映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(895)

  1. グレイテスト・ショーマン - SOCOSOCO デイズ

    グレイテスト・ショーマン

    最高に楽しい映画でした。映画なのに、フリークスたちと一緒に歌いたくてウズウズしたし何度も何度もスタオペしたくなりました。確かに、おとぎ話かもしれない。映画の中のバーナム氏は、基本的に善人として描かれていたけれど、史実ではもっとブラックでギラギラした面も持っていただろうなって思う。フリークスたちへの差別や偏見も、もっとえげつなかったのだろうとは思う。公開当初は酷評され、今でも批評家の間では賛否...

  2. 英国アカデミー賞 デル・トロ監督が監督賞に輝く! - ギレルモ・デル・トロの部屋

    英国アカデミー賞 デル・トロ監督が監督賞に輝く!

    英国アカデミー賞「スリー・ビルボード」が作品賞含む最多5冠2018年2月19日 18:00[映画.com ニュース] 第71回英国アカデミー(BAFTA)賞授賞式が2月18日(現地時間)、英ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われ、「スリー・ビルボード」が最多5冠を制した。マーティン・マクドナー監督「スリー・ビルボード」は、作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演男優賞、英国作品賞の5部門受賞...

  3. 「今夜、ロマンス劇場で」 - おきらくごくらく(出張版)

    「今夜、ロマンス劇場で」

     「今夜、ロマンス劇場で」を見てきました。  1960年代を舞台にした映画監督を目指す青年とスクリーンから飛び出したヒロインとの恋を描いた作品。監督は武内英樹。  映画から飛び出してくる設定は「カイロの紫のバラ」、白黒とカラーの世界という設定は「カラー・オブ・ハート」、ヒロインが出てくる映画はまさに「ローマの休日」のもじり、触れ合うと消えてしまうという設定も色んな映画に使われており、最後は「...

  4. 「グレーテスト・ショーマン」 - おきらくごくらく(出張版)

    「グレーテスト・ショーマン」

     「グレーテスト・ショーマン」を見てきました。  19世紀に実際に活躍した伝説のテンターテイナー、P・T・バーナムを描いたミュージカル。監督はマイケル・グレイシー。  詐欺師、山師と言われたP・T・バーナムですが、本映画では上昇志向が高く、家族思いの夢追い人として描かれているのがね・・・これをいい人オーラが全開のヒュー・ジャックマンが演じているので、ある意味嫌味のない映画になっています。  ...

  5. 日活映画 - ほうじ茶が好き

    日活映画

    映画ファンからしたら、私が観てきた映画の数は比べ物にならないくらい少ない💦それでも20代の頃は今より全然行っていてその時代に観て来た映画が、浮かんでくる中で私にしてはかなり異色の作品が2月末を前にこれはおすすめでしょ!という声が聞こえてきて....。・・・んん、どうしようかなぁーと思っていたのですが確かに作品が素晴らしいからいいのだわ!と本日は決断してのご紹介です。( 大袈裟...

  6. 映画 『グッバイ、レーニン!』 - 天使と一緒に幸せごはん

    映画 『グッバイ、レーニン!』

    最近、ドイツ映画を観ることが多いな...なんでだろ~ま、それはさておき...『グッバイ、レーニン!』です。2003年公開のドイツ映画です。ベルリンの壁が崩壊した後の東ドイツを舞台としていますがコメディーチックに描かれているせいか、重い雰囲気や悲惨な空気はまったくありません。主人公のアレックスは、東ドイツのベルリンに住んでいるけれど、西側に傾倒している。アレックスの母親は、東ドイツを愛してやま...

  7. 「犬猿」 - ここなつ映画レビュー

    「犬猿」

    「ヒメアノ〜ル」の監督、吉田恵輔の作品らしい作品の始まり方。基本的に登場人物の中心は、しがない営業マンの窪田正孝と出所したばかりの彼の兄新井浩文、の1組の兄弟と、父の後を継いで小さな印刷工場を取り仕切るニッチェの江上敬子とそこでバイト感覚で働きながら女優を目指している妹の筧美和子、の1組の姉妹。この2組の兄弟姉妹を巡るお話しなのである。単純に言うと、性格も生き方も異なる同性同士の兄弟姉妹が、...

