日本ハムのタグまとめ

日本ハム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本ハムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本ハム」タグの記事(155)

  1. ドルフィンズ連敗ストップ、ブレデイ200勝、日本ハム終戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ドルフィンズ連敗ストップ、ブレデイ200勝、日本ハム終戦

    NFLもそろそろ早いものでそろそり中盤戦、ドルフィンズにとって正念場となった試合であった。開幕3連勝と好ダッシュを決めたもののその後2連敗、現在3勝2敗となっている。地元に帰っての第6戦、ドルフィンズにとっての衝撃はQBタネヒルの欠場であった。水曜日と木曜日の練習にフル参加していたが、金曜日は限定的な練習にとどめ、週末にかけてさらに状態が悪化したようだ。肩の負傷ということだが、どの程度なのか...

  2. トヨタ1、2位、日本ハムは逆王手、トップリーグ決勝T枠は後1枠 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    トヨタ1、2位、日本ハムは逆王手、トップリーグ決勝T枠...

    WEC第4戦富士6時間レースは雨に左右されたレースであった。小雨が降る中でスタートした6時間レース、順当にトヨタチームの2台がレースをリードた。しかし、雨がやみ、タイヤ交換にピットインした直後にストレートを走るマシンがバースと事故をおこしてセーフティカーがはいってしまった。これでトップにたったのはバトンがドライブするマシン、トヨタは2、3番手となってしまった。その後レースはほぼ順調に経過して...

  3. トヨタポール獲得、日本ハム完敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    トヨタポール獲得、日本ハム完敗

    WEC第4戦富士6時間レースの予選が行われた。LMPクラスの20分間の予選ではトヨタチームの2台が白熱のポールポジション争いを繰り広げた。8号車が1/1000差でポール獲得と思われたがベストラップをマークしたタイムが縁石を利用しており、そのタイムが無効となって7号車がポール獲得となった。小林可夢偉もインタビューを受けておりそのままトヨタが最前列からスタートすると思っていたら、なんと7号車にピ...

  4. 日本ハム全日程終了、錦織8強、竜王戦先勝するのは - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム全日程終了、錦織8強、竜王戦先勝するのは

    日本ハムがペナントレース全日程を終えた。ロッテとの最終戦は5-4で勝利し74勝66敗3分の3位でCSに進むこととなった。最終戦は9回、5-4と1点リードした場面で抑えにマウンドに立ったのは石川直也ではなく堀瑞輝であった。栗山監督の思惑はわからないが左右のクローザーを用意してCSを戦う算段のためのテストだったのかもしれない。堀はいきなり先頭打者を四球でだして次打者にも2ボールとなってしまった。...

  5. 藤井七段先勝、錦織辛勝、矢野引退セレモニー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井七段先勝、錦織辛勝、矢野引退セレモニー

    将棋の第49期新人王戦決勝三番勝負がはじまった藤井聡太七段が2度目の棋戦優勝なるか、また対戦相手の出口若武三段が奨励会棋士として二人目の優勝なるか注目の一戦である。将棋は互角のまま66手目9九角成から藤井七段が優勢になり、122手目に出口三段が投了し藤井七段が新人王に王手をかけた。第二局目は10月17日に行われる。藤井七段が連勝して新人王戦優勝なるか注目である。ATP1000・上海オープンが...

  6. 大坂快勝、日本ハム競り勝ち、トヨタ好発進 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大坂快勝、日本ハム競り勝ち、トヨタ好発進

    テニスの女子チャイナ・オープン3回戦が行われた。大坂なおみは第10シードのゲルゲスと対戦した。第1セットの第1ゲーム、大坂のサービスゲームであったが10分近くかかる大熱戦、デュースを繰り返しながら最後は大坂がポイントを奪ってサービスゲームをキープした。このゲームをキープできたことで大坂なおみは勢いがつき、逆にゲルゲスは落胆したようだ。なんと大坂が連続5ゲームを連取して6-1で第1セットを奪う...

  7. 3種目で優勝・韓国オープン、日本ハムが意地 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    3種目で優勝・韓国オープン、日本ハムが意地

    バドミントンの韓国オープン決勝が行われた。決勝に進出した女子シングルスでは奥原希望が頑張った。第1ゲームをあっさりと21-10で奪った奥原はそのまま第2ゲームも奪って楽勝かと思ったが、第2ゲームはアメリカのベイウェン・ツァンの反撃にあってしまい17-21で失ってしまった。ファイナルゲームも両者とも譲らぬ展開で11-11となった。チェンジコート後、奥原が連続ポイントを奪って抜け出すとそのままベ...

