星景写真のタグまとめ

星景写真」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには星景写真に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「星景写真」タグの記事(360)

  1. 久しぶりの投稿 - mikazukinonamida

    久しぶりの投稿

    ほぼ1年ぶりの投稿この1年で写真の世界を旅してましたいろんな刺激があり学びがあり特にはまり込んだのは星景写真まだまだ未熟だけど写真がより好きになりました1年後にここへ戻ろうと考えてたので時々UPしていこうと思います忘れないでくれた人がまた覗いてくれたら嬉しいな

  2. ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月19日 山形県 Vol.4 END - 遥かなる月光の旅

    ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月19日 山形...

    7月19日の山形県での撮影以降、ネオワイズ彗星の姿を見ていません。毎日のように雨が振り、週間天気予報を見ても東北の梅雨明けは期待できなく、おまけに月はどんどん大きくなる一方なので、恐らくこれで彗星の撮影は終わりになりそうです。次に見ることができたとしてもだいぶ控えめな姿の彗星になっていると思います。結局地元、宮城県での撮影はできないまま…。今回の写真は7/19に撮ったネオワイズ彗星の最後の姿...

  3. ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月19日 山形県 Vol.3 - 遥かなる月光の旅

    ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月19日 山形...

    気温は22℃で湿度も高くレンズフードは結露していました。7月でこの気温は低い方だと思いますが、デジタルカメラにとってはなかなか厳しい環境です。連続して高感度撮影を続けていると、どうしてもノイズが気になり10℃以下の季節が恋しくなります。2020/07/19 22:2723mmソフトフィルターを装着した広角レンズ使用し、北斗七星とネオワイズ彗星のコラボを撮影しました。夕空の透明感どこかに消えて...

  4. ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月19日 山形県 Vol.2 - 遥かなる月光の旅

    ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月19日 山形...

    EOS 6DとEOS Rそれぞれに焦点域の大きく異なるレンズを使って撮影するのは体力を使う。初めの2枚の写真は似たような構図で50mmと70mmの焦点域を使用した撮影なので三脚設置位置はそれ程離れてなく問題ありませんが、片方で広角レンズを使い出すと三脚設置位置が30mくらい離れてしまうので、2台のカメラを行ったり来たり常に海岸をダッシュしまくりという、非常に落ち着きのない撮影になってしまいま...

  5. ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月19日 山形県 Vol.1 - 遥かなる月光の旅

    ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月19日 山形...

    先日までは夜明けのネオワイズ彗星を狙っていたけれど、これからは夕景からが狙い目。7月19日 SCWを見ると、この日は蔵王でも十分に撮影可能でしたが、山形市の光害が心配だったのと山頂付近の天候に不信感あったので、確実に晴れると見込める山形県の沿岸部まで撮影に行きました。しかし、山形県の沿岸部は初めて訪れるので勝手が全くわからない。ロケハンもろくにできないままの撮影は不安でしたが、先日のように一...

  6. 【 遥かなる月光の旅 】 10年 - 遥かなる月光の旅

    【 遥かなる月光の旅 】 10年

    2010年7月18日にブログを開設したので今日で10年が経過しました。このブログ更新を含めると総件数は1330件です。まさかこのブログが10年なんて思いもしませんでした。どうせ1ヶ月も続かないでやめちゃうんだろう…。なんて思っていたのにいつの間にか10年です。ブログを立ち上げた当初は星景写真にはそれほど興味はなくて、月明かりを利用して撮影を行う、『 月光写真 』に夢中になっていました。月光写...

  7. 積丹の岬でグルグル - 北海道photo一撮り旅

    積丹の岬でグルグル

    久し振りに天気予報は晴れ、「積丹半島」の突端付近で星景写真を撮ってみました。暖かい金曜日の夜のせいでしょうか車が多く、ライトの灯りが入った画像をカットすると破線の比較明合成になってしまいました(笑)画像は神恵内村川白の「窓岩」を手前に神威岬方面です。にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気に入って頂けた写真文章などがお目に留まりましたらお好きなバナーのクリックをお願いいたします

  8. ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月14日撮影 Vol.3 - 遥かなる月光の旅

    ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月14日撮影 ...

    『 ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月14日撮影 Vol.2 』の記事の続きです。↓ ↓ ↓am 2:1247mm横構図はEOS Rが担当。レンズはRF24-105mm F4L IS USM開放F4なのが辛い…。このカットはテスト撮影。海岸は良い雰囲気なのに荒れ果ててる。この時、既にテイルが顔を見せていましたが、彗星だとは思いもせず。この光はなんだろう…?漁火の影響だったら困ったな…...

  9. ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月14日撮影 Vol.2 - 遥かなる月光の旅

    ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月14日撮影 ...

    『 ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月14日撮影 Vol.1 』 の記事の続きです。↓↓↓am 2:40110mmこれから本番という時にもくもくとガスのような薄い雲が湧いてきた 汗am 2:42110mm「 嘘だろー!?!?」と誰もいない海岸で1人叫ぶ。おわった。これは、完全に詰んだかもしれない…。と、思いきや。am 2:50102mmネオワイズ彗星はもう一度僕の前に姿を見せてくれま...

