映画・2017のタグまとめ

映画・2017」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画・2017に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画・2017」タグの記事(65)

  1. Their Finest (人生はシネマティック!)...★2 - 旦那@八丁堀

    Their Finest (人生はシネマティック!)....

    吉野家で牛丼一杯食ってイトシア有楽町へ。外食優待券の種類が増えてきて使い切れないかも?感想↓ ダンケルクを題材に英国民戦意高揚プロパガンダムービーを製作することになってその脚本を担当することになったほぼ素人女性の話。映画製作の舞台裏。なんだけどその肝心の脚本がちっとも面白くないのが致命的か。役者は良さげなラインナップなんだけどね。

  2. 亜人...★2 - 旦那@八丁堀

    亜人...★2

    不死身の人=亜人vs人間の戦い、と聞いても興味わかず公開後一ヶ月以上放置。え?まだやってたんた...と言うことでやや惰性慣性気味の鑑賞だが年間200本ペースだとこんな時もある。感想↓ タケルと綾野剛と言うキャストは良いのだが、自分で死んでもリセットできると言う亜人コンセプトってどうなの?殺しても死なないので眠らせて捕獲するしかない...亜人は自分の分身=幽霊同士を戦わせることができるとか。こ...

  3. THE CIRCLE (ザ・サークル)...★2 - 旦那@八丁堀

    THE CIRCLE (ザ・サークル)...★2

    本日は錦糸町。錦糸町と言えば楽天地シネマズ錦糸町、来年一旦クローズ&リニューアルオープンを最近になってようやく知る。確かにTOHOにした方が顧客満足度は上がりそうだが、リニューアルする際は是非スクリーン脇の出入り口だけは何とかして欲しいもの。昭和の名残なのだろうが気が散って仕方がないから。で、本日はジグソウとどっちを先に観るか迷ったこの一本。感想↓ 超大手SNS企業をモデルにした「サークル」...

  4. JIGSAW (ジグソウ:ソウ・レガシー)...★3 - 旦那@八丁堀

    JIGSAW (ジグソウ:ソウ・レガシー)...★3

    本日は10日、松竹歌舞伎会員先行発売日。これから観る11月公演に比べると12月は私が気になる役者は揃って西の方に遠征中でラインナップ的にいまいち心が踊らないのだがとりあえず地元・歌舞伎座公演は皆勤したいので朝一で三公演分座席確保。案の定?11月公演の予約時に比べると出足が鈍い?...まあ取り敢えず行ってみるかと。で・本日の一本だけどあの『ソウ』の続編。まだやってたんだ...と思いつつ。感想↓...

  5. CENTRAL INTELLIGENCE (セントラル・インテリジェンス)...★3 - 旦那@八丁堀

    CENTRAL INTELLIGENCE (セントラル...

    マツタケもスバルも東レクもエラいことになっている映画株の中でいつでも低体温で安心な武蔵野とテアトル。その武蔵野館では珍しく?メジャーな香りがするタイトル。感想↓ ワイルド・スピードの着ぐるみ男優ドウェイン・ジョンソンは正直普通に喋って動いているだけで可笑しいのでコメディアン氏と組んだ漫才コンビ相方も難なくこなす。と言うかコメディの方が合っているような。ドウェインのハイスクール時代CG?が爆笑...

  6. IT/イット “それ”が見えたら、終わり。...★2 - 旦那@八丁堀

    IT/イット “それ”が見えたら、終わり。...★2

    キングのITが再び映画化されたので早速...なんだけど初回の映画化バージョンは未見、かつ原作も未読。内容は何となく知っていてキングのお化け屋敷的な話に余り食指が動かない・文庫4冊は長すぎると言うことで最新映像バージョンで初体験。月曜だがテアトル渋谷のシアター1(一番大きいハコ)がほぼ満席。長く通ってるシアターだがこんなに混んでるのは初めて。ま・テアトルにしては珍しい(失礼)メジャータイトル封...

  7. NOCTURNAL ANIMALS (ノクターナル・アニマルズ)...★4 - 旦那@八丁堀

    NOCTURNAL ANIMALS (ノクターナル・ア...

    今年190本目。200は今月中にいけるかな?ドゥニ・ヴィルヌーヴの『メッセージ』に続き、今年エイミー・アダムスが刺さるのは二度目。何とも嫌な気分にはなるものの訴えるものも有り。感想↓ 元旦那=ジェイク・ギレンホールが「スーザン=エイミーに捧ぐ」のメッセージ付きで送ってきた小説の原稿。小説家志望だったジェイクを一時は愛したものの価値観の行き違いからフってしまったエイミーだが送られてきた小説を読...

