日本のタグまとめ

日本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日本」タグの記事(39)

  1. 祇園四条 青空の鴨川  - 司法書士 行政書士の青空さんぽ

    祇園四条 青空の鴨川 

    京都ぶらり仕事でよく京都行くけど、いつも雨。先月も、出町柳の京都家庭裁判所に行ったけど、その時も雨。。。今回はプライベートで京都♪この日は、朝からお天気良かったので、京阪電車で京都へGO!京橋から、京阪電車の2階建特急に乗って、祇園四条へ。祇園四条 鴨川最高のお天気!!!青空撮るなら、やっぱ朝!四条大橋気持ちいい~!四条大橋からの眺めほんと、いい景色。やっぱ京都はいいなぁ~♪京都ぶらり、つづ...

  2. アルミのお弁当 葛飾町工場物語 - Chez-Nami

    アルミのお弁当 葛飾町工場物語

    年末、買い物しながらちょっと目についたお弁当箱なんだかワタシ世代には懐かしい弁当箱お仕事にお弁当を持って行っている娘自分でちまちまとお弁当に昨日の残り物(笑)を詰めて持って行って居ます新しいお弁当箱買ってあげよう!と自分の趣味のこのお弁当箱を購入昔はこのお弁当箱は保温庫に入れて温かいお弁当で食べられたものですが今はそんな保温庫なんてある所はほとんどないだろうなぁ、、ワタシの幼稚園の時にアルミ...

  3. 餅をつく - ラマがいない生活

    餅をつく

    海外に住む日本人は、一時帰国中が総理大臣並みに忙しい。洋服・消耗品・酒や食材の買い物、普段会えない親戚や友人との再会、美味しい和食のため食い、小旅行、ビザ切替などと重なるとさらにツマラナイ事務的な用事…。そうこうしているうちに、疲れたまま、あっという間に飛び立つ日になっている。今回の一時帰国は、さらなるイベントが待ち受けていた。リルケの祖父母宅で例年行われる、昔ながらのお餅つきである。去年の...

  4. 自家製ヴァニラエッセンスとシトラス氷 - ハギスはお好き?

    自家製ヴァニラエッセンスとシトラス氷

    2017年の八月までさかのぼって旅行記が溜まっていますが(^^;;ヴァニラの鞘を買ってかなりの年月が経ってしまい、カラカラに乾いたものが戸棚から発見されました。これはそのままお砂糖を入れた瓶なんかに突っ込んでも、お砂糖がヴァニラの香りになってオススメですが、うちはお砂糖ってあまり使わないので、ヴァニラのエッセンスを作ってみました。’作る’っていうほど大袈裟なプロセスじゃないです 笑。ヴァニラ...

  5. 2018年 明けましておめでとうございます - ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

    2018年 明けましておめでとうございます

    明けましておめでとうございます。ザルツブルクはフェーン現象でプラスの気温!『プラス』10℃を超える日が多いようでビックリ。昨年はこの時期マイナス15~20℃近くまで下がっていたのに・・・。ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでは、モーツァルテウム音大で一緒だったチェロの直樹くんが話していて、非常に興味深いものでした。お母様にこの間久しぶりにお会いした記憶が・・・。2018年ザルツブルク音楽...

  6. 今日はベーグルについて話したい - Da bin ich! -わたしはここにいます-

    今日はベーグルについて話したい

    念願のモントリオールベーグルを食べることができた。だから今日は、ベーグルについて一人思い巡らせたことを書こうと思う。私は世界を旅しながらできるだけ、いろんなパンを食べるようにしているが、その中でもベーグルは特別な存在。ユダヤ人のパンとして知られていて、もともと私がユダヤ文化に興味があることから始まったのだけれど見てみるといろんなところに、この”穴の空いた”パンが存在することを知った。穴の空い...

  7. つるつるくずきりでお肌もつるつる(・・・になるといいなあ) - カマクラ ときどき イタリア

    つるつるくずきりでお肌もつるつる(・・・になるといいなあ)

    銭洗弁財天、縁結びの十一面観音、出世開運の佐助稲荷、とぐるっとお参りして、さてそろそろお茶でも・・・という気分を見計らったかのように目の前に現れるのが、くずきりの「みのわ」さん。 いいお天気とはいえ真冬のこと、外を歩いてて手も足も冷えきっているし、今日は温かいおしるこかな・・・と思いつつお店に入ったけど、席について落ち着いてみると、ここはやはり「くずきり」で。氷水に沈んだくずきりをお箸ですく...

  8. 特別編 「デパ地下で食べる本格カルビチム」 - 韓国食べ歩記(たべあるき)、晩から晩まで食べてばかり!!

    特別編 「デパ地下で食べる本格カルビチム」

    デパ地下本格韓国料理 第3弾「 カルビチム 」横浜そごう地下韓国家庭料理「純’s コッチン」 (現在食べログ1位)のカルビチムを今回は紹介します。熱々のトゥッペギに豚バラの角煮になったカルビチム(カルビ煮込み)がゴロゴロ入っています。ごはん、キムチとセットになっています。とにかく熱々で美味しそうです!! 当然キムチはお替わり自由!豚バラ角煮がゴロゴロたくさん入っています。画像でお分かりのよう...

  9. 沖縄旅行3日目: 石垣島 - 桃太郎、世界のどこでも我が道を行く☆

    沖縄旅行3日目: 石垣島

    沖縄旅行の続きです。3日目は夜に飛行機で帰る日です。夜7時過ぎの便だったので、ホテルのバスに夕方5時に乗れば問題なし。特に予定もなかったので、ホテルで朝ご飯をゆっくり食べて、フサキビーチまで行ってみました。本当は川平湾まで行きたかったのですが、レンタカーしてなかったのと、川平湾の方のお天気が雨模様だったので、今回は川平湾は行かずにフェリー乗り場近くに戻ってぶらぶらしようということに。フェリー...

