明治維新のタグまとめ

明治維新」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには明治維新に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「明治維新」タグの記事(32)

  1. 「源平の合戦」が狂言なら「明治維新」もアヤしいゾ - 憂き世忘れ

    「源平の合戦」が狂言なら「明治維新」もアヤしいゾ

    昔に読んだ、勝海舟「これからは西洋が主人だ」という言葉に、ずーっと引っかかっていた。それと、明治維新には、いろいろと納得できんゾがある。・武士が、魂の刀をいとも簡単に捨てた。・大政奉還と黒船による外圧が同時期・一気に西洋化(鹿鳴館など)・新政府がヤッツケ感ハンパない。「君が代」とか。・憲法から軍隊から、西洋人に頼っている。・勝海舟など幕府の人と天皇は敵対していない。薩長が英国のバックアップで...

  2. 日本の首都=東京と規定した法令がない?? - 憂き世忘れ

    日本の首都=東京と規定した法令がない??

    「君が代」がらみで、明治維新のあたりをググってた。なんで首都を東京にしたのか。敵の住居にそのまま住むって、どうゆう感覚なんだ。そしたら、標題のようなことにガツン。マジかよ!!!何でさっさと、法令に書き加えないんだ?クロスワードを作るためにネットで調べていると、ビックリものの知識と出会う。知らない方が良かったみたいな。国語辞典の時代なら、知らないで済んだ。最近では「キツツキ」を調べた時「他の鳥...

  3. 「明治維新と本願寺」 - 「親鸞さんと生きる」

    「明治維新と本願寺」

    ■■■第5章「(補足2)本願寺の歴史」★5-15「明治維新と本願寺」 ■王法の変化と、変わらぬ「仏法」 長い徳川幕藩体制が崩壊し、再び天皇を中心にした政治体制に変わりました。それは議会制を持った近代国家としてのスタートでしたが、その精神的基盤として利用されたのが、この国の古代からの民族宗教であった神道であったことは、第4章で詳しくお話しました。明治維新政府の発足と同時に、無理やり強引に推し進...

  4. 菊池寛「時勢は移る」バックに英国 - 憂き世忘れ

    菊池寛「時勢は移る」バックに英国

    この戯曲集の、残りひとつ「時勢は移る」幕末、幕府に付くか、官軍につくかで、藩内が分裂。主人公の親子も分裂。娘の縁談にまで影響。日本中の武士が、まっ二つ。になったかどうかは知りませんが。歴史に疎いので、エラそうなことは言えませんが。私自身は、大好きな勝海舟さんにスゴく影響されている。選択の余地無し。〈これからは「西洋が主人」〉忠君とか武士道とかいっても、黒船の大砲には勝てない。いやいや、戦国時...

  5. 正義はゆっくり回る - にゃん子と寺子屋2

    正義はゆっくり回る

    去年の池袋の親娘の交通事故というより、殺人に近い事故で、当事者がなぜ逮捕されないのか、ほんとに不思議でした。あれほどの事故で、しかも国民も残された父親への共感も強かったのに、いつのまにかうやむやになってしまいました。これでは、神代の国といわれる日本の先人たちも嘆き悲しんでいるでしょう。事の起こりは、明治維新のようです。内戦のような明治維新だから、お金の流れ的にもおかしいとは思っていましたが、...

  6. 明治維新になぜ坂本龍馬が高知から中央へ、日本を動かす力はなぜ生まれたのか、高知が生んだ輩出した明治維新に活躍した若者たち - 藤田八束の日記

    明治維新になぜ坂本龍馬が高知から中央へ、日本を動かす力...

    明治維新になぜ坂本龍馬が高知から中央へ、日本を動かす力はなぜ生まれたのか、高知が生んだ輩出した明治維新に活躍した若者たち高知へ行きました。なぜ高知へ行ったかと言いますとどうしても知りたいことがあります。高知と言えば四国、しかも太平洋を向いていて山に囲まれ日本を向いていない。その時代は地形からして情報も、人の交流も少なかったであろうと考えざるを得ません。なのに日本の危機を感じ脱藩した若者たち、...

  7. 今この国で公然と議論されない大切なことは何か - 私の心の宇宙

    今この国で公然と議論されない大切なことは何か

    なぜこの国では「自分の国は自分で守る」という防衛に関する議論がないのか。タブーになっているのか。確かに「桜を見る会」も問題である。しかし、このことだけで延々と時間を潰し、もっと大切な問題が議論されない。極めて大切な話がなぜマスコミから一切聞こえてこないのか。政治家自身も迫り来る危機に対して無知のままなのか。世界は傍若無人な中共の包囲網を作っているのに日本では何一つそれが話題にならないのはなぜ...

