日本語教師・通訳・翻訳のタグまとめ

日本語教師・通訳・翻訳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本語教師・通訳・翻訳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本語教師・通訳・翻訳」タグの記事(24)

  1. ハンバーガー フライド・ポテトがほしい晩 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    ハンバーガー フライド・ポテトがほしい晩

     夫がピザが大好きで、外食というと、たいていはピザのおいしい店に行くことになります。最近は、ピザだけではなく、他の料理もおいしく食べられそうな店を、いろいろ探して試しているのですが、昨晩は、行きつけのピザ屋の一つ、マジョーネ市のイ・チェント・パッシ(I Cento Passi)に行きました。I Cento Passi - Officina di Pizza, Magione (PG) 16...

  2. 懐メロで日本語学習、男の子女の子 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    懐メロで日本語学習、男の子女の子

     男の人、男の子といったイタリア語とはかなり異なる日本語の表現を覚えるのが大変そうだったので、ホワイトボードに絵を添えて説明したあとで、休み時間に、YouTubeで懐かしのあの曲を探し出しました。 幼い頃に親がテレビで見ているのを聞いて知っている歌なのですが、冒頭部だけは覚えているつもりでした。けれども、「ぼくたち男の子」で始まるものと思い込んでいたのに、そうではなく、歌を探そうとして始めて...

  3. 憂鬱も風邪も飛んでけ鬼は外、イタリアで日本語学習 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    憂鬱も風邪も飛んでけ鬼は外、イタリアで日本語学習

     イタリアでは年明けから風邪やインフルエンザがはやっていて、家族でも学校の同僚や生徒でも、いつでもだれかしらが症状に苦しむ状況が続いています。幸い、今のところは、わたしも日本語の生徒も元気なのですが、今朝は、隣の教室のポーランド語の生徒はインフルエンザに苦しみ、別の生徒は、「月曜の憂鬱」に苦い顔をしていました。 意識して、何かの動作をしたり、声に出して言ってみたりすれば、心身に大きな影響を与...

  4. 思い出の雪景色 今年は降るか、イタリア ペルージャ - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    思い出の雪景色 今年は降るか、イタリア ペルージャ

     6年前、2012年の2月、ウンブリアでは厳しい寒さに襲われて、雪が降り積もり、トラジメーノ湖も凍りました。今年は降雨量が少なく、雪が積もらず、降ってもわずかだったり、昨日のようにどしゃぶりだったりするために、地面が潤わないと、義父や夫が心配しています。 湖が凍り、ペルージャに雪が降り積もったのが、何年前だったかは、自分の記憶をたどるだけでは、不確かなのですが、幸いフェイスブックが、時々昔の...

  5. ハートがうれしい朝一番 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    ハートがうれしい朝一番

     昨日は朝8時から授業があったので、駐車場確保のために、7時半頃に学校に到着し、教室にカバンを置いて、すぐバールに向かいました。朝食にと、バールでコーヒーに注いでくれた泡いっぱいのミルクが、きれいなハートを描いていて、朝から何だかうれしくなりました。 フランス語やスペイン語、ソマリ語を教える同僚たち、他の言語の生徒たちや学校の職員たちとのおしゃべりが楽しいので、校内のバールに行くのが楽しみで...

  6. おっと日本語、おとうと・おっと・おとうさん - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    おっと日本語、おとうと・おっと・おとうさん

     昨日の授業中、教科書に出てきた「おとうと」を、生徒さんが「おっと」と勘違いし、さらに、「あね」と「あに」の混乱もありました。家族を表す言葉が、ずいぶん久しぶりに、授業に登場したからでもあります。「奥さん」や「妻」、「お子さん」や「子供」は、授業中の会話や宿題の作文でよく使うため、間違えないのですが、自分自身の家族にいない「おとうと」や「あね」、「あに」は、久しぶりに見たので、忘れていたので...

