日本百名山のタグまとめ

日本百名山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本百名山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本百名山」タグの記事(28)

  1. 仙丈ヶ岳 2018/06/24~26[3日目] - happiness

    仙丈ヶ岳 2018/06/24~26[3日目]

    日本トップ3富士山・北岳・間ノ岳最終日は南アルプスの女王に会いに行きます[2日目前編]・[2日目後編]今日は女王様に会いに行ったらテント撤収して帰ります貴公子様よりそれほど工程は長くない今日もお天気良いかな?北沢峠に行く途中に登山口はあります橋の横から水がたっぷり出てました緩やかに登っていくと見晴台に到着北岳の頭チラりんこ♪2合目に到着しましたなんだかペース上がらない^^;どうやらここからき...

  2. 甲斐駒ヶ岳 2018/06/24~26[2日目後編] - happiness

    甲斐駒ヶ岳 2018/06/24~26[2日目後編]

    駒津峰から甲斐駒ヶ岳[前編]からの続きです貴公子に登りますよ~♪またまた下り^^;岩場もありちょっと歩きにくいところもあり^^;八合目は六方石大きな岩があります直登・巻道の分岐さーどっちで行く?やっぱり直登だよね(〃艸〃)やっやばい!手足とどかな~い( ̄□ ̄;)!!腹ばいになる所も...一眼はアタックザックへIN直登の写真はやまやさんに託しひたすらよじ登る!踏み外したら危ない危ない!乱れてま...

  3. 甲斐駒ヶ岳 2018/06/24~26[1日目~2日目前編] - happiness

    甲斐駒ヶ岳 2018/06/24~26[1日目~2日目前編]

    南アルプスの貴公子会いに行ってきました♪既に9月になってしまった^^;梅雨の合間の2連休どこか行きたい...泊まりで♪テント泊でのんびり行こうと思ったらテント装備担ぐのめっちゃ久しぶり!長時間担いで歩く自信がない...^^;そうなるとあそこしかない!北沢峠テント張ってアタックザックで行けるではないか!そうと決まればあのお方に連絡そう♪師匠ことやまやさん確か帰省から戻ってきてるはず♪連絡入れた...

  4. 白馬三山縦走 3日目その2 小蓮華山 - アサクフカク

    白馬三山縦走 3日目その2 小蓮華山

    振り返って白馬岳。白馬岳登るならこっちからの方が感動的かも。縦走路と俺♪白馬三山と俺♪小蓮華山が近づいてきた。その向こうには日本海。日本海の奥には写真ではわかりにくいが佐渡ヶ島まで見える!アルプスの稜線を歩いているのに、ずっと日本海を見ながら歩けることがほんとに不思議。小蓮華山登頂♪小蓮華山には鉾が立っている。遠くにこの日のテント場、白馬大池が見えてきた。昼に近づくほど雲はどんどん上がってく...

  5. 白馬三山縦走 3日目その1 白馬岳 - アサクフカク

    白馬三山縦走 3日目その1 白馬岳

    前日に日の出の時刻、位置はアプリで確認済み。テント場付近からは白馬岳斜面自体がじゃまになりきれいに見えない。テントはそのままで写真の白馬山荘まで登っていく。人に聞いたのだが、白馬山荘は日本最大の収容人数らしい。振り返って歩いてきた杓子岳、白馬鑓ヶ岳。おはよう♪3日目の始まり白馬山荘少し上の稜線で朝のスーパータイムを満喫♪これが白馬岳。上まで上がって見ている人もたくさんいる。俺はテント撤収して...

  6. 白馬三山縦走 2日目その3 杓子岳 - アサクフカク

    白馬三山縦走 2日目その3 杓子岳

    雲は稜線から東側を完全に飲み込んでいる。更に稜線を越えあたり一面を飲み込み始める。どこまで歩けば杓子岳山頂なのかわからないまま歩く。斜面をふたりが降りていく。てことはあそこの少し上が山頂だな。山頂が見えた。てかこの崖側、この角度で数百メートル落ち込んでいると思われる。手すりなどない。足がすくむ。杓子岳登頂♪こんな危険な断崖の山だったんだな。進もう。振り返って杓子岳。中腹にトラバース道がある。...