  8. 安倍晋三と側近・今井尚哉補佐官、麻生太郎は親戚!明治維新からの武器商人、アヘン麻薬密売人の家系!日本国民、人類の敵【日本のロスチャイルド】井上馨一族【武器アヘン密輸企業】英国マセソン商会と深い - 日々物語エキサイト

    安倍晋三と側近・今井尚哉補佐官、麻生太郎は親戚!明治維...

    安倍晋三と側近・今井尚哉補佐官、麻生太郎は親戚!明治維新からの武器商人、アヘン麻薬密売人の家系!日本国民、人類の敵【日本のロスチャイルド】井上馨一族【武器アヘン密輸企業】英国ジャーディーン・マセソン商会と深い関わり!安倍晋三の祖・岸信介は満州でアヘン麻薬密売で大儲け! 安倍晋三、麻生太郎、今井尚哉・首相補佐官は親戚 全員が「日本のロスチャイルド」井上馨一族だ!! 維新直後、井上馨は造幣局と...

  9. 2.日の丸演説――産業近代化への足がかり - 日本のものづくりは世界の財産である

    2.日の丸演説――産業近代化への足がかり

    ■発端は四杯の蒸気船日本の産業の近代化は、黒船の来航がきっかけで始まりました。後に鎖国と呼ばれることになる、江戸時代の二百数十年間、私たちは長崎・出島を通じてオランダと、さらに対馬や琉球を経由して支那や朝鮮とわずかに交易を行うだけで、実態は、ほぼ、世界史の舞台から隠れて、ひっそりと泰平の眠りを味わっていました。その間、西欧では自然科学が学術的にも実践面でも大きく進歩を遂げていましたが、日本国...

  10. 悲劇の天誅組を追って明治維新さきがけの地へ壊滅の東吉野村へ - SAMとデルソルの「お日様がまぶしい」

    悲劇の天誅組を追って明治維新さきがけの地へ壊滅の東吉野村へ

    五条を離れ吉野の山中天辻峠へと南下した天誅組は、 この地方きっての富豪であり有力者であった 「鶴屋治兵衛」宅を本陣とする。 村人はウエルカムで迎えたというわけでもなさそうで、 当初は、「峠を下った集落の方がよろしい」と勧めている。 静かな集落に物騒なこと、そりゃ迷惑至極な話ですもの。 その後、挙兵の大義名分を失った天誅組は「暴徒」とされ 追討を受ける身となり追い詰められていく。...

  11. 悲劇の天誅組を追って明治維新さきがけの地へ奈良県五條市 - SAMとデルソルの「お日様がまぶしい」

    悲劇の天誅組を追って明治維新さきがけの地へ奈良県五條市

    明治維新に先駆けること5年、奈良で武装蜂起下のが天誅組だ。尊王攘夷派の志士らは「天」に変わって幕府を討とうと挙兵したのだ。(天に変わってお仕置きをしたのはセーラームーン)しかし、それは少し早すぎた。諸藩の軍に阻まれ、孤立無援の彼らは奈良県吉野の山中に敗走。逆賊とされ、悲惨な末路をたどることとなった。読売新聞「維新の記憶」より1863年8月(ペリー来航10年後、大政奉還の5年前)孝明天皇が奈良...

  12. 企画展東京150年 - 歴史と、自然と、芸術と

    企画展東京150年

    江戸東京博物館1階の特別展示室がリニューアルで閉室している時、5階の企画展示室で表記展覧会が開催されていた。2018年8月7日(火)~10月8日(月祝)のいずれかの日に足を運んだ。 第1章明治の東京と市区改正本章でまず注目したのは【江戸遷都意見書】、日本郵便制度の父・前島密が大坂遷都を主張していた大久保利通に江戸遷都を建言したとされる書簡である。明治前期に撮影された【東京府庁舎(初代)】は...

  13. 【仰天】天皇部落が反日売国奴の理由!昭和天皇にとって太平洋戦争は大勝利だった!隠されていた欧米と組んだ李氏朝鮮王朝による日本背乗り計画! - めざまし政治ブログ

    【仰天】天皇部落が反日売国奴の理由!昭和天皇にとって太...