  8. 大谷決勝アーチ、豊島棋聖二冠、日本ハムCS進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷決勝アーチ、豊島棋聖二冠、日本ハムCS進出

    エンゼルスの大谷翔平が今季22度目のマルチヒットを記録した。地元でのレンジャーズ戦、1本目は第2打席、無死2塁のチャンスで左腕からライト前にタイムリーヒットで1-1の同点に追いついた。そして2本目は8回裏、昨年まで同僚であったマーティンからレフトに決勝となる22号ホームランを放った。レフトフェンスの上部に当たってスタンドインしたもので大谷にしては珍しい1発であった。アリーグ新人王の声も聞こえ...

  9. ドルフィンズ連勝、日本ハム連敗脱出、藤井七段連敗ストップ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ドルフィンズ連勝、日本ハム連敗脱出、藤井七段連敗ストップ

    NFL第2節、MNFのシーホークス対ベアーズの試合を残してはいるがその他の試合は終了した。ドルフィンズは同地区のジェッツとの対戦であった。NFLは同地区の3チームとは2試合(ホーム&アウェイ)戦うことになっており、その1試合である。敵地での試合であったが前半からドルフィンズは頑張り、インターセプトからチャンスをつくってTDで先制すると第2QにはQBタネヒルが2本のTDパスを成功させ20-0と...

  10. 大坂、錦織そろってベスト16、日本ハムは3連勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大坂、錦織そろってベスト16、日本ハムは3連勝

    全米オープン3回戦が開催された。男子では錦織圭が登場し、第13シードのシュワルツマンと対戦、6-4、6-4、5-7、6-1で勝利し2年ぶりのベスト16進出を決めた。錦織と同タイプの相手だっただけに長いラリー戦を制したことはある意味で自信にもつながったようだ。4回戦は第4シードのズべレフを破ったコールシュライバーと対戦する。今の錦織であればベスト8進出も可能性は十分ありそうだ。そして女子では大...

  11. エンゼルス、日本ハム連勝、名古屋は7連勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス、日本ハム連勝、名古屋は7連勝

    エンゼルスの調子がいい。首位アストロズに敵地で連勝である。プホルスが膝を手術したので左腕投手先発でもDHで先発することとなった大谷翔平、この日は6番で先発出場した。第1打席は凡退してしまったが第2打席は三塁前にボテボテのゴロ、快足を活かして内野安打とし8月の安打を20本とした。試合は6回にエンゼルスが集中打を魅せて3-0でアストロズに快勝した。大谷は3打数1安打で8月1か月の成績は20安打(...

  12. 大谷15号マルチヒット、日本ハムは4-0、藤井七段勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷15号マルチヒット、日本ハムは4-0、藤井七段勝利

    エンゼルスの大谷翔平がロッキーズ戦に4番DHで出場した。第1打席こそレフトフライ(ヒット性ではあった)に打ち取られたが4回の第2打席、1-2と1点差に迫った無死1、2塁で打席にたつと2球目をフルスイング、打球は左中間へ一直線の15号ホームランとなり4-2と試合を逆転した。試合はそのままエンゼルスのペースで進んだが、8回に逆転満塁ホームランを打たれてしまい5-7と試合を再逆転されてしまった。8...

  13. 日大三高ベスト8、日本ハム粘って先勝、トヨタはトップ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日大三高ベスト8、日本ハム粘って先勝、トヨタはトップ

    全国高校野球選手権、日大三高が7年ぶりにベスト8に進出した。打撃に注目が集まる日大三高だが、この日は先発の2年生投手がまたまた好投した。2回戦の井上に続いてこの日は広沢が5回を2安打2失点におさえる好投を魅せた。守備も7回に二塁手の木代がファインプレイを魅せるなど守備で平安を翻弄し、4-3で勝利した。なかなか強い今年の日大三高である。日本ハムは先発の堀瑞輝が粘りの投球を魅せてくれた。6回途中...

