社会ジャンル×日本僑報社のタグまとめ

日本僑報社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本僑報社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本僑報社」タグの記事(111)

  1. 本日午後、西池袋でお待ちしています。『大岡信 愛の詩集』刊行記念トーク・サイン会 - 段躍中日報

    本日午後、西池袋でお待ちしています。『大岡信 愛の詩集...

    お待ちしています。よろしくお願い申し上げます。

  2. 全五段の広告、弊社サイトのトップに掲載 - 段躍中日報

    全五段の広告、弊社サイトのトップに掲載

    6月17日付けの毎日新聞です。ありがとうございます。

  3. 日本僑報社主催、第14回「中国人の日本語作文コンクール」 教師の指導体験文を募集!9月末まで - 段躍中日報

    日本僑報社主催、第14回「中国人の日本語作文コンクール...

    日本僑報社主催、第14回「中国人の日本語作文コンクール」 教師の指導体験文を募集!9月末まで【日本僑報社発】日本僑報社は、今年の第14回「中国人の日本語作文コンクール」の開催に併せ、中国で日本語を教える教師の皆さんから、その指導体験や指導方法をまとめたレポート作品(コラム・エッセイ風でも可)を引き続き募集します(原則として9月末まで、随時募集)。このコンクールでの教師の指導体験文の募集は20...

  4. 『中国政治経済史論 毛沢東時代』、アマゾンベストセラー41位にランキングされた - 段躍中日報

    『中国政治経済史論 毛沢東時代』、アマゾンベストセラー...

    6月21日現在の情報です。ありがとうございます。

  5. 本日配信したメルマガ日本僑報電子週刊第1330号目次 - 段躍中日報

    本日配信したメルマガ日本僑報電子週刊第1330号目次

    1)好評シリーズ「必読!いま中国が面白い」第12弾『いま中国の真実は』ついに刊行!  http://duan.jp/item/260.html 2)「必読!いま中国が面白い」第12弾『いま中国の真実は』 訳者、監訳者など紹介  http://duan.jp/item/260.html 3)「必読!いま中国が面白い」第12弾『いま中国の真実は』 まえがき(抜粋)  http://duan.jp...

  6. 最新刊の必読!今、中国が面白い Vol.12、東方書店のサイトに紹介された - 段躍中日報

    最新刊の必読!今、中国が面白い Vol.12、東方書店...

    ありがとうございます。よろしくお願い申し上げます。

  7. 好評シリーズ第12弾『必読!いま中国が面白い』、日本僑報社から刊行 - 段躍中日報

    好評シリーズ第12弾『必読!いま中国が面白い』、日本僑...

    好評シリーズ第12弾『必読!いま中国が面白い』、日本僑報社から刊行【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、NHKや朝日新聞など大手マスコミが取り上げる好評シリーズの第12弾『必読!いま中国が面白い』を刊行した。習近平体制が磐石な基盤をつくり、新産業革命の旗印の下、シェア経済やキャッシュレス社会の構築を目指して新ビジネスを次々と生み出す中国。伝統文化の再構築をバッ クに、新経済圏構想「一帯一路」...

  8. 『「一帯一路」詳説』、アマゾンベストセラー7位にランキングされた - 段躍中日報

    『「一帯一路」詳説』、アマゾンベストセラー7位にランキ...

    6月18日午後1時現在の情報です。ありがとうございます。

  9. 本日の朝日新聞一面に書籍広告出稿しました。 - 段躍中日報

    本日の朝日新聞一面に書籍広告出稿しました。

    どうぞよろしくお願い申し上げます。

  10. 最新刊『「大平学校」と戦後日中教育文化交流』が読売新聞に取り上げられた - 段躍中日報

    最新刊『「大平学校」と戦後日中教育文化交流』が読売新聞...

    6月17日付けの紙面です。ありがとうございます。

  11. 日本国際教育支援協会、外務省、文部科学省が第二回・世界の日本語学習者『日本語作文コンクール』を「後援」 - 段躍中日報

    日本国際教育支援協会、外務省、文部科学省が第二回・世界...

    新しい「応募要項」を掲載致します。よろしくお願い申し上げます。HP=http://www.nihonwosiru.jp/ も、直しました。

  12. 人民網日本語版、必読!今、中国が面白い シリーズと監訳者を大きく報道 - 段躍中日報

    人民網日本語版、必読!今、中国が面白い シリーズと監訳...

    6月14日付けの掲載です。ありがとうございます。全文 http://j.people.com.cn/n3/2018/0614/c94473-9471402.html

  13. 人民日報が、『必読! いま中国が面白い』シリーズと監訳の三潴正道氏を大きく報道、最新巻来週から発売 - 段躍中日報

    人民日報が、『必読! いま中国が面白い』シリーズと監訳...

