決定、刈り取りに来てくれた応援隊を中心に案内する。ぼく自身も入れ...

総件数:76 件

似ているタグ