映画・2017のタグまとめ

映画・2017」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画・2017に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画・2017」タグの記事(39)

  1. LOVING VINCENT (ゴッホ 最期の手紙)...★3 - 旦那@八丁堀

    LOVING VINCENT (ゴッホ 最期の手紙)....

    ゴッホの死の秘密に迫るサスペンスタッチのファンタジー。油絵調のアニメーションがとっても新鮮で美しいのだが何せ昨日の深酒がたたって見事に寝落ちしロクに筋追えず。今年ラストムービーなのにいと悲し。

  2. MR.LONG/ミスター・ロン...★4 - 旦那@八丁堀

    MR.LONG/ミスター・ロン...★4

    今年もお世話になった武蔵野館。台湾から来た孤独な殺し屋の物語。感想↓ 凄腕殺し屋を演じるチャン・チェンは有名らしいが個人的には初見。2時間殆どセリフ無し(笑)。六本木に居る台湾人マフィア殺しを依頼されるも失敗、追われる身に。身を隠したのは北関東の田舎、と言う設定だがエンドロール見ると足利市がロケ地である模様。救いの無い灰色の街で出会ったシャブ中の母と子。結果子供に救われて街にいつくが料理の腕...

  3. 勝手にふるえてろ...★3 - 旦那@八丁堀

    勝手にふるえてろ...★3

    本日二本目は渋谷へ。感想↓ OLが二人の男の間で揺れ動く他愛無いストーリーだが『ちはやふる』の敵役がなかなか良かった松岡茉優の吹っ切れた(振り切った)演技が見もの。原作は綿矢りさの小説だがこのラップ調の内なる叫びは活字で読んでみたいかも。

  4. DESTINY 鎌倉ものがたり...★4 - 旦那@八丁堀

    DESTINY 鎌倉ものがたり...★4

    本日はPMTCをやってからアップルストアに3年ものでバッテリーがへたってきたiPhone6+を持ち込むが劣化度測定してもらったところ93%。80%くらいが交換目安なのでまだまだいけると。で、本日は映画ハシゴ。まずは木場。感想と高麗屋ポスター↓ チャラい予告編の印象で余り期待してなかったのだが良い意味で裏切られた。上質のファンタジー。鎌倉は現世と黄泉の国が交わるところと言う設定で在住の作家=堺...

  5. STAR WARS: THE LAST JEDI (スター・ウォーズ/最後のジェダイ)...★3 - 旦那@八丁堀

    STAR WARS: THE LAST JEDI (ス...

    そろそろ空いてくる頃合かと言うことで今回は錦糸町で鑑賞することに。エピソード7はやっぱりほぼ忘れているが気にしない。感想↓ 152分は長すぎるかなと。話の流れとか幅広い年齢層が観ることを考えてもここまで長くする必然性を感じず間延び感はちょっと残念。ただ、最後は締めてくれるのは流石。アレの登場で「待ってました〜」と声がかかりそう...。若干やりすぎ位にオマージュをふんだんに盛り込んだオールドフ...

  6. FLATLINERS (フラットライナーズ)...★3 - 旦那@八丁堀

    FLATLINERS (フラットライナーズ)...★3

    オリジナルは1990年公開。観たかもしれないけど内容は完全に忘却の彼方。ほぼホラーみたいな前評判だけど...感想↓ ズバリその通りだったけど決して悪くないBホラー。臨死体験に迫る内容を想像していたのだけれど神秘性の方には余り振らずにほぼ脳内現象前提に徹することで手堅く纏めたとも言えるが一方で中盤〜終盤で結末がほぼ見えてきちゃう流れ。ただしつこいようだがBホラーとしては良く出来ていて怖い仕掛け...

  7. DANCING BEETHOVEN (ダンシング・ベートーヴェン)...★3 - 旦那@八丁堀

    DANCING BEETHOVEN (ダンシング・ベー...

