日本映画のタグまとめ

日本映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本映画」タグの記事(19)

  1. 「千姫御殿」 Princess Sen in Edo  (1960) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「千姫御殿」 Princess Sen in Edo ...

    監督:三隈研次製作:三浦信夫脚本:八尋不二撮影:竹村康和美術:内藤昭衣装考証:上野芳生音楽:斎藤一郎出演:山本富士子   本郷功次郎   山田五十鈴   中村鴈治郎   志村喬   滝沢修   小林勝彦   中村玉緒   島田竜三   千葉敏郎   鶴見丈二   滝花久子   浦辺粂子日本映画/97分/カラー作品 <あらすじ>かつて、幼くして徳川家から豊臣家へ嫁がされたものの、祖父・徳川家康...

  2. 「あなたと私の合言葉 さようなら、今日は」 Goodbye - Goody Day  (1959) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「あなたと私の合言葉 さようなら、今日は」 Goodb...

    監督:市川崑制作:武田一義原作:久里子亭(市川崑、和田夏十)脚本:久里子亭(市川崑、和田夏十)   船橋和郎撮影:小林節雄美術:下河原友雄音楽:塚原哲夫主題歌:川村淳 和田弘とマヒナスターズ出演:京マチ子   野添ひとみ   若尾文子   菅原謙二   川口浩   船越英二   佐分利信   石井竜一   柴田吾郎(田宮二郎)   三明凡太郎   浦辺粂子   倉田マユミ   三好栄子   ...

  3. 「資金源強奪」 Gambling Den Heist  (1975) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「資金源強奪」 Gambling Den Heist ...

    監督:深作欣二企画:日下部五朗   杉本直幸脚本:高田宏治撮影:赤塚滋編集:市田勇音楽:津島利章出演:北大路欣也   太地喜和子   梅宮辰夫   室田日出夫   川谷拓三   山城新伍   小泉洋子   渡辺やよい   芹明香   安部徹   天津敏   北村英三   今井健二   名和宏   成瀬正孝友情出演:松方弘樹日本映画/91分/カラー作品 <あらすじ>暴力団・羽田組に所属するチン...

  4. 「悪魔の手毬唄」 Rhyme of Vengeance  (1977) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「悪魔の手毬唄」 Rhyme of Vengeance...

    監督:市川崑製作:市川崑   田中収原作:横溝正史脚本:九里子亭(市川崑・日高真也)撮影:長谷川清美術:村木忍音楽:村井邦彦出演:石坂浩二   岸恵子   若山富三郎   仁科明子   北公次   草笛光子   高橋洋子   辰巳柳太郎   三木のり平   山岡久乃   林美智子   渡辺美佐子   加藤武   大滝秀治   中村伸郎   岡本信人   永島瑛子   白石加代子   常田富士...

  5. 「唐獅子警察」 Lion Enforcer  (1974) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「唐獅子警察」 Lion Enforcer (1974)

    監督:中島貞夫企画:日下部五郎   松平乗道   田岡満原作:かわぐちかいじ   滝沢解脚本:野上龍雄撮影:赤塚滋音楽:広瀬健次郎出演:小林旭   渡瀬恒彦   安藤昇   志村喬   河津清三郎   渡辺文雄   賀川雪絵   橘真紀   藤浩子   室田日出夫   北村英三   曽根晴美   川谷拓三   志賀勝   誠直也   アンジー・ストーム   成瀬正孝日本映画/90分/カラー作...

  6. 骨太日本映画 - ウンノ整体と静岡の夜

    骨太日本映画

    無事専門学校での1年目を終えることができ、春休みに入りましたので、夜の自由時間ができました。なので最近は映画を借りてきて観てます。映画好きと広言し、趣味欄にも「映画鑑賞」と書いたりしているくせにその実は、観る映画ジャンルに偏りがありまして難しそうな映画は避けがち、だから好きなモノだけ見ていればいいじゃないかとも思うのですが、42歳にもなると一度は名作映画というものも観ておいた方がいいんじゃな...

  7. 「おんな極悪帖」 Notebooks on Heinous Women  (1970) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「おんな極悪帖」 Notebooks on Heino...

