日本百名山のタグまとめ

日本百名山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本百名山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本百名山」タグの記事(132)

  1. 巨匠逝く - 四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

    巨匠逝く

    山岳写真家の大先生、白旗史郎氏が11月30日、86歳で亡くなっていたことを今頃知りました。心よりお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈りいたします。思えば、かれこれ6年ほど前、深田久弥、山の文化館開館10周年記念の日本百名山写真コンテストの表彰式にて写真の講評をして頂いた事や、多少のお話をさせて頂き写真を撮らせて頂き、山男とは思えぬ、なかなか粋でダンディな大先生であった事を思い出します。田部井さんを...

  2. 秋山シーズ到来!北アルプスの稜線へ (鹿島槍ヶ岳2) - Photolog

    秋山シーズ到来!北アルプスの稜線へ (鹿島槍ヶ岳2)

    鹿島槍ヶ岳南峰山頂でのいつもの望遠レンズ撮影です。それにしても剱岳バックのパイセンの写真はカッコ良過ぎるんじゃないでしょうか。自画自賛の惚れ惚れする構図であります!他の登山客がたくさんいる中での長玉撮影ですので、一瞬のシャッターチャンスも逃せませんでした。パイセン、年賀状に使うんじゃなかろうか。日の出時より時間も経ち、水蒸気も上がってきてしまっているので、富士山なんかの遠くの山々は大分霞んで...

  3. 唐松岳、五竜岳縦走2日目その3五竜岳 - アサクフカク

    唐松岳、五竜岳縦走2日目その3五竜岳

    鹿島槍ヶ岳に伸びる稜線が見えた。ここを歩く日は来るのだろうか。五竜岳標高2,814m日本百名山八峰キレットが危険なのは知っているので、鹿島槍ヶ岳からのルートはやめて今回のプランにしている。五竜山荘に着いてまずしたことは食事、きのこうどんしかないですがと言われたけど十分です。それがいいです♪食事後テント設営、五竜岳山頂を目指す。危険箇所の距離は少ないけど牛首よりアスレチック的な印象だった。五竜...

  4. 秋山シーズ到来!北アルプスの稜線へ (鹿島槍ヶ岳1)  #登山  #山  #鹿島槍ヶ岳 #北アルプス #日本百名山 - Photolog

    秋山シーズ到来!北アルプスの稜線へ (鹿島槍ヶ岳1) ...

    4時45分に冷池山荘を出発して約2時間、ついに鹿島槍ヶ岳南峰(2,889m)に登頂を果たした。日本百名山としてはヤマレコを書きはじめて32座目だ。山頂に滞在したのは45分ほど。何をしていたか?まずは360度どこを撮っても絵になる峰々。標準レンズや望遠レンズで、お決まりの撮影大会。いつもの事だが、景色が美し過ぎて何度も何度も同じような写真を撮りまくるのだ。ひとしきり周囲の景色を撮影して、気が済...

  5. 【11/9、13】ケーブルカーで楽々山頂へ!日本百名山「筑波山」山頂から望む絶景紅葉&日本三名園「偕楽園」の紅葉ライトアップ観賞ツアー - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    【11/9、13】ケーブルカーで楽々山頂へ!日本百名山...

    【11/9、13】ケーブルカーで楽々山頂へ!日本百名山「筑波山」山頂から望む絶景紅葉&日本三名園「偕楽園」の紅葉ライトアップ観賞ツアーまもなく開催決定!筑波神社そばのケーブルカー「宮脇駅」周辺の紅葉も大変綺麗で、観光で訪れる方を楽しませています

  6. 北海道11日目-2羊蹄山下山 - アサクフカク

    北海道11日目-2羊蹄山下山

    雲の中から山頂が現れた。羊蹄山、登頂♪山頂で写真を撮っていると、見たことある人が。礼文で隣にテントを張っていて8時間コースも途中まで一緒だった方だ!こんな偶然なかなかない。一緒に昼食を取り、お鉢めぐりをした。その時の話題は礼文の8時間コースしんどかったですよね!だった笑以前の山小屋跡が残っていた。遺跡のよう。山の西側は比較的雲が少なく下界が見渡せた。雲海だ。右の山はニセコアンヌプリか?下山後...

