日本海側のタグまとめ

日本海側」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本海側に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本海側」タグの記事(717)

  1. 韓国の浮標 - Beachcomber's Logbook

    韓国の浮標

    浮標は、刺し網などの漁具の目印にする漁具です。「ぼんてん」も浮標の一種ですが、それよりも規模の小さめなモノに使うのが、この浮標でしょう。韓国の浮標、多くは上面と底面にアベマキの樹皮を置くタイプが多いのですが、このところそうではないタイプが目立ってきました。写真のモノは発泡スチレンの浮力体に、上面は白、底面は黒の樹脂素材を用いています。韓国の脱アベマキ,進むのかな?.

  2. アオイガイも来ています。 - Beachcomber's Logbook

    アオイガイも来ています。

    冬の日本海の風物詩でもあるアオイガイの漂着、今年も来ていますよ。東北あたりでは20㎝を超す大形の個体が漂着しているようです。さて、福井県では嶺北、嶺南、どちらでもアオイガイを見ていますが、大物は見ていません。大きめでも赤い餌籠に入るサイズ、小さいものでは指先サイズなんてのもありました。今季、漂着数はそんなに多くは無いようです。日本海側、秋にはルリガイの超大量漂着がありましたが、アオイガイの来...

  3. アンハッピー・バースデー・ツゥ・ミィ~♪ - Beachcomber's Logbook

    アンハッピー・バースデー・ツゥ・ミィ~♪

    おはようございます!今日のタイトル見ていただけましたか?去年までの記事と一緒じゃないですよ。カタカナで二文字が追加されてますから。それと言うのも、数日前に書留が役場から届いたのですよ。その中身は「介護保険被保険者証」なるものでした。もうこれはジジイの証明書の様なものですな。そして年間の保険料が12万とか・・・凹んでしまいますね。これまで加齢に抗うように生きてきたオレですが、しっかりジジイの仲...

  4. モダマあったよ! - Beachcomber's Logbook

    モダマあったよ!

    若狭の浜、植物系ではココヤシもありましたが、1個だけ。そしてマンシュウグルミは多いのですが、南方系のモノは何だか少なめですね。そんな中、モダマがありました。でも、これは小さいよね。これはドロップモダマとも言われていたコバモダマEntada parviforiaただ、今季も大量の海ゴミがやって来ていて、海豆は目立たないながらそんな中に隠れている可能性も高いですね。2021年1月13日、愛知にも...

  5. 雪豹皮博士 - Beachcomber's Logbook

    雪豹皮博士

    若狭で見つけたプラスチック容器、こんなロゴがありました。雪豹皮博士、ご覧の通り、靴のクリームですね。そして繁体字が使われているので台湾製品かと思いました。ネット検索をかけたら、すぐ分かる今の世の中やはり台湾の靴クリームでしたね。ただあまりにも簡単に分かってしまうネット検索は,あんまり面白くないね~!( ´∀` )2021年1月13日、愛知にも非常事態宣言が発令されました。この記事は、非常事態...

  6. ドラム缶はましな方だね - Beachcomber's Logbook

    ドラム缶はましな方だね

    様々なゴミの集まる冬の日本海、そのほとんどはプラスチック類ですが、一部で鋼鉄のゴミもあります。その代表格がドラム缶ですね。このようにサビていても栓がしっかりしてあれば中は空気が入る浮力体となり、鋼鉄のタンカーが浮くように、プカプカ浮くわけです。ここでドラム缶についておさらい、基本は200Lの容量があります。そしてサイズは直径60㎝、高さ90㎝です。困ったゴミのようですが、紫外線などで細かくな...

  7. AB inVeb - Beachcomber's Logbook

    AB inVeb

    冬の寒々とした浜辺で、赤いモノってのはついついゴミでも気になります。汀線に打ち上がっていたプラスチック製のボトルケースには、AB inVebのプリントがありました。AB inVebとは、アンハイザー・ブッシュ・インベブというベルギーに本拠地を置く大きな酒メーカーですね。代表的なものは、ステラ・アルトワというビール、ちなみにAB inVebのオーストラリア事業を日本のアサヒビールが買収したのは...

  8. レア物発見!! - Beachcomber's Logbook

    レア物発見!!

    今回紹介するモノは、かなりのレアですよ。( ´∀` )そう言っても、これ見つけて喜ぶ人はそんなにいないかな~??これはオレンジ浮きのブルーバージョンです。オレンジ浮きは、素材のABS樹脂のオレンジ色にちなんでついた名前ですが、これは色違い。時折色違いはありますが、1号浮きなのです。けれどもこれは3号浮きなのでかなりのレア。ちなみに表面には次のような陽刻がありました。JINCHENG NO3A...

  9. 貝殻おじさん。 - Beachcomber's Logbook

    貝殻おじさん。

    高浜の海岸をブラブラ歩いていたら、スコップとバケツを持ったおじさんに出会いました。何でも貝を取りに来たそうですが、礫浜の砂利とベンケイガイ、チョウセンハマグリなどの重そうな貝殻など、まとめて採ってみえました。とても忙しそうにされてましたので詳しい用途は聞いてなかったのですが、何度も浜と堤防あたりを往復されていました。大きな袋にデポしていたのかな~?.

  10. 久々に見た便利ライター - Beachcomber's Logbook

    久々に見た便利ライター

    新春、常春の渥美から、寒い雪景色の若狭に戻りますね。( ´∀` )このごろは世界的にも喫煙者が減っているのか、ライター漂着は減少しています。特に目立つのは韓国や中国系のライター減少ですね。さてこの赤いライターは韓国の便利ライターです。どこが便利かわかりましたか?そうです。ライターのハンドル部分が靴ベラになっているのですね。このライター以前はよく見ましたが、減少に伴い見る機会の減ったものです。.

