日高の山のタグまとめ

日高の山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには日高の山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「日高の山」タグの記事(63)

  1. ピセナイ山1027m~本編2021.10.24 - ひだかの山に癒やされて

    ピセナイ山1027m~本編2021.10.24

    静内湖の紅葉。右手に伸びるピセナイ沢川に沿って林道を歩く。補修された林道が余りに立派で、対照的なピセナイ林道。2017年5月はゲートが開放されて車が通れた。4年間で原野化が進むけど、エゾシカが通り人が通る、ヒグマも。北海道百名山のため?登山口まで、ゲートから5.5km、6月から9月までは静内湖から片道9kmを歩いて登る同好者あり。7時51分、登山口に着いた。久しく山登りしていないため、賞味期...

  2. ピセナイ山1027m~ゲートまで林道修復!2021.10.24 - ひだかの山に癒やされて

    ピセナイ山1027m~ゲートまで林道修復!2021.1...

    この週末の天気は冬型気圧配置で太平洋沿岸は晴☀23日(土)「山に行くため」(2番目の理由に☑)期日前投票に行ってきた。沿岸は良い天気だったけど、早めの冬タイヤ交換、馴染みのスタンドでスムーズに。さて雨☂で両下肢が🍷で腐っている。遠出はしたくないので、気合いを入れてホームマウンテンへ。静内湖(ダム)から歩くつもりで。4時起床して4時25分2℃と温暖な日高門別を出発した。...

  3. ピセナイ林道通行止2021.09.04 - ひだかの山に癒やされて

    ピセナイ林道通行止2021.09.04

    日高門別の今朝の気温は13℃、窓を開けて眠れば心地良い風が夏の霧と♪最高気温22℃、20℃を越えれば「夏」という私の定義。9月に入っても「秋」が来ない日高地方。9月2日(木)日高地区は朝11℃だったけど、昼は25℃(真夏の気温)。8月31日朝に雨があり、液肥のタイミングで昼休みに施肥。汗で絞れるほど下着が濡れて、下着を取り替えて午後の診療に。ホームマウンテンに久しく訪れず。通行止めが続いてい...

  4. ペケレベツ岳1532m~後編2021.05.15 - ひだかの山に癒やされて

    ペケレベツ岳1532m~後編2021.05.15

    変異株の感染拡大で、同好者と出会う事をなるべく避ける山選び。ピセナイも考えたが、前日の地震で林道崩壊が進んでいるかも。前日の日高地区は20℃を越え扇風機をこの夏初めて使った。少しでも涼しい山、尾根線は日高町との境目。スノーシューを履いたものの右の夏道を歩く。7時58分、十勝平野と雌阿寒岳(霞んでいる)を見ながら水分補給。今季最後のスノーシューハイクを楽しむ♪しかし、この日の青空はここまでだっ...

  5. ペケレベツ岳1532m~前編2021.05.15 - ひだかの山に癒やされて

    ペケレベツ岳1532m~前編2021.05.15

    昨年は雪に埋もれていた山頂標識Weekend Hikeは天候との悩ましい戦い。コロナ予防接種の副反応は2日間三角筋筋肉痛のみ。16日から北海道も「緊急事態宣言」感染管理となる。一番の予防法は、人と会話をしない事。人間である事を否定されて居る気分。高い倫理性を求められる公務員医師、誰とも出会わない静かな山旅に出かけた。鹿よけ代わりの大型車が幌尻岳と戸蔦別岳の間に挟まっている。予想より良い天気で...

  6. ペケレベツ1343P~スノーシュー散歩2021.05.04 - ひだかの山に癒やされて

    ペケレベツ1343P~スノーシュー散歩2021.05.04

    GW5月の5連休、日高沿岸は雨が降らず、二十間道路の桜の花見客の車で混雑した。日高門別のいずみ食堂の駐車場は連日満員御礼状態。好天を期待して、誰も来ない可能性の高いペケレベツを狙った。朝3時頃、雨が降っていたので出発を4時過ぎに遅らせた。平取市街から北は分厚い雲が覆っていた。日高地区の医師住宅で朝食、用を足してさらに時間を遅らせた。30日降雪通行止め、除雪の跡が道路両脇に。駐車場に1台山スキ...

  7. ピセナイ山1027m~本編2021.04.24 - ひだかの山に癒やされて

    ピセナイ山1027m~本編2021.04.24

    6時6分出発し、崩壊した林道を歩いた。歩くのは何の問題も無いけど、やはり車で崩壊部を通って帰る事が出来るかが心配だった。崩れて車ごと転落しないか・・・ソラチコザクラは五分咲き。群生地も崩壊が進み株が減ってしまった。8時7分、林道終点「登山口」到着。ここで一息入れた。真夏の長袖、パンツにゲーター、夏靴。アイゼン2セットは念のため背負ったが必要なかった。所々にザゼンソウが残っていた。8時55分、...

