映画音楽のタグまとめ

映画音楽」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画音楽に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画音楽」タグの記事(6)

  1. 永い言い訳 を観て - 歌って笑って元気いっぱい!吉井江里ブログ@岡山

    永い言い訳 を観て

    アマゾンプライムさんのおかげで、比較的早く新し目の映画が観られる。これは幸せです。それで、元木さんの主演映画「永い言い訳」を観て最後の最後のエンドロールちょっと手前から流れる「オンブラマイフ」が軽めで、でも美しくてよく合っていた。あんな風にさらっと歌ってもいいんだな。高い音を頑張って出すのではなく、全体に低く移調してでも、声の質が細ければそんなに低く聞こえないので、曲のイメージは大きくは変わ...

  2. Stella by Starlight - Jazz Encyclopedia

    Stella by Starlight

    Stella by Starlight  星影のステラ◆作 詞  ネッド・ワシントン(1946年)◆作 曲  ビクター・ヤング (1944年) 歌 詞 「星影のステラ」は、最も有名なジャズ・スタンダード・ナンバーのひとつに挙げられます。 1944年のパラマウント映画「The Uninvited」(邦題:呪いの家)の主題曲として、ビクター・ヤングによって書かれました。 映画自体は好評で、アカデ...

  3. Days Of Wine And Roses - Jazz Encyclopedia

    Days Of Wine And Roses

    Days Of Wine And Roses  (酒とバラの日々)◆作 詞  ジョニー・マーサー/Johnny Mercer◆作 曲  ヘンリー・マンシーニ/Henry Mancini◆発 表  1962年 歌 詞 「酒とバラの日々」(Days of Wine and Roses)は、1962年の同名映画「酒とバラの日々」のテーマ曲です。同年度のアカデミー賞主題歌賞を受賞したほか、ヘンリー・...

  4. 海角七号 映画オリジナルサウンドトラック - Four months and a day

    海角七号 映画オリジナルサウンドトラック

    とにかく、台湾が好きで、好きで、好きで、仕方がない、という時期がありました。なんでだろう?どうしてこんなに?と思っていたんだけれど、、、、日本人にとって、なんというか、郷愁のような。今はなき、古き良き日本、が台湾には残っていたりするみたい。歴史上いろいろあったけれど、なんとなく、台湾は家族みたいな感じがするよ。そして、その気持ちがあふれて止まらないところにマッチした映画。「海角七号/君想う、...

  5. As Time Goes By - Jazz Encyclopedia

    As Time Goes By

     As Time Goes By  (時の過ぎゆくままに/時のたつまま)■作詞・作曲…Herman Hupfeld/ハーマン・フップフェルド■1931年<歌 詞> もとは、ジミー・ドーシー楽団が出演した1931年のレヴュー(ミュージカル)「エヴリバディズ・ウェルカム」の挿入歌です。主演のフランシス・ウィリアムが歌いました。同年、ルディ・ヴァリーが吹き込んだレコードがヒットしています。 19...

  6. ジェイ・チョウ 軌跡 歌詞をピンインつきで。 - Four months and a day

    ジェイ・チョウ 軌跡 歌詞をピンインつきで。

    ジェイ・チョウを探して/尋找周杰倫は、2003年に公開された台湾と香港合作の映画です。当時、歌手として売り出し中だったジェイ・チョウが日本の漫画原作の『頭文字D』にも主演し、主題曲を歌って自らの音楽のプロモーションも兼ねていましたね。私は香港映画ばかり見ていたので、なぜ香港映画で台湾の歌手を推しているのか不思議だったんですけど、ヤンキー漫画っぽいイメージしかなかった『頭文字D』が、ものすごく...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