映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(842)

  1. 『大人の事情』 - モン・コト

    『大人の事情』

    『大人の事情』 2016年 イタリア映画ブログに綴っていたおかげで忘れずに見れました。ブラックコメディなんだけどね最年長のパパさんが娘に語るセリフがけっこう胸に響きます。彼氏にお泊りを誘われて出掛けしなにこっそり避妊具を渡してくれた父に電話…しようか、しまいか、どうする初体験!一生忘れることのない大切な瞬間になる…将来振り返った時笑顔になれると思うなら行っておいで。だが確信がなければ…やめな...

  2. 色々デター - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    色々デター

    2017/12/15 何だこの破壊力!座頭市とプレデターに敬意込めたファンムービー「座頭市VSプレデター」増田 吉孝@なんかめちゃくちゃスゴい時代劇ありました!映画好きなら誰もがアツくなること間違いありません。その映画のタイトルは「ZVP」…なんの略?なんと「座頭市 VS プレデター」なのです!この「ZVP(座頭市 VS プレデター)」、実は架空の映画を想像した予告編映像で、座頭市とプレデタ...

  3. 映画 「否定と肯定」_感情抑え難し! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    映画 「否定と肯定」_感情抑え難し!

    TOHOシネマズシャンテでやっているレイチェル・ワイズ主演の「否定と肯定」を観ました。 考えさせられるところがあってなかなかよかったです。「ホロコーストはねつ造」と声高に主張するイギリスの歴史家が起こした裁判の被告となるユダヤ人歴史学者をレイチェル・ワイズが演じていました。なんだか、ティモシー・スポール演じるホロコースト否定論者のイギリス歴史学者が平気で差別発言を繰り返すトランプ大統領に重な...

  4. ギフテッド - アサクフカク

    ギフテッド

    若い頃、ちゃんとした恋愛をしてこなかった。そんな頃に観たら勇気をもらえただろう映画、「(500)日のサマー」この映画が大好きで、その監督が撮った最新作が「ギフテッド」当然観たいと思って公開前からチェックしていたのだけど気がつけば公開終了まであとわずか。駆け込みで観てきた。特別な才能を持つ女の子と一緒に住む叔父。人と変わったことがあると問題が起こるわけで、女の子と叔父を中心に物語は揺れ動いてい...

  5. 『マジカル・ガール』レビュー - クチナシBOX

    『マジカル・ガール』レビュー

    ※今回は試験的に手書きのイラストを挿入してみました。普段絵なんか描く習慣がないので酷いもんですが、ご容赦を……。ーーー作品情報ーーー監督:カルロス・ベルムト出演:バルバラ・レニー、ルシア・ポジャン、ホセ・サクリスタン、ムイス・ベルメホ日本公開年月日:2016年3月12日ーーーーーーーーーーUna produccion de Aqui y Alli Films, Espana. Todos l...

  6. 道 - 老いの小文

     録画していたフランス映画「ヘッド・ライト」を観た。1956年に制作された白黒の作品です。この映画のストーリーもそうだが、主題曲が好きでテレビ放映される都度観ている。(余談ですがこの映画のリメイク版の邦画「道」がありますね) 物悲し気な主題曲が付いて回る今日の散歩でした。・・・・・と、な~んもない曇天の一日です。ポチッと ↓ お願いしますにほんブログ村散歩道 ♪ さざんか さざんか さいたみ...

  7. 映画の話 「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」  - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    映画の話 「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」 

    フランスではロダンとカミーユの関係は美術愛好家には歴史的な常識なんでしょう。私は、全く二人の関係を知らずに、ロダンを讃える伝記映画のつもりで観に行きましたが、これは間違いでした。師弟ロダン40歳、カミーユ20歳。師弟として二人は出会います。ロダンは、才能溢れる弟子のカミーユに創作のインスピレーションを触発され、「カミーユ」が自身の創作活動に必要な存在になってしまいます。ロダンはカミーユをモデ...

