日本遺産のタグまとめ

日本遺産」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本遺産に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本遺産」タグの記事(22)

  1. 会津左下り観音堂 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    会津左下り観音堂

    息子が夏休みで帰って来ていたので、会津三十三観音巡りをしてきました。ここは、『左下り観音堂』です。福島県会津地方の三十三観音堂は、『福満虚空尊圓蔵寺の柳津観音堂』と『観音沼の嶽観音堂』に行きましたが、今回は6ヶ所の観音堂をまわりました。【会津三十三観音】と【御蔵入三十三観音】があり、番外も入れると69ヶ所もあります。日本遺産に指定されています。道路沿いの駐車場からさらに山道を登って第二駐車場...

  2. 神戸から、北前船寄港地「兵庫津」日本遺産認定 - 新書道  ~Misuzu-ism~

    神戸から、北前船寄港地「兵庫津」日本遺産認定

    日本全国、凄まじい暑さの日々、、、神戸も強烈な、信じられない太陽が、ギラギラ新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。blogも日常に追われたり、グズグズしてたりで、すっかり遠のいてしまった~"(-""-)"なんで日本にいるとこんなに皆が慌ただしく忙しいのかと思っちゃうのよね~情報量、音が多すぎて、疲れませんか?私は、たま~に、TVはばかばかしいし、最近の音...

  3. 観音沼森林公園 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    観音沼森林公園

    以前から一度行ってみたかった観音沼、場所を調べていたら意外と遠い。うちからだと、白河からと那須からと塩原経由で行く3つのコースがあります。一番近そうなのは那須経由なのでそのコースで旦那さんに連れていってもらいました。でも那須の山越えコースは、とても疲れます。次回は遠回りでも白河から行く方がよさそうです。左回りに観音沼を1周しました。紫陽花がまだ、咲いていました。紫陽花の群生している場所からは...

  4. 松が峰教会の窓 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    松が峰教会の窓

    若山農場のあと、宇都宮の街中を歩いてみたいという友人のリクエストもあり、それなら松が峰教会はと紹介したら、行ってみたいということで、オリオン通りをブラブラしながら松が峰教会へ。私は2度目の訪問です。前回友人夫婦が訪問してくれたとき、大谷石資料館にも一緒に行っているので、宇都宮と大谷石が関連づけて覚えてもらえたようです。前回はスマホしか持っていなかったのですが、今回はしっかり一眼レフで撮りまし...

  5. 福満虚空尊圓蔵寺 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    福満虚空尊圓蔵寺

    4月29日、喜多方から会津柳津の圓蔵寺に行きました。柳津には斎藤清美術館を訪れた時や会津三島町の工人まつりに行くときなどによく通っていました。福満虚空尊圓蔵寺はその時から気になっていたので、今回行ってみました。桜は終わっていました。この山門を上がると本堂(菊光堂)が見えてきます。圓蔵寺は、“会津の三十三観音めぐり~巡礼を通して観た往時の会津の文化~”の日本遺産の1つです。創建は平安時代(80...

  6. 揉めなければ良いのですが・・・ - LUZの熊野古道案内

    揉めなければ良いのですが・・・

    「百舌鳥古市古墳群」が世界文化遺産に指定されますね。本当に性懲りも無く申請するんですね。文化遺産・自然遺産などで今度が22番目かな?以前に見送りになった「鎌倉」などを含め、まだ8カ所がリストアップされているんだそうです。リストに入っていなくても、当然のように「四国八十八箇所霊場と遍路道」は世界遺産登録推進協議会が運動を続けています。「西国33カ所霊場巡り」「西国33カ所」「会津33観音」「出...

  7. 静沼 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    静沼

    乃木神社の裏手にある『静子林』を抜けると、乃木別邸と静沼があります。桜の名所ですが、人は少ないです。この一帯は乃木公園で、お散歩している人がちらほらいました。桜吹雪が沼に散っていました。鯉やカモも花筏に近づいてきます。桜や椿もきれいな場所です。乃木別邸、以前は内部公開もしていたようですが、今はやっていないのか、いつ行っても閉まっています。別邸の桜を見上げたら、空がきれい‼️今日から令和ですね...

