映画・ドラマのタグまとめ

映画・ドラマ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画・ドラマに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画・ドラマ」タグの記事(10)

  1. 기억의 밤(記憶の夜 )他 - キューニーの食卓

    기억의 밤(記憶の夜 )他

    今週は韓国人友達と映画に行って来た。↓カン・ハヌル&キム・ムヨルがW主演のサスペンス映画で「기억의 밤(記憶の夜)」一見幸せそうな家族に秘められた悲しい物語で、昔の殺人事件が関与している。これも、妄想なのか現実なのかわからない部分が何度も出てくるのでややこしいが、内容的にも面白く、見応えがあった。お薦めの映画!最初の部分で、主人公の夢の中で一瞬幽霊?が出てくる場面があった。かなりビックリした...

  2. 꾼(クン) - キューニーの食卓

    꾼(クン)

    今日も一人で映画。ヒョンビン&ユ・ジテがダブル主演の犯罪娯楽映画「꾼(クン)」。詐欺師が詐欺師を騙す映画。単なる詐欺ではなく、みんな詐欺の上乗せで、後半、どれが真実なのかわからなくなり、頭の中が???。でも、最後はある一つの目的のために、完全計画の詐欺が行われていたのがわかり、すっきり。最初はかっこいいヒョンビンが詐欺師?と思っていたけど、演技が上手いので全く違和感はなく、変装マスクを取る場...

  3. 7호실(7号室) - キューニーの食卓

    7호실(7号室)

    先週一人で観た映画。シン・ハギュンとEXOのディオがダブル主演のコメディ?映画「7호실(7号室)」2人の演技ややり取りは面白いけど、人の死をなんやと思ってるんや?!とちょっと怒りを感じた。何より朝鮮族(北朝鮮に近い中国に住む同胞・国籍は中国)に対する韓国人の差別意識がよく表れている映画だと思った。残念〜。

  4. 『銘々のテーブル』(テレンス・ラティガン、訳=能美武功、青空文庫) - 晴読雨読ときどき韓国語

    『銘々のテーブル』(テレンス・ラティガン、訳=能美武功...

    『Separatetables』(Sir Terence Mervyn Rattigan, 1954)本作は2幕の戯曲で、第1幕は12月、第2幕はその1年半後となっている。舞台はボーンマス近くのボーリガードホテル。登場人物は以下の通り(ほぼ登場順)。メイベル――中年のウエイトレス。無口で陰気。モード・レイルトンベル――滞在客で65歳。銀狐のストールが特徴。グラディス・マシスン――役人の未亡人...

  5. 『A Woman of No Importance』(Oscar Wilde) - 晴読雨読ときどき韓国語

    『A Woman of No Importance』(...

    戯曲『つまらぬ女』(オスカー・ワイルド)タイトルのno importanceは「取るに足りない」、「どうでもいい」とも訳せる。本作にはこのタイトルに合いそうな女が大勢登場するので、だれのことを指しているのか、だれがその台詞を言ったのか、はかなり読み進んでいくまでつかめない。それまではイギリスの有閑階級の男女の会話に付き合って、登場人物ひとりひとりの言動を楽しんでいればよい。そこへ新たにひとり...

  6. 8年越しの花嫁(試写会) - 毎日が好奇心!

    8年越しの花嫁(試写会)

    昨日、試写会に行ってきました。8年間の無償の愛を貫いた、真実の物語。簡単にストーリーお互いに惹かれあい結婚を約束した尚志と麻衣。婚約指輪を指にはめ、幸せそうに笑う麻衣。彼女が前々からあこがれていた教会で、念願の結婚式の日取りの予約をする事が出来た。しかし、、、突然の麻衣の不可解な行動。記憶の欠落と幻覚。麻衣は恐怖のあまり叫びだす。その後麻衣は病院でこん睡状態となってしまう。意識不明。このまま...

  7. ナラタージュをみてきた - 毎日が好奇心!

    ナラタージュをみてきた

    おはよーーござまーーーす!もーーー、今日は仕事でもないのに早起きです。基本仕事のない日は寝坊が当たり前でして、それなのに今日は旦那に起こされました(T-T )ゴルフだからです。おかげで2度寝しようと思ったんだけど、寝られないので起きました。窓を開けたら涼しい。寒いくらいですかね。雨がしとしと降ってるし。旦那はゴルフなのに気の毒に。まぁ雨だろうが風だろうが平気でやりますけどね。昨日映画に行きま...

  8. 아이 캔 스피크(I can speak)&プレッツェル - キューニーの食卓

    아이 캔 스피크(I can speak)&プレッツェル

    今日は一人で映画を観に行って来た。慰安婦ハルモニ(おばあさん)の実話という「아이 캔 스피크(I can speak)」笑いもある映画だったが、やはり内容が内容のためいたたまれず。私も泣いた。実話といえどもどこまでが本当なのか?おばあさんがアメリカの議員の前で演説をする時、自分のお腹を最初に見せた。傷だらけのお腹に、旭日旗や「いぬころ」と入れ墨が入れられていたのは、衝撃だった。これは演出のよ...

  9. ボブという名の猫 - 毎日が好奇心!

    ボブという名の猫

    観てきました~~~~~!もうずっとみたくてウズウズしていたんですが、やっとです。一日一回上映になってしまって、いつ終わってしまうかハラハラしてたんですが日曜日にみられました。午前中の上映はあまり選ばないのですが、それのみ。午前中って眠くなっちゃうから。でも、んなこと言ってられません。劇場も沢山の人でびっくり!私と同じで終わってしまう~と慌てて見た人も多いかと。午前中だからお仕事している人は無...

  10. 그것(それ) - キューニーの食卓

    그것(それ)

    昨日はOさんと刺し子の糸を買いに東大門総合市場へ。その前に東大門で映画「그것(それ)」を観た。↓그것(それ)←元々のITでええやん?!という感じの題名(笑)この映画はホラー映画。これは本当に怖い!どういったらいいかわからないが、とにかく無駄に怖く?、映画を観ているというよりお化け屋敷にいるような感じだった。終わった後、ぐったり〜。←でも約600円で2時間お化け屋敷を楽しんだと思ったら、かなり...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