日本庭園のタグまとめ

日本庭園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本庭園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本庭園」タグの記事(62)

  1. Green - IL EST TROP TARD     時は過ぎゆく ...

    Green

    東京都千代田区紀尾井町ホテルニューオータニ日本庭園加藤清正公の下屋敷や井伊家の庭園として400年余りの歴史を有し江戸城外堀に囲まれた約4万㎡の広大な日本庭園は東京名園の1つに数えられている。・。・。・。1964年に開業したホテルニューオータニは2回目の東京オリンピックを迎えることになるゆっくりと緑の小道を歩いているとここが都心であることを忘れてしまう時折、ポチャンと池の鯉が跳ねるとそれがより...

  2. 武蔵野紀行10 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行10

    渓谷を流れる谷沢川の反対側に日本庭園があるまだ時間的に余裕があったので行く事にした庭園に向かう遊歩道の中央に竹林が瑞々しく、まだ竹の秋には早いのだろうか竹の秋はこの時期になると黄葉する落葉樹とは真逆の性質があるでもよく見ると黄葉しているのもあれば緑葉もあるし、まちまちだなぁ自然石で作られた石段その横に綺麗に苔むした小ぶりの庭の中に湧き水が流れていたその小川を撮りたかったが造園業者が作業をして...

  3. 劇場まで~結果的に下北沢散策:柳澤の杜市民緑地 - 演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

    劇場まで~結果的に下北沢散策:柳澤の杜市民緑地

    たまたまツィートで見かけた公演に興味をひかれ、たまたま予定がない日で、最寄り駅から13分というのが方向音痴の私には不安材料でしたが、チケット予約の確認メールの道案内が丁寧でしたのでなんとかなるかと思って出かけました。下北沢に着いてみたら長年迷路みたいだった駅構内の工事がやっと終わったのか、すっかり変わっていて案内にあった「西口」はない・・・なんとかmapを片手に不安にかられながらとぼとぼ歩き...

  4. graduation and sakura matsuri 2019* - Avenue No.8

    graduation and sakura matsu...

    3がつ16日、土曜日…2年間通った日本語補習校の卒園式でした♪この日のために年明けからずっと練習してきた生徒たちと先生方による素晴らし卒園式。泣くかな~と思っていたけどハンカチ忘れたしとりあえずは泣かないように頑張った。笑園長先生による手書きの素晴らしい卒業証書を大事に抱え翌日の日曜日にGlendaleで行われたさくら祭に参加。

  5. 冬景色☆ - 風の中の小鳥

    冬景色☆

    去年と比べると今年は比較的あたたかな日が続いていますが、冬の依水園は色味が乏しいです。それでも、冬のお庭には冬ならではの美しさがあります☆茶庭の苔は敷松葉に覆われ菰巻きされた松小道も空も広々と感じられますね。この時期は、紅葉のころの喧騒が嘘のように静かで、その分、ゆっくりとお庭を回ってご案内ができます。花のないお庭も、なかなか良いものですね~♪二月はガイド予約が少ないので、自分の楽しみと下調...

  6. ハンティングトン・ライブラリーを散策 - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    ハンティングトン・ライブラリーを散策

    昨日の午後は久しぶりに晴れました。思うことはみんな同じなんでしょうね。この雨で屋外に出られなかった南カリフォルニアの住人たちで、ハンティングトン・ライブラリーは賑わっていました。もう既に春に咲く花が咲き始めていました。この奇妙なドーム、中に入ったのですが、何なのか。。。今回はサボテン公園の方から回りました。奇妙な植物です。このまん丸いサボテン結構大きいんですよ。直径50センチ近くあるのでは。...

  7. 奈良円成寺 - 笑わせるなよ泣けるじゃないか2

    奈良円成寺

    先日の柳生へのバイクツーリングの帰り道、円成寺の池を観に立ち寄りました。きちんとお世話された池周りと浮島の木々は、お寺の山門や二重の塔が上手く溶け込んだ、計算し尽くされた美しさがあります。暖かくなって新緑の頃、今度は自転車で来たいですね。

  8. インド作庭プロジェクト - 上越市で造園やってます! ㈱英香園のガーデンブログ

    インド作庭プロジェクト

    当社会長伊藤春男は2009年秋より4回渡印しニューデリーにて日本庭園を作庭しております。材料はすべて現地のものを使用、現地の石工職人を指導しながら共に作庭しています。

  9. 奇跡の星の植物館…     3  日本庭園 - 初めまして花咲かそです☺ 続き

    奇跡の星の植物館… 3 日本庭園

    温室内には日本庭園が設置されています。 繊細かつ大胆な造りに 感動を覚えました(。・_・。)ノ

  10. 向島百花園 - 緑と手仕事 ワンダーライフ

    向島百花園

    成人の日、東京に行った帰り、墨田区の向島(ムコウジマ)百花園に行って来ました。開園は昭和14年ですが、もとはおよそ200年前に仙台出身の骨董商 佐原鞠塢(サハラ キクウ)が、交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て造られた日本庭園です。現在は、四季を通じてお花が楽しめる、唯一現代に残る江戸時代の花園だそうです。まだ来月の梅まつりには早く、一番お花の少ない時期ですが、良く手入れの行き届いた園内は...

