易経のタグまとめ

易経」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには易経に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「易経」タグの記事(218)

  1. 恩恵は施すことも難しいが、受け取ることも難しい - 今日の易の言葉

    恩恵は施すことも難しいが、受け取ることも難しい

    【5/25(土)の易の言葉】は【井・セイ】です。井戸は人々を潤し、人々から大事にされます。井戸が清水を惜しみなく提供するように【自分の善い所を人のために役立てること】が自分の幸福につながるのです。自分の善い所と、使うべき時と場所と状況はよく見極めるべきです。【解説】恩恵とは、施すことも難しいですが、受け取ることも難しいものです。施すことの難しさは、なんといっても「恩着せがましさ」がどうしても...

  2. お金には「争い」という憑き物がある - 今日の易の言葉

    お金には「争い」という憑き物がある

    【5/24(金)の易の言葉】は【豊・ホウ】です。お金や物が豊かになってくると、豊かさは家を覆いますが、同時に人の心を覆って、辺りを暗くしてしまいます。【心が覆われないように】気を配りましょう。物でなく人に目を向けるのです。豊かでも孤独なら楽しみはありません。【解説】財物は、生活を豊かにしてはくれますが、一方で、心を貧しくさせ、争いを呼び寄せるものです。例えば、人類の歴史には何度も戦争や紛争が...

  3. 猿への先祖返り - 今日の易の言葉

    猿への先祖返り

    【5/23(木)の易の言葉】は【无妄・ムボウ】です。さかしらさをなくし知を削ぎ落とすことは重要な事かもしれません。しかし自然に振る舞うがあまりに人に迷惑をかけ、過失で失敗していては話になりません。知を捨てても【物事の道理は無視できない】ことを気に留めるべきです。【解説】人間という種がこれほど地球上で栄えている理由は、言うまでもありませんが「知」「考える能力」「思考する能力」があるからです。そ...

  4. 本当に「人の助け」になっている人はさりげなくそこにいる - 今日の易の言葉

    本当に「人の助け」になっている人はさりげなくそこにいる

    【5/22(水)の易の言葉】は【井・セイ】です。井戸は人々を潤し、人々から大事にされます。井戸が清水を惜しみなく提供するように【自分の善い所を人のために役立てること】が自分の幸福につながるのです。自分の善い所と、使うべき時と場所と状況はよく見極めるべきです。【解説】「人の助けになる」「人の役に立つ」と言うと、例えば、今にも死にそうな人を機転を利かせて助けるとか、今まで誰も成し遂げなかった偉業...

  5. うまくいっているときこそ、忠言は耳に逆らう - 今日の易の言葉

    うまくいっているときこそ、忠言は耳に逆らう

    【5/21(火)の易の言葉】は【大荘・タイソウ】です。同じ方向に進み続けていれば勢いが出てきます。しかし、配慮なしで勢いに任せていればいつか障害物にぶち当たり、進むことも退くこともできなくなります。勢いがあるときこそ【周囲の状況に気を配ること】が重要です。【解説】何かがうまく進んでいるときに「気を付けたほうがいい」と言う人は嫌われます。例えば、新商品が破竹の勢いで売れているときに、「この商品...

  6. 「心の中の臭い物」に蓋をしないこと - 今日の易の言葉

    「心の中の臭い物」に蓋をしないこと

    【5/20(月)の易の言葉】は【蠱・コ】です。お供え物をほったらかしにすれば、皿の上のお供え物には虫が湧いてきます。虫がわき壊乱腐敗した過去のことを【水に流す】ならば未来も開けてきます。失うことを悔やむのでなく、新しいことが築けることに心を向けるのです。【解説】腐った食べ物は捨てるしかありません。捨てなかったとしても、さらに腐るか、無理に食べて腹を壊すかのどちらかです。それと同じように、心の...

