日本のタグまとめ

日本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本」タグの記事(297)

  1. 植物的生活865 - Atelier Botanique COCA-Z

    植物的生活865

    ペニセツム ‘グリーンスパイク’ (Pennisetum alopecuroides 'Green Spike')コンギク (Aster microcephalus var. ovatus ’Hortensis’)(2017年11月7日大阪市BLEND INNにて)

  2. 「マイティ・ソー バトルロイヤル」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「マイティ・ソー バトルロイヤル」を観てきました

    昨日、「マイティ・ソー バトルロイヤル」を字幕版で観てきました。今回は前作を見返さずに観たので、所々「あれ?」と思うところはありましたが、概ね楽しむ事が出来ました。というか、コミカルな部分も多くむしろ観やすく、楽しい映画でした。ネタバレあります。そもそも、ロキって死んでたっけ? と覚えてませんでしたf(^_^;。そのロキとソーのコントのような掛け合いが結構楽しくて、激しいバトルと相まってファ...

  3. 植物的生活864 - Atelier Botanique COCA-Z

    植物的生活864

    11月の連休中は、二回目の追加植栽でタトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所さんの「園部の住居」へ。セイヨウミズキ 'ミッドウィンターファイヤー' (Cornus sanguinea 'Midwinter Fire')の色彩が美しい!昨冬のオレンジ色とは違って枝が今年は赤色ですが、サンゴミズキの暗い色彩とは違って華やかな明るい色味。今回の追加植栽では道路側の庭にシュラブガーデンを。昆虫が好きな...

  4. 宝物風入、鎌倉・円覚寺、建長寺にて - カマクラ ときどき イタリア

    宝物風入、鎌倉・円覚寺、建長寺にて

    一般の用語で言えば「虫干し」にあたるだろう。11月3日の文化の日の頃の、お天気がよく乾燥した気候を利用して、お寺さんがそれぞれ所蔵する文化財を表に出し、風を通す。それを風入(かぜいれ、かざいれ)と言うのだそう。もっともそれは、ここに限ったことで、同じような風習も、場所やお寺さんによって曝涼(ばくりょう)と呼ぶところもあるらしい。 建長寺では江戸時代からすでに行われていたともされるが、つい最近...

  5. ビンテージ甲州2017 勝沼 - アルさんのつまみ食い2

    ビンテージ甲州2017 勝沼

    ビンテージ甲州 2017 11/3(金)に日比谷で開催された山梨ヌーボー祭りで購入した大和葡萄酒の新酒価格は1600円(2016年より100円値上がり)アルコールは12度(2016年よりも1度高い)柑橘類の香りがあり、酸味、甘み、苦味の3つのトーンがタイトな一体感を持っており、コクがあってしっかりとした味わいいつも通りの濃いめの味わいで飲みごたえのある甲州だし、カブちゃんもおいしいと言ってい...

  6. 聖の青春 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    聖の青春

    ★★★★★★★★☆☆WOWOWで。文字通り命がけで将棋に打ち込む姿を描いた者。<ライバル>という言葉には敵だけではなく、友達という意味もあることを嫌味なく描いている。そういう話なのに、お涙ちょうだいの感動の嵐になっていないのが良い。

  7. 全力で楽しむだんじり祭り ~ Herbstfest 2017 - チーム名はファミリエ・ベア ~ハイジが記すクマ達との日々~

    全力で楽しむだんじり祭り ~ Herbstfest 2017

    10月14-15日は地元の秋祭り(だんじり祭り)です。去年はクマ太が風邪で熱もあったので15日にちょこっと参加しただけでしたが、今年は2日ともしっかり参加しました。14日は天気予報で数日前まで雨だったのが曇りに変わり、当日は予報に反して暑い程の快晴でした◎本来男性のお祭りなので私が子どもの頃は小だんじりに乗れるのは男の子だけでしたが、最近は子どもが少ないからか女の子も乗れるとのこと。だんじり...