  7. 南アルプス甲斐駒ヶ岳 - HIROのフォトアルバム

    南アルプス甲斐駒ヶ岳

    大学の同級生の要望により、先月日本百名山南アルプス甲斐駒ヶ岳に登ってきました。南アルプスの山々はアクセスが悪く登頂が困難な山々が多いのですが、南アルプス林道バスを利用すれば、登山口である標高2032mの北沢峠まで行くことが出来る仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳は、日帰りで登頂することが可能な希少な山です。しかし、行きのバスの始発は5時15分、帰りのバス最終時間は16時。最終バスに乗り遅れると山梨の広河原...

  8. 白馬三山縦走 2日目その2 白馬鑓ヶ岳 - アサクフカク

    白馬三山縦走 2日目その2 白馬鑓ヶ岳

    たまらん!大きな平らな岩があったので休憩。今回もナルゲンに柿の種&ナッツ詰め合わせ♪一番好きな山の花は、コマクサでもチングルマでもなく、このイワツメクサ。少し前にすれ違った方がこのあたりで雷鳥を見たとのこと。注意してみてみたのだけど、姿は見えず鳴き声のみ。やっと稜線に出た。この先に進むと唐松岳。今回はその逆へ進む。雲の上ってきていない西側を見る。あれ?あれは海じゃね?日本海が見えるの...

  9. 白馬三山縦走 2日目その1 稜線へ - アサクフカク

    白馬三山縦走 2日目その1 稜線へ

    夜が明ける。スマホアプリは素晴らしく、現在地から見て、どこから太陽が何時に現れるか正確にわかる。この日は5時過ぎの日の出だったので目覚ましを4時45分にセットしたのだけど、早い人は4時頃テントを撤収し始めていてその音で目が覚めた。テントの中で雨粒の音は聞こえないので雨はない。さあ、風景はどうか。テントから顔を出す。120点!雲海が現れていた。小屋泊も素敵だろう。でも、寝ているテントから顔を出...

  10. 登山 2018年8月 雌阿寒岳 - フクちゃんのフライ日記

    登山 2018年8月 雌阿寒岳

    道東に遠征して雌阿寒岳に登ってきました。ここに登ったのは31年も前。中学2年生の学校のキャンプの時だ。 山頂からオンネトーに下りて、カレーを作って食べたのを覚えている。  雌阿寒温泉からスタート。  ここが登山口。  スタートからこんな松林のなかを歩き続ける。  樹木の高さが次第に低くなり、ハイマツが増えてくる。  このハイマツの稜線を歩きます。  そしてハイマツ帯を抜けると岩場が続く。  ...

  11. 白馬三山縦走 1日目その2 鑓温泉 - アサクフカク

    白馬三山縦走 1日目その2 鑓温泉

    ここも雪渓上は歩けない。崩壊している。雪渓の上部に通常の登山道が現れている。花畑と呼ばれる場所は意外と花は少なかったりする。でもここはほんとに花畑。こんな花も普通に咲いていたりする。雪渓に大穴。こわ…斜面に湯気を上げた水が大量に流れている。これ、実は温泉のお湯。標高2,000mに大量の温泉が湧き出しているのだ。その温泉が本日のテン場、白馬鑓温泉小屋。ここはいわゆる山小屋でありテン場であるが、...

  12. 白馬三山縦走 1日目その1 猿倉から - アサクフカク

    白馬三山縦走 1日目その1 猿倉から

    白馬岳標高2.932m日本百名山北アルプス北部に位置し、白馬岳は長野県と富山県の県境だが、その北東に伸びる縦走コースは長野県と新潟県境となっている。せっかく久しぶりの休みが取れたこともあり、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山、そして小蓮華山を縦走する三泊四日の山旅を計画した。テント泊縦走は約一年ぶり。少しの不安とたくさんのワクワク心で猿倉から歩き始めた。少し進むと分岐が現れる。道沿いに進む...

  13. 燧ヶ岳 - HIROのフォトアルバム

    燧ヶ岳

    尾瀬二日目は、いよいよ燧ヶ岳に登頂して尾瀬ヶ原中間地点にある竜宮小屋まで至る行程です。この日は雲一つ無い快晴。燧ヶ岳からの絶景をご堪能してください。尾瀬沼ヒュッテから望む燧ヶ岳尾瀬沼尾瀬沼が見えてきました。コバイケイソウが綺麗でした。だんだん尾瀬沼が見えてきました。長蔵小屋と尾瀬沼ヒュッテが見えます。ミノブチ岳に到着。ここからは一番綺麗に尾瀬沼を眺めることが出来ます。後方は日光連山。燧ヶ岳の...

