映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(994)

  1. 「レディ・プレイヤー1」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「レディ・プレイヤー1」を観てきました

    先日公開となった「レディ・プレイヤー1」を2D字幕版で観てきました。予告編を観るだけでワクワクして、でもちょっと既視感もあるんじゃないかなと心配もありましたが、やっぱりスピルバーグは凄かったです。ネタバレあります。とにかく情報量の多い映像には参りました。おまけに字幕にしたから、映像に隠されたものなんてとても見つけられませんf(^_^;。若者がゲームの世界に入るのは今や珍しい設定ではなくなって...

  2. Pacific Rim:  Uprising - 5W - www.fivew.jp

    Pacific Rim: Uprising

    映画「パシフィック・リム:アップライジング」を見ました監督:Steven S. Deknight

  3. さすがに疲れた!! - hibariの巣

    さすがに疲れた!!

    爽やかな春の日。さすがに予報通り陽射しが強い。昨日は、初登校のユイさんの面倒をあれこれ見てついに「うるさい!しつこい!」と叱られ、それでも嬉しそうにお弁当を持って、晴れてお姉ちゃんと揃って出かけていきました。これでやっと本当の中学生。さて、その後にはガックリと疲労感が押し寄せてきた。よせばいいものを映画を観に出かけた。(これを逃せば次のチャンスはない!)「ペンタゴンペーパーズ」メリルストリー...

  4. 映画:「レッド・スパロー」 - ブリキの箱

    映画:「レッド・スパロー」

    なんてタイムリーな上映w。ハニートラップなんだから。いや、セクハラじゃないよ、あれは。ともかく叔父さんてのがプーチンによく似てて笑える。誰が敵で誰が味方か。彼女は今何を考えているのか、途中からさっぱりわからなくなる。最後には、彼女は裏切ったのか、忠誠を尽くしたのか。母親を守りたいだけだったのか。

  5. 河原で土下座~エキストラ体験記 その2 - ぷんとの業務日報2ndGear

    河原で土下座~エキストラ体験記 その2

    3時間ほどかけて、続々とエキストラたちが集合してきた。100人近くいると思う。みなボランティアです。全くの一般人なのです。対して、武士、足軽、小者役の人たちはエキストラはエキストラでも、やや違っています。自治体関係者とか、地元商店会とかの「関係者枠」の人たちであるのみならず、朝6時集合の人たちなんですね。なんせ、服装が大変だ。羽織はかまに脚絆、足袋にわらじ、大小の刀、装着も大変ですし、一旦着...

  6. 前田司郎(脚本も)『ジ、エクストリーム、スキヤキ』 - 【こぐれ日乗】京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化プロデュース 公共政策        

    前田司郎(脚本も)『ジ、エクストリーム、スキヤキ』

    2018/4/20(金)3限目、公共政策入門。53名(今年度は、建築インテリアコースの志望者がずいぶん多いので、建築系の1回生もいるかも知れない)。後ろの席の人から発言してもらいますと黒板に書いてみる。大きい数字の読み方、元号、西暦返還。できない人もいるが結構うまく行こうとする人が多い。 2つマイクがあるのだが、その一つがどうもハウリングする。言っておかねば。 16時から京都府の文化ベンチャ...

  7. 映画 ちはやふる~結び~ - 毎朝牛乳マンション日記2

    映画 ちはやふる~結び~

    先日、映画 ちはやふる~結び~を観ました。かるたに打ち込む若者達爽やか😃✨来世はこんな高校生活を送りたいものです。ちはやは結局どっちともくっつかんのかーい‼

  8. 「セブン・イヤーズ・イン・チベット」 - ぶらぶらデジカメ写真 by はる

    「セブン・イヤーズ・イン・チベット」

    「セブン・イヤーズ・イン・チベット」チベット入った途端、成熟した人間となった主人公。派手な前半とジンワリする後半。見せてはくれます。家庭を顧みず山に登りたがる自分勝手なオーストリア人。身重の妻が泣いて止めても、未踏峰のナンガ・パルバット登頂を目指して出かけてしまう。4カ月で帰ると言って。時に1939年。男は登山隊の中でも我儘な振る舞いを通すが、一行は雪崩に襲われ、登頂を諦め山を下る。待ってい...

