映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(4040)

  1. 映画「カッコーの巣の上で」(フォアマン監督1975年) - 本日の中・東欧

    映画「カッコーの巣の上で」(フォアマン監督1975年)

    チェコスロヴァキア出身のミロシュ・フォアマン監督の映画「カッコーの巣の上で」を観ました。だいぶ前からDVDを持っていたのですが、チェコが舞台というわけではないので、後回しになっていました。が、観てみたら、やはり名作といわれる作品というのは、それだけのことがありますね。「ソフィーの選択」のときも思いましたが、原作を読みたい、映画評や原作の書評や論文を読みたいと思わせてくれる作品でした。そういえ...

  2. 映画「アクアマン」 - 日々の雑記ノオト

    映画「アクアマン」

    松栄堂を出て二条通りを歩いていると、懐かしいハロー!が♪今週は春になるという予報だったのに、けっこう寒かったのでお昼は「柳庵」でおうどんにしました。寺町通りの「スマート珈琲店」は改装を終えて営業してたけど、あまり変わってない。でもこの外観がここらしくてよろしい♪大ヒットしている「アクアマン」を観ました。大ヒットしているだけあって面白かったけど、なんと忙しい!ヒーローも少しもじっとしていなくて...

  3. 「女王陛下のお気に入り」_宮廷絵巻のように描かれた女王の寵を巡って繰り広げられる女官の確執一コマの史実を華やかに彩った作品! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    「女王陛下のお気に入り」_宮廷絵巻のように描かれた女王...

    この映画を実際に観るまでは、日本の大奥のお局頭のようなサラ役のレイチェル・ワイズとアビゲイル役のエマ・ストーンの助演女優賞争いに私の関心が傾いていました。確かに女王陛下の歓心を巡って、新入りの(失うものは何もない)アビゲイルの恥も外聞もかなぐり捨てた体当たり的な攻撃に、一定の位(女官長)とそれに応じたプライドを持つレディ・サラが受け手に回って防戦一方になる様は面白かったのですが、それ以上に愚...

  4. pecoraの本棚『シネマ食堂』 - 海の古書店

    pecoraの本棚『シネマ食堂』

    思い出してみる。映画のシーンを。香ってくる様々な料理の匂い。映画は多面体。音楽もファッションも料理も。何もかもを集約して表現された美意識。ですから、この本を読むほどに、もう一度映画がみたくなり、さらに料理が食べたくなります。々の映画やドラマの料理を手がけていらした飯島さんならではのレシピ。「ううむ、困った、困った」と言いながら。内心喜んでいる自分が恐ろしくなる本です。この春はダイエットのはず...

  5. ファースト・マン - 映画でござる

    ファースト・マン

    なぜ今さら、人類史上初めて月の地を踏んだアームストロングの映画なのかなぁ? と思いつつ、予備知識も入れずに劇場へいそいそと 宇宙モノは大好きですしネ! 人1人が入るのがやっとな狭っまいコクピット内から見えるのは空のみ 今にもバラバラになるんじゃないかと思えるくらい ガタガタと激しく振動しまくる機体 冒頭から、スクリーンいっぱいに広がる不穏な威圧感たるや 偉業を成し遂げた人の話だし、アゲアゲイ...

  6. バタフライエフェクト - gift

    バタフライエフェクト

    タイトルと関係ないけど懐かしのワンコ「撮るよ~~~っ」て言うと「しょうがないなあ」って感じでいつもジッとポーズをとってくれた(''ω'')●『バタフライエフェクト』何の映画が一番好き?って訊かれたらこれかも内容についてはネタバレになるから書かないけど「もしも」がキーワード哲学的内容と現代的表現とのミスマッチ?も面白かった主人公が最後にとった行動は自己愛...

  7. トレインスポッティング劇伴 - K+Y アトリエ一級建築士事務Blog

    トレインスポッティング劇伴

    トレインスポッティングサントラ,デーモン・アルバーン/ワーナーミュージック・ジャパンundefinedあの頃のユアンマクレガーは美しかった。映画自体は正直あまりピンときませんでしたがサントラ(劇伴)は今でも時々聴いてます。当時ラジオではイギー・ポップ のlust for lifeとアンダーワールド のborn slippy朝から晩まで毎日のように流れていました。(2011.02.01の非公開...