    何か、日本が李氏朝鮮支配の国になったな、と気づいてはいた。中丸薫2014 8 知っておくべき世界の今特に自公政権に戻すために3.11東日本大震災テロと福島原発爆破テロが起きてから、第2次安倍政権に日本の軍事国家化が急速に進められ、政治的クーデターも起こされている事は、島津洋一氏からも警告は受けていたのだが!そのために維新の連中を鉄砲玉として使っていることもわかっていた。ただ維新の裏は福島原発...

  14. 福井でふっくら②。~由利公正広場~ - 馬耳Tong Poo

    福井でふっくら②。~由利公正広場~

    由利公正広場へやって来た。広場と言うが、銅像の前に僅かなスペースがあるのみ^^;。

  15. 明治維新のことなんだけど…… - 憂き世忘れ

    明治維新のことなんだけど……

    「北斎」を解読していると、明治維新に至る幕末が、ありありと目に浮かぶ。第二次世界大戦を境にして、「戦前は〜」と語られることは多いけど、それより、ガッ!と変化したのが明治維新だと思うのね。何かさあ、「明治維新」ってアンタッチャブルなのか、あまり触れられない。何で?武家政権って、何百年も続いたでしょ。それが、アッ!とゆう間に、刀もチョンマゲも棄てた。何なのコレって。思いません?でね、武家政権=封...

  16. 藤田八束の鉄道写真@新紙幣発行決定、いろんな意見に注目・・・沖縄軍事基地問題も、福島復興問題に関連しも国民はもっと考えたいものです - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@新紙幣発行決定、いろんな意見に注目...

    藤田八束の鉄道写真@新紙幣発行決定、いろんな意見に注目・・・沖縄軍事基地問題も、福島復興問題に関連しも国民はもっと考えたいものです 新紙幣が発行されることが発表されることを知りました。キャッシュレス社会に逆行するという報道もありますが私は大賛成です。素晴らしい紙幣に額縁に入れて飾りたいくらいです。財布の中に入れて使うときなんと素晴らしいものだろうといつも感謝しています。そして、その紙幣には日...

  17. 東京オリンピックで東京は、日本はどう変わるのか・・・東京都地方の関係は - 藤田八束の日記

    東京オリンピックで東京は、日本はどう変わるのか・・・東...

    東京オリンピックで東京は、日本はどう変わるのか・・・東京都地方の関係は東京オリンピックも来年である。このオリンピックは日本経済にどんな影響を与えるのだろうか。東京一極に集中する日本の政治の進め方。膨大な予算をつぎ込み東京オリンピックは国民の税金で賄われていく。日本の明日もこうだと言えませんが、過去については勉強することが出来る。これまでの日本の歴史を勉強し、明日あるべき日本の姿を考えることが...

  18. 明治維新150年ということで(1)〜我が家の「維新メシ」 - 前田画楽堂本舗

    明治維新150年ということで(1)〜我が家の「維新メシ」

    本年は明治維新(江戸城無血開城・明治改元)から150年ということで大河ドラマ「西郷どん」の放送や山口・鹿児島両県をはじめとする明治維新ゆかりの地方はもちろんのこと、全国各地で記念行事が開催された。その中で我が家にやってきた「維新メシ」についてお話をさせていただきたいと思っている。8月に熊本市内のスーパーで購入した山口県の特産品の一つ・しそわかめ。1988年(昭和63)に修学旅行で山口に先生方...

  19. 聖徳記念絵画館見学 - 歴史と、自然と、芸術と

    聖徳記念絵画館見学

    [見学日]平成30年10月12日(金) [会場]明治神宮外苑 聖徳絵画館 『聖徳絵画館』の名や、各所でしばしば見かける【大政奉還】や【江戸開城談判】が同館所蔵であることを知ったのは、それほど昔のことではない。しかしその存在を知ってから、一度足を運んでみたいと思っていた。今年は明治維新150年目、記念の特別展も開催されていたので、例によって諸般をやりくりして時間を作った。自宅からの交通アクセ...

  20. 「海舟座談」とゴーン氏逮捕劇 - 憂き世忘れ

    「海舟座談」とゴーン氏逮捕劇

    毎日ニュースで取り上げています。「東京地検特捜部」というキーワードから、自称「事情通」の方々がいろんなことを言っている。「ここから先は、ちょっと言えません」とか、思わせぶり……。こうゆうのを見ると思い出す。我が愛する勝海舟大明神様。大好き!……といっても、そんな読んでいませんが。でもね、明治維新のとき、官軍にイギリス、幕府軍にフランスが付いて、南北戦争の中古の武器を双方に売りつけた話は、目か...

総件数:32 件

似ているタグ