  7. 聖なる森の冬の山、イタリア ラヴェルナ - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    聖なる森の冬の山、イタリア ラヴェルナ

     今日は久しぶりにペンナ山の頂まで登りました。アッシジの聖フランチェスコが聖痕を受けたとされるラヴェルナには、聖人の死後、修道院が建てられ、かつて聖フランチェスコが瞑想や祈りに時を過ごしたであろうラヴェルナの岩山は、聖なる森とも呼ばれるカゼンティーノ国立自然公園の広大な森の東南の端にそびえています。Monte Penna, Chiusi della Verna (AR) 27/1/2018...

  8. 入ってもいいですか、イタリアで日本語教育 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    入ってもいいですか、イタリアで日本語教育

     昨日の授業では、「…てもいいですか。」と、許可を求める表現を学習しました。教科書『まるごと』に、「はい、どうぞ。…てください。」と答える会話もあり、生徒さんが、「あける・しめる・つける・けす」などの語句を覚えるのに苦労していました。 また、Hが表記されていても発音されないイタリア語を母語とするイタリア人学習者には、ただでさえハ行で始まる言葉が聞き取りにくく、記憶もしづらいというのに、『まる...

  9. 楽しくおいしい昼ごはん、イタリア ペルージャ - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    楽しくおいしい昼ごはん、イタリア ペルージャ

     昨日、大噴水のブロンズ像の色が変わっているのに気づいたのは、いっしょに長い間日本語を教えた同僚でもあり友達でもあるりえさんと、久しぶりに会って、大噴水近くのレストランで、昼食を共にしたからです。Al Ristorante il Cantinone, Perugia 22/1/2018 食事もおいしく、おしゃべりもはずみ、とてもうれしかったです。機をとらえて、りえさんといっしょの写真を撮っ...

  10. 三日坊主とどこでもドア、イタリアで日本語教育 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    三日坊主とどこでもドア、イタリアで日本語教育

     今日の日本語の授業では、期間を表す「3日(間)」という表現を教えたついでに、ホワイトボードに坊主の絵をかいて、「三日坊主」という慣用句も説明しました。「ぼうず」という日本語の言葉は、bonzoと音を変えて、イタリア語に外来語として入っているため、すでに、冷房や暖房という言葉を説明したときに、言及しています。イタリアでも、カトリック教の修道士は、修道院内に、各自小さい部屋(cella)をあて...

  11. 終止形意外と難し日本語学習、イタリア - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    終止形意外と難し日本語学習、イタリア

     脳が言語学習において、文法事項を学習する順序にも、言語や学習者に関わらず、普遍的な順序があると言われています。たとえば、主語や述語が一つずつである単文構造がきちんと習得できてはじめて、主文の主語の中に、さらに主語と述語が存在する複文が理解できるようになるというのも、そういう普遍的な学習順序の一例です。 ですから、「わたしはピザを食べるのが好きです。」という1文は、複文構造が難しい上に、「動...

  12. 日本語の形容詞実は難しい、ただいま授業の準備中 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    日本語の形容詞実は難しい、ただいま授業の準備中

     日本語と中国語は、言語類型的に、イタリア語から最も隔たった言語である。 イタリア語教育研究の論文や本では、こうした記述にしばしば出くわします。そうして、こうした記述の後には、ほぼ間違いなく、「そうした言語類型、語彙や文法体系、音韻体系などの大きな違いのために、日本人と中国人の学習者にとっては、イタリア語学習が他言語の母語話者に比べて難しい。」という考察が続きます。 これは裏を返せば、イタリ...

  13. クリスマス祝い・休みも今日限り、イタリア - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    クリスマス祝い・休みも今日限り、イタリア

     長い旅の末に、東方の三博士がようやく幼子イエスに面会を果たして、貢物を贈ったとされる1月6日の主顕節(Epifania)をもって、例年は、イタリア各地で催されているクリスマスの催しやイルミネーション、飾りつけが終了し、学校の冬休みも終わります。今年はその翌日、1月7日が日曜日なので、お祭りや休みの期間が今日までとなっている市町村や学校が多いことと思います。Presepi in mostra...

