映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(887)

  1. 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」 - 似非クリエーター's

    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章「純愛篇」

    昔の愛の戦士たちを知っていると、純愛の意味は「ああいうことなのかな」と予想して見てしまう。そして見終えると、「どういうことなんだってばよう!」となる。純愛が伏線となるのか、それともこのエピソードを強調するためのキーワードなのか、それは続きを見ないとわからない。第三章まで進み、大筋で過去作品のリメイクという流れは変わらないが、福井さんが色々とネタを仕込んでいるので、物語の深みはうんと増している...

  2. ダンケルク - ロコピーhandmade.etc.日記

    ダンケルク

    ダンケルクって注目映画?みたいにどこかに記憶に残っていたので観に行ってみた。タイトルも何も出ないままに、いきなり銃撃戦が始まりラストまで一気に進んだ。戦争映画といっても目を覆いたくなるような残忍なシーンはない。とは言え戦争映画。連合軍(英仏など)VS 独軍という構図。どうやらヨーロッパにおいては、というかイギリスにとってはダンケルクという場所(フランスの北沿岸部)とその場で起こった第二次大戦...

  3. アンリ・ドコアン『女猫』 - 【こぐれ日乗】京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化プロデュース 公共政策        

    アンリ・ドコアン『女猫』

    2017/10/19(木)フィルム・ノワールでメロドラマ。アンリ・ドコアン『女猫』。『過去をもつ愛情』(1955)でフランソワーズ・アルヌール(1931年~)を知り、買っておいた映画。独特の音楽が鳴るとか、暗い画像ゆえに想像力が広がる作り。なかなかに面白かった。ベルナール・ブリエの頭の形が特徴的。ナチ・ドイツのロケット、あんなに小さかったのか・・・ アンリ・ドコアン(監督脚本)『女猫』(19...

  4. 映画とりんご - aile's room

    映画とりんご

    南大阪、高石でパン教室してます。初心者さんでもふわふわパンが作れます‼https://aileroom.jimdo.com今日は映画に行ってきました~‼みた映画はこれ!!そう、今ちまたでは有名なナラタージュです。映画館でちゃんと映画みるの…久しぶりかも。いつもビデオか、テレビでみてる(わりとテレビでやるの早くないですか?)あと、りんごきました~♪(´ε`*)父の付き合いのあるりんご農園からい...

  5. ア・フィルム・アバウト・コーヒー - アルック・ノオト ~荻窪の八幡さまの鳥居のそばのちいさなカフェより~

    ア・フィルム・アバウト・コーヒー

     金曜の夜は、”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”店主独断のムービータイム! ですが、 週一本ロードショー公開日に照らし合わせてセレクトしていくと、どうしても漏れてしまうお気に入りの映画が出てきます。 というわけで、 食材も充実してくる実りの10月は、土曜の夜もアルック座! 「食」にフォーカスしたドキュメンタリー映画特集をお送りしま...

  6. ア・フィルム・アバウト・コーヒー - アルック・ノオト ~荻窪の八幡さまの鳥居のそばのちいさなカフェより~

    ア・フィルム・アバウト・コーヒー

     金曜の夜は、”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”店主独断のムービータイム! ですが、 週一本ロードショー公開日に照らし合わせてセレクトしていくと、どうしても漏れてしまうお気に入りの映画が出てきます。 というわけで、 食材も充実してくる実りの10月は、土曜の夜もアルック座! 「食」にフォーカスしたドキュメンタリー映画特集をお送りしま...

  7. ア・フィルム・アバウト・コーヒー - アルック・ノオト ~荻窪の八幡さまの鳥居のそばのちいさなカフェより~

    ア・フィルム・アバウト・コーヒー

     金曜の夜は、”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”店主独断のムービータイム! ですが、 週一本ロードショー公開日に照らし合わせてセレクトしていくと、どうしても漏れてしまうお気に入りの映画が出てきます。 というわけで、 食材も充実してくる実りの10月は、土曜の夜もアルック座! 「食」にフォーカスしたドキュメンタリー映画特集をお送りしま...

