昔話のタグまとめ

昔話」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには昔話に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「昔話」タグの記事(67)

  1. 消防車と思い出 - Have a nice day!

    消防車と思い出

    季節に関係なく救急車のサイレンをよく耳にします。行く道を遮らげることが多いのでしょう、道を開けてくれるように救急隊員の声も聞こえます。自動車学校では道を譲るように教えられたはずですが、道が狭かったり混雑するとなかなかスムーズにいかない様です。患者さんは大丈夫かと要らぬ心配をしてしまいます。消防車のサイレンもよく耳にします。サイレンが近いと気になって消防局のHPをみてしまいます。我が家の近所の...

  2. エンリケと私 - かじようこ日記

    エンリケと私

    ちょっと昔話をします。私は98年10月に留学を終えて帰って来て、翌99年からプロとして活動しだしました。六本木の麗の店のレギュラー、4月からは佐倉スポーツクラブで講師、9月からは自分のフラメンコ教室をスタートさせました。なので、来年でプロとして活動し出して20年になります。思い返してみれば、ペーペーの時に厳しくも暖かい先輩方や優しく見守って下さるお客様に囲まれて私はとてもラッキーだったな、と...

  3. 勤労感謝の日に「9To5」byシーナ・イーストン。働き方改革、する気でしないとブラックのままだよね… - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    勤労感謝の日に「9To5」byシーナ・イーストン。働き...

    最近、規則正しい生活が続いておりまして、頭に浮かぶ曲はSheena Eastonの「9To5(ナイントゥーファイブ。9時から5時まで。」です。同じくらいの時期に、ドリー・パートンが映画「9時から5時まで/9to5」の主題歌を歌ったので混乱を招きましたが、このふたりを見間違えることは決してありませんでした…笑シーナ・イーストンがデビュー当時にミュージックフェアに出たのを、僕んちでキンカマと一緒...

  4. 水精(花輪和一)感想 - 横縞感想館

    水精(花輪和一)感想

    ebookjapanでお買い得だったので購入Kindleとセールのラインナップ大体同じような感じだと思ってたんだけど結構違うのね両方マメにチェックせねば結局Kindleと併用みたいな感じになった本棚が2つあると考えると面白いかも「セミになった子供」セミをいじめる子供をセミ人間にしてしまうセミの話セミになるのがいいことなのか悪いことなのかちっとも分からないなんとなく不気味「水精」また貴族のおう...

  5. 元・上智大学長、土田将雄先生のご冥福をお祈りします&図書館総合展。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    元・上智大学長、土田将雄先生のご冥福をお祈りします&図...

    土田先生の訃報を、さゆりさんから。僕たちが入学した時は、国文学科長でいらして。その後、文学部長から、学長までお務めになったお方でした。松岡助教授(当時)の時のブログ記事でも書きましたけれど、新入生の僕らに対して頻繁に飲み会を開催してくださって、先生方たくさんお越しいただいて、いろんな話やら、宴会で歌う歌とか教えて頂いたり、なんて贅沢だったんでしょう…土田教授は当時、万葉仮名で書かれたテキスト...

  6. Tullen snips - 片手にピストル 心に花束

    Tullen snips

    この前、実家にちょいと帰っててね。道具箱で懐かしいモノを見つけたんです。これ見て覚えてる方いるかなぁ、、、僕がまだ高校生の頃、かれこれ35年以上前に地元のホームセンターで買ったんです。それが今でも現役なのです。Tullen snipsという万能ハサミ。このハサミの何がすごいかというとね。ハサミのブレードに刃が無いのです、そう刃がないのでブリキでもアルミ缶でも何でも切れる。しかも薄い紙でもスパ...

  7. ハロウィン - Have a nice day!

    ハロウィン

    ハロウィンで日本中でお祭り騒ぎになったのはいつ頃からでしょうか。9月になるとデパ地下の食品売り場はオレンジ色に変わりました。徐々にその範囲が広がって、10月になると街の飾りもオレンジ色に。少し抵抗があります。そう言いながら百均で買ったものをチョッと飾ったりしてる自分がおかしい・ハロウィンの期限や文化を知らずに騒いでいる・大人のイベントになっている・マナーが悪すぎる・・ハロウィンの翌日には街が...