  10. ネオワイズ彗星 (C/2020F3)  7月14日撮影 前半 - 遥かなる月光の旅

    ネオワイズ彗星 (C/2020F3) 7月14日撮影 前半

    2:22120mm2:30115mm三脚固定 1枚撮りCANON EOS 6DEF70-200mm f/2.8L IS II USM今朝撮ってきたネオワイズ彗星(C/2020F3)です。1枚目はまだ彗星は見えないだろうと思い、テスト撮影を繰り返していたときのものです。岩の裏から空に向かって伸びるものが見えたのですが、はじめは漁船のサーチライトかな?それとも誰かがライトで空を照らしているのか?...

  11. ネオワイズ彗星 C/2020F3 後半 - 遥かなる月光の旅

    ネオワイズ彗星 C/2020F3 後半

    70mm 2:4767mm 2:5663mm 3:102020/07/09CANON EOS RRF24-105mm F4L IS USMもう一台のカメラで撮影したものです。縦構図にすると何故かスリープモードに入るので思うように撮影できませんでした。こんなときに不具合かと焦りながら2台のカメラを操作し、肝心の彗星の目視はそっちのけでした…。ネオワイズ彗星は低空なので、風景と一緒に撮影できるの...

  12. ネオワイズ彗星  C/2020F3 - 遥かなる月光の旅

    ネオワイズ彗星 C/2020F3

    今朝、撮ってきました。固定の1枚撮りです。2:46 125mm 2:57 135mm 2:59 135mm 3:06 125mm 2020/07/09 CANON EOS 6DEF70-200mm f/2.8L IS II USM#ネオワイズ彗星#NEOWISE#C/2020F3

  13. 石碑 と 天の川 - 遥かなる月光の旅

    石碑 と 天の川

    蔵王刈田岳の石碑と天の川です。5年前に撮影した構図で、もう一度撮影してみました。星空を見上げるようなイメージで、さそり座と夏の大三角を構図に入れました。石碑の左側に並ぶ惑星は、左が土星で右が木星です。5年前に撮影した構図。あれからもうそんなに経つのか…。

  14. 北斗七星 / 蔵王 - 遥かなる月光の旅

    北斗七星 / 蔵王

    前回の記事の続き。月明かりが地上風景を照らし、朽木のある風景が浮かび上がりました。中央の白いものは残雪です。程よいアクセントになったと思います。上空には北斗七星。まるで朽木の群れが星空を見上げているかのようでした。周囲はどこも朽木ばかり。10年前の蔵王はこんなに枯れ果ててなかったよね。朽木は星空と相性が良いと思いますが、流石に今後が心配になってきます…。朽木といえば、自分の作品にも何度か登場...

  15. 星ナビ 7月号2020 掲載 - 遥かなる月光の旅

    星ナビ 7月号2020 掲載

    タイトル【 ふたご座流星群の火球 】【選評 / 星ナビ編集部】ふたご座流星群狙いの撮影で、みごとな火球です。絶妙な位置に入って、たいへんラッキーでした。月明かりのため星は弱いのですが、雰囲気の良い海岸の情景がわかります。月齢19の大きな月が輝く中での撮影。月明かりの影響で星は針で突いた穴のようにしか写せませんが、三陸海岸の風景は美しく浮かび上がりました。流星の撮影方法は、構図を決めたら余計な...

  16. 2015年 5月 - 遥かなる月光の旅

    2015年 5月

    もう5年も前の写真。2019年で最後となった菜の花まつりの会場は、今どうなっているんだろう?ドライブがてらに様子を見に行きたいけど、今は県を跨ぐ移動はできませんね…。

  17. 犬山で星景 - Digital Photo Diary

    犬山で星景

    数年前にもヒトツバタゴと星の軌跡を撮影したことがある星景写真も最近では色々な撮影・表現方法がある今回は比較明合成で撮影湿度はあったもののほぼ無風快晴で撮影することができた。今回で新たな発見があったやっぱ通うことは大事だなぁ2020/05/11EOS 5DMarkⅣ EF16-35 f2.8 L Ⅲ F2.8・10秒・ISO1250 x650枚

  18. 2010年 6月 蔵王 - 遥かなる月光の旅

    2010年 6月 蔵王

    星景写真を撮り始めたばかりの頃の1枚。昇ってきた月が大地を照らしてくれました。月明かりの影響か、青っぽい空が印象的です。とりあえず北斗七星を構図に入れてみました。という感じが伝わってきます 笑2010年6月の写真ですが、撮影中の雰囲気や感情は今も覚えています。10年前というのは昔のようで昔じゃない。そんな感じがします。

  19. 2006年 5月 折石 - 遥かなる月光の旅

    2006年 5月 折石

    2006年の5月に撮影した月光写真。夜の撮影の面白さに目覚めた頃です。荒削りな写真ですが、新たに現像してみました。あの頃の写真はどれも未熟ですが、心ときめかせながらファインダーを覗いていたことを思い出させてくれます。カメラはCANON EOS 30Dライブビューも無く、まさにファインダー越しの世界でした。

  20. 北斗七星 と エドヒガンザクラ 2019 - 遥かなる月光の旅

    北斗七星 と エドヒガンザクラ 2019

    月明かりに照らされるエドヒガンザクラ。縦構図にし、北斗七星とのコラボです。月明かりの下でも春の陽気を感じることができました。去年撮影したものです。

総件数:360 件

似ているタグ