日本のタグまとめ

日本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本」タグの記事(293)

  1. デンマークの良いところ - 日差しが気持ちいい! -デンマーク-

    デンマークの良いところ

    デンマークに来て5年目に入った。デンマーク語のこととか、その他で色々落ち込んだり文句を言ったりしているけれど、でも、それ以上にデンマークに来て良かったと思うことがある。◎Copainと一緒に子供の世話が出来ていることCopainの仕事は特別なものではないけれど、朝6時~午後1,2時までの勤務時間なので帰宅は早いときで14時、少なくとも15時前になる。一緒に子供のお迎えが出来るし、夕飯もお風呂...

  2. 「キングスマン2」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「キングスマン2」を観てきました

    昨日、今年最初となる映画、「キングスマン ゴールデン・サークル」を字幕版で観てきました。一昨日はそれに先だって、「キングスマン」をGoogle Play でおさらい。昨年テレビを新しくしたら、リモコンに「Google Play」ボタンがあってちょー便利。それまで無縁だったネットでの映画のレンタルが、かなり身近なものになりました。クレカを登録したら、あっという間にリビングの大画面で映画が高画質...

  3. 「熊谷守一 生きるよろこび」展」@東京国立近代美術館 - カマクラ ときどき イタリア

    「熊谷守一 生きるよろこび」展」@東京国立近代美術館

    夭逝の芸術家というのもいる。だが、決して平坦ではない人生、苦労と困難に幾度となく立ち向かい、経験と試行錯誤を重ね、長寿を全うしたくさんの作品を残す芸術家もまた、存在する。美術学校で学び、写実的な肖像から始まり、闇の中の光を追求し、戦争や貧困、息子や娘の死という悲劇に向き合い、その中で自らのかたちを模索し続ける。「これぞ熊谷守一」というスタイルにたどりつくまでの作品は、それぞれ同じ画家の作品と...

  4. 駈け足の連休. - Phyto Bar

    駈け足の連休.

    【 1月6日/土曜日 : 食べ飲み日記 】『 VdT BOW! Blanc 2016 : Domaine Oyamada 』『 Cheverny La Gravotte 2014 : Clos du Tue-Boeuf 』*かぶのポタージュ*ラディバタ*スモークサーモン*どろぶた白カビサラミphyto bar

  5. あけましておめでとうございます。 - こころにごはん

    あけましておめでとうございます。

    今さらながら明けましておめでとうございます。とりあえず、毎年この時期には新年のご挨拶をしているのでカードだけでも門松は種から育てた松10年目日の出の絵は横山大観のレプリカその横の水仙は父の作品片眼のだるまは数年前から片眼のまま願いが叶ったら両目になるはずそして今年の年賀状今年は20年間続けてきた筆書きの言葉をやめて写真のみ名古屋港に帆船が来たときに撮影したものです。みなさんにとって、この一年...

  6. 鹿児島グルメ&呑んだくれツアー - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    鹿児島グルメ&呑んだくれツアー

    九州は美味しいものがたくさん!しかし全国ではまだまだ本当の美味しさが認知されていないことを鹿児島に行って知りました!福岡もグルメな街。しかし同じくらい、鹿児島も美味しい!鹿児島に行くまで鹿児島ラーメンなるものを知りませんでした。九州といえば博多でしょう、という程度で。しかし!実際には九州それぞれにラーメンがあり、福岡から鹿児島に移住し修行して出店したという人もいました。こちらがそのラーメン鹿...

  7. 0歳からのお友達 ~Freund aus Berlin / Zushi~ - チーム名はファミリエ・ベア ~ハイジが記すクマ達との日々~

    0歳からのお友達 ~Freund aus Berlin...

    先月のことですが、クマ太の0歳からのお友達でママは私の心の友というお友達家族がベルリンから逗子の実家に帰国中にはるばる私達の所まで会いに来てくれました。実は去年の春にも会いに来たいと言ってくれていたのだけれどタイミングが合わず、それなら蟹のシーズンにと仕切り直し12月に来てくれました。違ったお料理や雰囲気を楽しみたいと旅館は1泊ずつ違った旅館に。そしてみんなの体調が良かったのでうち1泊延泊し...