  8. キングスマン ゴールデンサークル & 梅蘭 - 毎朝牛乳マンション日記2

    キングスマン ゴールデンサークル & 梅蘭

    キングスマンゴールデンサークルを観ました。最初から飛ばしてるし、英国紳士のスーツかっこいいし、オシャレ~😆イギリスオサレとアメリカダサの対比も面白かった。エルトン・ジョン振りきってた‼前作も観ずにぶっつけだったので観てみよう。パディントンといいイギリス映画良いわあ。映画の前に梅蘭でランチ。次回は辛口にしよ。冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

  9. 『いそしぎ』(映画) - 竹林軒出張所

    『いそしぎ』(映画)

    いそしぎ(1965年・米)監督:ヴィンセント・ミネリ原作:マーティン・ランソホフ脚本:ダルトン・トランボ、マイケル・ウィルソン出演:エリザベス・テイラー、リチャード・バートン、エヴァ・マリー・セイント、チャールズ・ブロンソン、モーガン・メイソン熱い熱い不倫メロドラマ テーマ曲「The Shadow of Your Smile」がやけに有名な映画。ただし僕自身は内容について一切知らず、キャスト...

  10. ベルリン:キム・ギドク #Me Too 告発者に応答、映画における暴力について語る。 - Jang Keun Suk 手帖。

    ベルリン:キム・ギドク #Me Too 告発者に応答、...

    Berlin: Kim Ki-duk Responds to #MeToo Accusers, Talks Violence in Moviesしばしば論争を巻き起こす韓国の映像作家、キム・ギドク。女優による訴えに対する裁判所の判決後、はじめてとなる彼のプレスイベントが無事終了した。パラノマ部門選出映画“Human, Space, Time and Human” で、キムはベルリンに参加した...

  11. 映画「ボス・ベイビー」 - お花とマインドフルネスな時間 ~花工房GreenBell~

    映画「ボス・ベイビー」

    先日、試写会で観てきました♪とーってもキュートで、家族愛を感じる内容でした。見た目は赤ちゃんなのに、やり手のサラリーマン(笑)笑いどころ満載で、会場中に何回も笑いが起きました。(隣にいてた友人も、何回も笑ってましたよ。)子供から大人まで楽しめる映画なので、私はお勧めです♪

  12. グレイテストショーマンとランチデザートで幸福 - 白雪ばぁばのかんづめ

    グレイテストショーマンとランチデザートで幸福

    グレイテストショーマンを観てきましたよかった~♪妻と二人の娘を幸せにすることを願うバーナム(ヒュー・ジャックマン)はオンリーワンの個性を持つ人々にスポットライトを当てた、誰も観たことがない華やかなショーを思いつく。世界中の観客を楽しませるためイギリスへ渡ったヒュー・ジャックマンは女王に謁見。そこで出会った奇跡の声を持つ美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと共にアメリカに戻り全米を魅了するショーを...

  13. 最後のジェダイが見たいと思い始めた - 館林の完全お一人様専用 くつろぎの美容室 ぱ~せぷしょんの ウェブログ

    最後のジェダイが見たいと思い始めた

    毎度 どうも です のむら で ございます 風が強すぎです!そんなことで 先日 縮毛矯正のアイロン中にお客様と スターウォーズの話になりましてですね その方はすでに「最後のジェダイ」を2度 見ていまして「見た方がいいですよ!!」っておすすめしてもらったんですフォースの覚醒も映画館で見たしちょっと見てみようかぁ~なんて思い始めたわけでありますしかしながら スターウォーズってほんと面白いですよね...

