映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(3637)

  1. 「レッド・ブレイド」 - ここなつ映画レビュー

    「レッド・ブレイド」

    興味のない方は全くご存知ないことだと思うが、昨年映画「RE:BORN」で(私の中では)一世を風靡した、アクション俳優でありウェイブの使い手、坂口拓ことTAK∴は、山梨県の忍野忍者の里で、特殊忍者集団「雷風迅」の修行場を持っており、忍者の後進の指導に努めている。彼は現代社会に生き残る最後の忍者であり、それを本業としているのだ。もちろん、世に忍者のなんたるかを知らしめる為にも、時には興行的な忍者...

  2. search/サーチ(ネタバレあり)  〜あなたの知らない我が子の世界〜 - SUPPIN日記

    search/サーチ(ネタバレあり) 〜あなたの知ら...

    最近は、映画も随分とバリエーションに富んでいる。映画なんてほとんど見ない…という人からすると、これはかなり驚かされる作品なのでは…?新しもの好きで飽きっぽい観客の期待に応え、常に新しい試みに挑戦するため、クリエーターは日々努力を続けている。小さなヒットに過ぎないかもしれないが、こういう映画を是非見て、応援してあげて欲しい。この映画、なんと全編パソコンの画面だけで、進行します。パソコンの画面以...

  3. ボヘミアン・ラプソディ - BOSSのひとりごと

    ボヘミアン・ラプソディ

    『封切りしてから1ヶ月以上経ってるし』『平日の昼間だし』、『ガラガラだろうなぁ』とお思いながらもやっと時間が取れて見に行くことが出来ました。でも館内はほぼ満席見渡す限り私と同年代のQueen世代のオッサンとオバはん!誰もが知る名曲が冒頭からラストまでふんだんにかかり、訳詩が字幕で出るのが良かった。曲だけでなく詩も良かったって再確認。感動の名作でした。#Queen#BOHEMIAN PHAPS...

  4. 最近みた映画1 - kiyou  et cetera

    最近みた映画1

    早死にすると噂の短睡眠で余った時間を趣味、主に映画や小説、漫画やアニメに使っています。所謂ショートスリーパーに分類されるものなので、普通に生きている分には今のところなんら不都合はない気がします。歳をとったら影響がでてくるかもしれません。若いうちはなるべく無駄な時間を省きたいと思う一方で、生産性のないものを好む傾向にあって、我ながら矛盾していると思うのです。対戦だったらよくわからない批判や罵倒...

  5. マエハラ的名画館『ジャイアンツ』(1956)夫婦の四半世紀を描いた大河ドラマ。普遍的なテーマ - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    マエハラ的名画館『ジャイアンツ』(1956)夫婦の四半...

    マエハラ的名画館『ジャイアンツ』(1956)ジョージ・スティーブンス監督「新・午前十時の映画祭」にて上映中上映時間3時間20分というテキサスを舞台にした大河ドラマ。長いので鑑賞はおそらく人生3回目、前回から20年ぶりぐらい。ただし、スクリーンで見るのは初めてかもしれない。 まずはざっくりとあらすじを。 20世紀初頭。テキサス屈指の牧場主であるジョーダン・ベネディクト(ロック・ハドソン)は、東...

  6. 映画「A Star is Born」 - アメリカ南部の風にふかれて

    映画「A Star is Born」

    ニューオリンズでの南部旅行記を残しているのですが、またまたブレイク。映画「A Star is Born」を観てきました。日本だと、「スタア誕生」と言う題名になるのかな~。子供の頃、バーバラ・ストライザンド主演で見た記憶がある映画ですが、ミュージカルにもなっているし、長い間ず~っと愛されているテーマのようです。今回は、私の好きなブラッドリー・クーパーが、何とレディ・ガガを相手役に起用して、めち...