  8. スーパー歌舞伎 ヤマトタケル...★3 - 旦那@八丁堀

    スーパー歌舞伎 ヤマトタケル...★3

    『四谷怪談』のそれと比べるとプログラムに筋書がしっかり目に書かれていたので展開は頭に入れた上ですんなり入っていけた...のだがやっぱり上映時間4時間は長かったな〜。冒頭、猿之助・中車の襲名披露で口上を初めて聞いたがやっぱり「松竹株式会社様の御蔭様を持ちまして...」がしょっぱなに来るのかと。感想↓ ヤマトタケル=市川猿之助が父・帝の意を受けて熊襲や蝦夷の討伐、が話の中心なので舞台・時代は違う...

  9. 彼女がその名を知らない鳥たち...★3 - 旦那@八丁堀

    彼女がその名を知らない鳥たち...★3

    昨日遂に80万を突破したスバル興業株。短期的には超過熱だが元々割安放置されてただけなので株価はようやく適正水準、映画優待も有りで売る気は全く無し。Wヘッダー2本目。ちょっと楽しみにしてたタイトル。感想↓ 私好みの?イヤミス系と言いつつ流石にここまで嫌な流れになるのはちょっと...と言う程酷い登場人物たち。竹野内豊、松坂桃李の最低ぶりも凄いがやはり蒼井優のサイコパス演技はどこまでが演技なのか分...

  10. WHAT HAPPENED TO MONDAY?/SEVEN SISTERS (セブン・シスターズ)...★3 - 旦那@八丁堀

    WHAT HAPPENED TO MONDAY?/SE...

    三連休初日、iPhone X発売日。今回も予約は見送りでmy iPhone6 plusは4年目に突入。デジタルガジェット熱は冷め気味で新型のkindle oasisにもイマイチ食指が動かずこちらも見送り。で?本日は映画Wヘッダー、一本目はカリテ、一人七役。感想↓ 近未来、人口爆発に直面した政府が一人っ子政策導入、第二子以降は強制冷凍眠措置。食糧生産が追いつかず遺伝子操作で増産した食物の影響で...

  11. (2回目鑑賞) NEWシネマ歌舞伎 四谷怪談...★3→4 - 旦那@八丁堀

    (2回目鑑賞) NEWシネマ歌舞伎 四谷怪談...★3→4

    『阿弖流為』に続き同じタイトル2回目鑑賞。次回新作の『め組の喧嘩』は12月に後回し、と。初回鑑賞時、筋のディティールが分からず不満が残ったので今回はネットで情報を収集してからの復習鑑賞。そもそも四谷怪談は忠臣蔵のサイドストーリーと言う大前提基礎知識が欠落していた為分からなかったのも無理は無いのだが...。伊右衛門と一緒に殺人を犯す勘九郎の役回りって?とかとか。改めての感想&雑感↓ まず「歌舞...

  12. BLADE RUNNER 2049 (ブレードランナー 2049)...★2 - 旦那@八丁堀

    BLADE RUNNER 2049 (ブレードランナー...

    金曜日『ゲット・アウト』鑑賞時に東京楽天地の優待で予約しておいた『ブレードランナー 2049』鑑賞。これで10月期限の優待使い切り。『メッセージ』が素晴らしかったドゥニ・ヴィルヌーヴが監督でどんなブレードランナー?ってやっぱり期待しちゃうよね。感想↓ オリジナルブレードランナーに感じた「未来感」が本作では薄まってしまった、と言うか、ホログラムのAI恋人とか2049年と言わず3年もすれば出来ち...

  13. GET OUT (ゲット・アウト)...★3 - 旦那@八丁堀

    GET OUT (ゲット・アウト)...★3

    プレ金。これとブレードランナー、どっちにしよう?と迷って結局こっちに。何となく怖いのが観たかった。感想↓ 黒人の若者が恋人の白人女性実家に週末遊びに。冒頭、二人の会話・道すがら遭遇する事態・女性両親が発する不気味オーラ等々、何やら不穏な空気が充満する前半は期待させるのに十分なれど方向性が定まってしまうとシュルシュルと自分が萎んでいくのを感じつつ「普通スリラー」レベルのテンションは最後まで維持...