  14. 語学力も夢の実現も1日にしてならず、日本語授業のある日の板書から - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    語学力も夢の実現も1日にしてならず、日本語授業のある日...

     2018年に入って、早くも4日が過ぎようとしています。勤めている学校での日本語の授業が再開するのは、来週月曜日ですが、個人授業の今年最初の授業は、明日あります。 こちらは、ある日の授業の板書で、この日は、ことわざ(proverbio)の「ローマは1日にして成らず」にも、言及しました。 かつて高校で教えていた頃、確か初任校の離任式で、ある先輩の先生が言われた言葉が、今も心に残っています。「努...

  15. 2度びっくりのYMCA、イタリアテレビと英語原曲 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    2度びっくりのYMCA、イタリアテレビと英語原曲

     しばらく前の話ですが、確か義父母宅でついていたテレビで、英語でYMCAの歌を歌っているグループがいるのを見て、驚きました。西城秀樹の「YOUNG MAN (Y.M.C.A)」の歌が流行した頃、わたしは小学校の高学年でした。親が見ていた歌謡番組でいっしょに見た記憶はあり、「すばらしいYMCA」というサビの部分や、西城秀樹がYMCAと言いながら、口にするアルファベット文字を両腕を使って形作って...

  16. ヴァッザーリと言われても、イタリアで日本語 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    ヴァッザーリと言われても、イタリアで日本語

     数の表現は、日本語よりも英語やイタリア語の方が、習得がずっと楽です。There are two students. / I bought two books. / My dad gave me two pens.Ci sono due studenti. / Ho comprato due libri. / Mio padre mi ha dato due penne.学生が二人います。 ...

  17. 夕日・朝日・朝の月と日本語学習、時の表現と歌と折り紙 - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    夕日・朝日・朝の月と日本語学習、時の表現と歌と折り紙

     夏至に向かって、日の出は少しずつ遅く、日の入りは少しずつ早くなっています。特別な時間割変更がなければ、わたしは、月曜・水曜・金曜は、朝8時からの授業を担当しているため、7時半過ぎに学校に到着し、火曜・木曜は夕方4時半まで授業をしています。今日はペルージャの日の出は7時25分、日の入りは4時35分とのことですが、Tramonto a Perugia 5/12/2017 16:33ペルージ...

  18. 日本語新聞、イタリアの大学生の作文から - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia

    日本語新聞、イタリアの大学生の作文から

     生徒が、時刻表現や、日常生活におけるさまざまな行動を表す動詞を学び、日々の暮らしを日本語で言ったり書いたりできるようになってきたとき、わたしが毎回使っているとっておきの秘密兵器があります。 以前、ペルージャ外国人大学の学士号取得課程で、数年間日本語・日本文学の授業を契約講師として担当していたときに、当時の学生たちが宿題として書いた作文の中から、内容ができるだけ重複しないように、文を選んで...

  19. 日本語の否定はやたら難しい、イタリア語はnonつけるだけ - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia Umbria

    日本語の否定はやたら難しい、イタリア語はnonつけるだけ

     文法的にやっかいな点が多いイタリア語も、肯定文から否定文を作るのは、英語やフランス語に比べてもかなり楽で、原則的には、否定を表すnonをつけるだけです。 ですから、Carlo è insegnante. カルロは教師です。Marco è alto. マルコは背が高いです。Il treno è comodo. 電車は便利です。Sara canta. サーラが歌います。と...

  20. ごはん日本語・イタリア語、文化を映す言葉たち - イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia Umbria

    ごはん日本語・イタリア語、文化を映す言葉たち

     今日は日本語の授業で、教科書に出てきた「ごはん」という言葉を覚えるのに、生徒さんが苦労していたので、「ごはん」という言葉について、日本文化における米の大切さに言及しながら、説明してみました。 イタリア語では、ごはんは、調理前の「米」であろうと、米を炊いたものであろうと、米が実る植物、「稲」であろうと、すべて「riso」という同じ単語を使います。一方、主食が米である日本では、植物は「いね」、...

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