日日庵のタグまとめ

日日庵」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日日庵に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日日庵」タグの記事(69)

  1. 日日庵2021/防風ネット - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2021/防風ネット

    種植えから6週間、成長度合いからそろそろ風よけネットが必要になる頃だ。7/24土、真夏日が続いているので、早朝からの作業になる。応援を得て、作業時間は1時間ほど。その後朝飯をとって帰宅、やはりオリンピックを見ることになってしまう。晴天続きでマダーボールがたくさん実を付けてきた。

  2. 日日庵2021/真夏日 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2021/真夏日

    気候変動の影響で、北海道でも猛暑日がやってくるようになった。倒壊から復活した『鉄板の広間』、3帖分のトップライトから強烈な陽射しが差してくる。そうだスダレだ、スダレをかけよう。コメリで天津スダレ1700×1800を2枚ゲット。日射のカットは基本、外部だからと屋根の上へ。日射がほしくなったら、撤去も簡単になるように。照り返しの強い屋根上のスダレ作業で汗だく・・下の土間に打ち水もして、一挙に涼し...

  3. 日日庵2021/そば開花 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2021/そば開花

    庵のファサード。開庵から9年が経った。そばの開花、順調だ。そろそろ風よけネット張り、栽培のお世話は休みなく続く。

  4. 日日庵2021/マダーボール果実1 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2021/マダーボール果実1

    マダーボールのツルが伸びてきた。実が付いてきた。レモンの花がいっぱい・・去年の果実がまだ収穫出来ていないのに・・近所の色彩館で500円だったコーヒーの木も、鉢から出して勢いが出てきた。やっぱり地面に植えるのがいいんだろうね・・キタノマシュウは種を植えて4週目、順調だ。

  5. 日日庵2021/ヤマモミジ復活 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2021/ヤマモミジ復活

    豪雪で藤棚と共に枝が全滅して、ダメかと思っていたヤマモミジに、枝が復活してきた。生きていたんだ!生物の生命力に感動・・よかった、よかった。そして6本植えたヤマボウシの1本に、10年目にして始めた花が咲いた。ピンクだった。他は毎年ネズミの食害で、まともに成長していない。季節の野花をワインのボトルに活ける。(向こうに復活したヤマモミジ)別に外に行けばたくさん咲いているのに、こうして活けるだけで場...

  6.  日日庵2021/マダーボール - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2021/マダーボール

    地球の自転には1年という周期があって、当然だけど生物はその周期のなかで生存し続けている。そして人間は食物を生産することを覚えた。年を重ねる毎にぼくもその原点に返っていき、そこに喜びを見いだすようになってくる。(おおげさだったか・・)マダーボール2020は、豊作だった。1株から10コは収穫出来た。前立腺の不調もコレを食べると調子がいいので、半コは毎日のように食した。そして2021年、田中寿楽園...

  7. 日日庵2021/耕す、植える - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2021/耕す、植える

    雨模様だった6月、やっと晴れ間が続く11日金曜日、いつものYさんがトラックターで畑興しに来てくれた。そして12日土曜日、3年転作周期の今年の第2ゾーンにソバの種植え、コロナ禍でひとりでひっそりと・・例年なら「ふれんず」応援隊で、ワイワイとそば会までやるところなのにね。蒔いたのは畝4列(列巾70センチ)、例年より大幅に少ない。それは2020年が豊作だったこともあるし、ことごとくそば会が中止にな...

  8. 手刈り天日干し、手で脱穀手磨きゴミ取り、石臼手引き - 『文化』を勝手に語る

    手刈り天日干し、手で脱穀手磨きゴミ取り、石臼手引き

    日日庵でのそばつくりが、2021年今年(種植え6月12日)で記念すべき10周年になる。そんななかで、ぼくなりのこだわりが出来上がってきた。強く主張してくるそば。(2020年9月14日収穫前)本格蕎麦の一連の作業は、手、手、手。オールハンド・・つまり鎌で手刈り、だから島立て天日干し(太陽の恵み、これが味の決め手)、手で脱穀手で磨きゴミ取りし、石臼も手で挽く。そう、ぜ〜んぶ手。エンジンや電気で動...

  9. 日日庵、テーブル修復 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵、テーブル修復

    鉄板の広間には、テーブル(900×900)が2台あった。1台は外れた足をボンドで固定するだけで、簡単に修復できた。もう1台は、天板のみが残されて、ゼロから足を作る必要があった。キリスト教会で打合せ用にセルフ作った、仮設のテーブルをヒントにしたら簡単に出来上がった。足は植樹用添え木の丸太80φ、繋ぎに風囲いようにある貫材、どちらも余りモノ。天板を載せて固定すると、以前より頑丈なモノになった。屋...

