旧暦のタグまとめ

旧暦」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには旧暦に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「旧暦」タグの記事(36)

  1. 新年を初めてのんびり過ごす年 - LOGOSさんの月に1,2回古書店

    新年を初めてのんびり過ごす年

    2021年元旦あけましておめでとうございます。寒波予想と、新型コロナウイルス感染の拡大防止の伴い、奥能登に越してきて以来、(義父の葬儀を出した年末年始を除けば)静かなお正月を過ごすことができました。。。私(てか嫁ね)の立場からいうと、こんなにのんびりできた正月はかつてない!というくらい幸せでした。。もともと、具体的なことが苦手で、抽象思考に傾き、現実生活で躓いているばかりいるヤツが、こんなと...

  2. 本当はかなり・・ - LOGOSさんの月に1,2回古書店

    本当はかなり・・

    12月某日我が家の「あえのこと」終わる。一般に行われている日とは違うけど、私たちには意味のある日に、家族だけでひっそりと行っている。公開するものではない、日常。本当にこの頃、アップダウンが激しく、頑張れる日もあれば、こりゃダメだ、の日もあって、今日もまた家族と波風立てる。本当はかなり、、、やばい・・かも??こういう日は情報遮断して、ひっそりゆっくり休んで休んで、もういいやっていうくらい休んで...

  3. ともかくも空の青さに白い雲 - LOGOSさんの月に1,2回古書店

    ともかくも空の青さに白い雲

    7月某日今日から4連休。何のための連休だったのか、覚えていますか?五輪とやらをごり押し開催していたらどうなっていたのか?会社によっては普通に勤務の人もいた(木曜日は特に)。私はほおっておかれたらいつまでも抽象の海を漂っている人なので片付け・整理整頓が苦手。分類も、概念の分類はともかく、具体の分類はお手上げなのであるが、鬼門であった子どもの部屋の片づけに着手。。。箪笥をずらす、ラックを捨てる(...

  4. コロナでも梅は咲くなり実るなり - LOGOSさんの月に1,2回古書店

    コロナでも梅は咲くなり実るなり

    6月某日梅の実取る。自由にしていい畑に梅の木・栗の木・柿の木があるので季節季節に忙しい。本当はこういうことだけして暮らせればいいのだが。梅の実は、自分用に毎年梅ジュース(シロップ)をしこむ。一番簡単。保存瓶に洗った青梅・氷砂糖・酢かホワイトリカー注ぐ(終)だけ。不器用な私にもやさしい。残りは適宜・親戚や知り合いに送る。時期さえ逃さなければ使えます。6月某日夏越である。6月終わる。何もしてない...

  5. 隔靴掻痒。 - LOGOSさんの月に1,2回古書店

    隔靴掻痒。

    5月某日新月。なので店に行った。自分の原点は、新月の日のオープンハウスだったことを思い出そう。そうすれば、新月(もしくは満月)の日が週末に重なれば、行くしかない。人が来ようと来るまいと。もともと告知する気もないし。。。それにしても人がいません。まるでゴーストタウン。でもそれが好都合なんだな、今の自分には。それにしても本が少ないので(致命的)、これは思い切って蔵書を増やすしかない。買い取りも積...

  6. コロナ禍をものともとせずツバメ来る - LOGOSさんの月に1,2回古書店

    コロナ禍をものともとせずツバメ来る

    今年も納屋にツバメがやってきて早一カ月。。(今年は来るのが早かったと感じた)。近くに停めてある私の車は汚してくれるし、納屋の二階にあがられてしまえば洗濯物にフンがつくこともあるし、ちょっと困ることもあるけど、毎年の風物詩。こういうのって、いいよね。人間が何かでおたおたしていても、繰り返される自然の摂理。満開の桜並木の横を何度かドライブ出来て、これもまた来年までお預け。ところで。3月末から4月...

  7. 「変化の年」 - はぁ~とcafe @appy happy

    「変化の年」

    「ゆったり。まったり。しなやかに。そして穏やかに自分らしく生きる。」appyがそっと寄り添うと、happyになる。はぁ~とセラピストappyです。 今日のテーマは、「変化の年」。 2020年2月4日からが、本格的な令和2年の始まりです。 今年は「七赤金星」の年。 これまで誰も経験してこなかった変化・改革が起こりそうです。 昨年までも、天災・人災による これまで経験したことのない○○...