  9. 『第50回全国高校野球選手権大会 青春』(映画) - 竹林軒出張所

    『第50回全国高校野球選手権大会 青春』(映画)

    第50回全国高校野球選手権大会 青春(1968年・朝日新聞社)監督:市川崑脚本:井手雅人、白坂依志夫、谷川俊太郎、伊藤清音楽:山本直純出演:芥川比呂志(ナレーター)(ドキュメンタリー)『熱闘甲子園』よりはグレードが高い 今からちょうど50年前の「夏の甲子園」を記録したドキュメンタリー。 監督は『東京オリンピック』の市川崑で、テイストもあの映画と似ており、大会関係者や選手に接写でアプローチする...

  10. アニー・ホール - アルック・ノオト ~荻窪の八幡さまの鳥居のそばのちいさなカフェより~

    アニー・ホール

     ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ! というわけで、今夜のアルック座は、「アニー・ホール」。 41年前の1977年4月20日に公開されました。ニューヨークの山の手に住むユダヤ系のアルビーはTVやナイトクラブのトークショーで稼ぐ漫談芸人。歳の頃は40、離婚歴1回のド近眼メガネ人間だ。そんな彼がある日、友人のTVディレクター...

  11. 最新映画レビュー『パティケイク$』 郊外や家庭の閉塞感から、ラップの力で抜け出そうとする主人公 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『パティケイク$』 郊外や家庭の閉塞感...

    2017年/アメリカ監督:ジェレミー・ジャスパー出演:ダニエル・マクドナルド、ブリジット・エヴァレット、シッダルタ・ダナンジェイ配給:カルチャヴィル×GEM Partners公開:4月27日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか 知っている俳優もスタッフもおらず、まったく前知識なく観て、意外な拾い物となった作品だ。 主人公は太ったその容姿から“ダンボ”とあだ名されている23歳のパティ。住んでい...

  12. 82歳の丘さとみさんBSジャパン武田鉄矢番組に出演 映画研究家円尾敏郎氏から - Les Films de la Colombe d'Or

    82歳の丘さとみさんBSジャパン武田鉄矢番組に出演 映...

    さっき映画研究家の円尾敏郎さんから連絡があり皆様にお伝えします!「本日、午後8時から放映のBSジャパン武田鉄矢番組見てください。82歳の丘さとみさん出演。」円尾敏郎さんも出演されています!!誰か録画して下さい!武田鉄矢の昭和は輝いていた BSジャパン第215回 4月20日チャンバラ創成期

  13. 「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」 - ここなつ映画レビュー

    「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」

    「ロブスター」のヨルゴス・ランティモス監督作品。ヨルゴス・ランティモスワールド炸裂である。「ヨルゴス・ランティモスワールド」って何?と聞かれても上手く説明できないのだけれど、それが正に「ヨルゴス・ランティモスワールド」!有能な心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は、眼科医の美しい妻のアナ(ニコール・キッドマン)と思春期の娘とまだあどけなさの残る息子と4人家族で暮していた。恵まれた環境...

  14. ただのSFアクション映画じゃなかった。 - 『HARETOEN』ハレトエンの日々。

    ただのSFアクション映画じゃなかった。

    「LUCY/ルーシー」2014年/フランス監督:リュック・ベッソン主演のスカーレット・ヨハンソン似合ってる。主人公が無敵になって、スカッとアクション楽しんで終わりかと思っていたら全く違った。アクションもいいけど、徐ろに訳わからん思考が何かを導き出そうとしてしまうというか。あ、途中がAKIRAの鉄雄。多分ルーシーの表情みたいに観ていたんじゃなかろうか。いつか読んだ本か、またはテレビか昔すぎて忘...