  11. 陽光 - 髭正's PHOTO LIFE

    陽光

  12. 秋のせせらぎ - 髭正's PHOTO LIFE

    秋のせせらぎ

  13. -足立美術館から大山堪能- 山陰100名城ツーリング二日目 - SAMとバイクとpastime

    -足立美術館から大山堪能- 山陰100名城ツーリング二日目

    米国の日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の日本庭園ランキングで15年連続で庭園日本一に選出されている足立美術館。 一度見る価値はあるはずと行ってみた。と向かう途中でこんなバス。島根のプロバスケットチーム、今季はB2での戦い。11月20日現在西地区3位。来季B1復帰なるか! 足立美術館、噂以上のその庭園にはただただ見とれるばかりだったのだが、そのまりの壮大さは...

  14. 秋陽のホトトギス - 髭正's PHOTO LIFE

    秋陽のホトトギス

    ※画像をクリックすると拡大します。

  15. 三渓園 - 緑と手仕事 ワンダーライフ

    三渓園

    横浜市中区の三渓園(サンケイエン)に行って来ました。明治末から大正にかけて製糸・生糸貿易で財をなした横浜の実業家・原三渓(本名 富太郎)が、東京湾に面した谷合に造り上げ、1906年に開園した、広さ約175,000㎡の日本庭園です。京都や鎌倉などから集められた17棟の歴史的建造物と、四季折々の美しい景観が見所となっていて、学術上・芸術上等に優れ、平成19年には国の名勝に指定されました。旧燈明寺...

  16. 空が青くてちょべりぐ~^^ - Today's action

    空が青くてちょべりぐ~^^

    第三回プラチナブロガーコンテストを開催!「旅行・お出かけ部門に応募します」一昨日の昭和記念公園運動ひろば横のイチョウ並木からテクテク日本庭園に移動しまして・・ちゃちゃっと写真にしてきました^^↓紅くなる前のもみじ・・に青い空に色とりどりの紅葉~^^こんな色とりどりのもみじ写真もゲットして・・日本庭園を足早に移動しました^^それは人だらけだったし~太陽光を浴びる銀杏の葉を撮りたかったから・・

  17. 昭和記念公園盆栽苑 - 暮らしを紡ぐ

    昭和記念公園盆栽苑

    色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!昭和記念公園の日本庭園に盆栽苑があります。普段、盆栽を見る機会がないので少し展示を観ました。盆栽というと大きくて立派な枝ぶりの鉢も素晴らしいですが私は、今回展示してあったミニ盆栽にとても惹かれました。盆栽も紅葉が始まっています。大きな盆栽は、大きな日本家屋で立派な床の間や和室のイメージがありますが小さな盆栽だとマンションでも違和感なく育てられそ...

  18. 【有楽苑散策とお茶席】 - お散歩アルバム・・薔薇の季節

    【有楽苑散策とお茶席】

    時刻は15時過ぎ、夕暮れが早くなっていますので、さほど時間の余裕はありません。とりあえず、敷地内の「有楽苑」に行くことにしました。宿泊者割引券をいただいたので、呈茶込みで一人1000円だったでしょうか。良かったわ~~(*´▽`*)国宝のお茶室を遠目で眺めることと、3時のお茶が楽しみでした。

  19. 天龍寺・曹源池庭園を方丈から眺めてみる - たんぶーらんの戯言

    天龍寺・曹源池庭園を方丈から眺めてみる

    10月11日だったのですが、思っていた以上に紅葉が進んでおりました。 いつもは、ちょっとでも節約ということで、庭園だけの見学に留めていたのですが(笑)、今回、始めて建物内部も含めた見学をさせていただきました。いつもより、気合を込めて撮影してみました(笑)。 方丈からみたのですが、ちょっとの違いなのですが、目線がやや高くなります。この高さがいいのかも。 約700年前の夢窓国師作庭当時の面影をと...

  20. 谷崎潤一郎記念館の日本庭園 - たんぶーらんの戯言

    谷崎潤一郎記念館の日本庭園

    谷崎潤一郎の業績を顕彰し谷崎文学に親しむ拠点として芦屋市立美術博物館のお隣に建設された谷崎潤一郎記念館。 松子夫人や遺族から贈られた500点を中心に、原稿、書簡、書籍、日用品などが展示。 谷崎の関西での最後の住居である京都・潺湲亭の庭を模した日本庭園も見どころのひとつとなっています。

総件数:62 件

似ているタグ