  8. あと半月… - タビノイロドリ

    あと半月…

    はあ~っ、と、ためいきがでそうなくらいです。気がつけば、もう半月もすると年がかわるころになっていまいました。どうにもこうにも、毎年同じように、後悔の念ばかりが浮かんできます。やりきることがなかなかできない。いつまでたっても、未熟です。反省してもしなくても、誰にでも、新しい一年がまたやってくるのですね。まだ、半月ある、という発想もありますが。「お正月映画」も続々公開日を迎えています。私のこんど...

  9. 「猫が教えてくれたこと」 - おきらくごくらく(出張版)

    「猫が教えてくれたこと」

     恵比寿ガーデンシネマで「猫が教えてくれたこと」を見てきました。  トルコのイスタンブールを舞台にした野良猫のドキュメンタリー。監督はチェイダ・トルン。  この映画猫好きじゃないと見るのはかなりキツイかもしれません。大の猫好きである私ですら後半眠気をこらえるのが精一杯(笑) なんかナレーションが単調なんですよね。これがもしNHKのダーウィンが来た!ならもっと盛り上げてくれただろうに。  でも...

  10. 映画とオリエント・エクスプレス - Minnenfoto

    映画とオリエント・エクスプレス

    数年前の写真です。ここは イスタンブール スィルケジ駅にあるレストランオリエント・エクスプレス3日前に映画「オリエント急行殺人事件」を観て来ました。モスクが美しいイスタンブールの風景と雪山の中を列車が走る風景が 本当に素晴らしかったです。しかも豪華なキャストです!そう、女性がLeicaをさり気なく持っていました。突然 トルコに脱線 失礼しました。

  11. お茶の時間 - ♪♪お散歩♪♪

    お茶の時間

    今週は充実一週間アルテリオ映像館で『婚約者の友人』鑑賞私には余りにも可哀想なヒロインに理解出来るものの、そのヒロインの行動は衝撃でした作り話とはいえ、ヒロインのその後が気になる作品でした久しぶりに、お茶の時間用のお菓子を探しに今回は焼き菓子!クリスマスバージョンも大好きなサブレ誰もいないランチはケンタ\(^^)/ピンクとブルー揃いました先日、マッチャンから頂いた林檎お取り寄せしているようです...

  12. 衝撃の「スターウォーズ」 - Photolog

    衝撃の「スターウォーズ」

    たまたま休日だったんです。スターウォーズ Vlll 最後のジェダイの公開日が。早く観たかったので、朝イチで観てきました。良い事に朝イチはレイトショーと同じで割引なもんで。予告編から暗黒面の影を感じられ、わくわくぞくぞくでした。「あ〜やっぱりそうなっちゃうかぁ」と。平日の朝8時でも映画館はなかなかの人出。そりゃスターウォーズですもんね。前日のシフト確認を早めにして休みだとわかるや否や、速攻でe...

  13. 「仮面ライダービルド&エグゼイド」の映画を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「仮面ライダービルド&エグゼイド」の映画を観てきました

    「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイド withレジェンドライダー」を観てきました。前作では、今や大人気俳優となったドライブの竹内涼真君が出演していて嬉しい悲鳴でしたが、今作もまた人気俳優へと成長した元ライダーたちがこぞって出演しているということで、楽しみではありましたが、いかんせん、ビルドは録画しっぱなしで観るのが追いついていない状態f(^_^;。内容がわかるか...

  14. スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 - アルック・ノオト ~荻窪の八幡さまの鳥居のそばのちいさなカフェより~

    スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

      ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”という店主の独断専行により、毎週金曜の夜決行しておりますアルック座ですが、今夜はまたまた逸脱して特別企画をお送りいたします。 というのも本日12月15日、スター・ウォーズ・シリーズ最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が日米同時ロードショー公開されております。 マニアの間でシリーズ最高傑作...