  14. MAL DE PIERRES/FROM THE LAND OF THE MOON (愛を綴る女)...★2 - 旦那@八丁堀

    MAL DE PIERRES/FROM THE LAN...

    有楽町で8-10月分優待10枚使い切る。テアトルは去年売って10,000→5,000株に減らして3ヶ月で16回→10回鑑賞になったから足りなくなるかな、と思ってたが結局そんなことは無く。今後は月2回(週末)以上は歌舞伎観劇、加えて2回以上シネマ歌舞伎に行かねばならない(ことは無いのだが)為、映画は厳選鑑賞か?で、本日の感想(短め)↓ 妻を寝取られた旦那が嫉妬に狂ってブチ切れる、の構図をもう少...

  15. AMERICAN MADE (バリー・シール/アメリカをはめた男)...★4 - 旦那@八丁堀

    AMERICAN MADE (バリー・シール/アメリカ...

    東急レクリエーションの優待は10月期限、本日で使い切り。木場は空いてるのは良いのだが一方でこうも空いてると存続の心配も...。感想↓ 予告編のイメージではペテン師的な手口でイージーに大金をせしめるように見えた実在の人物バリー・シール=トム・クルーズ。観た感想としては確かに違法だがこれだけ危ない橋を渡るのなら大金を貰わないと全く割に合わん。別に「アメリカをはめて」ないじゃないか、と。麻薬カルテ...

  16. WILL YOU BE THERE? (あなた、そこにいてくれますか)...★2 - 旦那@八丁堀

    WILL YOU BE THERE? (あなた、そこに...

    日経十三連騰、前の十三連騰は88年2月10日、ドラクエ3の発売日だって。本日は渋谷。感想↓ 過去に戻って歴史を変え、最愛の恋人の死を回避すると言う既視感満点のプロット。主人公は自分に最も都合よく書き換えたい訳だが過去に行ったり来たりがここまで自由自在だとイージー過ぎてシラケる。

  17. ANNABELLE: CREATION (アナベル 死霊人形の誕生)...★2 - 旦那@八丁堀

    ANNABELLE: CREATION (アナベル 死...

    久々の新宿ピカデリー。松竹株主優待は2枚出しなので松竹歌舞伎会カード提示¥1,300にて入場。そういや前回の新宿ピカデリーも『死霊』系だった。どうでもいいのだが膝掛けが有料貸し出しになっていて驚いた。新しい。感想↓ 今年180本目。古典的なビックリ演出が延々と続くが「巨大化する少女」にはちょっとビビった。が、全般には「音」はまずまずなのだが「絵」的にはもっと工夫・刺激が欲しいかなと。

  18. 狂い華...★2 - 旦那@八丁堀

    狂い華...★2

    キングの新作『ファインダーズ・キーパーズ』は面白い!キングらしい、と言うか久々に面白い小説に出会ったな、と。キングの新刊を出先で苦もなく読めるkindleライフはやっぱり素晴らしい...んだけどカリテのレイトショー、予約しちゃったので行ってきた。感想↓ 三本オムニバスホラー。最初の「呪いうつり」は安っぽい再現ドラマ風だがまあまあゾクッとする。が、後がいけない。二本目はブレア・ウィッチ=POV...

  19. SHOT CALLER (ブラッド・スローン)...★4 - 旦那@八丁堀

    SHOT CALLER (ブラッド・スローン)...★4

    武蔵野興業系Wヘッダー2本目。カリテも武蔵野館も「椅子」が良いので長時間座っていても疲れない。感想↓ 刑務官もどうにでもできるムショボス。「ショーシャンク」プリズンみたいな大昔の話ではなく今・現代の話。ショーシャンクとは違い主人公は無実の罪ではなく飲酒運転で事故を起こして収監されたのだが、生きていくためにやむなく・いつの間にかムショ内を牛耳る軍団に取り込まれていく。軍団に絡め取られていくプロ...

  20. リングサイド・ストーリー...★3 - 旦那@八丁堀

    リングサイド・ストーリー...★3

    本日は武蔵野興業系シアターのハシゴ。年末に向けて「割引券」の方も消化しないと。月曜の夜まで続く。まずは一本目の感想↓ 冒頭、リストラされた佐藤江梨子のやつれっぷりが次の就職先・プロレス興行団体で垣間見た汗臭くも楽しげな世界で徐々に無くなっていき、後半は活力と魅力を取り戻す。売れない役者で江梨子のほぼヒモ状態の瑛太も良い味。

1 - 20 / 総件数:65 件

似ているタグ