日本料理のタグまとめ

日本料理」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本料理に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本料理」タグの記事(269)

  1. 外国人が3000万人も来る時代ですね! - せっかく行く海外旅行のために

    外国人が3000万人も来る時代ですね!

    羽田空港のターミナルビルで、牛肉うどんを食べています。なんと真夜中(24:00)です。ドバイからの到着時刻が、リムジンバスの最終便に合わず、深夜バスを待つ羽目になったからです。レストラン街は営業を終えていると思ったら、回転寿司屋とおでん屋と居酒屋(ここで食べています)は、24時間営業だそうです。そうこの時間もたくさん外国人で、羽田空港国際線ターミナルは溢れていました。それとこの店でも外国人観...

  2. 消夏此一味 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    消夏此一味

    堀内宗完堀内家長生庵12代兼中斎宗匠の画賛です。本来であれば立秋過ぎましたので下ろさなくてはいけません。書は消夏此一味となっております。消夏は暑さよけ、暑さしのぎ。ナスを食べると体温が下がるのです。夏の食べ物にはもってこいなのです。賀茂茄子画

  3. 懐石椿亭予約ページはこちら - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    懐石椿亭予約ページはこちら

  4. 作り置き - ソーニャの食べればご機嫌

    作り置き

    先月にフレンチとイタリアンの先生のところで久々に作り置きレッスンを受けてきました。みんなでザッと作って人数分に分けてお持ち帰りなので試食はありません。 プルコギ ...

  5. 廻り花用三重切自作 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    廻り花用三重切自作

    七事式

  6. 略盆の作法 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    略盆の作法

    南鐐鉄瓶(南部鉄)なのですが、急なお客様に、これで一服差し上げます。太平洋戦争の最中、道具を出せないけど一服差し上げたいと、お盆使っての作法を考案したのは表千家13代即中斎宗左となっております。

  7. びく籠の種類今あるほんの一例 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    びく籠の種類今あるほんの一例

    千利休が、最初に魚籠(びくかご)を花入に見立てたものといわれます。虫を入れる籠・鉈を入れる籠・吊り舟(入・出)・その他大振りな宗全籠や鮎籠今回は自宅から持ってこなかった宗全と鮎籠はお花を5種類活けますので今回は無しとしました。(水を入れますと竹が傷みますのでヤクルトとかビニールのチューチューを入れたりしてします)懐石椿亭の見どころ:決まり事や扱いのある花入追伸:利休所持の耳付の籠ですが耳付唐...

  8. 喰籠 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    喰籠

    足利室町時代の座敷飾として違棚に「喰籠」が置かれていました。むろん書院の棚飾りでございます。その後、村田珠光や武野紹鴎の茶人に好まれたことにより、利休の茶席でもおもに主菓子を盛り込む菓子器として用いられ、今では様々な素材や形が現れてますが、最初は漆器でした。のちにこのような陶磁器も用いられるようになりました。漆器・陶器と風炉・炉の季節より扱いが違います。以前お見せいたしたものは例外の割蓋菓子...

  9. 高取焼花器 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    高取焼花器

    高取焼は元々、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれており、朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工、八山(日本名・八蔵重貞)を連れ帰って焼かせたのが始まり。遠州七窯の一つです。遠州七窯の文献志戸呂焼(遠江:遠州)、膳所焼(近江)、朝日焼(山城)、赤膚焼(大和)、古曽部焼(摂津)、上野焼(豊前)、高取焼(筑前)、『本邦陶説』では古曽部にかわり伊賀焼が挙げられている鬼丸碧山高取雪山窯松摺漆丸香台藪茗荷

  10. 貝皿金箔貼り - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    貝皿金箔貼り

  11. 桂籠 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    桂籠

    桂籠京都竹器師小倉宗明作ワレモコウミョウガ懐石椿亭茶室にて桂籠に限り花入として師走にも使用可能です。宗偏流茶道を興した茶人として茶道界でも高名な大石内蔵助。理由は、茶人である大石内蔵助が吉良邸の討ち入りで桂籠を白い布に巻きつけ槍に縛りつけて吉良上野介の首代わりとして打首印にしたと言うことです。

  12. 七事式一二三 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    七事式一二三

    いつものように点ててます十種香札とは十個の小箱に、札が十二枚ずつ入っている。「客」 「客」 「客」「月1」「月2」「月3」「花1」「花2」「花3」「1」 「2」 「3」 表は箱ごとに十種の植物の絵(菊・桐・松・竹・梅・桜・柳・萩・水仙・牡丹)が描かれている。折据

  13. 麺は伸びにくいです(温野菜池袋) - ぐうたらせいかつ2

    麺は伸びにくいです(温野菜池袋)

    大好きなしゃぶしゃぶが食べたくなり、オットを誘って行って来ました。オットはまだお酒が飲めないため、ウーロン茶、私はレモンサワーにしました。★うずらの味玉★甘辛キムチお鍋ができあがるまで、ちょっとつまむためにお願いしました。★厳選牛とアンデス高原豚食べ放題博多水炊き鍋&和牛だし2,980円(税抜)色は水炊きのほうかついていますが、味は和牛だしのほうがしっかりついていて、ポン酢などはつけなくても...

  14. 京野菜 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    京野菜

    加茂茄子に限らず京野菜伏見唐辛子にしろ、いいものは良い。地場産物もいいのですがこの時期はお召し上がり頂きたい素材と言う物があります。

  15. ヒオウギ - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    ヒオウギ

    花器:備前塵箸表千家流

  16. お誕生日会で(わたなべ練馬高野台) - ぐうたらせいかつ2

    お誕生日会で(わたなべ練馬高野台)

    この日はオットのお誕生日で休みの日だったため、前からに気になっていた家の近くの天ぷら屋さんでお祝いすることにしました。電話をしたらちょうどカウンター席が空いたそうで、そちらに座ることができました。カウンター席は6席で、それ以外にテーブル席もありました。お店は清潔感があり、本当に高級な天ぷら屋さん、といった感じです。でもメニューを見ると、思ったほど高くなく、ほっと一安心。天ぷら7種ついた3,5...

  17. 陶磁器の修復について - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    陶磁器の修復について

    修理は一箇所一箇所であれば景色松岩黄仁哲高麗雲鶴碗

  18. 岩もずく - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    岩もずく

    料理は、さておいて竹細工をご覧くださいませ。

  19. 建水と言うお茶道具 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    建水と言うお茶道具

    是は使いやすいと思い購入してから8年の建水別名こぼしとも言います。茶道では決して表舞台には出てこない格下の器ですが、なくてはならない器です。人生や人をとらえてもこの建水の本意が大切であると学びました。仕組みのお点前でも始めましょうか。

  20. 器 - 懐石椿亭 公式weblog北陸富山の懐石料理屋 

    この器は耳盃(じはい)と言います。白い部分が耳にみえるでしょう。器の表面に銀を貼ってあります。二十年以上使用しておりますので、磨きこむ必要があります。趣向としては3月か7~8月の七夕あたりや法事に使います磨き前の器↑磨き後の器↓手間のいる器がほとんどですねに活躍する器です。すべては茶の湯の器ですね。

総件数:269 件

似ているタグ