日本の自然のタグまとめ

日本の自然」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本の自然に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本の自然」タグの記事(13)

  1. 浄福寺の桜 - 写真巡礼「日本の風景」

    浄福寺の桜

    コロナなんてどこ吹く風で桜は今年も静かに咲いていました。誰にも見られることもなく。お彼岸から1週間経った頃、八王子に墓参りに行った折に高速道路から偶然に見つけ、帰りに立ち寄ってみたらこれがなんとも見事な桜。あまり有名な桜ではないらしく、人もまばら。コロナの影響?私の場合、不要不急の不要ではなく墓参りは必要でした。

  2. 津山城の桜 - 写真巡礼「日本の風景」

    津山城の桜

    津山市は岡山県の北部にあり、かつての播磨国と出雲国を結ぶ出雲街道のちょうど中間に位置します。関東に住む人間にとって中国地方はなじみが薄く、鉄道もどのように通っているかよく知らないありさまで「津山」もどこにあるのかわかりませんでした。津山城は平山城で平地にある小高い山や丘に建てられるため、市中どこからでも良く見えます。特に桜の時期は見事です。ちなみに津山城の桜は岡山県人気NO.1ですが、その理...

  3. 岡山県の醍醐桜 - 写真巡礼「日本の風景」

    岡山県の醍醐桜

    後醍醐天皇が出雲街道で隠岐配流の際、この桜を見て賞賛したとされます。NHKの「新日本風土記」のオープニング映像のカットに今でも使われていて、誰もが見た事のある桜だと思います。その桜は圧倒的な存在感を放っていてとても見事です。

  4. 春が来た - 写真巡礼「日本の風景」

    春が来た

    ♬春が来た、春が来た、どこに来た。春の海、春の山、そして里の春......。森羅万象に春到来。

  5. 蝋梅 - 写真巡礼「日本の風景」

    蝋梅

    蝋梅(ロウバイ)という花をご存知でしょうか。真冬から早春に向けて咲く芳香のある冬の花です。梅よりも早く咲くので、さみしい冬にとっては大変楽しみな花でもあります。花のかたちが蝋細工に似ているのでこの名前がついていますが、実は梅の仲間ではなくクスノキの仲間なんです。そして、蝋梅の花越しに見る「山間の里」も大変のどかな風景ですネ。

  6. 秋の終わり - 写真巡礼「日本の風景」

    秋の終わり

    シーズンには賑わった湿原に今は人もいません。木々の紅葉は落ち、ヨシの葉も枯れてあとは冬を待つのみです。もうすぐ霜がおり、雪が降り雪が積もり、人は訪れなくなるでしょう。長い冬が過ぎ、やがて木々が芽を吹き、再び新緑の季節となるでしょう。その頃、また来てみたい。

  7. 塩原の紅葉 - 写真巡礼「日本の風景」

    塩原の紅葉

    紅葉を見るなら温泉のあるところがいいですね。しかも出来れば硫黄泉。温泉に浸かって、もみじでも見られればもう最高です。関東近辺の硫黄泉は那須塩原・奥日光・草津万座・箱根強羅といったところですが、標高の高い万座や奥日光は紅葉が終わっている時期に出かけました。行ってみると、塩原も散り始めていましたが温泉地近くではなんとかまだ紅葉が残っいて”ぎりぎりセーフ”と言うところでした。

  8. 上伊那の桜 - 写真巡礼「日本の風景」

    上伊那の桜

    伊那と恵那の位置関係を今まで頭の中でよく認識していませんでした。長野県には南アルプス、中央アルプス、北アルプスがありますが、簡単に言うと中央アルプスと南アルプスの間にあるのが伊那地方、中央アルプスと北アルプスとの間にあるのが恵那地方。中仙道やJR中央本線が通っているのは恵那・木曽地方で、伊那地方にはJR飯田線が通っています。上伊那地方は両アルプスに囲まれた比較的広い盆地で、雄大な自然を望める...

  9. 春の息吹 - 写真巡礼「日本の風景」

    春の息吹

    谷戸という言葉があります。関東地方や東北地方の呼び名で、丘陵地が侵食されて出来た谷状の地形のことを言います。その風景は里山としてよく紹介されていますね。4月中旬、そのような場所に行ってみると山の木々がいっせいに芽吹いて若葉になる瞬間に出会うことが出来ました。恐らくこの瑞々しく若葉色の期間はわずか1週間程度のことなのでしょう。

  10. 秋の五色沼 - 写真巡礼「日本の風景」

    秋の五色沼

    五色沼が何故エメラルド色になるのか、最近まで詳しくはわからなかったそうです。最近になってケイ酸アルミニュウムの微粒子が磐梯山中腹から流れ込んでいるのが原因と....NHKスペシャルでやっていました。紅葉が空のスカイブルーに映えるように、エメラルドグリーンやコバルトブルーの湖面に赤、橙、黄色の紅葉が同じように映えます。したがって、空が晴れていなくてもすばらしい紅葉を鑑賞する事が出来ます。

  11. 裏見滝 - 写真巡礼「日本の風景」

    裏見滝

    裏から見る滝は行った事がありませんでした。九州のこの鍋ヶ滝が初めての体験でしたが、水のスクリーンを裏から見るのは大変興味深いものでした。写真でその様子を表現するために、後半の写真はシャッタースピードを落として写してみました。どうでしょう。

  12. 高千穂峡 - 写真巡礼「日本の風景」

    高千穂峡

    高千穂峡は不思議な風景だなと昔から思っていました。いくら侵食によるものとしても、こんなクレバスみたいな異様な風景がよく出来きたものかと.....。実際に行ってみると、そのクレバスを感心して見ている間にも霧が立ちこめてとても荘厳な景色。まさに神話の地にふさわしい絶景と思います。

  13. 茨城の一本桜 - 写真巡礼「日本の風景」

    茨城の一本桜

    茨城県は人気別県ランキングで毎年最下位です。しかし実は、茨城県にはすばらしい知られざる観光資源がたくさんあります。今回、そんな茨城県のJR水郡線に沿って北へ向かう桜前線を追ってみました。一本桜を目当てに北上したのですが、それはそれは見応えのある名木ばかりでした。そもそも一本桜とは単一で植えられた桜の呼称で、古くから地域の人々に愛されて神聖化されたり様々な伝承と共に受け継がれているものなのです...

総件数:13 件

似ているタグ