  8. ピランデッロの「作者を探す六人の登場人物」、長塚圭史演出 - カマクラ ときどき イタリア

    ピランデッロの「作者を探す六人の登場人物」、長塚圭史演出

    「あなたはいったい誰?」舞台の上の人物たちが、現実と芝居と、役者と役柄との間をさまよい、あなたは、私はいったい誰なのか?何者なのか?と問いかける。ピランデッロの作品はいずれも、表と裏が、上と下とがいつのまにか入れ替わっているような、エッシャーのふしぎ絵を思い起こさせる。あなたの信じている真実は、果たして絶対的な真実なのだろうか?と。「作者を探す六人の登場人物(Sei personaggi i...

  9. 特別編 「デパ地下で食べる本格参鶏湯(サムゲタン)」 - 韓国食べ歩記(たべあるき)、晩から晩まで食べてばかり!!

    特別編 「デパ地下で食べる本格参鶏湯(サムゲタン)」

    横浜そごうの地下「純’s コッチン」の本格的美味しい参鶏湯(サムゲタン)をご紹介させていただきます。デパ地下で食べられる美味しい韓国料理、しかも本格的な韓国料理です。サムゲタンは韓国の有名滋養強壮料理で鶏のお腹にご飯や高麗人参などを詰めて煮込んだ料理です。新大久保あたりでは1羽でなく、半羽で2000円~2500円位する代物です。何より辛さは全くなく、韓国料理初心者の方でも食べられる物です。こ...

  10. 「対岸のヴェネツィア」、内田洋子・著 - カマクラ ときどき イタリア

    「対岸のヴェネツィア」、内田洋子・著

    ヴェネツィアに暮らすということ。それはたとえば若いうちに、何かを学ぶために、あるいは縁があって飛び込んでくるのと、年を重ねさまざまな経験を経て、終の住処ではないけれどまあ言ってみれば定年退職後をのんびり過ごしにくる。こういう人も実は結構いる。内田さんはそのどちらでもなく、イタリア中を知り尽くして、ミラノからサルデーニャから、船上生活をも経て「今だ!」とヴェネツィアに暮らし始める。これまでに何...

  11. 金沢から軽井沢へ - Chez-Nami

    金沢から軽井沢へ

    金沢で夫婦別行動した日の夜、、お昼が粗末だったワタシはそれなりに食べたくて会議と新幹線で1日の多くを過ごしたダンナさんでは食べたい欲が違い微妙なチョイス「金沢のB級グルメなどをいただいてみよう、、」とホテルから近い古民家を利用したお店へこれこれ、これが金沢名物の「ハントンライス」オムライスに揚げ物が乗っているって、、不思議な食べ物ですが、、金沢の人ってこれが好きなんですよね?こんなにボリュー...

  12. 一口ちょうだいな文化 - デンな生活

    一口ちょうだいな文化

    日本のニュースを読んでいるとなぜか『一口ちょうだい』と言う人が嫌って内容を目にしました。これって日本の文化(?)なのか、日本人に凄く多いですよね!!私も日本にいる時は違和感がなかったと思います。でも別々に頼んだ物に対して一口ちょうだいって話になった事があったかな?と思うと、母親以外記憶にないです。←私の母は何でも人の物が欲しいタイプ。私が抵抗ないと思うのはピザでした。だいたいは注文する時に最...

  13. 金沢 夫婦別行動 - Chez-Nami

    金沢 夫婦別行動

    金沢、、最初は4泊とダンナさんは考えていたようですが、、、急に「金沢5泊!」悪いんだけど1日東京でどうしても自分が出席しなくてはならない会議があるんだだから、、新幹線で東京往復してくるのでオクさんは自分で好きに1日過ごしていて おお、、会議が入ってしまったの、、それはしょうがない!1日自由に過ごしましょうまあね、海外でもよくダンナさんの出張について行って、昼間はダンナさんは仕事ワタシは自由に...