  7. 正直でなければ必ず後戻りすることになる - 今日の易の言葉

    正直でなければ必ず後戻りすることになる

    【5/19(日)の易の言葉】は【恒・コウ】です。人の言動には恒(つね)が必要です。今日は北に向かい明日は南に向かえば、どちらにも進んだことになりません。恒心(善い習慣)がなければ恒産(安定)はあり得ないのです。方向性の変わらない【恒のある言動】を心がけましょう。【解説】方向性の変わらない恒のある言動とは、融通の利かない、頑固一徹の分からずやになることではありません。むしろ、目的に応じて、柔軟...

  8. 「得るための方法」を探すから失ってしまう - 今日の易の言葉

    「得るための方法」を探すから失ってしまう

    【5/18(土)の易の言葉】は【大蓄・タイチク】です。大きなことをするに当たっては、時間や生活や精神が犠牲になるのは当たり前のことです。【結果を出すには我慢が必要】なことを心に留めておきましょう。苦労は買ってでもしろとはこのことです。方向性も大事です。【解説】人は「結果を出す」と聞けば、まず先に「うまくやる方法」「一気に獲得する方法」を探すものです。例えば、お金の獲得という意味で「結果を出す...

  9. 「個人での付き合い」と「組織との付き合い」は別物 - 今日の易の言葉

    「個人での付き合い」と「組織との付き合い」は別物

    【5/17(金)の易の言葉】は【中孚・チュウフ】です。人と人に何らかの関係がある時、そこには利害関係か真心による信頼関係があるものです。利害関係は一回終局のものですが、【真心が発端の関係は長続きする】ことを心に留めておきましょう。所詮、金の切れ目は縁の切れ目です。【解説】まごころで人と接することはとても良いことです。しかし、個人と個人で信頼関係は結べても、個人と組織では信頼関係を結ぶことはで...

  10. 「攻撃する」ということは「攻撃される」ということ - 今日の易の言葉

    「攻撃する」ということは「攻撃される」ということ

    【5/16(木)の易の言葉】は【夬・カイ】です。悪者だからといって、暴力などの手段で追い払ってはなりません。【暴力やゴリ押しは焦りの裏返し】であり、必ずしっぺ返しがあります。悪者は嫌われ者です。こういった時こそ皆の意見をよく聞き、皆の後ろに立つようにするのです。【解説】ここ最近、明夷、明夷(賢明な人が虐げられる象)、訟(自分の正当性を主張して争う象)、夬(上位の悪人を力で押し出す象)と来てい...

  11. 強いものに抗う心は勇気だが - 今日の易の言葉

    強いものに抗う心は勇気だが

    【5/15(水)の易の言葉】は【訟・ショウ】です。お互いが自分の意見を主張して一歩も引かなければ、それは争いとなります。争い事においては【自分が譲歩しようとする心を持つこと】が大事なのです。無理に押し通せば、相手にも、そして自分にも損害が出るだけです。【解説】争いごとはないに越したことはありません。争いごとを好む人は、敵がいなければ生きていけない人であり、誰にでも見境なくかみつく狂犬と同じで...

  12. 強いものに抗う心は勇気だが - 今日の易の言葉

    強いものに抗う心は勇気だが

    【5/15(水)の易の言葉】は【訟・ショウ】です。お互いが自分の意見を主張して一歩も引かなければ、それは争いとなります。争い事においては【自分が譲歩しようとする心を持つこと】が大事なのです。無理に押し通せば、相手にも、そして自分にも損害が出るだけです。【解説】争いごとはないに越したことはありません。争いごとを好む人は、敵がいなければ生きていけない人であり、誰にでも見境なくかみつく狂犬と同じで...

  13. 強いものに抗う心は勇気だが - 今日の易の言葉

    強いものに抗う心は勇気だが

    【5/15(水)の易の言葉】は【訟・ショウ】です。お互いが自分の意見を主張して一歩も引かなければ、それは争いとなります。争い事においては【自分が譲歩しようとする心を持つこと】が大事なのです。無理に押し通せば、相手にも、そして自分にも損害が出るだけです。【解説】争いごとはないに越したことはありません。争いごとを好む人は、敵がいなければ生きていけない人であり、誰にでも見境なくかみつく狂犬と同じで...