  8. ピセナイ山1027m~林道崩壊編2021.04.24 - ひだかの山に癒やされて

    ピセナイ山1027m~林道崩壊編2021.04.24

    先週の土日の日高は大荒れだった。このWeekend Hike、天候はあまり良くないので久し振りにホームマウンテンに。23日の日高地区は20℃に達し、内陸は桜の開花も期待出来る。何よりソラチコザクラを期待して1℃の沙流川を渡った。静内ダムを渡り、林道が荒れていた。先週の風雨で洗掘が至る所に。いきなり崩落危険箇所が出現した。ヒヤヒヤしながら進む。水が流れており、いつ崩落してもおかしくない。次回の...

  9. 上滝山1331mから沙流岳~後編2021.03.20 - ひだかの山に癒やされて

    上滝山1331mから沙流岳~後編2021.03.20

    ボーダーの女性が山頂標識を掘り出したいと。私とスキーの夫婦が加わりスコップで標識を掘り当てた。下山準備をしていると、折角なので写真は如何ですか?と好意に甘えた。撮影して頂いたボーダーの女性に感謝です。12時5分下山開始した。変な方向に降りて行こうとするので、女性にコースを説明した。沙流岳を振り返る。ここからトレースを外して1356Pへ登る。ハッタオマナイでトラバースにハマったけど、雪の状態と...

  10. 上滝山1331mから沙流岳~前編2021.03.20 - ひだかの山に癒やされて

    上滝山1331mから沙流岳~前編2021.03.20

    6時42分に日勝峠六合目駐車場から2時間51分かかり9時31分、上滝山に初登頂。双珠別岳(林業界の)とトマム、夕張岳と芦別岳の間に立って記念撮影。地形で分かるけど、標識も無いためGPSで。天気に恵まれ、丸い1356Pの先の沙流岳を目指す。1356Pと沙流岳の間の白い山が日勝ピーク(1445P)10時3分、水分補給する。1356Pはトラバースすることにした。GPSの軌跡は狙い通り等高線を辿り美...

  11. 上滝山1331mから沙流岳~序章2021.03.20 - ひだかの山に癒やされて

    上滝山1331mから沙流岳~序章2021.03.20

    先週日曜夜USBメモリーを書斎に忘れたが、看取りは成し遂げた。いつも遊んでいる様に見えるけど仕事第一の心は健在・・・と思う。日曜夜からだと金曜の帰りまで果てしない勤務時間で心は消耗する。このWeekendは前線通過で20日(土)のみが登山日和。遠征は不可能で、日高町内の山、かねてからの「宿題」の上滝山、出来れば沙流岳に繋ぎたい。朝4時過ぎにようやく起床して沙流川を車で遡り、日高地区の医師住宅...

  12. 糠平山1350m周回~雁皮山編2021.03.07 - ひだかの山に癒やされて

    糠平山1350m周回~雁皮山編2021.03.07

    糠平山編の続き:11時24分、1190Pから左に青空と雁皮山を望む。幌尻岳は姿を現さず、残る楽しみは一つ。11時49分、雁皮山(1237m)山頂の木で位置確認した。日高地区の市街地がかすかに展望出来た。朝の散歩で雁皮山の稜線を眺め続けてまる4年になろうとしている。雁皮山は3回目。山頂で昼食にした。日高地区の展望は雪雲に隠れた。12時9分、なだらかな雁皮山の稜線を歩く。尾根は3つに別れている。...

  13. 糠平山1350m周回~糠平山編2021.03.07 - ひだかの山に癒やされて

    糠平山1350m周回~糠平山編2021.03.07

    アプローチ編からの続き:8時45分、クラシックルートの尾根に到着(してしまった)天気はダメで幌尻岳の展望は無いだろう(まだ希望は失っていない)エゾトドマツと雪の織りなすオブジェ(人形の様に見えた)。広い尾根の樹氷帯を進む。標高1200mを超え、気温は-16℃。ひだかの山のお昼の気温らしく涼しい。9時14分、休憩して現在地を確認。何度も通ったルート、あの三角錐からHiroが尻滑りした想い出がよ...