  14. ケンとカズ - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ケンとカズ

    ★★★★★★★★☆☆WOWOWで。若手監督の長編デビュー作。登場人物を少数に限っている低予算なのはよく分かるけれど、安っぽさはない。シンプルでストレートな脚本に主人公たちの設定が上手い。主演の2人に兄貴分のヤクザも存在感があって良い。今後が楽しみ。

  15. 特別編 「デパ地下で食べる本格的韓国料理」 - 韓国食べ歩記(たべあるき)、晩から晩まで食べてばかり!!

    特別編 「デパ地下で食べる本格的韓国料理」

    特別編として今回は日本のデパートの地下にある本格的韓国料理を紹介しましょう。横浜そごうの地下2Fの韓国総菜純’S コッチン韓国家庭料理です。総菜販売のお店なのですがイートインすることが出来ます。横浜そごう地下2Fの飲食売り場、いわゆるデパ地下の一角にあります。各種総菜が販売されていてこの総菜も美味しそうなんですが、ここで食べられる韓国家庭料理がとても美味しいです。ビビンパッ、プルコギ、冷麺、...

  16. 彼女がその名を知らない鳥 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    彼女がその名を知らない鳥

    ★★★★★★★★★☆MOVIX八尾で。ラスト、それまでの2人の関係を短いカットでつないでいったところが素晴らしい。それまでの時間は、その部分のためにあるようなもの。実際にあったこと、それまでの2人の歴史を示すだけだけれど目が離せない。前半は蒼井優の映画で、後半は阿部サダヲの映画。言葉は2人も善戦。特に蒼井優は良かった(阿部サダヲはちょっと惜しい)。ただ、大阪在住と思しき蒼井の姉が標準語なのは...

  17. 「ブレードランナー2049」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「ブレードランナー2049」を観てきました

    昨日、「ブレードランナー2049」を字幕版で観てきました。もちろん、前作はDVDでおさらい済みです。これは必須ですね。ネタバレあります。1982年の前作から実に35年もの時を経て続編を作るなんて、前作の公開当時誰も思いもしなかったことが実現されちゃったことに、まずは驚きます。当然、前作はおさらいしておくべき作品で、様々なバージョンでDVD化されているので、どれを観るべきか悩みましたが、まあ、...

  18. 新興宗教の衰退と発展 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    新興宗教の衰退と発展

    昨日仕入れた情報によると真如苑は少しずつ信者数を伸ばしているらしい。その裏では何が行われてるかだ?ほかの宗教をしていても同時に入信することができるらしい。そう考えると誰でもはいれることになる。悩みなどは1000円支払えば指導教師が聞いてくれるそうだ。ある意味では現代社会において疎外感や孤独感のあるようなことはうまく教団が隙間に入り信者を獲得したみたいだ。

  19. 初めての遊園地 ~Königreich des Spielzeugs~ - チーム名はファミリエ・ベア ~ハイジが記すクマ達との日々~

    初めての遊園地 ~Königreich des Spi...

    10月4日(水)クマ太が園のお友達から話を聞きずーっと行きたがっていた遊園地にやっと行くことができました。入ってすぐにブロックで作ったキャラクターがあちこちにあり、テーマパークに来たという感じで気分が上がりました↑折角なので記念撮影を♪丁度ステージでショーが始まるとのことで行ってみました。ステージのお姫様とお姉さんの指導通り踊るクマ太。平日だからか周りはまだ園に通っていないであろう小さな子ば...

  20. ロリアン 新酒 2016 アジロン - ポンポコ研究所(アジアのお酒)

    ロリアン 新酒 2016 アジロン

    あまり見かけないアジロン・ダック種のブドウを使った、「ロリアン新酒2016アジロン」ポン低アルコールで甘口、フルーティーなワインポン日本のワインらしく、ちと高め(1782円)ポンが、珍しい風味ポンで買って損はないポンコルクは凝集コルクポンが、2016の焼き印が入っているのがうれしいポン色は、透明感ありポン銘柄:ロリアン 新酒 2016 アジロン製造元:白百合醸造株式会社製造国:日本 山梨県甲...

21 - 40 / 総件数:297 件

似ているタグ