日本ハムのタグまとめ

日本ハム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本ハムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本ハム」タグの記事(262)

  1. 大谷安打は出るも、日本ハム大逆転、藤井棋聖大活躍 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷安打は出るも、日本ハム大逆転、藤井棋聖大活躍

    エンゼルスの大谷翔平にとって悔しい開幕戦だった。初回の初打席で中前に初ヒットを放って2020シーズンをスタートさせたまではよかったが、その後は無安打に終わってしまった。特に悔しいであろうと思った打席は9回の打席ではなかったのだろうか。3-3の同点に追いつき、二死満塁と絶好の場面での打席にたった。特にトラウトが1、2塁の場面で敬遠されてからの打席だっただけに何としても勝ち越し打を打ちたいと思っ...

  2. MLB開幕、日本ハム辛勝、そして叡王戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    MLB開幕、日本ハム辛勝、そして叡王戦

    いよいよMLBが開幕である。昨日の練習試合最終戦、エンゼルスの大谷翔平はパドレス戦との練習試合に3番DHで先発出場した。その試合前の練習ではブルペンで47球の投球練習の後、バッティングゲージでの練習で23スイングで柵越えは実に14発と驚愕の打撃内容を魅せてくれた。試合でも2打席目にレフト前に運ぶ安打を放った。日本ハム時代も大谷の打球はレフト方面に飛ぶ傾向があり、解説者からはレフトに引っ張ると...

  3. 日本ハムカード初戦制す、中村太地七段勝利、藤井棋聖会見 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハムカード初戦制す、中村太地七段勝利、藤井棋聖会見

    日本ハムが今季初めてカードの初戦を制した。ソフトバンク6連戦の初戦、日本ハムの先発は杉浦稔大、ソフトバンクは千賀滉大であった。杉浦としては先制点を許さない粘り強いピッチングが求められたが、2回にバレンティンに先制ホームランを打たれて失点してしまった。しかしその後はランナーは出すもののタイムリーを許さず6回を5安打4奪三振1失点の投球であった。打線は千賀を打ち崩すことはできなかったが7回に代打...

  4. 藤田菜七子5週連続勝利、河野発勝利、珍記録の叡王戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤田菜七子5週連続勝利、河野発勝利、珍記録の叡王戦

    競馬の藤田菜七子騎手が日曜日の福島7レースで1番人気のアイアムスゴスギルに騎乗し、2番手追走から直線で抜け出し後続馬の追い込みを凌ぎ切って勝利した。これで藤田菜七子騎手5週連続しての勝利、JRA通算109勝目をあげた。今週からJRAは新潟、札幌の夏競馬開催となり昨年のリーディングジョッキーを獲得した新潟競馬場での騎乗がメインとなりそうな藤田菜七子、相性のよい競馬場だけに自身のJRA7週連続勝...

  5. 有原やっと初勝利、藤井棋聖初登場 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    有原やっと初勝利、藤井棋聖初登場

    日本ハムの開幕投手を務めた有原航平がやっと初白星をあげた。4試合目の登板だったオリックス戦も7回を2安打無失点と完璧におさえて初勝利間違いなしと思われたがリリーフ陣はまさかの大逆転をくらってのサヨナラ負けであった。昨日のロッテ戦、いきなり初回に無死2、3塁のピンチを招いて内野ゴロで先制されてしまったが、打線も近藤のタイムリーで同点に追いつくと中田翔のライトフェンス直撃の2塁打ですぐに逆転した...

  6. 日本ハム連敗ストップ、いよいよ第4局目、大谷開幕から全開 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム連敗ストップ、いよいよ第4局目、大谷開幕から全開

    日本ハムの連敗が4で止まった。止まったといっても快勝ではなく接戦での勝利であった。初回に2点を先制したのはよかったが追加点をとることができなかった。逆にロッテに反撃され、一時は2-4とリードを奪われてしまった。しかし打線も奮起しビヤヌエバのホームランなどで同点に追いつき、最後は8回一死満塁から中田翔の決勝犠飛がでて6-4で連敗を脱出した。ただ反攻がはじまったとは言いにくい状況だ。打線のつなが...

  7. 新記録ならず、ああ最下位、グランパスは2勝目 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    新記録ならず、ああ最下位、グランパスは2勝目

    競馬の七夕賞、福永騎乗のブラヴァスは好位を追走して直線を向くと一時はトップに躍り出たものの最後はクレッシェンドラヴの末脚に屈して2着止まりであった。JRA全10場重賞制覇は達成できなかったが見せ場は十分あり、馬場が重馬場でなければと思えるレースであった。ブラヴァスは実力をつけており、このまま成長すればG1戦線でも十分通用できそうだ。また藤田菜七子が福島4レースで勝利し今季18勝目をあげた。怪...