    中国を代表する新聞「人民日報」がこのほど、『必読! いま中国が面白い』シリーズ(日本僑報社刊)と監訳の三潴正道先生(麗澤大学客員教授)を大きく取り上げてくださいました。http://paper.people.com.cn/rmrb/html/2018-06/12/nw.D110000renmrb_20180612_1-22.htm 『必読! いま中国が面白い』は、「人民日報」から最新の情報や...

  14. 第14回「中国人の日本語作文コンクール」園丁賞が決定しました。 - 段躍中日報

    第14回「中国人の日本語作文コンクール」園丁賞が決定し...

    日本僑報社・日中交流研究所主催の第14回「中国人の日本語作文コンクール」園丁賞が決定しました。 「園丁」とは中国語で教師のことを指しており、同賞は日中国交正常化35周年に当たる2007年の第3回から、学生の作文指導に業績ある日本語教師を表彰する「園丁賞(第三回の園丁奨より改称)」を創設しました。具体的には1校で50本以上の応募があった学校を授賞対象としており、今回は湖州師範学院(153本)、...

  15. 人民日報、必読!今、中国が面白いシリーズの編集監訳三潴正道先生を大きく報道 - 段躍中日報

    人民日報、必読!今、中国が面白いシリーズの編集監訳三潴...

    (12日付けの人民日報より転載)2007年前后,三潴在阅读人民日报的过程中发现,反腐等话题越来越多地出现在报纸上。他认为,这反映了中国共产党和中国政府的自我净化能力,并萌发了通过人民日报的报道,让日本读者更客观公正理解当代中国变化的想法。三潴的这一想法与一直在日本讲述中国故事的日本侨报社总编辑段跃中不谋而合。由此,三潴每天从阅读的人民日报中选取3篇报道,每个月从选取的90篇左右报道中选出8篇...

  16. 最新刊、必読!今、中国が面白い Vol.12、アマゾンから6月22日発売開始 - 段躍中日報

    最新刊、必読!今、中国が面白い Vol.12、アマゾン...

    【内容紹介】習近平体制が確固たる基盤を確立する中、一方では新産業革命の旗印の下、シェア経済やキャッシュレス社会の構築を全面的に推進し、そこからさらに様々な新しいビジネスを生み出している中国。同時に伝統文化の再認識、再構築をバックに、一帯一路を追い風として2035年を目標に『中国の夢』を実現しようという中国。 本書は、中国を代表する新聞「人民日報」から、最新の情報や用語を含む最近1年間の記事を...

  17. 日中翻訳学院・高橋塾 第1期公開セミナー 7/21開催へ - 段躍中日報

    日中翻訳学院・高橋塾 第1期公開セミナー 7/21開催へ

    日中翻訳学院・高橋塾 第1期公開セミナー 7/21開催へ日本僑報社・日中翻訳学院は、大東文化大学名誉教授の高橋弥守彦先生が講師を務める中文和訳の通信講座「高橋塾」の第1期公開セミナーを7月21日(土)午後、東京豊島区西池袋第二区民集会室で開催します。今回は、高橋先生による「高橋塾」第1期の添削を終えての総評をはじめ、翻訳体験談の披露、出版翻訳の進展報告、新規翻訳書の紹介――などを予定。続く自...

  18. 最新刊『「大平学校」と戦後日中教育文化交流』が国際貿易新聞に紹介された - 段躍中日報

    最新刊『「大平学校」と戦後日中教育文化交流』が国際貿易...

    2018.6.5付けの国際貿易新聞、「近着の図書紹介」に、新刊『「大平学校」と戦後日中教育文化交流―日本語教師のライフストーリーを手がかりに』(孫暁英 著)が紹介されました。ご紹介ありがとうございます。

  19. 日本僑報社の人気シリーズチラシを作成しました。よろしくお願い申し上げます。 - 段躍中日報

    日本僑報社の人気シリーズチラシを作成しました。よろしく...

    6月18日(月)には「朝日新聞」朝刊1面に、『中国政治経済史論 毛沢東時代』、『「大平学校」と戦後日中教育文化交流』、『大岡信 愛の詩集』、『中国コンテンツ産業対外貿易の研究』などに関する書籍広告を出す予定です。ご期待ください!

  20. 今年の第14回「中国人の日本語作文コンクール」が5月31日をもって応募締め切りとなりました。 - 段躍中日報

    今年の第14回「中国人の日本語作文コンクール」が5月3...

    今年の第14回「中国人の日本語作文コンクール」が5月31日をもって応募締め切りとなりました。おかげさまで今年もここ数年同様、4千本を超える多くの作品が寄せられました。うち1校で50本以上の団体応募があった学校を表彰する「園丁賞」の対象校は、36校でした。また応募学校数は、例年を大きく上回る約240校でした。これらの数字は、いずれも現時点での概数です。最終的な応募数などについては、精査したのち...

1 - 20 / 総件数:111 件

似ているタグ