  8. 有隣堂、「キラキラ共和国」のカバーがかわいい - カマクラ ときどき イタリア

    有隣堂、「キラキラ共和国」のカバーがかわいい

    先日、横浜で有隣堂に立ち寄ったときのこと。伊勢佐木町モールという商店街のほぼ入り口にあるこの店舗は、横浜から主に神奈川一帯に展開する本屋さんの本店で、全体にだいぶ古びているのだが、子どもの頃から、ちょっと大きい本屋さんといえば有隣堂、という環境で育った身としては、その諸々がなつかしい。ぐるっと一通り見て、小川糸さんの「キラキラ共和国」を買おうとレジに持っていったところ、「当店オリジナルの専用...

  9. 2018年もどうぞよろしく。 - ハギスはお好き?

    2018年もどうぞよろしく。

    ぼーっとしていたら、もう1月7日。12月は1週目に仕事で日本、一度帰英してからまた15日からプライヴェートで帰省していたので、全くブログを更新する暇がありませんでした。2005年の12月に始めたブログ、なんだかんだ言って細々と続いているので、たまには覗きに来てくださいね。仕事で日本に行った際に日曜日の一番席でお友達と六本木のウニ専門店に行って来ました。ふふふ、楽しいおしゃべりとうにざんまい。...

  10. 2018年は『第九』日本初演から100年 - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    2018年は『第九』日本初演から100年

     年末にはきっと、日本各地で歌われ、演奏されていたであろうベートーベンの第九。日本では年末の風物詩なのに、アイルランドで第九をこの時耳にすることはほとんどないように思います。コンサートで一作品として演奏されたり、あともっとより頻繁に聞く時、それは欧州連合(EU)関連イベントででしょうか。第九の合唱部分(Ode to joy/歓喜の歌)は、欧州連合の連合歌! さて、そもそもなぜ日本で第九が定着...

  11. 2018年 明けましておめでとうございます - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2018年 明けましておめでとうございます

    明けましておめでとうございます。ザルツブルクはフェーン現象でプラスの気温!『プラス』10℃を超える日が多いようでビックリ。昨年はこの時期マイナス15~20℃近くまで下がっていたのに・・・。ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでは、モーツァルテウム音大で一緒だったチェロの直樹くんが話していて、非常に興味深いものでした。お母様にこの間久しぶりにお会いした記憶が・・・。2018年ザルツブルク音楽...

  12. 健やかに,穏やかに. - Phyto Bar

    健やかに,穏やかに.

    【 1月1日/月曜日 : 食べ飲み日記 】年越しは出来なかったけれど,元旦は迎えられた.新年そうそう忙しいけれど,何より健康でしあわせなこと.『 祝 Iwai Sparkling 2015 : Domaine Oyamada 』恒例となりつつある元旦の“祝”*新漬オリーブとからすみクリームチーズ【 CHAMBOLLE-MUSIGNY PREMIER CRU 1999: Domaine Com...

  13. 「シリーズ旅」のススメ - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    「シリーズ旅」のススメ

    みなさんはどうやって旅行先を決めていますか?見たいものがあって、してみたいことがあって、食べたいものがあって行くのに便利だから、いつも行くところだから勧められたから、連れられてなどなど、理由はさまざまでしょう。最近、”御朱印帳”を始め、神社や寺院をめぐるのが流行っているのはご存知でしょうか?パワースポットとかご利益という理由もありますが、けっこう日本人ってコレクション癖のある人が多いと思うん...

