昔絵本のタグまとめ

昔絵本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには昔絵本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「昔絵本」タグの記事(8)

  1. アラン・グレの「飛んで見える物」絵本 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    アラン・グレの「飛んで見える物」絵本

    一年前の冬頃、ルイスのアンティーク・モールで、友達へのプレゼント用にこの絵本を買いました。日本でも一時プラザでグッズ展開した、フランスの絵本作家Alain Gree アラン・グレの絵本です。私にとっても、非常に好みのイラストの昔絵本です。サイズはB5変形位で、簡易ハード・カバーです。見返しが簡略化され、中面はすぐに中表紙から始まります。タイトルは「飛ぶ物を見てごらん」で、「Look Arou...

  2. 世界の旅の絵本「Wonderful World」 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    世界の旅の絵本「Wonderful World」

    昨年のフリマで、好みの古い絵本を手に入れました。出版社は可愛い昔絵本の宝庫の「GoldenPleasure Books」で、作家はAlan Jessett。初版は1963年のオランダだそうです。仕様は、A4程度のハード・カバーです。見返しと中表紙が一緒になっています。内容は、世界を旅して様々な国とその文化を子供に紹介する本です。この手の内容の幼児用絵本は、昔から欧米に結構多く存在していたよう...

  3. 絵本「テディベアのピクニック」 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    絵本「テディベアのピクニック」

    昨年フリマで手に入れた、古い絵本です。A4変形のハードカバーで、出版社と印刷はイングランド。発行年は分かりまんが、1950~60年辺りだと思います。凄く好みの絵柄と言う訳ではないけれど、イギリスの絵本としては破格に可愛いと思いました。作者は「Willy Schermele」と言うオランダ人で、元はオランダで発行された内容なのかも知れません。本文は子供の古絵本の割には概ね綺麗な状態ですが、表紙...

  4. 小鳥と巣の絵本 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    小鳥と巣の絵本

    昨年の夏のフリマで、古い木製品とか好みのレトロ物を豊富に売っているストールがありました。其処で、この古い絵本を買いました。野鳥と、その巣を描いています。GOLDEN PLEASUERE BOOKSと書いてありますが、アメリカのそれとは無関係のようです。発行年は1965年で、元の出版元と印刷はチェコスロヴァキア。作者も、恐らくチェコスロヴァキア人だと思います。これはその裏表紙。サイズはB5程度...

  5. ルイスのアンティーク・モール巡り 紙物編 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ルイスのアンティーク・モール巡り 紙物編

    インターネットの普及で、紙の文化は急速に廃れて行っていると言われています。その証拠に、出版業や印刷業、製紙業はどんどん苦境になって来ているそうです。しかし、こうしてブログなんかをやっている私ですが、インターネットの利便性と紙文化はまた別物。実は紙の印刷物には、ネットでは決して伝える事の出来ない豊かな情報量が在るのです。そしてそう言われると、アンティーク・モール等で見掛けるビンテージの紙類が、...

  6. アール・デコのマザー・グースの絵本 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    アール・デコのマザー・グースの絵本

    フリマで手に入れた、小さな美しいマザー・グースの絵本です。サイズはB6位で、布張りの品の良い装丁です。タイトルは、「小さな青い童謡の本」となっています。これらの詩は、日本やアメリカでは「マザー・グースの歌」として知られていますが、イギリスでは一般的にNursery Rhymes 童謡と呼ばれます。イラストレーターは、「Henriette Willbeek Le Mair(1889生~1966...

  7. ギョウ・フジカワの絵本「何て忙しい日!」 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ギョウ・フジカワの絵本「何て忙しい日!」

    日差しがジリジリと暑く、意識が朦朧とするフリマで(大げさ。日本の夏の暑さに比べりゃ生温い)、ふと目に入った一冊の古い絵本。明らかに、イギリスの多くの中古絵本とは一味も二味も違い、大きな魅力を放って見えました。著者名を確認して納得。日系アメリカ人イラストレーター、ギョウ・フジカワの絵本でした。タイトルは、「Oh! What a Busy Day! ああ、何て忙しい日!」で、サイズはB4位の大判...

  8. デブ猫に捧ぐ絵本「キャットゥンドラ」 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    デブ猫に捧ぐ絵本「キャットゥンドラ」

    フリマで、表紙が割と可愛い猫の絵だし古そうなので、手にとって中身をパラパラと読んでみたら、独特な話の展開が即効気に入って買った中々の傑作です。発行は1978年で、アメリカで出版されたようです。主人公は、「キャットゥンドラ」と呼ばれる太ったメス猫。森の中の打ち捨てられたボロボロの山小屋に、一匹で「隠れて」住んでいます。何故なら、森の他の動物達から姿を見られる度に、「やーい、太っちょ!」と罵られ...

総件数:8 件

似ているタグ