  8. 矢作厩舎絶好調、近藤調子上向き - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    矢作厩舎絶好調、近藤調子上向き

    競馬の矢作厩舎の勢いが巣覚ましい。特に3歳馬で顕著に現れているようだ。3歳牡馬はコントレイルが無敗で皐月賞、日本ダービーを制している。秋には無敗の三冠馬となりそうな雰囲気をもっている。そして昨日もニューヒーローが出現した。その馬はダノンファラオである。ジャパンダートダービーに出走した同馬は2番手でレースをすすみ、最後の直線で抜け出すとそのままゴールまで一直線に駆け抜けた。鞍上は矢作厩舎の坂井...

  9. 1年ぶり上沢まずまず、王位戦開催 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    1年ぶり上沢まずまず、王位戦開催

    1年前の交流戦で膝に損傷を負ってしまった日本ハムの上沢直之が昨日復帰登板をした。札幌ドームでの日本ハムのソフトバンクとの試合に先発した。6月の4練習試合、そしてイースタンリーグでの登板ではまずまずのピッチングを披露していたがやはり1軍の公式戦でどんなピッチングをしてくれるかが注目であった。いきなり三者三振で立ち上がった上沢は2回に先頭打者に2塁打を打たれ一死3塁のピンチを招いたが後続をおさえ...

  10. 6.23~6.28(楽天vs.日本ハム) - 時折彼是∠

    6.23~6.28(楽天vs.日本ハム)

    楽天vs.日本ハム◇楽天生命パーク6月23日(火)〇楽4-0日●[勝]弓削(楽) /[敗]マルティネス(日):マルティネス復帰登板、ドラ4鈴木健プロ初登板6月24日(水)〇楽5-2日●[勝]涌井(楽)/Ⓢ森原(楽)/[敗]河野(日):ドラ1河野プロ初登板・初先発6月25日(木)●楽5-8日〇[勝]バーヘイゲン(日) /[敗]塩見(楽):バーヘイゲンNPB初登板・初先発・初勝利野村プロ初安打・...

  11. 日本ハム連敗ストップ、藤井七段白星発進、豊島二冠初日をリード - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム連敗ストップ、藤井七段白星発進、豊島二冠初日をリード

    楽天戦連敗スタートとなってしまった日本ハムの先発はバーヘイゲン、来日初先発であった。一方の楽天は塩見、日本ハムが苦手とする左腕だけにどんな攻略をしてくれるか注目であった。その立ち上がりいきなり大田泰示が先制ホームランを放って日本ハムがリードした。バーヘイゲンは1点をもらい、落ち着いて初回、2回を三者凡退に退けた。まずまずのピッチングであった。日本ハムは3回に三塁で先発出場した野村佑希が出場4...

  12. プロ野球が開幕しました!6.19~6.21(西部vs.日本ハム) - 時折彼是∠

    プロ野球が開幕しました!6.19~6.21(西部vs....

    西武vs.日本ハム◇メットライフドーム6月19日(金)〇西3-0日●[勝]ニール(西)/Ⓢ増田(西)/[敗]有原(日):2年目・野村が初の開幕スタメン6月20日(土)●西1-2日〇[勝]玉井(日)/Ⓢ秋吉(日)/[敗]松本(西):西川通算1000安打達成6月21日(日)●西2-12日〇[勝]堀(日)/[敗]與座(西): プロ野球がついに開幕しました!昨年末ごろから球場へ行って観戦日記を書こう...

  13. 日本ハム初白星、藤井七段勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム初白星、藤井七段勝利

    開幕2戦目で日本ハムが初白星をあげた。日本ハム・加藤貴之、西武・松本航の先発ではじまった第2戦は2回に西武・外崎に先制ホームランを打たれてしまい日本ハムが先制を許す苦しい展開となってしまった。それでも先発の加藤貴之はランナーは出すが追加点はとられない粘りのピッチングを魅せてくれた。打線は4回、先頭の西川遥輝が通算1000本安打となるライト前ヒットで出塁すると、近藤も四球を選んで一死1、2塁と...