    監督:池広一夫企画:勝呂敦彦原作:谷崎潤一郎脚本:星川清司撮影:梶谷敏男美術:西岡義信音楽:渡辺岳大出演:安田道代(現・大楠道代)   田村正和   佐藤慶   小山明子   岸田森   小松方正   遠藤辰雄   丘夏子   芦屋小雁   早川雄三   伊達三郎日本映画/84分/カラー作品 <あらすじ>江戸時代。深川の櫓下の娼婦から芸者へと成り上がり、さらに客の男たちを使って大名・春藤太守...

  8. 犬猿 - 龍眼日記  Longan Diary

    犬猿

    何でも知ってるようで実は全く理解できてなくて近くて遠くてでもやっぱり近い存在の兄弟姉妹・・・。わかるわかるとニヤニヤしながら鑑賞してしまった。デリヘル命のお兄ちゃん、サイコー。いやいや自分の兄貴だったらイヤだけど。(笑)新井くん、役にハマり過ぎてこんなヤツにしか見えない。ラクしていい暮らししたいなんて甘い考えなのになぜか商売が成功してあっという間にこつこつ弟よりも羽振りが良くなってしまうのに...

  9. 「怪談おとし穴」 The Ghostly Trap  (1968) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「怪談おとし穴」 The Ghostly Trap ...

    監督:島耕二企画:塚口一雄脚本:船橋和郎撮影:小原譲治特撮:金子友三音楽:大森盛太郎出演:成田三樹夫   船越英二   渚まゆみ   三条魔子   早川雄三   見明凡太郎   片山明彦日本映画/78分/モノクロ作品 <あらすじ>現代の大都会・東京。大手貿易会社の秘書課に勤める倉本治夫(成田三樹夫)は、文書部のタイピスト、西野悦子(渚みどり)と秘かに交際していた。貧しい家庭に生まれ育ち、夜学...

  10. 空海 KU-KAI 美しき王妃の謎(妖猫伝 Legend of the Demon Cat)(中国、日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    空海 KU-KAI 美しき王妃の謎(妖猫伝 Legen...

    洋18-11  ★★★★<東宝試写室>2018(平成30)年1月26日鑑賞2018(平成30)年2月7日記 張藝謀(チャン・イーモウ)監督と並ぶ「中国第五世代」の代表、陳凱歌(チェン・カイコー)監督が、日本人なら誰でも知っている「空海」をタイトルにした制作費150億円という「日中合作モノ」に挑戦!それだけで期待大だが、原作が夢枕獏の『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す』だというのが、私には少し気が...

  11. 「嘘を愛する女」 - ひとりあそび

    「嘘を愛する女」

    振替休日の今日、急に思いついて映画を見に行った。気分転換と避暑ならぬ避寒に。映画は「嘘を愛する女」という日本映画である。偶々新聞でこの映画の記事を読み、興味を覚えたからである。実際に起こった事件の記事に触発され作家辻仁成が随想を書き、それを高校時代に読んだ中江和仁監督がほぼ20年後に映画化した、という事実にまず驚いた。その執念というか、思い続けることの大切さを改めて思い知ったのだった。人は自...

  12. 羊の木 - 龍眼日記  Longan Diary

    羊の木

    この作品、山上たつひこ氏原作だったのね。(驚)殺人を犯した人にはそれぞれそこに至るまでの事情がある。という当たり前なことに改めて気づいた。出所後の人生の歩み方もそれぞれだ。「人が肌で感じ取ることはほとんど正しい」元やくざの大野(田中泯)のつぶやくセリフが重い。大野の前科を知らないはずの町の人々が大野を見て「何か」を感じ取ってしまうのだ。一方市役所で働く月末(錦戸亮)は彼らの過去を知る数少ない...

  13. 「夜の蝶」 Night Butterflies  (1957) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「夜の蝶」 Night Butterflies (1...