  11. 明日は日本全国寒波みたい・・・・ - トモさんの雑記

    明日は日本全国寒波みたい・・・・

    明日は日本全国寒波みたいですね。特に日本海側は大雪のようなのでしっかりと対策と準備をしてほしいです。東京も最高気温が7℃、最低気温が-2℃の予定。九州も記録的な大雪の恐れもありとのことなので雪に不慣れな人ばかりだと思いますので本当にご注意ください・・・・⇒ 非公開求人⇒ 川島さんの非常識な勉強法⇒ ユニットバスの排水溝でのつまり

  12. ピンクタツ - Beachcomber's Logbook

    ピンクタツ

    タツノオトシゴの仲間には色々ありますが、こんなのご存知?はい、まさに色のまんま・・・ピンクタツですね。砂遊びの型にはよくカメが登場しますが、タツノオトシゴも多いのです。ただ現物を知っていると、型にするとバルキーになっちゃいますが、本物はもっと薄ぺらくてホネホネのイメージなんですが・・・・(笑).

  13. メガロマン - Beachcomber's Logbook

    メガロマン

    怪獣ものはある程度イメージできると思っていましたが、こいつは全く分からなかったよ。 ただ、©ジン.男組.東宝.と足の裏側にエンボスがあったので何とか判明した次第。オレはったく知らなかったが、1979年の特撮TVドラマ、メガロマンの主人公のようです。赤いソフビに金、黒、シルバーで塗ってありました。興味のある方はYou Tubeで見られるようですので、どうぞ。こうしたソフビ人形、冬の寒さと劣化で...

  14. 今年も一年ありがとうございました。 - Beachcomber's Logbook

    今年も一年ありがとうございました。

    今年も無事一年が過ぎようとしています。コロナ禍で世の中が思いっきり変化しました。定年後の再雇用でしたが、職場に行けども子供たちのいない世界があったり、かなり戸惑うことも多くありました。週末はできるだけ海・・・と思っていましたが、それもままならない日もありました。そうは言っても、いける時には・・・ってところで、一年を振り返ってみます。1月、カラスよりも早起きをして海に通ったので、ソデイカも頂き...

  15. 韓国製のアナゴのウケ - Beachcomber's Logbook

    韓国製のアナゴのウケ

    日本海側の特徴的な漂着物の一つに、アナゴのウケの蓋となる「返し」があります。かえしは黒色のプラスチック製で円錐形、つまりコーン型をしています。そのかえしを装着する相手が、このウケなのです。多くは黒ですが、これは緑っぽい灰色のもので、数は少なめです。紐のついている尖ったほうにロープを付け、中に餌を入れた餌籠を入れ、後ろからかえしを装着します。かえしはコーン型で先が尖っていますから、後ろからアナ...

  16. ルリガイ - Beachcomber's Logbook

    ルリガイ

    この秋は、日本海側の各地でルリガイの大量漂着がありました。オレが歩いた福井県内だけでも、軽く見積もっても十万単位のルリガイが漂着したのではないでしょうか?最初のルリガイ漂着を確認したのが9月末、あれから三か月は経っていますが、浜辺にはルリガイが転がっています。これは漂着のすごさを物語っていますね。臭かったルリガイ、もう臭いはほぼありませんが、殻口は欠け、表面のツヤは無いマットな質感ですね。.

  17. ミドリガメ - Beachcomber's Logbook

    ミドリガメ

    マイクロプラスチックの漂着は、世の中でかなり知られてきて、時折目にすることがあります。若狭の浜辺でも大きなプラスチック製品から、それが劣化して小さな破片になったものまでたくさんやって来ます。これはミドリガメ、砂遊び用の動物型ですね。真冬に浜辺で遊ぶ子供は見ないので,きっと夏や暖かい時期に遊んでいて忘れたものでしょうね。砂遊びの型やスコップなどのプラ製品は、海に行けば必ず見つかります。こうした...

  18. ヒラタブンブク、イッパイ揚っていました。 - Beachcomber's Logbook

    ヒラタブンブク、イッパイ揚っていました。

    水晶浜でブンブクまつりがあったことは前に記事にしましたが、今季はあちこちでブンブクをよく見ます。アオイガイを探して高浜に行った折にも、ブンブクがたくさんいました。砂浜に転がっていたこの小石のようなヤツがみなヒラタブンブク!まだ棘のイッパイついた中身入りばかりです。そしてかなり大きめ!こんなサイズがゴロゴロ・・・こいつら、中身はかなり臭いので写真で十分ですね。.

  19. アオイガイ、最初はこうでした。 - Beachcomber's Logbook

    アオイガイ、最初はこうでした。

    昨日紹介した今季最初のアオイガイ、最初の一枚はこれでした。まだ朝焼けの残る若狭の浜、波の引いた汀には空色が映り、良い感じ!この反対側がどうなっていたのかハッキリしませんが、これだけカラスに突かれていればね。海に還ったアオイガイですが、気に入った写真が撮れたので満足でしたね。.

  20. 若狭にもやっと冬が来た! - Beachcomber's Logbook

    若狭にもやっと冬が来た!

    やけに気温差があって、真冬の様な日が通り過ぎて、ホッとしたところでしたね。でも年末の年越し寒波が来るかも?それにコロナもあって、大変な年末。冬の訪れの遅かった若狭でもやっと冬がやって来ました。冬の使者と言えばアオイガイ!もうイヤというほど拾っているのですが、これを見ないと冬が来たと思えません。そんなわけで第一号を見つけるのは嬉しいものです。カラスにでも突かれたのか、そんな個体が波間をゆらゆら...

総件数:717 件

似ているタグ