  15. 「ベン・ハー」 - ぶらぶらデジカメ写真 by はる

    「ベン・ハー」

    「ベン・ハー」面白いドラマ。征服・被征服の関係は、民族を換えて、現代でもこの地域では大きな問題チャールトン・ヘストン主演の名画(1959年)のリメイク版。2016年の作品。キリスト教信仰のない私としては、イエス関係のことは邪魔。どうでも良い。全編通しての感想としては、アー面白かったというところ。ローマ軍に対して反乱を仕掛けようとするユダヤ人の気持ちもわかるし、同胞でありながらそれを抑えようと...

  16. ★シネマの時間★第26回映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』 - 佑美帖

    ★シネマの時間★第26回映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』

    【WORK】DRESS☆シネマの時間☆にて映画のコラムを連載中です。連動してWoman excite様でも同記事をご掲載いただいております。多くの方々に映画の素晴らしさをお伝えできたら幸せです。さて新緑の季節ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。話題のアートスポットや美術館へのお出かけも気になるところですね。★シネマの時間★第26回は、そんな美術館を舞台にした社会派エンターテイメント!鬼才リュ...

  17. 「ペンタゴン・ペーパーズ」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「ペンタゴン・ペーパーズ」を観てきました

    順調にドバイ旅行ブログを続けてきましたが、ここでちょっと脇道。先日「ペンタゴン・ペーパーズ」を字幕版で観てきました。ネタバレあります。予告編を観ただけでは、メリル・ストリープがスクープを発表しているバリバリのトップ記者かな? と思っていましたが、実際は全く違っていました。夫の死により思いがけず受け継い新聞社を、なんとか潰すまいと頑張っている女性でした。しかもアメリカとは言え、まだ女性の社会進...

  18. 河原で土下座~エキストラ体験記 その1 - ぷんとの業務日報2ndGear

    河原で土下座~エキストラ体験記 その1

    奇妙な表題ですが、事実ありのままなんです。石の河原で土下座してまいりました。神奈川県の某所にて映画の撮影があり、そのボランティアエキストラに参加してきたのです。まだ撮影中の映画ですので、内容のネタバレはできませんのであしからず。僕は演技、お芝居をやる、ってことに興味はないのですけど、友人に誘われて申し込んだらなんとメールで採用通知が来た。(同時に申し込んだ友人は不採用という……一人で行くのか...

  19. 『さびしんぼう』(映画) - 竹林軒出張所

    『さびしんぼう』(映画)

    さびしんぼう(1985年・東宝)監督:大林宣彦原作:山中恒脚本:剣持亘、内藤忠司、大林宣彦出演:富田靖子、尾美としのり、藤田弓子、小林稔侍、佐藤允、岸部一徳、秋川リサ、入江若葉、大山大介、砂川真吾、浦辺粂子、樹木希林、小林聡美大林映画らしくかなり気恥ずかしい 大林宣彦の「尾道三部作」と呼ばれている映画の中の1本。舞台は、大林の故郷である尾道で、自伝的な要素が多分に入っているらしい。 主人公の...

  20. シェイプ・オブ・ウォーター - あなたとお茶を

    シェイプ・オブ・ウォーター

    さまざま忙しかった今年の始め。なかなか映画に行くことも出来ず、3月になって観に行ったのはこの作品。アカデミー賞の作品賞を受賞しただけあって、平日の映画館は満員。話すことが出来ない孤独な女性が、異形の生物と恋をする物語。ファンタジーでグロテスクで美しい映像の不思議なお話でした。引き込まれて観たけれど何故だか心に寂しさが残ります。心優しい主人公イライザ。彼女の魅力に人間の誰かが気づいてくれる世界...

1 - 20 / 総件数:994 件

似ているタグ