  8. 「半分、青い。」終了!これにも「エンドレスラブ」を見て、あれこれと思い入る。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    「半分、青い。」終了!これにも「エンドレスラブ」を見て...

    永野芽郁ちゃんファンで北川悦吏子脚本ファンですから、このドラマ、その日のうちにはどうにかその日の分を観ようと頑張っていた。漫画家時代=オフィス・ティンカーベルが一番好きだったので、その後の舞台で映画とかカフェとかものづくりとかの時にいろんな人が登場したのは(面白かったけれど)僕にはあまり要らなくて、もっともっと秋風先生や菱本っちゃん、ボクテ、そして裕子=大好きな清野菜名ちゃんを観ていたかった...

  9. 熱海の主、Issayさんとひさびの再会♪ - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    熱海の主、Issayさんとひさびの再会♪

    残念な雨が降り続けてましたが…こんな角度でホテル街とビーチを撮るのも初めてでして…熱海です。熱海と言えば、イッセイさんです。ちょこちょこと、やりとりは、していましたが。前回リアルで会ったのは10年ちょい前くらいの表参道〜赤坂だったでしょうか。すっかり丸くなって柔和な印象が意外でした(素懐かしい方々にお会いする旅、続いております。何年経っても、先輩でいてくれる人たち、ありがたいです♪ ...

  10. シノさんと昭和ノスタルジー@京橋〜八重洲〜銀座インズ。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    シノさんと昭和ノスタルジー@京橋〜八重洲〜銀座インズ。

    京橋の方から歩くと、あれ?パイロットって工事中?明治製菓とか味のなんちゃらとかあったよね…?みんな、小ぎれいなビルに建て替わってたり、変わってなかったり。あそこ確か「牛タン利助」だったよね…向こうのビルの7階が制作でいっときそこに居たっけねぇ…そこは昼は喫茶店、夜はパブで、やたらと使ってて誰かの送別会っちゅーとねぇ。あ、僕の時もそこだっけか。その向こうにチャイナチャイム(通称チャイチャイ)が...

  11. さくらももこさん、そういうふうにできている、んですよね…? - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    さくらももこさん、そういうふうにできている、んですよね…?

    週末にしかブログを書かなくなって、タイムリーに出来事に乗っかるのは難しくなった。「ちびまる子ちゃん」の9/2の再放送、「まる子、きょうだいげんかをする」の回は、大号泣しながら観た…昔好きだった番組、村上龍さんの「Ryu's Bar」に、さくらももこさんと吉本ばななさんがゲストで出た時だったか。ふたりして新宿三丁目で飲んで、遅くに「富士そば」でシメにおそば食べながら「今度買ったオース...

  12. 高尾山から母校パウロを臨む。コーヒー。うかい亭。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    高尾山から母校パウロを臨む。コーヒー。うかい亭。

    そうそう、高尾山にこないだ登ったんですよ。って、ケーブルカーで途中まで上ったんですけれどもね。若者や、初めての人は山頂めざして元気に登ってゆきました。(複数のルートで山頂にゆけるのですが、今はなんと舗装路でたどり着ける道もあるそうで!)僕は最後は10年、15年くらい前に登ったかなぁー。最初は中学の遠足で来て、SONYのハイスペックなトランシーバーを持ってきてて先生ににらまれたけれど、たまたま...

  13. ユーミン「中央フリーウェイ♪」歌詞から今昔、そしてサントリービール工場。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    ユーミン「中央フリーウェイ♪」歌詞から今昔、そしてサン...

    「ユーミンはもちろん知ってますけれども、『中央フリーウェイ』という曲は知りません」とか若者は真顔で言うので。東京生まれ東京育ち、中央高速を使って通学してたこともある僕が、あれこれと解説してさしあげました。まず、「調布基地を追い越し」ですが、基地はありません。味の素スタジアムとかになりましたとさ。「右に見える競馬場」、府中ですね。「左はビール工場」サントリーの武蔵野工場(昔は、ジョッキにビール...

  14. 「オレンジの口紅」by太田裕美。ノリコさんと江ノ電乗ったあの夏。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    「オレンジの口紅」by太田裕美。ノリコさんと江ノ電乗っ...