  8. カトリック松が峰教会 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    カトリック松が峰教会

    昨年暮れに宇都宮に出かけた時に、松が峰教会に行ってみました。宇都宮の街中で、大通りからすぐの場所にありました。松が峰教会は1888年創立しましたが、1945年空襲で罹災し1947年に再建されたそうです。丸いアーチ、窓の半円アーチなどのロマネスク・リヴァイヴァル建築様式の大谷石の聖堂です。クリスマスも終わり、静かな教会です。誰もいません。カトリック松が峰教会は、1998年に登録有形文化財に、2...

  9. 松方別邸 萬歳閣 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    松方別邸 萬歳閣

    千本松牧場の秋を探しての散歩の続きです。松方別邸の周りもきれいに紅葉していました。松方別邸は、今年5月に認定された日本遺産『明治貴族が描いた未來~那須野が原開拓浪漫譚~』で、文化財の明治の館(旧青木別邸、乃木別邸、山縣別邸、大山別邸)の1つです。千本松牧場の奥の方にあり、ここまで来る観光客は少なく静かです。

  10. 旧青木家那須別邸 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    旧青木家那須別邸

    旧青木家那須別邸に行ってきました。道の駅『明治の森黒磯』に隣接してあります。邸宅を望むハンナガーデンにはコスモスが見頃です。正面玄関に伸びる杉並木は、青木周蔵子爵が植えたものだそうです。ここを馬車で走る様子が目に浮かびます。当時の面影を残した場所です。市の広報で、日本遺産認定と明治150年を記念して、いつもは非公開の小屋裏(屋根裏)部屋の特別公開のことを見つけて行って来ました。土日の10時と...

  11. 大谷資料館 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    大谷資料館

    先週の三連休に宇都宮にある『大谷資料館』に行きました。ここは、大谷石採石場跡で、巨大な地下空間になっています。1979年に資料館としてオープンして、最近ではドラマ、映画やプロモーションビデオの撮影などで有名になり、観光地になっていました。1919年(大正8)~1986年(昭和61)の間、採石が行われ、天井が崩れないように、大きな柱を残して掘られています。戦時中は、陸軍の地下倉庫や戦闘機疾風の...

  12.  コラムリレー(第110回)福山波止場~北前船寄港地松前を支えた港湾施設~ - 道南ブロック博物館施設等連絡協議会ブログ

    コラムリレー(第110回)福山波止場~北前船寄港地松...

    松前町郷土資料館の佐藤です。 平成29年に、松前町を含む全国11市町が、日本遺産「荒波を越えた男たちが紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」に認定され、1周年を迎えました。さらに平成30年度は、27市町が追加されて3市町での認定となりました。そこで今回は、北前船が寄港した港湾施設「福山波止場」をご紹介します。 松前の福山城下町は、北が山にもたれ、南は津軽海峡に面し、海岸段丘にはりくつように...

  13. 日本遺産第1号の旧閑谷学校 - つれづれ日記

    日本遺産第1号の旧閑谷学校

    特別史跡旧閑谷学校(備前市)は「近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-」として日本最古の学校「足利学校」(栃木県)日本最大規模の私塾「咸宜園」(大分県)日本最大規模の藩校「弘道館」(茨城県)とともに構成文化財として日本遺産第1号に認定されました。今年は同じ備前市内で新たに備前焼が「きっと恋する六古窯-日本生まれ日本育ちのやきもの産地-」越前焼(福井県)、瀬戸焼(愛知県)、常滑焼(愛知県)...