  8. マリー・アントワネット - アルック・ノオト ~荻窪の八幡さまの鳥居のそばのちいさなカフェより~

    マリー・アントワネット

     ”好きな映画をロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ! というわけで、今夜のアルック座は、ソフィア・コッポラ監督作「マリー・アントワネット」。 11年前の2006年10月20日公開(米国)されました。1769年、オーストリア皇女マリア・アントニアは、オーストリアとフランスの同盟関係強化の一策として、母マリア・テレジアの命によってフランス王...

  9. 「猿の惑星:聖戦記」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「猿の惑星:聖戦記」を観てきました

    先日、「猿の惑星:聖戦記」を字幕版で観てきました。事前にGoogle playのレンタルで前作の「猿の惑星:新世記」を観ておいたので、登場人(猿?)物もすんなり思い出せました。特にコバは回想シーンでたくさん登場しますから、彼のキャラクターを思い出しておくことは大事ですね。ネタバレあります。もう何が凄いって、エイプス、リアル過ぎ! 繊細な表情はもちろん、雨や雪で濡れたりした毛並みもちょー自然だ...

  10. 市民連合渋谷街宣 BOTTOM UP DEMOCRACY 『ブルーム・オブ・イエスタデイ』 - ムキンポの exblog.jp

    市民連合渋谷街宣 BOTTOM UP DEMOCRAC...

    -----------------------------------2017年総選挙 市民連合街頭宣伝「みんなのための政治を、取り戻す」渋谷ハチ公前https://twitter.com/shiminrengo----------------------------------------------------------------------BOTTOM UP DEMOCRACY 1...

  11. 「オペレーション・クロマイト」 - ここなつ映画レビュー

    「オペレーション・クロマイト」

    冒頭で「史実に基づいたフィクションである」とスクリーンに注記されていた。普通に考えると、「史実」は朝鮮戦争における国連軍の仁川(インチョン)上陸であり、国連軍はこの上陸作戦を契機として、それまでソウルを含めた朝鮮半島の殆どを侵攻して優勢だった北朝鮮の人民軍の勢いを削ぎ、38度線まで押し戻した、ということであろう。また、「フィクション」とは、恐らくその仁川上陸作戦を実施する為に、事前準備として...

  12. スクランブル - 映画でござる

    スクランブル

    主演はスコット・イーストウッド お気づきのとおりイーストウッド監督の息子さん そっくりですよねぇ~! 彼を初めて知ったのは「ロンゲスト・ライド」というラブストーリー ニコラス・クーパー原作に外れ無しってことで、結構楽しめた作品でした カウーボーイ姿が尚更、お父上と重なって イーストウッド監督も若かりし頃はイケメンだったんどろうなって妄想しておりました^^; さて、本作の感想はと言いますと.....

  13. 機上の人 to SanFrancisco - 幾星霜Ⅱ

    機上の人 to SanFrancisco

    ✈️機上の人となるべく、空港に。サンフランシスコの娘に会いに行ってきます。まずは 地元エアポートのスタバにていつもの一杯からスタートです。 o(^-^)o トールのアメリカーノがグランデカップで登場。ヽ( ̄д ̄;)ノ バリスタさんのミスで 薄いコーヒーになりましたよ。お湯は少なめでしたが それでも薄い。。。がっ、お湯はちゃんと少なくしたよと言うバリスタの笑顔に和かにスルーです。&#12...

  14. 9月公開の映画、まとめてレビューですみません! - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    9月公開の映画、まとめてレビューですみません!

    最近、気持ちの余裕がなくて、映画レビューとか全く書いていない。いやいや、そこそこは映画見ているのだけれど。9月公開作品では、『ダンケルク』を海老名のTHX劇場で見たら、その音響のリアルさにぶっ飛んだ。いや、次のスターウォーズは、このスクリーンで観よう。是枝監督の『三度目の殺人』は安定した出来で、終わったあともあれこれ考えた。 韓国ホラーの『新感染ファナルエクスプレス』は、ゾンビものに親子の愛...