    今週中に武蔵野館で二本観ないといけないのだけど(いけないこともないのだけど)、選択肢は限定的。で、本作。第九でバレーって有り?程度の知識しかないのだけど本番に向けた準備・メイキング系のドキュメンタリーは意外とど素人が観ても楽しめるダンサーの躍動感と手足の「張り」。80分の(自分にとっては)ちょうど良い尺。

  8. 花筐 HANAGATAMI ...★2 - 旦那@八丁堀

    花筐 HANAGATAMI ...★2

    ・・・・で、昨日の歌舞伎・夜の部疲れがたたり、前段30分寝落ち...。巨匠の映像美もストーリーがやや難解で私には猫小判だった。スバル興業株は11月の年高85万から10万ほど調整。持ち株の中では今年一番上がった株だけどテアトル・東映とかと違って一個しか持ってないので上がっても売れなくて永代保有予定。

  9. DENIAL (否定と肯定)...★2 - 旦那@八丁堀

    DENIAL (否定と肯定)...★2

    TOHOシネマズ日比谷が秒読みでシネマズシャンテはいつまであるんだっけ...。ここのサイズ感やラインナップ好きだったんだけどな。感想↓ えーと。原題「DENIAL」が言うようにホロコーストは捏造だと言う研究者と法廷で戦った実話。初めて知った話だが、否定論者のロジックは世迷言レベルで論争はお世辞にもスリリングとは言えず、ラストのカタルシスもカタルシスと言えるかどうか。不明にしてイギリスの法律だ...

  10. 8年越しの花嫁 奇跡の実話...★3 - 旦那@八丁堀

    8年越しの花嫁 奇跡の実話...★3

    最近、毎朝のお楽しみは私の履歴書@日経朝刊=江夏豊。全盛期は知らないのだがニトリ社長以来の面白さ。細く長く、では人の記憶には残らないんだな、と。で、本日のムービーはタケルもの。松竹配給だからわざわざ池袋まで行かなくても丸の内ピカデリーでも観れたと観た後で気づく。タケル人気で女子大学生・高校生が殆ど=やや浮いている。感想↓ 難病で昏睡状態になってしまった婚約者を待ち続ける佐藤健。その深い愛・真...

  11. なっちゃんはまだ新宿...★2 - 旦那@八丁堀

    なっちゃんはまだ新宿...★2

    そろそろ今年もカウントダウン。220本までは行かないかな?今宵は「ならでは」のカリテ作品・チケット売り場でタイトル言うのがちょっと恥ずかしい。感想↓ 高校時代に好きになった男の子と付き合っていた「なっちゃん」が気づいたらボーレイのように傍に居る。脚本はそんなに悪くないと思うんだけど、いかんせん「なっちゃん」とヒロインのアキちゃん(だったかな)が××で(自ら言ってるが)×××だったりもするので...

  12. ビジランテ...★4 - 旦那@八丁堀

    ビジランテ...★4

    最近のテアトルラインナップでは一番期待していたビジランテ。『花火』での公演が光る桐谷健太は「三男」で出演、また存在感。感想↓ 北関東片田舎の名士・資産家が死んだ。市議の次男、デリヘル経営の三男が相続を話し合う最中、失踪していた長男が公正証書で巻いた遺言を持って現れる。メイン資産の土地は俺のものだぜ、と。相続された土地にアウトレットモールの誘致計画が絡む利権話、その土地に長年住む中国から帰化し...

  13. (2回目鑑賞)シネマ歌舞伎 め組の喧嘩...★4 - 旦那@八丁堀

    (2回目鑑賞)シネマ歌舞伎 め組の喧嘩...★4

    明日から11時〜の1日1回上演になってしまうので本日滑り込み・夜の部2回目鑑賞。シネカブは2回鑑賞が基本。台詞・演技のディティールにも眼が行くようになりより深く楽しめる。感想↓ め組と喧嘩する関取の親玉・四つ車=中村芝翫のこの隈取の為の顔か?というフィットぶりがのっけからまずは楽しい一本なのだがやはり2回目ということで中村勘三郎丈の演技ディティールに注目。芝翫の傲岸不遜な物言いにピリッとくる...

  14. ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~...★3 - 旦那@八丁堀

    ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~...★3

    木場は年内あと何回来るかな〜?STAR WARSくらいか?本当に日にちがあっという間に過ぎていき年末休みが目前。本日はラストレシピ。感想↓ 料理の鉄人みたいな内容を想像していたが予想と異なり軍事ミステリー的な要素が絡む意外とシリアスな内容。なんだけど凄く強引なプロットでそれ無理ありすぎだろ、な竹野内豊の陰謀にやや鼻白むし、戦争終わってからの展開もオイオイな感じで脚本はC+級だが出てくる料理は...