  7. 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳 2018/08/26~27[2日目] - happiness

    爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳 2018/08/26~27[2日目]

    [1日目 前編][1日目 後編]2日目の朝~この日は雨予報ではないけど怪しい天気ご来光見れればイイネとヘッ電付けて出発テント場を過ぎ月明かりも当てにならない^^;ようやく目が慣れてきた頃布引山(2683m)ガスってます^^;たまにガスの合間から見える景色Tちゃん黙々と登るこのままガスが消えてくれたらいいのに...山頂まであと一息!鹿島槍ヶ岳(2889m)三角点いただきました(^-^)vしかし...

  8. 北海道11日目-1羊蹄山登山 - アサクフカク

    北海道11日目-1羊蹄山登山

    雲の中の登山は雨さえ降らなければこれはこれでなかなかよい。後方羊蹄山標高1,898m日本百名山単独峰できれいな富士山型の山ツーリングできたときも印象深い山だった。雲の多い中、登山開始。半月湖から登った。過去の台風の影響か倒木がとても多い。それが登山道を塞いでいるので下をくぐったり乗り越えたりして進む。雲に包まれた登山の楽しみは花。それとこの合目標識。羊蹄山はひたすら急登を登るからなおさら。山...

  9. 北海道10日目-2旭岳下山 - アサクフカク

    北海道10日目-2旭岳下山

    風に背を向けて眺めを楽しんだ。展望を楽しんだら下山開始。小学生の集団が登ってきた。がんばれ〜♪ここにもコマクサあるんだな。ゴンドラに乗って下山。旭岳だけだったら比較的楽に登山ができる。旭岳の登山ログ。11日目につづく

  10. 北海道10日目-1旭岳登山 - アサクフカク

    北海道10日目-1旭岳登山

    旭岳、少しだけだけど、貴重な晴れ間を楽しませてもらった。雲がどんどん広がってくる。登頂するまで待ってほしい。金庫岩、転がり落ちそう。間に合わなかったか。真っ白な山頂到着。間に合わなかったと思ったけど、待っていると雲がなくなる時がある。なんとか山頂からの展望を楽しむことができた♪どんどん山頂は人が増えてくる。風はかなり強い。つづく

  11. 北海道6日目-2利尻富士下山 - アサクフカク

    北海道6日目-2利尻富士下山

    雲の中を散歩してきた。展望はない。けど、花が楽しませてくれた。このあたりは一面の花畑なんだろう。左上、山頂だ!利尻山登頂♪一緒に登ってきた男性が日本百名山登頂の幕を広げ、歓声と拍手が起こる。写真を撮ってくださいと俺が頼まれバシバシ撮る。以前、どこかの登山道でこの山が百名山最後という人にあったことはあったけど、山頂登頂に立ち会ったのは初めて。どこかテレビの中の出来事のようだった。大変、大変と言...

  12. 北海道6日目-1利尻富士登山 - アサクフカク

    北海道6日目-1利尻富士登山

    こんなに沢山の種類が咲いている山に登ったことはあったかな?利尻岳のコースタイムは9時間を超える。俺の足で無理せず登るのなら12時間みたほうがいい。早朝4時に登山開始した。甘露名水。あまりにも有名な湧き水。利尻島には熊、蛇、鹿、狐がいない。猛獣のことは気にしないで登山ができる。とにかく花はたくさん咲いていて、足が前に進まない。フェリー到着した鴛泊港。いいながめ♪うひゃ〜山頂方面は雲の中。6合目...

  13. 久住山3 - HIROのフォトアルバム

    久住山3

    久住山登頂後、東側にそびえる稲星山1774m、九重連峰最高峰中岳1791m、天狗ノ城1780mを目指します。久住山山頂では雲一つ無い快晴でしたが、大きな雲が流れ込みマンダーラになってしまいました。ブラタモリを見ていたら硫黄ガスが噴出しているところは高木が育たないとのことでした。ですから標高2000m弱の九重連峰が低木に覆われ視界が開けている理由が分かりました。今度はミヤマキリシマが山一面咲い...