  14. 眠りにつながる夢 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    眠りにつながる夢

    僕が生まれたのは昭和だ。その時代がどうなのかとははっきりとは言えない。ただ子供であった僕がその時代に大きく影響を受けたことは間違いはない。現在のように何もかもがソフィスティケートされた自由のない(選択肢が限られている)時代ではなかった。それは子供であったからそう感じたのだろうか。だがそこには長い年月があった。それは単に現代とつながる年月があったというよりも、そのずっと昔に昔から続いていたもの...

  15. Hollywood  movies...& プラスα - ほうじ茶が好き

    Hollywood movies...& プラスα

    本日2回めのアップは記憶の備忘録となってきた私の好きな映画blog.気がつくとヨーロッパ映画を書くことのほうが多かったので今日はハリウッド映画をいくつか。先ず浮かんだのは✨The Sting✨この作品の初見はテレビでの放送でその後DVD...あ...レンタルビデオ(^^:で再鑑賞した。この作品を観ていない人の方が少ないかと思うけれどポール・ニューマンとロバート・レッドフォードはじめ出演する誰...

  16. 映画「グレイテスト・ショーマン」 - 日々の雑記ノオト

    映画「グレイテスト・ショーマン」

    良かったです!鳥肌立ちました。19世紀のアメリカ、社会の底辺で育ったP・T・バーナムが、見かけや人種で虐げられてきた人々を集めてショー=「見世物」(その当時のことばで言うと)をエンタティーメントにに作り上げていくドラマです。ヒュー・ジャックマンはエヴァンゲリオンのイメージが強くて苦手でしたが、見直しました。アメリカのミュージカルやブロードウェイの歴史は、ここから始まったのかもしれません。「私...

  17. 映画と私 - ほんの寝巻きで

    映画と私

      数年前に、45年ぶりくらいの高校の同窓会に行くと、辛うじて面影をとどめた仲間たちの一人から、「勉強ができなかったね」とからかわれた。今になって、そんなことを言わなくてもいいのになあ。。。と思う。でも、よっぽど、印象深かったのだろう。まあ、事実だから仕方ない。本当は、できなかったのではなく、勉強しなかっただけさと、うつむいて、心の中で嘯く。みながみな、ボクが映画狂だったという。そうだったか...

  18. 本と映画を観て - memory

    本と映画を観て

    カズオ イシグロの小説、「遠い山なみの光」を読み終えて。戦後の長崎と英国を舞台にした物語。全体的に重い雲に覆われているか深い霧が立ちこめているか雨がそぼ降るか・・・どこかそんなイメージの背景に気持ちは晴れず。重い小説を読んだ翌日、映画「祈りの幕が下りる時」を観ました。・・・・ずん、と重い。どちらも晴れない。次回は楽しいエンターテインメントの映画を観に行こう🌺私のお茶、飲まれて...

  19. 映画「デトロイト」_何故アカデミー賞ノミネートに嫌われたのか疑問が残る作品! - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    映画「デトロイト」_何故アカデミー賞ノミネートに嫌われ...

    「ハート・ロッカー」(08)で女性初のアカデミー賞を獲得したキャサリン・ビグローの作品です。キャサリン・ビグローといえばジェームス・キャメロンの元妻とか作家の樋口毅宏からアメリカの由美かおる(不老美女)とか呼ばれていましたが、オスカー受賞後のオサマ・ビンラディン暗殺を指揮したCIA女性分析官の活躍を描いた「ゼロ・ダーク・サーティ」(12)も刮目に値しすっかりメジャーネームになったように思いま...

  20. 『ク―リンチェ少年殺人事件』への憧憬 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    『ク―リンチェ少年殺人事件』への憧憬

    台湾映画と言えばエドワードヤン監督が思い浮かぶ。むしろこの監督しか知らない。海を渡って流れつく漂着物。それは電影の中でも刺激的だった。ほの暗い部屋の中。どこかで見たような光景だ。そこに集う青年たち。少年と少女の魔術。徴兵組と愚連隊との衝突。日本にはない風景だ。少年の少女への想い。いつかそれが殺人へと切り替わる。私の世界は誰も変えることができないのよ。僕が変えてみせる。拳銃がそこで炸裂し映画は...

1 - 20 / 総件数:895 件

似ているタグ