    「それじゃあ海でも見に行こうか」と、井の頭線から小田急乗って。藤沢乗り換えで江ノ電。いろんなことを憶えてる僕ですが、どの駅で降りてビーチに出たのか憶えてないですね…(きっと、夏休みの終わり頃の平日、横に彼女がいるだけで舞い上がってたんだと思います…)僕はリーバイの"Movin' On'という新しく出たシリーズの柔らかな生地のブーツカットっぽいシルエットのジーンズ...

  15. 1983 東京 - 片手にピストル 心に花束

    1983 東京

    ※2015年の日記ですが追記しました。今から32年前、1983年、バブル景気に向かって東京は元気で熱かった。世界的に見てもヒップホップやグラフィティー等、ストリートから生まれた文化やアートが認められ始めたのも80年代初頭の事である。当時僕は17才、多感な時代に触れたものに影響されまくり、、当たり前のように東京に憧れていた。そして18歳で上京して真っ先に見に行ったのがキラー通り(今でも通じるの...

  16. 陽明門の謎(2) - 安敦誌

    陽明門の謎(2)

    前回 の続き。けっこう間があいてしまったが、前回の記事を書いた時点で持っていた以上の情報はあまり得られなかった。それほど真剣に調査したわけでもないので仕方がないが。前回は「東照社造営副奉行 本多正盛が切腹を命じられる」というのがどういう事件だったのか、という問いを発したところで終わったのだが、このあたりの情報をネット上で検索すると、いくらか情報が得られる。本多正盛の墓(福生寺)|信濃春秋その...

  17. 上智大の新6号館=ソフィアタワーと、ソフィアンズクラブに行く。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    上智大の新6号館=ソフィアタワーと、ソフィアンズクラブ...

    昨日に続き、上智大学での話。去年だかの「ぴったんこカンカン」で吉田鋼太郎さんが、ふざけながら彼がシェイクスピア研究会で演劇を披露した小劇場のある校舎に入ってゆくあたりのシーンを思い出しながら、正門前です。祖母が上京してきた時に、一緒にここで写真撮ったのを憶えてます(探してみようっと)。マサキくんは、「四ッ谷駅のPAULのカフェで待ち合わせてもいいけど、新6号館(ソフィアタワーというらしい)に...

  18. 上智グランド、土手、「青が散る」ノスタルジー全開な四谷。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    上智グランド、土手、「青が散る」ノスタルジー全開な四谷。

    先週、マサキ君と会って打合せすることになりまして。上智大学で会いましょうということになったんです。まずそんじゃ今日は、構内入る前のとこのお話。クリスマスミサの時には、イグナチオ教会に来てこのアングルで写真撮りますが、昼間には珍しい。銀祝の前日に、若葉にある聖パウロ修道会で桑島神父様(元・聖パウロ学園高校校長)のインタビューをとるために来たっけ、そんで学校ちらり寄ってニューオータニまで歩いた時...

  19. 祖母のひと言、「上智大学さ行ってれば」が、今さらながらに身に染みております。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    祖母のひと言、「上智大学さ行ってれば」が、今さらながら...

    東京、多摩地区で荒れた中学に通ってイジメられたりして苦労してた僕に、「こんな学校あるよ」というコピーを送ってくれたのは仙台にいる母方の祖母でした。そして「聖ポウロ」(と彼女は書いていた。聖パウロのことです)の全寮制に通ったわけです。そして(中略)上智に受かったと知らせた後から、叔母とふたりで、早稲田に落ちますよjにと祈りを捧げてくれたものですから、上智大学に進んだわけですが。ひょんなことから...

  20. ワールドカップ98フランス@トゥールーズ、日本xアルゼンチン、安室奈美恵、鴨のコンフィでシェリーに口づけ♪ - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    ワールドカップ98フランス@トゥールーズ、日本xアルゼ...

    ロシア大会が始まった。ポルトガルvsスペインの試合は、もういきなり決勝戦レベルの素晴らしさで、他の試合が単調にかすんで見えるほどだ。W杯とか大きなサッカーの大会の時によく仕事と重なって観られないことが多いのだが今のところ無事に観てます。昨夜のアルゼンチンvsアイスランド。アイスランドの人口は33万人だそうだから、ちょうど新宿区並み。新宿区がワールドカップに出られて初戦でアルゼンチンに追い付く...

総件数:67 件

似ているタグ