  14. 久住山2 - HIROのフォトアルバム

    久住山2

    牧ノ戸峠登山口から約2時間半で九重山群の一座久住山に登頂。360°パノラマで素晴らしい光景でした。久住山頂上からの光景をご覧下さい

  15. 久住山1 - HIROのフォトアルバム

    久住山1

    本来は日本百名山登山が目的の九州遠征でしたが、訳ありで毎日鉄活動に明け暮れていました。それはそれで楽しかったのですが、せっかく九州に来たのですから一座位は登りたくなり、1日相棒と別れ私一人で日本百名山の一座である久住山に日帰りで登ってきました。阿蘇山大観望からの眺望も素晴らしかったのですが、九重連峰の荒涼とした風景は火山の国九州ならではの素晴らしい絶景でした。標高2000m弱の山々で樹木もな...

  16. 羊蹄山の昼と夜(真狩村) - 北海道photo一撮り旅

    羊蹄山の昼と夜(真狩村)

    日本百名山の「羊蹄山」標高は1898m、独立峰ゆえ山麓から見上げれば、2千mは有ろうかと思うような美しい山ですね~「深田久弥」が日本百名山を選定した際の基準の一つに「山の品格」があります、羊蹄山は蝦夷富士とも称されていますから「品格」のおいては申し分がありませんね~今日の画像は真狩村から昼夜の羊蹄山です。にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気に入って頂けた写真文章などがお...

  17. 武尊山後編 - アサクフカク

    武尊山後編

    三角点というわけで武尊山登頂♪めしめし〜山頂でカップラーメンこの日は風が強かったお次は剣ヶ峰を目指す下の雪渓を横断していくまじかよ桜咲いてる風が強く帽子が飛ばされそうになったのでしまう雲はどんどん上がってくる遠くの山々もあと数時間で雲に覆われるだろうなかなか気持ちいい稜線歩き白いイワカガミだ剣ヶ峰に近づいてきたいつもは先にダメになる右足が頼もしい剣ヶ峰登頂♪乗ってるぬいぐるみは俺のじゃなく標...

  18. 武尊山前編 - アサクフカク

    武尊山前編

    武尊山標高2,158m日本百名山、新・花の百名山煙などはもちろん出ていないが成層火山というらしいあまり人気がないのか、谷川岳が人気すぎるのか、登山者を比較すると同じ平日なのに1/10くらいに感じられた前日、谷川岳を登り温泉に入り夕食を食べ、武尊神社駐車場で車中泊の準備に入ったときに左膝がかなり痛いことに気がついたかなりの痛さで武尊山登山を諦めようと思うほど膝がどうなっているか慎重にチェックす...

  19. 谷川岳後編 - アサクフカク

    谷川岳後編

    雪渓を越えしばらく歩くと谷川岳トマの耳到着やっほー♪振り返って歩いてきた稜線お次は谷川岳最高所オキの耳を目指す崖下の雪渓に足跡がまさか人じゃないよな?振り返ってトマの耳あんなに切れ落ちてるんだな谷川岳最高所オキの耳登頂うひょ〜♪360度絶景のパノラマオキの耳山頂から少し先に歩いた人のいない場所で昼食にしたこんな景色を見ながらのカップラーメンは死ぬほどうまい山と俺♪カメラとあまりにも離れすぎた...

  20. 谷川岳前編 - アサクフカク

    谷川岳前編

    谷川岳標高1,977m日本百名山オキの耳、トマの耳とふたつの山頂を持つ双耳峰ひとつの山として死者約800人は日本一どころか世界一とはいえ、そのほとんどが岩稜帯ルートでのことらしく、ゴンドラを使うルートは危険箇所は少ない今回はそのゴンドラを使うルートで登る6時位に起床いつもより遅いのは平日ゴンドラが動き出すのが8時からだから車中泊したのはベースプラザ駐車場一階部分のみ前日から開放されていてトイ...

総件数:132 件

似ているタグ