  14. 失われた楽園①@草津白根山 2017.07.22(土)~23(日) - 『山』がまんなか

    失われた楽園①@草津白根山 2017.07.22(土)...

    注意)2017年の山行記録です。草津白根山(くさつしらねさん)は、群馬県吾妻郡草津町と嬬恋村にまたがる標高2,171mの火山である。2017年6月7日、噴火警戒レベルが2から1へと引下げられ、これにより2014年から立ち入り禁止であった湯釜に加え、本白根山遊歩道の最高地点(2,150m)まで登ることが可能となった。しかし2018年1月23日午前10時2分頃、監視対象外であった無警戒の鏡池北火...

  15. 鳥海山 ~花と塩ラーメン〜 (2016.7.23) - Mt. Clione

    鳥海山 ~花と塩ラーメン〜 (2016.7.23)

    少しずつ写真整理してます(2年前やん!)東北を代表する山の一つな鳥海山。天気がよさそう!ということで登りに行ってきました。3時に家を出て、6時40分に鉾立(5合目)に到着。移動だけで疲れた(笑この時点で駐車場はほぼ満タン。次来るときは車中泊がよさそう。いろいろな登り口があるけど、今回は象潟口から御浜経由で頂上めざします。天気も良くて日本海もばっちり見える一般観光客向けの展望台から山頂方向を望...

  16. 磐梯山 後編 下山 - アサクフカク

    磐梯山 後編 下山

    磐梯山で一番メジャーなルートは八方台コース。でもそのルートはほとんどが樹林帯。この荒々しい風景を見るにはこのコースがいい。山頂付近の夫婦に聞いたU字型の手すりの急登とはこのこと。ほんとにものすごい急登の階段なのだけど、段が崩れている場所が多く道幅は人一人分。上り下りがかなり大変なのでこの手すりが付けれれたのだろう。登山地図で点線になっていた理由は、山体崩壊の崖の部分とこの急登が理由だろう。三...

  17. 磐梯山 中編 登頂 - アサクフカク

    磐梯山 中編 登頂

    磐梯山からはもちろん猪苗代湖が見える。広い水田地帯が湖面と同じ水の反射をしていて水が溢れているようだ。東側を見ると右側遠くに前日登った安達太良山。左側遠くに吾妻連峰。猪苗代湖を眺めながらカップラーメン。しあわせ♪チェアゼロが活躍。というわけで登頂♪開放的な登山道がステキ。奥に見えるのが裏磐梯最大の湖桧原湖。山体崩壊したときに誕生。昔、桧原湖畔でファミリーキャンプをしたことがある。その東側には...

  18. 磐梯山 前編 裏磐梯コース - アサクフカク

    磐梯山 前編 裏磐梯コース

    磐梯山標高1,816m日本百名山南斜面は緑豊かな山容だが、北斜面は明治の大噴火により山体崩壊。ひとつの山がなくなった。その山体崩壊の全容を見てみたく、裏磐梯スキー場から登山を開始。裏磐梯スキー場は山体崩壊した土砂の上に作られている。ひとつお断り。仕事が忙しくブログ更新できずにいたが、これは安達太良山登山翌日の登山で5月後半の記録。スキー場を登りきると樹林帯に入る。更に進むと銅沼が現れる。遠景...

  19. 2018山行2回目 至仏山 - ONEWAY 2nd season~イカノフの山

    2018山行2回目 至仏山

    7月14日(土)山行1回目 八甲田山恒例行事となってしまった同僚家族の八甲田登山ガイド。今年も予定が合ってしまい実行となりました。まだお花残っているかなぁと思ってきたが、ちょうど季節の変わり目だったようで残念!春の花が終わり、これから夏の花が一斉に咲いてくる隙間な感じでした。でもシャクナゲはいっぱいさいてましたよー^^7月18・19日  北関東遠征 至仏山ライフワークにしている日本百名山登山...

  20. 夏よ来い! - 北海道photo一撮り旅

    夏よ来い!

    毎日更新を旨とする当ブログですが、連日の曇り空と降雨では、写欲は失せストックも底をつきそうで、、今日の画像は先日のプチ旅行で撮った「日本百名山」の一つ「斜里岳」です。斜里町を見守るように位置し、富士山のような山容が美しいですね~それにつけても青空の欲しさよ~          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