  14. 鎌倉からあの世へ、「DESTINY 鎌倉ものがたり」 - カマクラ ときどき イタリア

    鎌倉からあの世へ、「DESTINY 鎌倉ものがたり」

    地元・ご当地ものでなければ、劇場に足を運ぶことはなかったかもしれない。ファンタジー系は苦手、とまではいかないけれど(いやむしろ、いざ見るとものすごくハマることが多いのだけど)ふだんはやや警戒しているのと、あと原作の漫画にも正直あまり惹かれなかった(ごめんなさい)ので。そんな風に最初はちょっと引き気味で斜に構えて見ていた。しょっぱなはとくに、堺雅人演じる作家・一色正和と、そのわか~い奥ちゃま、...

  15. 2018年、戌年 元旦 - B面“糸始末な日々”The back of "Thread&Yarn Handing Days"

    2018年、戌年 元旦

    こちらは 遅ればせながらのあけまして おめでとうございます、です。ことし 2018年、あるいは平成30年は 戌年です。そう言われると、元旦にお参りに行ってもいままで 気づかなかった狛犬さんが 気になる自分が不思議。何度も お世話になっている、近くの神社・・・いらっしゃいました!(いままで、気づかないでいてごめんなさい。)あっ!んっ!威厳があるお顔が、なんだか、親しみを感じますね。そういえば、...

  16. 大家族で迎えたお正月 ~von dem Jahr 2017 zum Jahr 2018~ - チーム名はファミリエ・ベア ~ハイジが記すクマ達との日々~

    大家族で迎えたお正月 ~von dem Jahr 20...

    明けましておめでとうございます!皆さまに温かく見守って頂き昨年も無事に過ごすことができました。どうもありがとうございます♡皆さまお元気で良いお年を迎えられていることと思います。本年も何卒家族揃ってよろしくお願い致します。♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡大晦日は除夜の鐘をつきに行きたいならお昼寝をしないとと何度も言ったのに結局お昼寝がしたくなくて最終的には「鐘つきに行かない」と言い出した...

  17. 2018年初映画は・・・「Ryuichi Sakamoto : CODA」 - カマクラ ときどき イタリア

    2018年初映画は・・・「Ryuichi Sakamo...

    震災で津波をかぶったピアノを、坂本龍一氏が訪ねていく。そして官邸前での原発反対デモ。だが、ここではそれがテーマではない。だからだろうか、東日本震災のあと、坂本氏が直接、間接に行っている支援活動に関しては一切出てこない。音楽家として、作曲家としての坂本龍一氏の音作りの姿を淡々と追ったドキュメンタリー。映画音楽は他人から注文されて作る、だから音楽としては邪道だ、と坂本氏は言う。だが初の映画音楽作...

  18. 雲のむこう、約束の場所 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    雲のむこう、約束の場所

    ★★★★★★★☆☆☆WOWOWで。難しいお話。洗練されていないわけではないのだけれど、偏差値が高いというか。そういうわけで、とっつき難い。これをグッと分かりやすくしたのが「君の名は。」ということなんでしょうね。

  19. クワイ河に虹をかけた男 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    クワイ河に虹をかけた男

    ★★★★★★★★★★日本映画専門チャンネルで。「レイルウェイ 運命の旅路」で描かれた、元日本軍憲兵隊通訳の永瀬隆氏を追ったドキュメンタリー。瀬戸内海放送の製作で、17年ほどの期間に渡って密着している。知らなさ過ぎ、教えなさ過ぎなのだと思う。無かったこととまではしないものの、うやむやにして、何があったのか、誰が何をしたのかを後世に積極的に伝えようとしない。日本政府への謝罪を求めている日本軍捕虜...

  20. 探検隊の栄光 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    探検隊の栄光

    ★★★★★★☆☆☆☆WOWOWで。「川口浩探検隊」のようなものを撮ろうとしている撮影隊を取り上げたもの。題材が題材なだけに完全なコメディ。隊長である俳優役が藤原竜也。映画だと暑苦しいと感じる彼の演技だけれど、この映画にはピッタリ。バカバカしい映画だけれど、どこか憎めない。91分という上映時間もちょうど良い。

21 - 40 / 総件数:293 件

似ているタグ