  10. 國盛 純米どぶろく - ポンポコ研究所(アジアのお酒)

    國盛 純米どぶろく

    中埜酒造株式会社のどぶろくポンアルコール度数14度は、清酒と変わらないくらいの高さポンどぶろくは、値段の高いものが多いポンが、この会社のものは、比較的お買い得になっているポン銘柄:國盛 純米どぶろく製造者:中埜酒造株式会社製造国:日本 愛知県原材料:米(国産)・米こうじ(国産米)精米歩合65%アルコール度数:14度

  11. ベルギー対日本(於:Bruges) - MutsuFotografia blog

    ベルギー対日本(於:Bruges)

    11月14日、国際親善試合、ベルギー対日本。

  12. 大阪のトタン豆バケツ - 雑貨店PiPPi

    大阪のトタン豆バケツ

    こんにちは。大阪の町工場で製造されているトタンの豆バケツ。来たる大掃除シーズンに向け再入荷しました。部屋から部屋への移動に便利なサイズで丸いフォルムが特徴です。50cmの柄が付いたパームブラシは日本製。手の届きにくい壁や床、手を触れたくない場所のお掃除にお役立て下さい。1980年に開催されたモスクワオリンピックのマスコットキャラクター、ミーシャのキーリング。残念なことに日本は不参加だったけど...

  13. 2018年は『第九』日本初演から100年 - エール備忘録 -Ireland かわら版-

    2018年は『第九』日本初演から100年

     年末にはきっと、日本各地で歌われ、演奏されていたであろうベートーベンの第九。日本では年末の風物詩なのに、アイルランドで第九をこの時耳にすることはほとんどないように思います。コンサートで一作品として演奏されたり、あともっとより頻繁に聞く時、それは欧州連合(EU)関連イベントででしょうか。第九の合唱部分(Ode to joy/歓喜の歌)は、欧州連合の連合歌! さて、そもそもなぜ日本で第九が定着...

  14. 駈け足の連休. - Phyto Bar

    駈け足の連休.

    【 1月6日/土曜日 : 食べ飲み日記 】『 VdT BOW! Blanc 2016 : Domaine Oyamada 』『 Cheverny La Gravotte 2014 : Clos du Tue-Boeuf 』*かぶのポタージュ*ラディバタ*スモークサーモン*どろぶた白カビサラミphyto bar

  15. ブックカバーを作りました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    ブックカバーを作りました

    先日久しぶりに文庫本を買ったら、年末にブックカバーのキットを買っておいたのを思い出し、早速作ることにしました。手芸ショップの手作り簡単シリーズの「たたんで返してBookカバー」。もちろん、ミニオン柄の生地です(^_^)v。説明書通りに生地をカットして、折りたたんで、ミシンが無いので手縫いでちくちく。そして裏返すと。。。。あれ? 左端がおかしいです。一瞬たたみ間違えたのかと思いましたが、端を更...

  16. 神保町 楽屋Liveありがとうございました! - 毎日スミ☆の日記

    神保町 楽屋Liveありがとうございました!

    2017年 Annとしてのライブはラストとなった神保町 楽屋でのLive。縁を繋げてくれた ふうこちゃんありがとう♡そしてこの日楽屋に来てくださった方々本当にありがとうございました!!小澤くるみちゃんOnlyblackとAnnの3マンライブ到着するとOnlyblackが位置決めを始めていたOnlyblack は大所帯のバンドになっていてボーカル ふうちゃん和太鼓 しーちゃん三味線 黒きちさん...

  17. 「過去の克服」と「戦争責任を明らかにすること」 - 御言葉をください2

    「過去の克服」と「戦争責任を明らかにすること」

    ドイツでは、戦後、「過去の克服」が言われ、日本では「戦争責任」のことが言われた。私は、ドイツのこの「過去の克服」という言葉をどれだけ前に聞いたのだろうか。それは耳慣れない言い方だった。そして、違和感を感じたのだった。しかし、今や、日本にとっても「過去の克服」が大事だったのだということに思い至らされてる。これは、もちろん、「戦後レジームからの脱却」とか「日本を取り戻す」こととは全く違うことであ...

  18. 新宿スワンII - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    新宿スワンII

    ★★★★★☆☆☆☆☆WOWOWで。前作をほとんど覚えていなかったのだけれど。でも、2時間ちょっと、それなりに楽しめました。ツッコミどころがたくさんあるので、ツッコミながらも魅力があるという。そういう楽しみ方。主要な登場人物たちが「俺たちはヤクザじゃない」と言うセリフがいくつかある。だからヤンキーものになるのでしょうけど、映画自体は昔ながらのヤクザものの影響が大きい。オーソドックスなヤクザ映画...

  19. 映画 藁の楯 - 森の森

    映画 藁の楯

    以前見た作品について。警察ものとしては良いのでは。所々展開は疑問だが。藤原竜也の悪役が良いと思う。

  20. 太宰治の辞書(文庫版) - 本を読みたいブログ

    太宰治の辞書(文庫版)

    北村薫(2017年)「太宰治の辞書」創元推理文庫 単行本を読んだときは、ただただ、読める幸せを感じた。 文庫版になり、改めてこのシリーズについて考えたりもした。 かつて大好きで何度も読み返したシリーズ。ある時期から距離を置き、離れていた。素直で誠実で善良な「私」と自分自身との乖離に耐えられなくなった、のかもしれない。今もうまく説明できないが、漠然とリアリティがない、と感じたのは覚えている。 ...

1 - 20 / 総件数:39 件

似ているタグ