  8. 映画「天才作家の妻 40年目の真実」_グレン・クローズが表情で見せる複雑な心理の揺れが醍醐味! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    映画「天才作家の妻 40年目の真実」_グレン・クローズ...

    「天才作家 40年目の真実」は、マイケル・ダグラスと共演の「危険な情事」で世の中の男どもを恐怖で震え上がらせたグレン・クローズの複雑微妙な表情演技が秀逸の映画作品でした。天才作家と評された夫がノーベル文学賞を受賞することになって、その夫の影となり夫が世界的に有名な作家になることを支えてきた妻の心が揺れます。ひっそり佇んだ森の沼のように何もかも心の奥底に沈め留めておいた妻の様々な思いが、千々に...

  9. 結晶 - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    結晶

    まだまだ人混みが怖い日々。なにより、エスカレーターが最高に怖い。もともとくだりにスマートに乗れないどんくさい人間なのですが左腕が使えないので、左側に乗ることができない。なるたけ空いているタイミングを見計らって、右側に乗って左に移動、という動きをしています。階段は、移動するひとの速度が速いので更に怖い。ううむ。とはいえ、手術からちょうど二ヶ月。さすがにすこし慣れてきたし、動かせる範囲も増えてき...

  10. 最新映画レビュー『ファーストマン』期待のチャゼル監督の新作。しかし出来は、、 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ファーストマン』期待のチャゼル監督の...

    『セッション』『ラ・ラ・ランド』と続けて“面白い”映画を送りだしたデミアン・チャゼル監督。 その新作は、『ラ・ラ・ランド』でもタッグを組んだライアン・ゴズリングを主演に迎え、人類初の月への第一歩を踏み出した宇宙飛行士ニール・アームストロングを描いたものだ。IMAXカメラで撮影された月への初飛行の再現が大きな見どころだが、エンタメ大スペクタクルを期待するとなんだか違うものを見てしまった感があ...

  11. 映画「ヴィクトリア女王 最期の秘密」_御年84歳のジュディ・デンチが演じるヴィクトリア女王がとてもチャーミング! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    映画「ヴィクトリア女王 最期の秘密」_御年84歳のジュ...

    ヴィクトリア女王即位50周年記念式典に記念金貨の贈呈役に選ばれた若者アブドゥルが当時の英領インドからイギリスへとやってきます。最愛の夫(アルバート、1861年に42歳で病死)と従僕(ジョン・ブラウン、1883年に死亡)を亡くし、長年心を閉ざしてきたヴィクトリアは、この1887年の記念式典当時68歳でした。(1819年生まれですから今年2019年は生誕200年になります。ちなみに崩御されたのは...

  12. パシフィック・リム:アップライジング&アイ・アム・レジェンド - ku.la stitch

    パシフィック・リム:アップライジング&アイ・アム・レジェンド

    昨日は夫とちまちまワインを飲みながら映画を観ていました。わたしはそんなに自発的に映画を観るほうではないのですが、夫はとても映画に詳しくて、よく一緒に面白そうな映画を観たり観に行ったりします。最近はなかなか面白い映画が出ないので、もっぱらPrime Videoで無料配信されている映画ばかり観ています。昨日観たのはパシフィック・リム:アップライジングと、アイ・アム・レジェンド。以下、ネタバレを含...

  13. 映画 「ある女流作家の罪と罰」/ Film "Can you ever forgive me?" - Seeking Light - 光を探して。。。

    映画 「ある女流作家の罪と罰」/ Film &quot...

    JA/EN映画「ある女流作家の罪と罰」を見てきました。予告編見ただけでストーリーはもうわかっていたのですが(笑。最近の予告編、ネタバレしすぎじゃないですか?)、メリッサ・マッカーシーとリチャード・E・グラントの演技がすごく良かった!この二人を見るための映画でしたね。日本で公開予定あるのかな?お薦めです。メリッサ・マッカーシー、コメディアン。女優。コメディ映画中心で、お馬鹿映画にも出てるけど、...