  14. 糠平山1350m周回~アプローチ編2021.03.07 - ひだかの山に癒やされて

    糠平山1350m周回~アプローチ編2021.03.07

    この週末の日高は半分弱晴れ、半分以上曇か雪。6日(土)は日高地区の医師住宅の掃除を兼ねて、かまくら2021を家族にお披露目。5日までの高温から一転して冷え込み「登山日和」。日曜は採石場が休みなので、「宿題」を片付けに日高町岩内に向かった。林道の標高は580mあり、先日の大雪+雪崩れ?除雪終点の巨大な雪塊に驚く。小雪の中-11℃、6時4分に歩き始めた。雪の量は過去最大だけどクラストしていて歩き...

  15. リビラへ向かってスノーシューハイク2021.02.13 - ひだかの山に癒やされて

    リビラへ向かってスノーシューハイク2021.02.13

    左奥にリビラ山1291m、右に樺司山の岩尾根12日は晴れ渡る日高で診療を終えた。土日の日高は気温が上がるも雲がかかっていた。誰にも会わない静かなスノーシューハイクに出かけた。駐車地点まで何とか入れたが、記録的少雪の昨年より雪は多い。-10℃と春爛漫の林道を6時23分歩き始めた。砂防ダムから貫気別川に入る。林道を整備するのだろうか、目印がそれなりに打ち込んであった。1年振りの「ガンケ」を見なが...

  16. 笹山806m~ラッセル訓練2021.02.06 - ひだかの山に癒やされて

    笹山806m~ラッセル訓練2021.02.06

    昨年設置された山頂標識先週末30日(土)に医師住宅の掃除後、屋根から落ちた雪を全て積み上げたら腰痛(ToT)31日(日)は山の準備をして起床時の腰痛と下肢の痺れで山行きを断念。天気は良くないけどWeekend Hikeに出かけた。向かった先はピセナイ山だった。静内ダムの先で除雪が終わり、林道に20cm以上の積雪でエクストレイルでは歯が立たない。諦めて、サラブレッド街道に戻り泉集落へ。6時41...

  17. 野塚岳1353m~後編2021.01.23 - ひだかの山に癒やされて

    野塚岳1353m~後編2021.01.23

    8時40分、コル(標高1176m)から山頂を目指す。雪はまだ柔らかく、2月の様なカチコチではない。アイゼンに履き替えず、スノーシューで行く。雪の吹き溜まり踏破に有利だった。締まった雪の上を青空に向かって登る。心ときめく最高の時間だ。風が冷たい。9時16分、山頂三角点。少雪の日高十勝の影響で露出していた。登頂者がほじくるため露出しやすいのかな?三脚を立てて記念撮影(カメラの影も)。ストックを目...

  18. 野塚岳1353m~前編2021.01.23 - ひだかの山に癒やされて

    野塚岳1353m~前編2021.01.23

    1223Pから野塚岳、左にオムシャヌプリ、十勝岳、楽古岳この土日は天気が良い!!!\(^O^)/今週は日高町内をスノーシューで二日連続で散歩。Weekend Hikeに野塚岳へ。ひだかの銀嶺へ行くとなると、子供の様に眠れない。3時半曇天の日高門別を出発した。買い換えたMSR EVOアッセントの走破力はいかに。しばらくエクサイトブログはYouTube動画が貼り付けできなかった。山頂からの展望を...

  19. 沙流岳1422m~後編2021.01.09 - ひだかの山に癒やされて

    沙流岳1422m~後編2021.01.09

    フード内は呼気で凍結し、ファスナーが凍結して下げられない。日差しを浴びる様に歩き、ファスナーを無理矢理引き下ろした。帽子を脱いで、タオルで汗を拭いた。沙流岳へ尾根線を歩く。エゾトドマツの間を行く気持ちの良いスノーシューハイク。振り返ると日勝ピークまでの原生林が日差しに輝いていた。風が強く、休まずに山頂を目指す。沙流岳山頂周囲は雪が締まって、歩きやすかった。10時52分、登頂。まだ登り返しが残...

  20. 沙流岳1422m~前編2021.01.09 - ひだかの山に癒やされて

    沙流岳1422m~前編2021.01.09

    例年の半分以下のサイズのスノーモンスター成人の日の三連休。寒波が断続的に到来し、気温は冬らしい厳冬期登山に。日勝峠-16℃、日勝ピーク(1445m)-23℃、ランチは-17℃で厳冬期の風を楽しめた。ただ、太平洋気候の日高はようやく雪が積もったという感じ。深いラッセルを覚悟はしていたが・・・4時半-14℃の日高門別を出発し、-21℃の日高地区(医師住宅)で朝食。土曜日はトラックが多く、鹿よけに...

総件数:63 件

似ているタグ