  10. 岩見沢で一番好きな景観/ポプラ並木 2021 - 『文化』を勝手に語る

    岩見沢で一番好きな景観/ポプラ並木 2021

    2015年の写真は、休耕中で畑になっていて田んぼの水ではなかった。田んぼだと水を張った田植えの時期が、水面に映り込んでいっそう美しい。日日庵の昼食に、上志文の『十三里/とみさと』へ行く途中。お気に入りのメニューは、野菜ラーメンとチャーハン。街の中華屋さんの味がいい。

  11. ハナモモ満開/日日庵 - 『文化』を勝手に語る

    ハナモモ満開/日日庵

    5月21日、アプローチの状態、路肩は蕗とタンポポ。西隣地境界ゾーンに植えたハナモモが満開になった。3のウチの一番道路側、白赤ピンク3色が混ざっている。美しい・・奥の3本目の白から見通す。地面は一面の蕗。アプローチ、道路に向かって・・路肩は、蕗とタンポポ。春ですね。もうすぐカッコーが鳴いて種植えの時期でだよね。でもそば会は自粛か、空知もコロナが身近に迫ってきている。

  12. 日日庵、雨水利用 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵、雨水利用

    『鉄板の広間』の修復も終わり、また日日庵が機能しだした。去年から活躍している雨水利用、春先から早々重宝しております。記事は設置当時のもの。***増築したキッチンの屋根の長さが2850ミリ、そこに雨どいを付けて以前からの構想だった雨水利用を実施している。東面の桁行きに雨どい、縦どいはレイモンドカフェマスターからもらった寸胴に落として貯める。キッチン裏口から出ると右手。収穫したスイカや野菜を下洗...

  13.  日日庵、鉄板の広間再建2 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵、鉄板の広間再建2

    4本柱のうちのコレ(矢印)こんなに動いてしまった。いくらなんでもこれは補強が必要でしょう・・こんな風に土台を入れて耐力壁をつくる計画。再びジロー工務店に登場願う。完成耐力壁。軸内に入れた本格X型筋交いは、ジロー工務店の仕事。簡単な3点面打ちV型は、スタイル優先でぼくの仕事。高さ850ミリで206(38×140)の横材を絡めて、カウンター代わり・・いいプロポーションだね。鉄板の広間は五徳のガス...

  14. 日日庵、鉄板の広間再建1 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵、鉄板の広間再建1

    そもそもが2013年、ここからスタートした『鉄板の広間』。ぼく自慢の鉄板を囲んで、みんなでワイワイ会食をする広間なんだけど、屋根は当初ヒノキの4本柱に張った白いシート1枚だった。7年後キッチン、手前に藤棚とここまで最盛期には増殖してしまった。ところが2021年の豪雪、増殖をいさめるように手前の藤棚もろともあえなく倒壊。やっと片付けも終わって、原点のヒノキの4本柱から再建を試みる。手前に野ねず...

  15. 日日庵、テント屋根倒壊 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵、テント屋根倒壊

    点線で囲まれた鉄板の広間、みんなで鉄板を囲んでバーベキューをやるメインの賑やかなスペースが、倒壊した。今年の積雪深205センチ、さすがにこの荷重には耐えられなかった。206のたるき、それをスパン2間206ダブルで受けていた。この明るいテントの下で、いつものそば会をやっていた。今年は去年の少雪もあって、テントの着脱の面倒さを嫌ってコンパネの補強で越冬を試みてしまったのが、裏目の出てしまった。雪...

  16. 摩周そば/キタノマシュウ - 『文化』を勝手に語る

    摩周そば/キタノマシュウ

    コロナ禍、日日庵のそば会は開催見送りが続き、2020産そばの消費は進まない。自前のキタワセの玄ソバは余ってくる可能性があり、今年は代わってキタノマシュウの生産にトライしてみようと玄ソバをゲットするために、とりあえず産地弟子屈へ試食に出かけるみることにした。ピックアップした店は3店、そのうち2店目に行ったこの『そば道楽』が一番美味かった。川湯温泉のホテルから徒歩圏、散歩がてら20分ほどで畑の中...

  17. 日日庵、屋根の積雪 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵、屋根の積雪

    2020年12月20日、気象庁データーの積雪129センチ。枕木フェンス天端まで10センチ。キノコの笠の連なりのように見える。トイレ小屋の雪庇は地上に届きそう・・夏の様子をみるとこの雪庇で荷重のバランスを崩して、ひっくり返りそうだった。12月20日危険察知、雪庇だけ落とした後また新雪をかぶった様子の11日後31日大晦日。気象庁データー積雪、133センチ。***年が明けて、1月6日快晴。20年1...

  18. 日日庵2020/藤棚 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/藤棚

    日日庵建築群(4棟)は基本、セルフビルド。まあ大工に手伝ってもらってる部分もあるけどね。そこに藤棚も加わった話。『鉄板の広間』の西側に、日日庵初期の頃ヤマモミジを植樹した。いつの頃からかその脇から藤のツルが、這い回りだした。じゃあせっかくだからとあまり材で藤棚を作成した。(2019・7・21)1年後のツルの状態。(2020・7・26)10月4日、2ヶ月ほどでここまで成長する。来年開花が期待出...

  19. 日日庵2020/天日干し - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/天日干し

    収穫から1週間の手刈りの跡今年は一束がコンパクトで乾燥も早いようだ。刈り取り直後、1週間でこの進展。いつも思う、「太陽は偉大だ!」N尾の唐辛子とシシトウも整理した。この赤が何とも強烈でキレイです。どちらも食べるというより、インテリアへの利用ですね。

  20. 日日庵2020/レモン結実 - 『文化』を勝手に語る

    日日庵2020/レモン結実

    鉢植えレモンを日日庵へ。(2014年仁木で購入)肥料が足りないと実が付いても、すぐ落ちてしまうらしい。N尾お奨めの肥料を施肥。いっぱい咲いて実を付けたのを、摘果した。だいぶ大きくなって、落ちる気配はないようだ。もしかして、黄色く熟したものを食することが可能になるかも知れない。

総件数:69 件

似ているタグ