日誌のタグまとめ

日誌」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日誌に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日誌」タグの記事(125)

  1. 古書店へ - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    古書店へ

    書店の仕事がおやすみというのに古書店へと出掛けてしまう連休中のとある日。『BOOK LAB.』にて敬愛する作家の文庫を2冊贖う。遠藤周作さんが怪奇小説を書いていたとは意外で、知らなかったな。北18丁目にある『BOOK LAB.』さんは、ジャンルに富んで、みっちりしない棚の余白が羨ましい。本棚に占拠されない木目調の店内は広々として居心地がいい。きっとこれからも通ってしまう。病気療養中の家人と自...

  2. 金沢古書店巡り - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    金沢古書店巡り

    勤め先のご主人から、「金沢へ行くのなら『近八書房』さんがいいでしょう」とおすすめいただいた。近江町市場のすぐ真横。看板には創業寛政元年の文字。北海道にはまずない歴史の厚みに興奮する。外の棚を見て、中の棚もじっくり見て、帳場のご主人はテレビを見てお仕事。怖そうな店主を想像していたけれど、実際はお会計時もごく優しい。欲しい本が何冊かみつかった中から、スーツケースに嵩張ること覚悟で『新青年傑作選』...

  3. 『ふるほん文庫やさんの奇跡』谷口雅男 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    『ふるほん文庫やさんの奇跡』谷口雅男

    とんでもない人がいたものだ。四半世紀前、10年越しで企てた計画は、事業の失敗と谷口氏の失踪という結末とともに人々の記憶に刻まれている。古書店アルバイトの私がどんな色眼鏡で見たとしても、古本屋は古物商であるかぎり、因果で、著者が事あるごと反面教師といって憚られないほどに、今なお後進的だ。かといって諦めて体質を変化させてしまっては〇mazonと同じになってしまう。それでは全く味気がない。日本の誇...

  4. 豊文堂書店 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    豊文堂書店

    所用の折、釧路へ行くなら是非にと、店主さんがすすめてくれた古書店へ立ち寄りました。20年来毎年訪れているのに、どうして今まで足を向けることがなかったのか、不思議になるほど味わいあるお店でした。海のある街は歴史があっていい本が集まりやすいのだそう。こんなに落ち着いた名店が長く続いている釧路という街を改めて好きになる。まずは、支店の豊文堂書店北大通店へ。外の棚を一通り眺めて店内に入ると、大きな音...

  5. リスタート - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    リスタート

    この春、動き出せる変化に感謝します。大好きだったお仕事に、ふたたび戻れる幸運にも。まだ、どうなるか、不安はのこるし、こんな時期だけれど、私はこの道を行こう。約束の時間に気が急いて、早く着いて、北大のあたりを散歩していたら、早い桜が枝先をピンクに染めていました。帰り道、さああぁっと雨が降って、鮮やかな虹が一瞬だけ煌いたのに、ケータイは電池切れ。いつだって万全でないのが私であることを痛感しながら...

  6. 年頭の誓いや目標は一切立てませんが日誌だけは3冊目 - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    年頭の誓いや目標は一切立てませんが日誌だけは3冊目

    皆さんの中では年頭の誓いや目標を公に発表する方も多いけどオラはそんなことはしませんぶれないので念頭に立てる必要が無いし新しいことをどんどん取り入れて進化するのでオラの場合もし念頭にそれらの事項を掲げたらあいつ言ってることと所作が違うじゃないって事になっちゃうからあえて新年に立てる必要が無いのですだから刻々と変わりゆくオラに備忘録だけは必要なので10年日誌にその日のキーワードだけを書いてます勿...

  7. 休日日誌 - てらこや新聞

    休日日誌

    August 25, 2019先週の月曜日からまた犬を飼い始めました。まだ生後70日ほどの子犬ですが・・・我が家の新しいアイドルとなり家族を振り回しています。今日は、一緒になにをしようかしら・・・笑皆さんも、良い日曜日を!(Y.K)

  8. てらこや日誌+α(9月開講社会人講座) - てらこや新聞

    てらこや日誌+α(9月開講社会人講座)

    July 26th, 2019Anyone who stops learning is old, whether at 20 or 80.Anyone who keeps learning stays young. The greatest thing in life is to keep your mind young. 20歳であろうが80歳であろうが学ぶことをやめた人は老人である。学び...

  9. てらこや日誌 - てらこや新聞

    てらこや日誌

    July 23rd, 2019A child educated only at school is an uneducated child. 学校でだけ教育を受けた子どもは、教育を受けていない子どもである。ジョージ・サンタヤーナのことばです。7月も残すところ1週間あまりー1か月ほど悩める日々が続いています。気が付いたら、1か月ー一方で、この悩みの期間寺子屋のあり方が間違っていないということ...

  10. 私はますますこの都市が好きになりました-福岡 - jesess小澤のBLOG

    私はますますこの都市が好きになりました-福岡

    私はますますこの都市が好きになりました-福岡アレキサンダーワン靴コピー|バレンシアガ靴コピー|トッズ 靴コピー違います福岡このような都市にあります。私の生辉の忙しい交通と人の群れ粋なファッション、伴君行!目を開けます風はすがすがしい香りと暖かさをもたらす。今日はいい天気です。私は一人で人ごみを通ります。風の中に入る楽しく深呼吸したいです。ここで歌を歌いたいです。甘く鼓動する心疲れた人々は真実...