  15. DJANGO (永遠のジャンゴ)...★2 - 旦那@八丁堀

    DJANGO (永遠のジャンゴ)...★2

    連日の武蔵野館。ナチス、迫害系。感想↓ ナチス占領下のパリ。伝説のジャズギタリストはロマ=ジプシーでナチスから迫害を受ける立場だがロマの迫害と言う余り馴染みのないテーマとこの実在のジャズギタリストその人を知らなかったと言うそもそもの話、及び迫害系と言いつつナチス軍団のアグレッシブさにやや物足りないものを感じる演出の中途半端さが相俟って中盤以降退屈症候群。お眠になりかけたあたりで切れがあるジャ...

  16. INTERLUDE IN PRAGUE (プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード)...★3 - 旦那@八丁堀

    INTERLUDE IN PRAGUE (プラハのモー...

    武蔵野興業優待消化月間、残6枚。最近のラインナップは東京テアトル系とダブりまくってるけど取り敢えず今月期限のこっち優先で。感想↓ プラハ在住のさる富豪パトロンがモーツァルトを彼地に召喚。モーツァルトはフィガロに出演するソプラノと恋に落ちるがそのソプラノには富豪パトロンも邪な欲望を...と言う話がドン・ジョバンニのインスピレーションがどこから来たか、に繋がっていく展開で、スザンナ・ケルビーノを...

  17. シネマ歌舞伎 め組の喧嘩...★4 - 旦那@八丁堀

    シネマ歌舞伎 め組の喧嘩...★4

    今月より8月権利分の松竹株主優待ポイントが利用可能。半期で16回。シネマ歌舞伎三昧。本日は中村勘三郎が躍動する『め組の喧嘩』。感想↓ 実はこのタイトルを観る前の「予習」としてドキュメンタリーの「映画 中村勘三郎」をamazonビデオで鑑賞。命日・勘九郎襲名興行の口上で号泣してしまった...。8月に観たシネマ歌舞伎、『棒しばり』の勘三郎も口半開きで観ていたが本作も文字通り躍動。ただ冒頭〜中盤は...

  18. gifted/ギフテッド...★2 - 旦那@八丁堀

    gifted/ギフテッド...★2

    もう12月。映画の日。割と評判良いギフテッドで。感想↓ お前みたいな奴には子供は任せておけんぞよ、の養育権バトル→裁判所命令で引き裂かれると言う既視感満点のストーリーに数学天才少女の複雑な生い立ちが絡んで多少のスパイスになるかと思ったけど想像通りすぎてスレてる観客には迫るもの無く。子役は上手いのだがそれだけでは救われず。

  19. おじいちゃん、死んじゃったって。...★3 - 旦那@八丁堀

    おじいちゃん、死んじゃったって。...★3

    本日はテアトル新宿。レイトショーの『全員死刑』が立ち見になっていてびっくり。映画の出来はともかく株主的には大入りは何より、と言うことで。本日鑑賞はその前の上映回のコレ。感想↓ 大往生したおじいちゃんの葬儀周りの親族ドタバタを描く。おばあちゃんはボケていて、喪主のお父さんはハゲが気になり、お父さん弟はリストラされて、お父さん妹はフェラーリで駆けつける。みんな自分のことばかりかと思いきや実は、な...

  20. 全員死刑...★1 - 旦那@八丁堀

    全員死刑...★1

    『冷たい熱帯魚』制作者、は釣りであることは分かっていても釣られてしまう。。感想↓ 実話ベースの話らしいのだが、狂気を描いたと言うよりピントが狂っている感じでどうにも入っていきようが無い展開。行き当たりばったり・思いつきで人を殺していくのはいいのだが(いいことは無いが)、手口も何か色んな意味で汚らしいし、笑いを誘う意図も見え隠れはするもののそのセンスも違うよな、とため息をついていたら終わってい...

1 - 20 / 総件数:39 件

似ているタグ