  7. 「テルアビブ・オン・ファイア」第31回東京国際映画祭 - ここなつ映画レビュー

    「テルアビブ・オン・ファイア」第31回東京国際映画祭

    コンペティション作品。ルクセンブルク、フランス、イスラエル、ベルギー作品。イスラエルとパレスチナの現状を、「テルアビブ・オン・ファイア」というテレビドラマの制作現場を舞台にコメディで描き出す。コメディであるという点が大変興味深い。軽快なテンポで、気のいいパレスチナ人(でもある種の困ったちゃん)が巻き込まれるドタバタを描いているのだが、大袈裟にならず、鼻につかず、絶妙なバランスでイスラエルとパ...

  8. Queen - 『幸せ趣味日記!』 : ・・・・・・・・・・・・・・・自転車、カメラ、登山、オーディオ、楽しい趣味と日々の報告会なのです。

    Queen

    とっても久しぶりの映画鑑賞。映画館に向かった先は、「ボヘミアンラプソディー」Queenのファンでも何でも無い私。Queenの曲はどれも耳にしているほどに有名なサウンド。しかし、ボーカルのFreddie Mercury氏はAIDSで亡くなったことに、どこか偏った見方をしており彼を認める気にはなっていなかった・・・・それが私の本心。今回の映画鑑賞は妻の勧め。結果・・・・・・・・見て、聴いて、感じ...

  9. eye - 光りの音   photo gallery

    eye

  10. 7つの星 - 中舘歯科診療所のブログ:あとみよそわか

    7つの星

    このところ出番の多い「星の王子さま」を改めて読んでみました。が、可愛いイラストとは裏腹に何回読んでも難解なので、解説本に頼ることにしました。あまり期待していませんでしたが、解釈を押しつけるようなものではなく、哲学、科学、経済学、倫理学などなど、様々な切り口での見方(捉え方)が示されていて、とても勉強になりました。いきなりこの本を読むことはオススメできませんが、原作に挑戦してから読むと、とても...

  11. 他愛のないスタッフの独り言 - IDEAL STYLE INC ではたらく staff blog

    他愛のないスタッフの独り言

    今年のうちにやりたかったことを、やらねば。と思い大掃除!ではなく、話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」観てきました。50代60代世代をメインに満席。あのフレディ・マーキュリーは、こういう景色を見ながら生き抜いたのかと。「僕はいつも自分に正直でいたいし、生きてる限りは人生を大いに楽しみたいんだ」フレディー・マーキュリーの言葉。そのままの生き方をした一人の姿に震えました。制作は素晴らしく、再現性...

  12. 映画「華氏119」_マイケル・ムーアの攻撃の矛先がトランプ大統領ではなく映画鑑賞している自分に向けられていたように感じられた映画! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    映画「華氏119」_マイケル・ムーアの攻撃の矛先がトラ...

    日比谷のTOHOシネマズシャンテで観ました。「華氏911」でブッシュ大統領をこき下ろしたマイケル・ムーアが中間選挙を目前に控えたトランプ大統領に立ち向かうドキュメンタリーでした。「華氏911」でブッシュ大統領をこき下ろしたほどにはこの「華氏119」でトランプの大統領をやり玉にあげていませんでした。119は、勝利宣言をした2016年11月9日に由来しています。その勝利宣言の前日8日の大統領選挙...

  13. ボヘミアンラプソディの「応援上映」観たー!! - chocotto*

    ボヘミアンラプソディの「応援上映」観たー!!

    ブライアン・シンガー監督『ボヘミアン・ラプソディー』 20世紀フォックス製作画像、お借りしてます。ボヘミアンラプソディ観ましたか?わたし、昨日、2回目、行ってきました!!2回目は、ずっと気になってた「応援上映」!!クイーンの「音楽」はもちろん耳にしたことあるけれど、お顔知らず。詳しいことも、もちろん、全く知らないという状態で1回目観て、すっかりクイーンにハマったわたし!!以降、家の中では、ず...