  14. 人は誰でも、強いものになびき、弱いものから奪う - 今日の易の言葉

    人は誰でも、強いものになびき、弱いものから奪う

    【5/14(火)の易の言葉】は【明夷・メイイ】です。太陽が沈むように、明るさが暗さに覆われること、つまり賢明な人が暗愚の人に虐げられることはあります。しかし、太陽が見えない所でも明るさを失わないように、【智慧の光によって、自分の心を光らせ続けること】が大事です。【解説】昨日は、人は不満や不平を口にしながらも、変化を好まず、変化への行動をせず、「虐げられていること」に甘んじるものだと解説しまし...

  15. 不平や不満を言っているだけのうちは、まだ余裕があるということ - 今日の易の言葉

    不平や不満を言っているだけのうちは、まだ余裕があるということ

    【5/13(月)の易の言葉】は【明夷・メイイ】です。太陽が沈むように、明るさが暗さに覆われること、つまり賢明な人が暗愚の人に虐げられることはあります。しかし、太陽が見えない所でも明るさを失わないように、【智慧の光によって、自分の心を光らせ続けること】が大事です。【解説】人は、不平や不満を口にしながらも、変化を望まず、変化への行動をせず、生き地獄や理不尽に甘んじるものです。例えば、社畜です。「...

  16. 英雄も悪の親玉も現実にはいない - 今日の易の言葉

    英雄も悪の親玉も現実にはいない

    【5/12(日)の易の言葉】は【否・ヒ】です。世間が間違って進むときは残念ながらあるものです。しかし、極端な考え方をしていてはいけません。まずは、反対意見でも、それをそれとして【受け容れること】が必要です。受け容れた後で、少しずつ進むことが本当の対策なのです。【解説】不満や不安、特に社会問題は、何かをやっつけることができれば解消される、という簡単なものではありません。映画や小説では、悪の親玉...

  17. 馬鹿よりも優れた人こそ使いよう - 今日の易の言葉

    馬鹿よりも優れた人こそ使いよう

    【5/11(土)の易の言葉】は【井・セイ】です。井戸は人々を潤し、人々から大事にされます。井戸が清水を惜しみなく提供するように【自分の善い所を人のために役立てること】が自分の幸福につながるのです。自分の善い所と、使うべき時と場所と状況はよく見極めるべきです。【解説】「馬鹿とハサミは使いよう」という言葉があります。この言葉は、切れないハサミも使い方によっては切れるようになるし、馬鹿な人もうまく...

  18. 問題やトラブルは起きないようにするのが最善 - 今日の易の言葉

    問題やトラブルは起きないようにするのが最善

    【5/10(金)の易の言葉】は【解・カイ】です。問題の解決手段が分かったのなら【素早く的確に実行に移す】ことが肝心です。分からない時は待つことです。その時期が到来しても、問題解決のみに集中するべきで、自分の利益確保といった余計なことを取り計らってはなりません。【解説】トラブルは起きないのが最善です。起きてしまった問題を解決することは次善でしかありません。しかし、「トラブルを起こさないようにす...

  19. 恨み言は精神が未熟な証 - 今日の易の言葉

    恨み言は精神が未熟な証

    【5/9(木)の易の言葉】は【未済・ビサイ】です。自分の望んでいることが実現しないのは、運や環境が悪いからでなくて、あなたの実力がないからです。【自分の未熟さを認め】ましょう。未熟ならば、当然に正しい判断もできません。現状維持で保留するという選択肢もあるのです。【解説】運や環境が悪いために、自分の思い通りにいかないのは、どうすることもできないことです。例えば、子供は、「明日遊園地に行く」と言...

  20. 愚かな人に従うのもほどほどに - 今日の易の言葉

    愚かな人に従うのもほどほどに

    【5/8(水)の易の言葉】は【巽・ソン】です。人の言いなりになることと、人に従うことは違います。言いなりになれば犯罪も犯し、従うのならその人への忠告もでき、その人を見切ることもできるのです。【言いなりになるのはやめる勇気】を持ちましょう。自分も判断するのです。【解説】愚かな人に従うことは誰でも嫌です。例えば、猿は人間に似ていますが、知性という面においては間違いなく人間に劣ります。だから、「猿...

総件数:218 件

似ているタグ