  14. 日本ハム完敗、豊島二冠雪辱 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム完敗、豊島二冠雪辱

    いよいよプロ野球がはじまった。日本ハムは昨年のパリーグ王者・西武との開幕戦であった。先発は昨年の最多勝投手の有原航平であった。その有原、立ち上がりは絶好調のようで打者一巡をパーフェクトにおさえる最高の出だしであった。しかし魔がさしてしまったのか4回に連打、四球で無死満塁のピンチを招いてしまった。ここで昨年の本塁打王・山川に打ち取ったものの内野安打を打たれてしまうと、死球、内野ゴロで3点を献上...

  15. 練習試合終了、いよいよ本番、MLB開幕危機? - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    練習試合終了、いよいよ本番、MLB開幕危機?

    プロ野球も練習試合が終わり、金曜日の開幕が待ち遠しいときをむかえた。スポーツ紙では開幕予想スタメンなどが掲載されている。日本ハムも担当記者が予想しているが、開幕ローテーション予想を観ると、私の予想との間にズレだある。私は加藤貴之を先発候補としているのだが、予想では村田透となっている。村田も練習試合では好調な仕上がりをみせていたので先発も可能性はあるが、同一6連戦が続く中でロングリリーフができ...

  16. 日本ハム練習試合終了、福永5勝、チーム永瀬まさか、福岡会見 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム練習試合終了、福永5勝、チーム永瀬まさか、福岡会見

    19日の開幕に向けて練習試合をおこなっていた日本ハムは巨人との3連戦が最後の練習試合であった。先発はマルティネスであった。3回こそ甘いボールを連打されてしまい2失点を失ってしまったがその他の回はランナーこそだすものの後続はおさえて5回を5安打2失点のナイスピッチングであった。開幕西武との3連戦、第3戦の先発はマルティネスで決まりのようだ。打線は6回に爆発した。巨人3番手の沼田から一死後、渡邊...

  17. 日本ハム4連勝、藤井七段挑戦権に王手、7人制ラグビー辞退者続出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム4連勝、藤井七段挑戦権に王手、7人制ラグビー辞...

    開幕に向けての練習試合も残りわずか、日本ハムは巨人との練習試合に臨んだ。先発は杉浦稔大、開幕ローテーション入りをかけての最終調整であった。日本ハム打線は好調で初回にチャンスをつくり、近藤健介のタイムリーで先制すると渡邊諒、清宮幸太郎、そして横尾俊建の3連続タイムリーも出て4-0と試合を大きくリードした。一方の杉浦であったが、2回に失投を岡本にレフトに運ばれ失点してしまうと吉川尚輝にもライトス...

  18. 有原万全、若手が活躍、今日は王位戦挑戦者決定リーグ戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    有原万全、若手が活躍、今日は王位戦挑戦者決定リーグ戦

    開幕を翌週にひかえ、プロ野球は各球団で開幕投手を任されている投手が先発した。巨人との練習試合、日本ハムの先発は有原航平、一方の巨人は菅野智之であった。球界を代表する右腕の投げ合いが期待される試合であった。試合も文字通り投手戦となりどちらが先制するのか注目したが伏兵の一発で試合が動いた。4回表一死から渡邊諒が菅野のストレートをレフトスタンドに運んだ。ストレートが強い渡邊の一発、菅野もちょっと油...

  19. 名人戦は渡辺三冠が先勝、日本ハムが勝ち越す - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    名人戦は渡辺三冠が先勝、日本ハムが勝ち越す

    将棋の第78期名人戦七番勝負第1局が行われた。コロナウィルス感染拡大の影響で2か月あまり遅れての開催であったが、将棋は最終盤まで優劣が判断できない熱戦となった。将棋は2日目の午後にはいると挑戦者の渡辺明三冠が有利な状況をつくりだしたが、豊島将之二冠も夕食休憩をむかえるころには挽回し、五分のまま最後の戦いに突入した。午後7時を過ぎてもどちらが優勢か判別できない盤面であったが、徐々に渡辺三冠の指...

  20. 練習試合上沢まずまず、藤井七段あと1勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    練習試合上沢まずまず、藤井七段あと1勝

    6月19日の開幕に向けて、プロ野球の練習試合がはじまった。日本ハムはロッテとの3連戦である。先発のマウンドには昨年の怪我からの復帰を目指す上沢直之があがった。ほぼ1年ぶりのマウンドであったが初回、いきなり先頭打者にヒットを打たれ盗塁、進塁と一死3塁のピンチを招いたが後続を打ち取り無失点に切り抜けた。2回こそ一死満塁のピンチから適時二塁打で2失点してしまったが、一死2、3塁にピンチは無失点にお...

総件数:262 件

似ているタグ