  11. てらこや日誌 - てらこや新聞

    てらこや日誌

    February 22, 2019Only the gentle are ever really strong. 優しい人だけが本当に強いのだ。ジェームズ・ディーンの言葉です。週末にした友人とのやり取りに思い出した言葉です。正しいことを言う人は増えたけれど優しい人が少なくなっているように感じます。弱い人が多くなっているのかもしれません。優しい人になる努力をしたいと思っています。さぁ、金曜日1...

  12. 防犯カメラの画像を警察に提供 - 末長台自治会のブログ

    防犯カメラの画像を警察に提供

    防犯カメラの画像を警察に提供しました。26日に、警察の依頼があり、防犯カメラの画像をダウンロードし、提供しました。使用目的は聞いていません。

  13. てらこや日誌 - てらこや新聞

    てらこや日誌

    April 21, 2018You cannot teach a man anything, you can only help him find it within himself. 人にものを教えることはできない。自分の中にそれを見出すのを助けることができるだけである。ガリレオ・ガリレイの言葉です。少し前に、大学生であった寺子屋の卒業生が高校に在学中に、私に言ったら私が憤死するかもしれな...

  14. 12月のハーブ教室は 『ラベンダーベースのシャワーコロン作り』 - 手作りみつろう蜜蝋キャンドル|たかこのハーブ園

    12月のハーブ教室は 『ラベンダーベースのシャワーコロ...

    2017.12.1(金)今年も残りあと1か月。慌ただしさの中にもホッと一息つけるように、ラベンダーをベースに調香してみましょう。シャワーコロンは1~2%濃度で軽い香り。香水との違い、材料や作り方の基本も丁寧に学びます。お好きな香りをたっぷり100ml作って、お持ち帰りいただきます。レッスン日は 12月7(木)、10(日)、20(水)、21(木)お申し込み、お問い合わせは、中山までお待ちしてお...

  15. グッドモーニングファームのオレンジマーマレード - 手作りみつろう蜜蝋キャンドル|たかこのハーブ園

    グッドモーニングファームのオレンジマーマレード

    2017.7.13(木)地産地消で手作り無添加、おしゃれでヘルシーで美味しい 『グッドモーニングファーム』 の瓶詰めが大集合。ピクルスのように酸っぱいものも、ジャムのように甘いものも、驚くほどのバリエーションです。パラダイスのような大試食会のあと、究極の1瓶を選びました。ダントツに美味しかった、オレンジマーマレード。オレンジを薄くスライスして、外側からの見栄えを考えて1枚ずつ貼り付けていくん...

  16. 根本きこさんのしょうがココナツたれ - 手作りみつろう蜜蝋キャンドル|たかこのハーブ園

    根本きこさんのしょうがココナツたれ

    2017.7.20(木)先日、沖縄在住の根本きこさんから購入した 『しょうがとココナツとスパイス色々のたれ』「数ある中からこれを選ぶなんて、なかなかマニアックですね!」 と言われながらも、はっきり頭の中では組み合わせが出来上がっていました。鶏肉、ズッキーニ、ピーマン、パプリカにトマト。ザクザク切って、フライパンでざっと炒めてたれをビンごとまぜ入れます。肉に火が通れば出来上がり。うーん、イメー...

  17. 最近のベランダ - 手作りみつろう蜜蝋キャンドル|たかこのハーブ園

    最近のベランダ

    2017.7.16(日)いよいよ本格的な夏に突入。ベランダの様子も日々変化しています。今年もひかえめについているブルーベリーの実、徐々に色づき、来週あたり食べられるかしら。サボテンの花は、もう2度目の開花。サボテンは数年に1度しか花がつかないと聞いたのは間違いだったのか…毎年どんどん開花するので、かわいいピンク色を楽しんでいます。白い花だったアジサイは、濃い緑色に変化してきました。良きタイミ...

  18. 根本きこさんの 『リリコイ&パインシロップ』 - 手作りみつろう蜜蝋キャンドル|たかこのハーブ園

    根本きこさんの 『リリコイ&パインシロップ』

    2017.7.15(土)先日の石川さんの本の出版記念パーティーで、根本きこさんにお会いしました。手軽に作れる美味しい料理の数々、そして飾らない人柄もあいまって、きこさんにはファンがたくさん!移住した沖縄ではカフェを始める準備中とのことで、本当に楽しみです。パーティーではきこさん自らが屋台のように色々並べ、片っ端から試食自由!きこさんの組み合わせのアイデアと美味しさに驚き、感激し、感心し、すっ...

  19. パラフィン紙のキャンドルホルダー - 手作りみつろう蜜蝋キャンドル|たかこのハーブ園

    パラフィン紙のキャンドルホルダー

    2017.7.14(金)ドイツ土産がもうひとつ。紙製のキャンドルホルダーです。一枚の紙なのですが、火を灯したキャンドルの周囲にくるりと巻けば、パラフィン紙ごしにふわっと明るくていい感じ。こういう気どらないキャンドルホルダーがあるなんて、さすがにヨーロッパはキャンドル文化に長い歴史がありますね。ありがとうございました。

  20. 至福のパイプオルガン - 手作りみつろう蜜蝋キャンドル|たかこのハーブ園

    至福のパイプオルガン

    2017.7.7(金)数ヶ月に1度のお楽しみ、東京オペラシティの『ビジュアルオルガンコンサート』奏者が客席に背中を向けて弾くパイプオルガン。目まぐるしく動く両手両足をカメラで映して、スクリーンで映画のように見ることができる、画期的な演奏会です。今日はフランス人オルガン奏者リオネル・アヴォさん。選曲が素晴らしく好みで、本当に嬉しいことでした。荘厳で重厚なバッハ、楽天的でエレガントなガブリエル・...

総件数:125 件

似ているタグ