健康・医療ジャンル×易経のタグまとめ

易経」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには易経に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「易経」タグの記事(164)

  1. ルールや定義のないところに正誤勝敗はあり得ない - 今日の易の言葉

    ルールや定義のないところに正誤勝敗はあり得ない

    【3/20(水)の易の言葉】は【訟・ショウ】です。お互いが自分の意見を主張して一歩も引かなければ、それは争いとなります。争い事においては【自分が譲歩しようとする心を持つこと】が大事なのです。無理に押し通せば、相手にも、そして自分にも損害が出るだけです。【解説】勝敗や正誤というものは、ルールや定義がなければ成立しません。ここを勘違いすると、不毛な争いで精神や時間を消耗し、無駄な時間を過ごすこと...

  2. 待ち人は待っているだけでは来ない - 今日の易の言葉

    待ち人は待っているだけでは来ない

    【3/19(火)の易の言葉】は【需・ジュ】です。雨は雲が厚くならないと降りません。そのように、時を見計らい【準備を整えてその時を待つ】ことが重要なのです。何事にも焦りは禁物です。果報は寝て待てと言います。少し考え方を変えて、楽しんで気長に待つと良いでしょう。【解説】待ち人は待っているだけでは来ません。名乗りを上げ、旗揚げし、自分が待っていることが公然となったとき、やっとその待ち人が来るかもし...

  3. 忙しい時に限って文句しか言わないやつ - 今日の易の言葉

    忙しい時に限って文句しか言わないやつ

    【3/17(日)の易の言葉】は【困・コン】です。長く雨が降らなければ川の水は無くなり、不便をもたらします。人にもこういった苦節の時がありますが、それは自分が干からびた川であるからです。口を動かすのでなく行動が重要です。【不満を漏らすのではなく潤し与える】のです。【解説】人とは矛盾した生き物です。例えば、切羽詰まって急いで何かをやらなければならないときに限って、わけのわからない説教やら文句やら...

  4. 「マニュアル通りのロボット人間」と「前例主義の保身主義者」 - 今日の易の言葉

    「マニュアル通りのロボット人間」と「前例主義の保身主義者」

    【3/16(土)の易の言葉】は【恒・コウ】です。人の言動には恒(つね)が必要です。今日は北に向かい明日は南に向かえば、どちらにも進んだことになりません。恒心(善い習慣)がなければ恒産(安定)はあり得ないのです。方向性の変わらない【恒のある言動】を心がけましょう。【解説】「方向性の変わらない恒(つね)のある言動」とは、マニュアル通りにしか動かないロボットみたいな言動でなく、また、前例主義でいつ...

  5. 「点検する・気を付ける」では改善にならない - 今日の易の言葉

    「点検する・気を付ける」では改善にならない

    【3/11(月)の易の言葉】は【革・カク】です。豹や虎は毛の生え変わりの時期になると、古い毛が全て生え変わり、その模様がさらに美しくなります。物事を改めるに当たっては、古い事はきっぱりと捨てて【潔く改めるべき】なのです。上面が変わっただけでは何も変わりません。【解説】ものごとを改めるにあたっては、末端の些末なことに着目しつつも、根本を変えるようにしなければ、効果は一時的なものになってしましま...

  6. 念願が人格を決定する - 今日の易の言葉

    念願が人格を決定する

    【3/10(日)の易の言葉】は【坤・コン】です。地道な努力は、いずれ実を結びます。努力を怠らず、【人の善い考え方に従う】ようにしましょう。母なる大地と言いますが、黙々と絶え間なく万物を受け入れ、育んでいくのが地の道、則ち「地道なこと」であるのです。【解説】塵も積もれば山となる、と言いますが、何事も少しでも些細なことでも、積み重なると大きなものとなります。特に人の身において、この継続の根本とな...

  7. 勝つから下降する - 今日の易の言葉

    勝つから下降する

    【3/9(土)の易の言葉】は【升・ショウ】です。上昇することは良いことですが、一歩間違えば破滅につながることもあります。密林でも植物の新芽は成長し大きくなりますが、それは植物が【周囲と調和】しているからなのです。自分さえ、という考えは結局自身の破滅を招きます。【解説】「上昇すること」と「足の引っ張り合いで勝つこと」を混同すると、上昇するどころか下降してしまいます。例えば、会社で出世するために...