  15. 其々のポワロ <オリエンタル急行殺人事件> - アンティーク 日々の暮らしを楽しむ

    其々のポワロ <オリエンタル急行殺人事件>

     一昨日は、映画<オリエンタル急行殺人事件>の予約チケットをTさんが先に購入してくれていたので神戸ミントへ行ってきました♪久し振りの中心街はクリスマスシーズンで、さぞや華やかだろうな~と思いきや、駅から一歩外に出ると工事の為のフェンスが目立っていて殺風景でした。今迄何度も観て、結末もストーリーも分かっているはずなのに、今回の最新版<オリエンタル急行殺人事件>のキャスティングは意外にも、極悪な...

  16. 「鋼の錬金術師」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「鋼の錬金術師」を観てきました

    昨日、ようやく実写版「鋼の錬金術師」を観てきました。タイトルは知っていますが、実は原作漫画もアニメもまともに観たことがなく、なんとな〜く設定を知っているという程度でしたが、まずます楽しめました。ネタバレあります。とは言え、やはり、べたべたな日本人顔のキャストが無理矢理金髪にしたり、カタカナな名前で呼び合うのはどうにも抵抗があって、「進撃の巨人」の悪夢が甦りそうになりました。特に、冒頭の子供時...

  17. 映画 「グロリア」_1994年の映画「レオン」(仏・米合作)の原型となった1980年のアメリカ映画! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    映画 「グロリア」_1994年の映画「レオン」(仏・米...

    11月の終わりに午前十時の映画祭@TOHOシネマ新宿で観ました。最近、シャリ姐の「アトミック・ブロンド」やジェシカ姐の「女神の見えざる手」っていう男前の姉御映画を観ましたが、元祖男前映画と言えばこの「グロリア」でしょう。ジーナ・ローランズが渋いですね。この映画製作時点で50歳だったそうですよ。元マフィアのボスの情婦というか日本式に言うと姉御だったグロリアが、ニューヨークのサウス・ブロンクスに...

  18. 「FOR REAL ー必ず戻ると誓った、あの舞台へ。ー」 - ここなつ映画レビュー

    「FOR REAL ー必ず戻ると誓った、あの舞台へ。ー」

    YouTubeではなく大画面で選手たちを観られる喜び。しかも構成が素晴らしいのだ。FOR REAL。春季キャンプの時からずっと選手たちを追い続けたカメラ。演出なきドラマ。だが作品としては確かに演出されていて、それがホントに上手い。今年の横浜DeNAベイスターズは、まるで野球マンガのようだった(しかもまだ完結してないんだな、これが)。そもそも「必ず戻ると誓った、あの舞台へ。」と言っている位、ド...

  19. 「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」 - おきらくごくらく(出張版)

    「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」

     「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」を見てきました。  日本を舞台にした三味線を奏でる片目の少年の冒険物語。監督はトラヴィス・ナイト。  人形を一コマずつ動かして作り上げたストップモーションアニメ。 今ではCGが主流であり、この手のストップモーションアニメはあまり見られなくなったが、私的にはこっちの方が温かみがあり好きだったりします。  今回三味線で折り紙を操るシーンは、ホント生き生きして見...

  20. 映画「オリエント急行殺人事件」 - 日々の雑記ノオト

    映画「オリエント急行殺人事件」

    今年最後の映画かな?楽しみにしていた映画を観ました。うーん!期待が大きすぎたせいか微妙でした。監督のケネス・ブラナーは好きだし、この原作も読んでいるし、豪華キャストだし・・・娯楽作品としてはまあまあなのかな?監督兼主演のブラナーのひとり舞台という感じで、他のキャストが魅力なかったな。ジュディ・デンチは007思い出してしまうし、ひさしぶりにコスプレではないジョニー・デップもいまいちで、一番良か...

1 - 20 / 総件数:842 件

似ているタグ