  14. 翔んで埼玉☆走って神奈川 - SUPICA'S  BLOG

    翔んで埼玉☆走って神奈川

    今晩は☆『翔んで埼玉』祝映画化♪GACKTの配役バッチしなり原作は読破済なので二次元化が楽しみです居住地〈埼玉〉にあるカフェで隣席ファミリーの会話に聞き耳息子A;ドリフト見たい息子B;車もバイクも両方見たい父;行こう行こう!ミニサーキットでもつくばでもいっぱい見れる所あるぞ!母;無言私も見たいなんならば話に加わりたい2019年に入って周囲で車人気復活の兆しレーサー谷口信輝氏は毎年寒川神社で初...

  15. 2/17店長日記 - 形山水族館「店長のひまつぶし」

    2/17店長日記

    こんばんは。今日は親友の命日、もう1年かぁ~時が経つのは早いのぅ。献杯!店長です。2月17日今日誕生日の有名人★吹越 満(俳優)★奥居 香(歌手元プリプリ)★マイケル・ジョーダン(バスケ)★舞の海(元力士)★YUKI(歌手ジュディマリ)★吉瀬 美智子(女優)----------今週の営業も無事に終了。ご来店あざました!来週はメンテが立て込んどります、店長不在がちですがご了承下さいな。本日は日...

  16. バッド・ジーニアス 危険な天才たち(ネタバレあり)  〜ザ・カンニング!ミッション:インポッシブル⁈〜 - SUPPIN日記

    バッド・ジーニアス 危険な天才たち(ネタバレあり) ...

    現在、受験シーズン真っ只中…そんな時に、とってもピッタリな映画のご紹介。天才女子高生を中心としたグループが、組織ぐるみで、なおかつ世界を股にかけた大規模なカンニングに挑むというもの。分かりやすく言うと、「オーシャンズ11」が泥棒するんじゃなくて、カンニングする…ような映画です…笑…無理だろ…⁈それは無理…そんな事したらバレるって!ヤバイよ…見ているこっちまで、手に汗握るとはこの事…自分は何も...

  17. 「ファースト・マン」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「ファースト・マン」を観てきました

    先日「ファースト・マン」を字幕版で観てきました。あのアームストロング船長の実話と言う事で興味はありましたが、監督が「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼルと知り、若干心配になりました。と言うのも、先日テレビで放映された「ラ・ラ・ランド」を観たら、どうにも私の感性には合わなかったものですからf(^_^;。ネタバレあります。残念ながら案の定でした。とても静かな淡々としたストーリー運びで、好きなジ...

  18. レイトショーでシティハンター! - ねこちんの日常

    レイトショーでシティハンター!

    昨夜、昼間からずっと悩んでいたのだがレイトショーで映画を見に行ったシティハンター!北条司さんの少年ジャンプ掲載漫画だけどジャンプは読んだことない小学生の頃キャッツアイをテレビで放送しててすごいカッコいいな〜って大好きで見てて高校生位の時シティハンターをテレビで見て冴羽獠さま〜って大好きになった映画は北条司さんワールドてんこ盛りって感じ!キャッツアイの三姉妹も出てきてシティハンターの歴代主題歌...

  19. 「小さな独裁者」 - ここなつ映画レビュー

    「小さな独裁者」

    丈の長い軍服 借り物の権力狂乱の戦時下、狂乱の人心。それはただ単に「生き延びる」為に存在した訳ではない。最初はそうであったのかもしれないが、じわじわと表皮が剥かれていく。それは、どの時代にも誰かの心の奥底に潜む悪の顕示欲なのである。ヘロルト(マックス・フーバッヒャー)は第二次世界大戦終盤にヨーロッパ大陸に赴任していたドイツ軍の一等兵であったが、いよいよ敗戦の色が濃くなった1945年4月、隊を...

  20. ヴィクトリア女王最期の秘密を観た - たまには描きます

    ヴィクトリア女王最期の秘密を観た

    通りがかりにジュディ・デンチの映画をしていたので観たヴィクトリア女王最期の秘密始まったとたんわざわざ観るほど好きな内容でないと分かったあのような男の話は好きでないでもデンチは素晴らしかった高齢であってもかわいいと思わせる力にじみ出るような魅力がある「誰も女王を守ることはできない」というセリフ高齢で弱っていても権威からでる威厳が身に備わっているように見えた誰でも歳をとると生きる力を失っていく恋...

総件数:4040 件

似ているタグ