  14. 日本遺産絶景の宝庫和歌の浦海辺のコース は中止します。 - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    日本遺産絶景の宝庫和歌の浦海辺のコース は中止します。

    本日、予定していた「日本遺産絶景の宝庫和歌の浦海辺のコース」は、台風接近による大雨で中止します。トンガの鼻自然クラブと名勝和歌の浦玉津島保存会の企画でしたが、また考えます。

  15. 日本遺産を歩く絶景の宝庫和歌の浦海辺のコース - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    日本遺産を歩く絶景の宝庫和歌の浦海辺のコース

    台風が来るかもしれません。数年前より、雨男です。

  16. 日本遺産絶景の宝庫和歌の浦4 - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    日本遺産絶景の宝庫和歌の浦4

    4.和歌の浦十景にみる、うたわれ絵になる絶景和歌浦十景は、干潟と玉津島を中心として、様々な方向からうたわれ絵になってきた和歌の浦の風景の広がりを教えてくれる。南の藤白坂を登れば、北には万葉集にうたわれた黒牛潟、和歌の浦、雑賀崎から、はるか淡路島・四国まで変化に富んだ絶景が広がる。万葉の時代にここで処刑された悲劇の皇子・有間皇子が最後に見たのは、紅葉に彩られた峠越しの和歌の浦の海であった。そし...

  17. 日本遺産絶景の宝庫和歌の浦3 - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    日本遺産絶景の宝庫和歌の浦3

    3.天下人や藩主もほれこんだ、和歌の浦の絶景中世末、豊臣秀吉は、紀州攻めの際に古来の景勝・和歌の浦を遊覧し、その名にちなんで北方の岡山に建てた城を和歌山城とし、その城下が和歌山とよばれるようになった。こうして「和歌」の名は、現在の県名にまで引きつがれ、和歌山の誇りとなっている。400 年前の江戸時代、徳川家康の十男頼宣が和歌山へ入国すると、和歌の浦の北西にそびえる権現山に父家康をまつる東照宮...

  18. 日本遺産絶景の宝庫和歌の浦2 - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    日本遺産絶景の宝庫和歌の浦2

    2.和歌の聖地 和歌の浦の誕生1300 年前の奈良時代、聖武天皇は、即位の年という特別な機会に、当時「若の浦」と記されたこの地を訪れた。遠くに名草山を望み、目の前で刻々と変化する干潟の広がりと、そのなかで沖に向かって連なる玉津島山のながめに感動し、この地の神・明光浦霊に祈りをささげ、そしてこの景色を末永く守るよう命じた。歌聖・山辺赤人の「若の浦に潮満ちくれば潟を無み 葦辺を指して鶴鳴き渡る」...

  19. 日本遺産絶景の宝庫和歌の浦 - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    日本遺産絶景の宝庫和歌の浦

    日本遺産絶景の宝庫和歌の浦のストーリーが和歌山市から広報されてます。1.芸術を育んだ絶景 和歌の浦和歌の浦は、和歌川の河口に広がる干潟を中心に、南は熊野古道の藤白坂から、西は紀伊水道に面する雑賀崎までの、和歌浦湾を取り巻く景勝の地である。万葉の時代にこの思わず持ち帰りたいほどの情景が和歌にうたわれ、和歌の神がまつられ、唯一無二の和歌の聖地となった。その情景が和歌と絵画に融合した和歌の浦十景は...

  20. 名勝和歌の浦の価値和歌の浦の美しさ - 名勝和歌の浦 玉津島保存会

    名勝和歌の浦の価値和歌の浦の美しさ

    和歌の浦の美しさは、どこにあるのだろうか。名勝指定は、自然的な名勝であるとともに人文的な名勝として、和歌の浦は評価された。保存管理計画書では、平成22年8月5日付で国名勝に指定された和歌の浦の指定基準は「二橋梁」「八砂嘴、海浜、島嶼」「十一展望地点」とされている。指定基準八は、自然の営みによって時を重ねながら類い希なる風致景観として結実した、砂嘴、海浜・干潟、島嶼(玉津島)などからなる自然的...

総件数:22 件

似ているタグ