  8. 2月になりました。「旧暦の2月・・・如月」編 - ドライフラワーギャラリー⁂ふくことカフェ 

    2月になりました。「旧暦の2月・・・如月」編

    如月・・・とは旧暦の2月を指す和風月名だそうで、日本人の風流な感性によるものらしいですね。この月は現在の2月下旬から~4月上旬に当たるそうで徐々に春が近づき草木や花の芽が出始める・・・そんな月。今では、現在の2月を如月と呼んでいるので旧暦の頃とは季節感が少し違う・・・はず。なのですが最近は季節が少しづつ前倒しの傾向にあるので旧暦の如月にピッタリ草木や花芽が春をつげています。(ナンカ変???)...

  9. 「陽遁始まり」 - はぁ~とcafe @appy happy

    「陽遁始まり」

    「ゆったり。まったり。しなやかに。そして穏やかに自分らしく生きる。」appyがそっと寄り添うと、happyになる。はぁ~とセラピストappyです。 今日のテーマは「陽遁始まり」です 今日は、11月22日、中宮は一白水星明日は、11月23日、中宮は一白水星 さてさて、明日から陽遁が始まります。よって明後日24日は、二黒土星です。 冬に向かって、陽遁に変化する。夏は、隠遁でしたね。 陰陽の法則は...

  10. 「霜月」 - はぁ~とcafe @appy happy

    「霜月」

    「ゆったり。まったり。しなやかに。そして穏やかに自分らしく生きる。」appyがそっと寄り添うと、happyになる。はぁ~とセラピストappyです。 今日のテーマは「霜月」です 旧暦では10月、11月、12月を冬としていました。旧暦11月には現在では12月22日の冬至がありますし、冬真っ只中といった感じですよね。さらに旧暦で11月というと現在の11月下旬から1月のことを指しますから、新暦とは大...

  11. ももんが暦2020 - 一滴の水

    ももんが暦2020

    こんにちは2018年、2019年はお休みしていたももんが暦2020年はめでたく復活します。\( ˆoˆ )/おめでとうございます眺めてハッピー唱えてしあわせ口元がゆるむ無条件幸福ももんが暦2020【上半期】旧暦睦月〜水無月6ヶ月分をつくります。旧暦がわかりづらいとのご意見を頂戴した結果、今年は従来と異なる表記にしました。こんな暦はどこにもない!今年のオンリーワン暦。オーダーでおつくりしていま...

  12. 「神無月」 - はぁ~とcafe @appy happy

    「神無月」

    「ゆったり。まったり。しなやかに。そして穏やかに自分らしく生きる。」appyがそっと寄り添うと、happyになる。はぁ~とセラピストappyです。 今日のテーマは「神無月」です。 10月に入りました!旧暦で10月は神無月(かんなづき)。「かみなづき」「かむなづき」とも言います。でも、あるところでは「神在月」(かみありつき)と逆の意味で呼ばれています。 10月は全国の八百万の神さまが、一部の留...

  13. 「葉月」 - はぁ~とcafe @appy happy

    「葉月」

    「ゆったり。まったり。しなやかに。そして穏やかに自分らしく生きる。」appyがそっと寄り添うと、happyになる。はぁ~とセラピストappyです。 今日のテーマは「葉月」です。 旧暦の葉月は、葉っぱが生い茂る時期ではなく、 落葉が始まる時期・・・だとか・・・。 なが~い梅雨も明けて、やっと太陽が顔を出したと思ったら 今までの隠れていた分のエネルギーをこれでもかこれでもかと ビンビン放出してい...

  14. 「水無月(みなづき)」 - はぁ~とcafe @appy happy

    「水無月(みなづき)」

    「ゆったり。まったり。しなやかに。そして穏やかに自分らしく生きる。」appyがそっと寄り添うと、happyになる。はぁ~とセラピストappyです。 今日のテーマは「水無月(みなづき)」です。 6月は、例年、梅雨のつきなのに水が無いと書いて、水無月とはこれ如何に・・・。 しかし、そういう意味ではなかったのですね。 6月は、田んぼに水が張られる次期「水の月」が変化して「水無月」という説や 「田...