  15. トム・クルーズ最新作!破天荒実話『バリー・シール/アメリカをはめた男』 - ウラケン

    トム・クルーズ最新作!破天荒実話『バリー・シール/アメ...

    イラストと四コマ漫画のお仕事しました。トム・クルーズ最新作、10/21(土)公開!『バリー・シール/ アメリカをはめた男』予告見ました?どうです?面白そうですよね?ちなみにこのタイトルは邦題で原題は『AMERICAN MADE』です。アメリカ製ってことですかね?このアメリカ製って言葉には作り手側のものスゲー皮肉が込められてると思うんですが、それはFILMAGAさんに書いた記事を読んでいただく...

  16. 「アウトレイジ 最終章」 - おきらくごくらく(出張版)

    「アウトレイジ 最終章」

     「アウトレイジ 最終章」を見てきました。  北野武監督のアウトレイジシリーズの完結編。 だんだん過激な描写がシリーズを追うごとに少なくなってきましたが、エゴ丸出しのヤクザ業界の下克上は相変わらず健在です。 特に西田敏行、塩野三省が素晴らしい。両者とも病み上がりで明らかに顔色が悪く(特に塩野三省は脳梗塞復帰直後だから、呂律がちょっと変)より凄みが増しています。それに加えて今回狂言回し役のピエ...

  17. 劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel] 1.presage flower」 - 似非クリエーター's

    劇場版「Fate/stay night[Heaven'...

    Fateシリーズはゲームからの映像化作品で、グランツーリスモ以外にソフトを持っていない我が身としては、その世界観を知る術はアニメ作品だけなものだから、Heven's Feelがどんな世界観なのか、見るまでまったく知らなかった。登場するマスターやサーバントはstay nightそのままなので、好きな人にはたまらないわけだが、さてストーリーは?ネタバレは控えましょう。手間暇をかけたであろう映像は...

  18. 映画「亜人」観てきました - ナオの*毎日が宝石箱*

    映画「亜人」観てきました

    引きこもりから一転、毎日のように遊び歩いている なおです。恥ずかしい (*ノωノ)↑映画「亜人」を観てきました原作はまだ連載中で、コミック11巻まで出ています。どこからどこまでを映画化するんだろう・・・。このキャストはどうなんだ?見る前のモヤモヤを吹き飛ばす、すごくいい出来でした!大満足!!!\(^o^)/佐藤健は間違いないとして(大前提)綾野剛の肉体がすごすぎてビビりました(笑)川栄のアク...

  19. あしたは最高のはじまり - 映画でござる

    あしたは最高のはじまり

    オマール・シーのエネルギー溢れる、溌剌とした笑顔を見て、元気を分けてもらって癒される♡ これはそういう映画です! それ以上の用途を求めると、どぉ~しても、物足りない感が出て来ちゃいます^^; 娘役の子もとってもキュート♡ 息の合った父と子って感じで、オマール・シーとの掛け合いも微笑ましいし 基本、登場人物もみな善人だし 心あたたまるストーリーなんです! ただ、難点はストーリー展開に若干の使い...

  20. アメリカ映画「ドリーム」を見てきました。 - 電子工作やってみたよ

    アメリカ映画「ドリーム」を見てきました。

    久しぶりに映画を見に行ってきました。「ドリーム」というアメリカ映画です。1961年 まだ人種差別の激しかったころのアメリカのNASAでのはなしです。ロケットで人間を宇宙に送り出すための軌道計算をする黒人女性たちの物語。(実在の人の話だそうです。)コンピューターが出来る前で、計算係の女性の机に機械式の電動計算機がドカンと置いてありましたね。計算尺は出てきませんでした。当時の実写の写真では女性が...

1 - 20 / 総件数:887 件

似ているタグ