  14. 「ヒズ・マスターズ・ヴォイス」第31回東京国際映画祭 - ここなつ映画レビュー

    「ヒズ・マスターズ・ヴォイス」第31回東京国際映画祭

    コンペティション作品。ハンガリー、カナダ映画。とっかかりは難解な部類に入ると思うが、結果的にはとてもよくまとまっている。幾何学模様を駆使した映像美は素晴らしかった。1万3257日目。覚書No.。遂にある星と接触を試みる。ここは宇宙ステーション。1人の男が横たわっている。そして起き上がる。まるでディズニーリゾートのスターツアーズやスペースマウンテンのようだ。細胞を模した圧倒的な映像。万華鏡のよ...

  15. 【雑記】ネトフリで観た作品一覧(2018年) - セメタリープライム2

    【雑記】ネトフリで観た作品一覧(2018年)

    今年はまだ終わっていないが、取りあえず現時点でのネットフリックスで2018年に観た作品を振り返る。ついでに覚えている範囲で点数も付ける。中途半端に数話だけ観た作品とかは省略。 評価基準はこんな感じ★★★★★…傑作★★★★…凄い良かった★★★…普通に面白かった★★…微妙★…ゴミ ドラマ『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』★★★★(全10話)『ベター・コール・ソウル』★★★★★(シーズン4、...

  16. ★シネマの時間★第50回映画『私は、マリア・カラス』 - 佑美帖

    ★シネマの時間★第50回映画『私は、マリア・カラス』

    【WORK】DRESS ★シネマの時間★にて絵と文で映画のコラムを連載中です。連動して「Woman Excite」「antenna」でもご掲載いただいています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・歌劇『蝶々夫人』で歌われる「なんてい美しい空!」(作曲/プッチーニ)や『椿姫』の「さよなら、過ぎ去った日々よ」(作曲/ヴェルディ)、『トスカ』の「歌に生き、恋に生き」(...

  17. 『「ゴジラ検定」公式テキスト』宝島社 - nesskoDiary

    『「ゴジラ検定」公式テキスト』宝島社

    「ゴジラ検定」公式テキスト東宝株式会社(監修),東宝 ゴジラ戦略会議(その他)/宝島社undefined表紙に「初級から中・上級まで」とありますが、たとえば私は怪獣映画ファンですが、マニアとは言えないですね、知識が乏しいですから 、でも、私のような初級ファンから、マニアックな方までガイドブックとして重宝しそうですよ、このムックは。口絵でゴジラの軌跡をビジュアルでざっと見せ、第一作からのゴジ...

  18. 映画と読書 2 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    映画と読書 2

    先週、『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』を見てきました。実は、ハリーポッターにハマっていました。原作本は、最初は図書館から借りて読みました。やはりもう一度読みたくて、ブックオフで100円になってから揃えました。映画から入って、原作を読みました。DVDもブックオフで揃えました。映画より、原作の方が絶対面白いです。映画の内容がよりよくわかります。1冊が分厚いので抵抗があって、子供...

  19. 【雑記】映画館で観た作品一覧(2018年) - セメタリープライム2

    【雑記】映画館で観た作品一覧(2018年)

    今年はまだ終わっていないが、取りあえず現時点での2018年に観た映画を振り返る。ついでに覚えている範囲で点数も付ける。 評価基準はこんな感じ★★★★★…傑作★★★★…凄い良かった★★★…普通に面白かった★★+…基本的に微妙だが光るモノもある★★…微妙★…ゴミ 1月『キングスマン:ゴールデン・サークル』★★★『ジオストーム』★★★『ダークタワー』★★★『劇場版マジンガーZ:インフィニティ』★★...

  20. 日々是好日 - あれこれ逍遥日記 Vol.2

    日々是好日

    風邪が治った。久しぶりに寒気が緩み、大通りに雪はないから運転も安心。本日「孫守り」はお休み。映画を見に行くことにした。「ボヘミアンラブソディ」が第一候補だが、止めたのは、それを上映している映画館の方は道路の渋滞がひどいだろうと思ったから。実は、11月中有効の上映館の招待券を2枚もらっていたのに(上映していたのは「津軽のカマリ」「ボヘミアンラブソディ」後は名前は忘れたが邦画)、風邪のため使わな...

総件数:3637 件

似ているタグ