  15. 六曜は旧暦1月でリセットされる - まほろのうたかた日記

    六曜は旧暦1月でリセットされる

    よくカレンダーの日のそれぞれの隅に書いてある「六曜」。大安とか、友引とか、目にしたことがない人はいないですよね。これまで、仏滅は結婚式やお祝いごとをしない方が良い、お葬式は友引や大安は避けた方がいい、なんていう知識は、親や親族から学習しておりましたが、細かいルールまでは今まで意識したことがありませんでした。さて。こちらの記事で書いたこと。平成の始まった1989年1月8日は、7日が仏滅なので、...

  16. 季節のずれを感じながら行うお節句 - 奥州わらべうた遊びの会 Blog

    季節のずれを感じながら行うお節句

    3月3日は、「桃の節句」でした。「節句」という年中行事は、中国から伝わってきたもので、奇数の数字が重なった日を、厄落としの日としました。1月7日の「七草の節句」、3月3日の「桃の節句」、5月5日の「端午の節句」、7月7日の「七夕の節句」、9月9日の「菊の節句」。年に5回あります。それぞれの節句は、その季節の植物や自然などと結びついています。例えば、「七草の節句」は「春の七草」、「桃の節句」は...

  17. 雛飾り - 暮らしのおともに

    雛飾り

    明日から3月。年明けて、1月は行く、2月は逃げるが如くあっという間に過ぎ去って。そして、3月3日が目の前に迫ってるこのタイミングで雛人形をえっちらおっちら持ち出して飾り始める。何年か前までは、ちゃんと2月の節分過ぎには雛人形を飾り、3月3日中には片付けていたのでございますよ。だのに、いつの頃からか、2月は兎に角寒いし雛人形を飾る、二階の部屋は築120年?の古家のままですきま風は入るし、古びた...

  18. 今週のメッセージ:大天使ガブリエルのメッセージ④ - じぶんを知ろう♪アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

    今週のメッセージ:大天使ガブリエルのメッセージ④

    お別れの時古く、重く、セピア色の懐かしい日々と完全に離れる時が来ました。昨日までの事実は夢となり、目の前には新しい事実が展開します。今年のエネルギーが本格的に始まるにつれ、あなたの現実の世界はめくれ上がり、新しいものと置き換わります。ここで勘違いしてもらいたくない事は、すべての可能性はあなたが受け入れるかどうかで決まるという事実です。小さな変化や予兆の中にあなたに向けたサインが隠されています...

  19. 新暦、旧暦のお正月 - 船橋・奥州わらべうた遊びの会(母と子のためのスペース 穂)  Blog

    新暦、旧暦のお正月

    1月にはたくさんの年中行事があります。お正月。七草の節句。どんど焼き。小正月。二十日正月。初天神。すべてを一度には書けませんので、来年、また来年、少しずつ書いていきたいと思います。今回はお正月について。現在の日本の暦は太陽の動きを基にしている太陽暦ですが、明治維新前は太陰太陽暦でした。太陰太陽暦というのは、月の満ち欠けによる暦「太陰暦」で生じる季節のずれ(太陰暦だと1か月が29日前後となり、...

  20. 夏至の日に玄武あらわれ甲羅干し - LOGOSさんの月に1,2回古書店

    夏至の日に玄武あらわれ甲羅干し

    梅雨です夏至です(過ぎてるけど)。季節はどんどん夏に向かって加速し、もう2018年の半分は目前。正確に言えば夏至の前日だったけど、勤務先の北側の駐車場に、昼休み用事で外出して帰ってきた時、砂利の上に何かがいた。(アスファルトで舗装されていないところもあるラフな駐車スペース)良く見ると生き物のようである、石ではない、そうか、カメだ!去年、ガケしたの池からつつじの植え込みに産卵しに来たイシガメ?...

総件数:36 件

似ているタグ