日本光学工業のタグまとめ

日本光学工業」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本光学工業に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本光学工業」タグの記事(7)

  1.  Nikon Museum 企画展「星の美しさを伝えた天体望遠鏡たち」 その6 - 四季星彩

    Nikon Museum 企画展「星の美しさを伝えた...

    常設展示の20㎝屈折望遠鏡--------------------------------------------------こちらはアイピースの歴史と見かけ視界の体験ができるコーナー。足元に立ち位置が示されているので、そこに立って緑の点を見た時、下に展示されている各時代のアイピースの色と見かけ視界がわかるようになっています。アイピースです。黄色はいわゆるツァイスサイズといわれる24.5mm...

  2. Nikon Museum 企画展「星の美しさを伝えた天体望遠鏡たち」 その5 - 四季星彩

    Nikon Museum 企画展「星の美しさを伝えた天...

    科博所有の3吋(インチ)天体望遠鏡。100年前の1920年発売。日本光學工業株式會社の刻印が見えます。濃密な科博コーナーの次は、やっとメインの望遠鏡達です。一番長老の3吋望遠鏡を中心に演舞するかの如く、歴代の望遠鏡が展示されています。企画展その2で見ました小型天体望遠鏡の2年後にあたる1950年から発売された望遠鏡です。ネット上では5種類あるような調査結果がありましたが、私の調べでは6種類あ...

  3. Nikon Museum 企画展「星の美しさを伝えた天体望遠鏡たち」 その3 - 四季星彩

    Nikon Museum 企画展「星の美しさを伝えた天...

    「天体ドームの入り口に掲示されていた銘板。旧字体が歴史を感じさせる国立科学博物館所蔵」キャプションよりNikon Museum 企画展の続きです。その2にてニコンの天体望遠鏡の歴史的振り返りを終えると、右手に現国立科学博物館に納入された二十糎(センチ)赤道儀のコーナーがあります。正直、このたった2m弱のワンコーナーだけでも超濃密レア展示であります。真ん中にある説明書。納入は1931年なので、...

  4.  Nikon Museum 企画展「星の美しさを伝えた天体望遠鏡たち」 その2 - 四季星彩

    Nikon Museum 企画展「星の美しさを伝えた...

    小型天体望遠鏡。ニコンが戦後最初につくった天体望遠鏡。既存の地上用望遠鏡に使われていた対物レンズと接眼レンズを組み合わせた簡易的なもの。インパクトある大パネル、8cmED赤道儀の横に目を移すと、ここでは歴史的おさらいをするかのように、年表やかなり年代物の望遠鏡類が置かれていました。ニコンの天体望遠鏡の歴史です。1920年から始まっています。最小口径は4cm、最大は105㎝の木曾観測所のシュミ...

  5. Nikon Museum  企画展「星の美しさを伝えた天体望遠鏡たち」 その1 - 四季星彩

    Nikon Museum 企画展「星の美しさを伝えた...

    関東地方も梅雨入りし、しかも月も大きくなっているため遠征はできません。そんな小休止時に向かった先は、東京 JR品川駅から徒歩7分のニコンミュージーアムでした。今回の企画展はカメラネタではなく天体望遠鏡をテーマとした企画展「星の美しさを伝えた天体望遠鏡たち」です。実は春にも行ったのですが、遅刻してほとんど撮影せずそのまま宴会となったため、リトライという訳です。エントランス。期待が高まる表示板。...

  6. 企画展「ニコン双眼鏡・100年の歴史」 - 四季星彩

    企画展「ニコン双眼鏡・100年の歴史」

    企画展「ニコン双眼鏡・100年の歴史」展示期間:2018年7月3日(火)~9月29日(土)おおっ!これは、見に行かねば!世界のbinomaniaが集結するか!?https://www.nikon.co.jp/corporate/museum/events/index.htm#binoculars

  7. Mr. David Douglas Duncan - 四季星彩

    Mr. David Douglas Duncan

    謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

総件数:7 件

似ているタグ