  14. 大谷快速披露、日大三高16強入り、日本ハム若手が活躍 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷快速披露、日大三高16強入り、日本ハム若手が活躍

    2試合連続してベンチスタートとなった大谷翔平、6-3とリードした9回に無死1塁で代打登場した。パドレスのリリーフ投手がコントロールが定まらず、ストレートの四球を選んで出塁した。そして次打者の初球に盗塁し、無死2、3塁とチャンスを拡大、エンゼルスの勝利に貢献した。大谷翔平これで今季6盗塁目である。また投手としてもブルペンで打者を立たせてのピッチングを行ったそうで、投手としての復帰も秒読み段階と...

  15. エンゼルス快勝、日本ハム勝越し、藤井七段快勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス快勝、日本ハム勝越し、藤井七段快勝

    エンゼルスがアスレチックスに快勝した。左腕投手先発の影響か、投手としてのブルペン入りのスケジュールを優先したためか(今日、ブルペン入りして捕手を立たせて約30球投げたそうだ)、大谷は欠場、そしてトラウトもDL入りしたエンゼルスであったが打線がつながり4-3でアスレチックスに勝利した。4番DHで出場したプホルスはアプトンの2ランで逆転したあとの6回第3打席でレフト前ヒットを放ってアリーグ通算1...

  16. 高校野球、ソフトボール、日本ハム - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    高校野球、ソフトボール、日本ハム

    夏の全国高校野球選手権大会がはじまっている。100回の記念大会なのでいろいろな催しも各種用意されているようである。東京地区からは2校が予選を勝ち抜いて甲子園に進出、そのうちの1校が昨日甲子園に出場した。西東京代表の日大三高である。西東京大会の決勝もTV観戦しており、その試合はサヨナラ勝ちで甲子園行きを勝ち取っていた。昨日の試合も自慢の強打が炸裂して大勝であった。日置主将、大塚の3、4番が注目...

  17. 日本全勝で予選終了、堀は若さがでてKO - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本全勝で予選終了、堀は若さがでてKO

    ソフトボールの世界選手権、1日雨で順延となった予選リーグ最終戦のオーストラリア戦が行われた。日本代表は初回に山本の3ランで先制すると、先発の藤田も要所はおさえて無失点の好投であった。山田の一発で4-0とリードを拡げた日本代官山駅表であったが4回に突如藤田が乱れて二死満塁から押し出しの四球を与えてしまった。嫌な流れと判断した日本代表の宇津木監督はエースの上野を投入してピンチを防ぐと、日本代表は...

  18. 大谷左翼へ12号、有原月間MVP、日本ハム辛勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷左翼へ12号、有原月間MVP、日本ハム辛勝

    エンゼルスの大谷翔平、8月にはいり打撃に冴えが見えてきた。日本ハム時代もそうであったが大谷の場合、左翼方面に鋭い打撃がでることが好調の要因だ。敵地でのインディアンズ戦に続いて本拠でのタイガーズ戦も初回に12号逆転3ランをレフトスタンドに打ち込んだ。流し打ちではなく、レフトに引っ張った打球ともいえるような打球であった。この日の大谷は快速も魅せてくれ、盗塁や犠飛でのホームインなど2安打1盗塁3打...

  19. 大谷爆発、桃田決勝進出、ソフトは3連勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷爆発、桃田決勝進出、ソフトは3連勝

    エンゼルスの大谷翔平が敵地で記録達成である。日本時間4日のインディアンズ戦に3番DHで先発出場した大谷翔平、第1打席でレフトスタンドに10号を打ち込むと、第2打席は右中間スタンドに打って瞬間それとわかる11号、そして8回は苦手左腕からレフト前に安打を放つとすかさず盗塁、これが決勝点を生み出し、7-3でエンゼルスが勝利した。この日の大谷は4安打&2発&1盗塁と自ら初となる記録ずくめでMLBでも...

  20. 日本ハム大逆転、大堀惜敗、奥原快勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム大逆転、大堀惜敗、奥原快勝

    道東遠征の日本ハム、第2戦は帯広でのロッテ戦であった。凱旋登板となった杉浦であったが、復帰第一戦とはストレートの精度が劣っているようで本来のストレートで押すピッチングができなかったようだ。3回途中、4失点での降板であった。復帰2戦目、好不調はあるので次の試合は頑張ってほしい。杉浦の乱調で試合はロッテペースですすみ、8回表を終了して1-7と6点差がつく負け試合であった。しかし帯広での日本ハムは...

総件数:155 件

似ているタグ