  8. 明日になったら本気出す - 今日の易の言葉

    明日になったら本気出す

    【3/8(金)の易の言葉】は【小過・ショウカ】です。小鳥が空高く上空を目指して飛んでいけば、いつか力尽き、墜落して死ぬでしょう。【自分の力、人間にできることには限界があること】を知らなければなりません。目標とは際限なく追いかけるものでなく、到達するものです。【解説】ドイツの鉄血宰相ビスマルクは、「人生とは歯の治療のようなものだ、今か今かと心の準備をしているうちに終わってしまう」と言ったそうで...

  9. 「悪い奴はやっつけていい」という危険思想 - 今日の易の言葉

    「悪い奴はやっつけていい」という危険思想

    【3/7(木)の易の言葉】は【夬・カイ】です。悪者だからといって、暴力などの手段で追い払ってはなりません。【暴力やゴリ押しは焦りの裏返し】であり、必ずしっぺ返しがあります。悪者は嫌われ者です。こういった時こそ皆の意見をよく聞き、皆の後ろに立つようにするのです。【解説】「悪い奴はやっつけていい」という考え方は大変危険です。そもそも悪い奴とはどんな奴でしょうか。悪いやつとは、おそらく誰にとっても...

  10. 「親しむこと」と「なれ合い」を分かつもの - 今日の易の言葉

    「親しむこと」と「なれ合い」を分かつもの

    【3/6(水)の易の言葉】は【比・ヒ】です。人と親しむには【親しむべき人と親しむ】ことが重要です。好きな人や自分に都合のいい人ではなくて、有徳の人や近親者と親しむように心がけましょう。これは、良薬は口に苦く、酒や甘いものには適度さを保つべきことと同じです。【解説】親しむとは、「親しき仲にも礼儀あり」とも言うように、最低限の節度を守りつつ、お互いにとってちょうどよい距離感を保つことです。ですか...

  11. 人は権威や超常現象に弱い - 今日の易の言葉

    人は権威や超常現象に弱い

    【3/5(火)の易の言葉】は【鼎・テイ】です。安定を得るためには【最低限必要なこと】があるはずです。地位や権力といった器には必ず盛衰があります。立派な器に下らない中身を入れて、それを渡したところで誰も喜びません。そこに入るべきは朽ち果てないまごころなのです。【解説】人はいい意味でも悪い意味でも、だまされやすい生き物です。例えば、卑弥呼は、勾玉や鏡を使って太陽光を反射させることで、「私は光を自...

  12. 「些細な感覚」も大事な自分の一部 - 今日の易の言葉

    「些細な感覚」も大事な自分の一部

    【3/4(月)の易の言葉】は【大過・タイカ】です。日常的なことや慣れたことや簡単なことには、過ちを犯しがちです。何事も【軽く見ずに慎重さを失わない】ことが大事です。そのような気持ちがないと、いつか深い川を歩いて渡ろうとすることになり、結局は失敗します。【解説】大過とは、「悪いことではないけどやり過ぎなこと」を意味します。感覚的に分かる例としては、とても楽しかった飲み会の翌日の感覚です。酒を飲...

  13. その人間関係を「割り切る」境界線 - 今日の易の言葉

    その人間関係を「割り切る」境界線

    【3/3(日)の易の言葉】は【中孚・チュウフ】です。人と人に何らかの関係がある時、そこには利害関係か真心による信頼関係があるものです。利害関係は一回終局のものですが、【真心が発端の関係は長続きする】ことを心に留めておきましょう。所詮、金の切れ目は縁の切れ目です。【解説】信頼関係とは、つまるところ「与えてもいい関係」です。与えてもいいとは、自分が損害を被り、それが相手の利得となっても、そのこと...

