日本民藝館のタグまとめ

日本民藝館」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本民藝館に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本民藝館」タグの記事(11)

  1. ★ 北海道に行きたくなる - うちゅうのさいはて

    ★ 北海道に行きたくなる

    日本民藝館に行った。友だちが行ってみたいと言ってたので、誘おうかとも思ったけど、コロナ禍の中、建物の中でお喋りしながら見るのもなんか嫌だったので、ひとりで行った。それに、なんとなく静かに見たい気分だった。まぁ、団塊世代みたいなおばさんが、お喋りしていたけどさ。あんまり繁華街に行かないけど、複数で行動しているのは、若い人より中高年の人が多いような気がする。団塊世代は団体世代だからね(笑)すごく...

  2. 日本民藝館「食の器展」開催中。(会期終了) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    日本民藝館「食の器展」開催中。(会期終了)

    ・東京駒場の「日本民藝館」、小生は若い頃から民藝大好きで東京へ旅しますと立ち寄っていました。ましてや骨董屋を営んでからというもの催しが変わるとほとんど参じています。今回は現在開催中の「食の器展」をご紹介。会期は9月1日まで、ご興味のある方は早くご覧になってください。・民藝館の創設者である柳宗悦氏(1889~1961)は、雑器の美を提唱し、普段何気なく使っている器に美が宿ると問いました。今展で...

  3. 日本民芸館へ - 衣・食・住

    日本民芸館へ

    以前から行ってみたかった日本民芸館へ。開催されていたのは「食の器」展。(2019.6/25~9/1)建物の設計は細部に至るまで柳宗悦が手掛けたもの。素敵な建物。展示は饗応と晴の器茶の湯と懐石の器食卓の器併設展として欧米の食の器諸国の土瓶晴の染色朝鮮の膳朝鮮時代の食の器菓子型、菓子箱見応えたっぷり。以下パンフレットより「見ることは悦びである。しかし使うことの悦びはさらに深い。最もよく使われてい...

  4. 日本民藝館 - 趣味の部屋0074

    日本民藝館

    目黒区にある日本民藝館にフラーッと行ってきた。場所はココ。夫と楽しいお散歩です。染色に触発されて今さらながら染色に興味を持ちました。

  5. ユーモアと温かみのある実用品 - ひまづくり日記(50歳からの暮らしのヒント)

    ユーモアと温かみのある実用品

    今日はあいにくの雨☔️でも、半日ひま時間ができましたので行きたかったところへ。日本民藝館で、柚木沙弥郎さんの作品と国内外の民芸品を堪能✨ユーモアと温かみのある実用品。もちろん経年にも耐えうる強さも大切です。暮らしの理想です。そのあと旧前田家本邸和館へ。うんざりする梅雨ですが、雨に濡れた庭をほぼ独り占め(あ、主人もいました)ぼーっと充電してきました😊

  6. 「柚木沙弥郎の染色もようと色彩」展へ行きました。 - CROSS SKETCH

    「柚木沙弥郎の染色もようと色彩」展へ行きました。

    柚木沙弥郎の染色作品と日本民藝館の佇まいがみごとなマッチングでした。モダンな型染めの数々、柄も色彩も大好きです。↓

  7. 『民藝の日本』展 京都高島屋 - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    『民藝の日本』展 京都高島屋

    京都高島屋7階にて、今年も『民藝の日本』展が開かれています。(25日まで)民藝運動のバイブルといわれる柳宗悦著「手仕事の日本」をコンパクトに、要所を押さえて展示されたような、全国の民藝品が観られる展覧会。日本民藝館を中心にして、各地の民藝館からの所蔵品も京都に出張しています。「蓋ものと編みもの(編粗品 籠・注連縄・茣蓙の類)に目覚めたら、あなたもわたしも民藝ファン」と、常々言っておりますが、...

  8. 日本民藝館展その2 - 宙吹きガラスの器

    日本民藝館展その2

    その売店にあった珍しい?!湯飲みとは、形がこんな具合です。飛び鉋の模様が美しい小鹿田焼き。どっしりとした安定感の潰れた形で口元が広い。写真では分かりにくいでしょうか。小鉢としても使えそうです。もう一つは、白磁。値札には五十嵐さんという名があり「高台湯飲み」と記してありました。うっすらとろくろを引いた跡が見え、無地ですが地紋のような味わいがあり表情が出る、と言うかなんと言うのでしょうか…いいな...

  9. 小春日和 - てんねん生活 ARAKOKI

    小春日和

    朝は冷え込んでも、お出かけには絶好の小春日和久々に都内へ、リーズナブルなこともあって小田急線で代々木上原から徒歩15分日本民藝館ウィンザーチェアー展が開催されているうちにとやっと、行くことができましたどっしりとした玄関正面の階段展示されている作品はそれぞれ素晴らしいのですが、この建物の佇まいを感じたくてやってきました二階の展示室は漆喰壁に梁、そのバランスがとても落ち着きます窓辺は障子です建具...

  10. 圧巻!ウィンザーチェア展開催中。東京・日本民藝館にて。(会期終了) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    圧巻!ウィンザーチェア展開催中。東京・日本民藝館にて。...

    ・いま東京駒場の日本民藝館では、日本人が愛した英国の椅子「ウィンザーチェア展」が開催されています。会期は11月23日まで。・骨董好き、民藝好きにとっては、身近に置きたいものの一つではないでしょうか。その造形美に魅了されると同時に、座ればなんと心地良いこと・・。民藝の父・柳宗悦の唱える「用の美」そのものと言えるでしょう。自然で素朴な木の持つ魅力がいっぱいです。・今展では、イギリスで18世紀前半...

  11. 世田谷美術館から電車に乗って池尻大橋へ - お片付け☆totoのえる  - 茨城・つくば 整理収納アドバイザー

    世田谷美術館から電車に乗って池尻大橋へ

    花森安治さんの仕事展を見たあとは用賀から4つ目の駅、池尻大橋へ♡散歩をしながら しばらく歩いて日本民藝館に到着しました^^民藝という美創設80周年特別展【柳宗悦と民藝運動の作家たち】柳さんたちは、名もなき職人の手から生み出された日常の生活道具を美術品に負けない美しさがあると唱え、美は生活の中にあると語りました美は生活の中にあるこの言葉が大好きです。花森安治さん、そして柳宗悦さん、お二人が心か...

総件数:11 件

似ているタグ