    監督:吉村公三郎製作:永田雅一企画:川崎治雄原作:川口松太郎脚本:田中澄江撮影:宮川一夫美術:間野重雄出演:京マチ子   山本富士子   船越英二   芥川比呂志   小沢栄太郎   山村聰   近藤美恵子   川上康子   八潮悠子   藤田佳子   穂高のり子   川崎敬三   高松英郎   叶順子   田宮二郎日本映画/90分/カラー作品 <あらすじ>東京は夜の銀座。高級バー「フランソ...

  14. 祈りの幕が下りる時(日本映画・2018年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    祈りの幕が下りる時(日本映画・2018年)

    日17-199  ★★★★<東宝試写室>2017(平成29)年12月15日鑑賞2017(平成29)年12月19日記 東野圭吾の『新参者』シリーズの“完結編”にして“シリーズ最高の泣ける感動巨編”が、阿部寛と松島菜々子の共演で映画化。これは必見! パンフやチラシには「この事件は俺の過去と関わりが強すぎる。」「事件のカギは俺なのか・・?」などの文字が躍り、「???の男」とされた登場人物もいるから...

  15. 嘘を愛する女 - 龍眼日記  Longan Diary

    嘘を愛する女

    「おおっ!」と目を引いたのは吉田鋼太郎演じる探偵の愛車。愛しのフィアットの初代パンダ。ストーリーそっちのけでパンダばかりが気になってしまった。新車みたいにピカピカ…誰かの私物だったりして?監督のとか?予想はしていた。でも予想を上回る平凡なストーリー展開だった。名前を偽り別人になった男。彼が抱える謎というのが弱い。いや、本人にとっては大変なことだ。だが映画の核とするほどのモノではないような。唯...

  16. 映画「祈りの幕が下りる時」 - Mme.Sacicoの東京お昼ごはん

    映画「祈りの幕が下りる時」

    東野圭吾原作「新参者」シリーズの完結編。謎解き刑事もの作品なので詳しくは語れないけど、家族のために罪を犯し、過去を隠し、やがて自身の破滅に追い込まれて行くという哀しい物語は、どこか松本清張の「砂の器」に似ているような。テレビの2時間ドラマでは描き切れない重厚さは、映画ならでは!見応え十分でした。松嶋菜々子さん演じる"博美" の少女時代を演じた桜田ひよりさんは新人女優さんらしいのですが、演技力...

  17. 「DESTINY 鎌倉ものがたり」(日本映画・2017年) - 映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記

    「DESTINY 鎌倉ものがたり」(日本映画・2017年)

    日18-2  ★★★(ショートコメント)<TOHOシネマズ梅田>2018(平成30)年1月6日鑑賞2018(平成30)年1月15日記本文はネタバレを含みます!!それでも読む方は下の「More」をクリック!!↓↓↓ ここからはネタバレを含みます!!読まれる方はご注意ください!!↓↓↓監督:山崎貴原作:西岸良平 『鎌倉ものがたり』(双葉社アクションコミックス)一色正和(ミステリー作家)/堺雅人 ...

  18. 「待ち伏せ」 The Ambush  aka  Incident at Blood Pass  (1970) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「待ち伏せ」 The Ambush aka Inc...

    監督:稲垣浩製作:三船敏郎   西川善男脚本:藤木弓(稲垣浩)   小国英雄   高岩肇   宮川一郎撮影:山田一夫美術:植田寛音楽:佐藤勝出演:三船敏郎   石原裕次郎   浅丘ルリ子   勝新太郎   中村錦之助   市川中車   有島一郎   北川美佳   土屋嘉男   戸上城太郎   中北千枝子   山崎竜之介   田中浩日本映画/117分/カラー作品 <あらすじ>時は江戸時代。金の...

  19. 勝手にふるえてろ - 龍眼日記  Longan Diary

    勝手にふるえてろ

    「好きなタイプの人見ると~男嫌いのポーズとる~」と大昔荒木由美子が唄っていた。オンナのいやらしさをガッツリ描いた凄い歌だわーと当時妙に感心したのを思い出した。気になるのに本人に見てると思われるのが嫌だから見ない。見るのは視野の端っこで。(それをヨシカは「視野見」と名付けた)要するに言っちゃえば自意識過剰。男嫌いのポーズとるオンナもヨシカも。なーんて無駄に年をとった女は他人事だから簡単に言うけ...

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