  14. 人間関係の修復は無駄に終わることもある - 今日の易の言葉

    人間関係の修復は無駄に終わることもある

    【3/2(土)の易の言葉】は【既済・キサイ】です。物事には始まりと終わりがあります。終わったことにこだわっていては心も周りの状況も乱れるばかりです。【終わったことは終わったことと未練を捨てる】ことが大切です。それはもう覆せないことではないでしょうか。【解説】世の中には、過去に戻らないとそのことは覆せない場合と、未来に向かってそのことを覆すことができる場合の二つの場合があります。前者の分かりや...

  15. 「苦労」は評価してもらえない - 今日の易の言葉

    「苦労」は評価してもらえない

    【3/1(金)の易の言葉】は【蹇・ケン】です。患難にはその時に克服すべきものとそうでないものがあります。だから、自分の至らなさを知って【やめておこうと判断すること】も時には重要なのです。前進や進歩と言うといかにもカッコいいですが、正しい善い方法とは限りません。【解説】映画や漫画などの物語には、主人公が「罠と分かっていても行く」という場面がある場合があります。確かに、罠と分かっていても敵陣に突...

  16. 「志」=「価値観」がその人の人生を決める - 今日の易の言葉

    「志」=「価値観」がその人の人生を決める

    【2/28(木)の易の言葉】は【乾・ケン】です。人の意見をよく聞き、数千年前から残されてきている知恵に心の耳を傾けながらも、自分がこうしたいと思う【自発的な気持ち】を大事にしましょう。人も意欲も様々です。この異なる動機と人格の調和が世界を形作っているのです。【解説】価値観は人それぞれです。また、この価値観が人の生きる方向性を決めます。例えば、「お金が第一」という価値観を持っている人は、日産の...

  17. 「決定する人」と「決定に従う人」 - 今日の易の言葉

    「決定する人」と「決定に従う人」

    【2/27(水)の易の言葉】は【巽・ソン】です。人の言いなりになることと、人に従うことは違います。言いなりになれば犯罪も犯し、従うのならその人への忠告もでき、その人を見切ることもできるのです。【言いなりになるのはやめる勇気】を持ちましょう。自分も判断するのです。【解説】人に従うということは重要なことです。人に従うということがないと、例えば会社の場合、部長が社長に命令するとか、平社員が課長に命...

  18. 旅立つ人を引き止めないこと - 今日の易の言葉

    旅立つ人を引き止めないこと

    【2/26(火)の易の言葉】は【旅・リョ】です。人生は自分の居場所を探す旅ともいえるでしょう。それなのに旅の恥はかき捨てとばかりに、節操のない行動をしていれば、居場所が見つかるはずがありません。【恥を知ること】が人に心やすらぐ居場所を提供するのです。【解説】良い旅立ちでも、悪い旅立ちでも、旅に出ようという人は、引き止めないほうがいいものです。良い旅立ちならば、「ここ、あなた」という帰ってくる...

  19. 「モラハラ」や「叩き」の正体 - 今日の易の言葉

    「モラハラ」や「叩き」の正体

    【2/25(月)の易の言葉】は【師・シ】です。無意識のうちに積み上がっていくのがストレスや不安です。これはあるところで表に出るのですが、善い結果の原因とも悪い結果の原因ともなります。【ストレスや不安の適切な処理】を心がけましょう。訓練を心がけ、理性で修正するのです。【解説】怒りや欲望といった、表に出すと人から批判されるようなマイナスイメージのある感情は、抑圧されて、本人でも意識できない無意識...

  20. 悪事の報いは津波のように来る - 今日の易の言葉

    悪事の報いは津波のように来る

    【2/24(日)の易の言葉】は【夬・カイ】です。悪者だからといって、暴力などの手段で追い払ってはなりません。【暴力やゴリ押しは焦りの裏返し】であり、必ずしっぺ返しがあります。悪者は嫌われ者です。こういった時こそ皆の意見をよく聞き、皆の後ろに立つようにするのです。【解説】善事の報いは少しずつじわじわ現れてくる場合が多いのですが、悪事の報いは堤防が決壊するように一気に出る場合が多いものです。とい...

総件数:164 件

似ているタグ