趣味・関心ジャンル×映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(1401)

  1. 唐人街探偵:東京MISSION - 5W - www.fivew.jp

    唐人街探偵:東京MISSION

    映画「唐人街探偵:東京MISSION」を見ました監督・脚本:Sicheng Chen

  2. 続・映画の話2 - 占い師★甲龍雨樹の易者意図ブログ☆

    続・映画の話2

    とても良い映画です。僕はたまたまケーブルテレビで観たんですが、今はAmazon primeでも視聴可能です。でも、レンタル料払って観ても後悔しない作品ですよ。https://youtu.be/AyIyPWZKr7E

  3. 続・映画の話1 - 占い師★甲龍雨樹の易者意図ブログ☆

    続・映画の話1

    何気なく観た映画。だけど、とてもステキな作品だった。おススメだよ。幸せなひとりぼっちhttps://g.co/kgs/NgEUoV※僕が参加している電話占いです。皆さまからのお電話お待ちしております。甲龍雨樹エキサイト電話占いhttps://d.excite.co.jp/prof/83093/

  4. JUNK HEAD - 5W - www.fivew.jp

    JUNK HEAD

    SF ストップモーションアニメ映画「JUNK HEAD」を見ました。監督、編集、撮影、照明、音楽、声優、etc.:堀貴秀

  5. 「映画大好きポンポさん」 - おきらくごくらく(出張版)

    「映画大好きポンポさん」

    「映画大好きポンポさん」を見てきました。イラストコミュニケーションサービス「pixiv」で発表された杉谷庄吾によるコミックを原作にしたアニメーション。監督は平尾隆之。まったく情報なしで題名に惹かれて見ましたが、いやいやこれは凄い映画愛に溢れた作品でした。映画作りのあらゆるノウハウを身に着けた天才映画プロデューサーのポンポさんと映画通であるがうだつの上がらないアシスタントの若者が映画を作るとい...

  6. 『アメリカン・ユートピア』をみました - ayuuun

    『アメリカン・ユートピア』をみました

    もんき「『アメリカン・ユートピア』をみました!」ぽむぽむ「夜9時10分の回!レイトショーカミングバック!」もんき「夜8時から9時までの間どこにも居場所がなくなる現象・・・を体験」もんき「ずっと立って開場を待っててテンション下がってたけど翻訳監修ピーター・バラカン!テンション爆上がり!」ぽむぽむ「へえ?」もんき「ザ・ポッパーズMTV!CBSドキュメント!」ぽむぽむ「ふうん?」もんき「そしてそし...

  7. 「釣りバカ日誌9」 - おきらくごくらく(出張版)

    「釣りバカ日誌9」

    「釣りバカ日誌9」を見ました。釣りバカシリーズ第10弾。監督は栗山富夫。いつもならあっさり描くゲストの恋のお話ですが、今回は全編に渡って小林稔侍と風吹ジュンの恋の物語がメインになっており、ある意味釣りバカシリーズでも異色作。でもこの恋のお話がいいお話なんだよな・・・互いに不器用で、さまざまな問題を抱えて生きている二人が、家族のために全てを投げ捨て一緒になるというお話は泣ける・・・そのため本作...

  8. 「カラミティ・ジェーン」 - おきらくごくらく(出張版)

    「カラミティ・ジェーン」

    「カラミティ・ジェーン」を見ました。実在したアメリカ西部開拓時代の女性ガンマンを主人公とした西部コメディミュージカル。監督はデヴィッド・バトラー。主役はドリス・デイ。男勝りで色気ゼロの女ガンマン:カラミティ・ジェーンを演じるけど、やっぱ美人だから取り分け目を引いてしまう。彼女が後半ドレスアップして、周りの人々がビックリして大人気になってしまうのは、まあお約束。売れないダンサーで、ドリス・デイ...

  9. 映画「ダイヤモンドは永遠に」 - シエラな気分

    映画「ダイヤモンドは永遠に」

    今日の映画は1971年に公開されたイギリス/アメリカ映画「ダイヤモンドは永遠に」です。映画解説・あらすじY!映画よりボンド役にショーン・コネリーが復活したシリーズ第7作。大量のダイヤが密輸されるという事件が起こった。ダイヤの行方を追ったボンドは、アメリカの富豪ホワイトが経営する科学会社へたどり着く。そこでボンドは、集められたダイヤを使って、強力なレーザー光線を作り上げる計画を突き止める。そし...

  10. 「星空の用心棒」 - おきらくごくらく(出張版)

    「星空の用心棒」

    「星空の用心棒」を見ました。アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『モンテ・クリスト伯』をベースにしたマカロニ・ウエスタン。監督はスタン・ヴァンス。主役はジュリアーノ・ジェンマ。今回のジェンマは強いのか弱いのかまったく分からん不思議な存在(笑)まあ復讐する悪党どもが間抜けすぎるというのもあるんだけどね。そう考えるとこんな間抜けな敵にまんまと騙されるジェンマもアホだろうと思ってしまったのは内緒だ...

  11. いとみち - 5W - www.fivew.jp

    いとみち

    映画「いとみち」を見ました津軽三味線とメイド、オール青森ロケです公開記念舞台挨拶が開催され横浜聡子監督と主演の駒井蓮さんの撮影秘話を聞くことができました

  12. 「間違えられた男」 - おきらくごくらく(出張版)

    「間違えられた男」

    「間違えられた男」を見ました。1953年にニューヨークで起きた事件をもとに描かれた実録映画。監督はアルフレッド・ヒッチコック。内容がシリアスであるため、冒頭でヒッチコックが出てきて「これは、実際に起こった出来事を基にした映画です」と真面目に語っている異色作。実際に基づいた物語のため、ヒッチコック特有のユーモアは一切ない。ただ平凡な男が事件に巻き込まれ、逃げ場も無くジワジワと罪を押し付けられる...

  13. 「見知らぬ乗客」 - おきらくごくらく(出張版)

    「見知らぬ乗客」

    「見知らぬ乗客」を見ました。パトリシア・ハイスミスによる同名小説の映画化。監督はアルフレッド・ヒッチコック。なんと脚本はレイモンド・チャンドラーというから驚き。列車に乗り合わせた見知らぬ乗客から交換殺人を持ちかけられたテニスプレーヤーの苦悩を描いた作品。交換殺人を持ちかけるロバート・ウォーカーの怪演が凄い。よくぞあそこまでネチネチと主人公を追い立てるものだ。普通に見えるけど狂気の塊のようだっ...

  14. 「北北西に進路を取れ」 - おきらくごくらく(出張版)

    「北北西に進路を取れ」

    「北北西に進路を取れ」を見ました。スパイに間違えられた男のアクションサスペンス。監督はアルフレッド・ヒッチコック。ヒッチコックお得意の巻き込まれ型サスペンス。今回は緻密というより豪快なアクションがポイントで、ところどころ「は???」となる展開が多々ある(笑)いくらスパイ物としても強引過ぎるだろ。特に有名なセスナに追いかけられるシーンはまったく理由が分からんが楽しいからOK。オチもめちゃくちゃ...

  15. 「断崖」 - おきらくごくらく(出張版)

    「断崖」

    「断崖」を見ました。フランシス・アイルズによる小説「犯行以前」の映画化。監督はアルフレッド・ヒッチコック。箱入り娘の令嬢が、プレイボーイの男と一目惚れで結婚。しかし彼は無一文で借金まみれの無類の賭け事好き。行動も不審でありどうやら詐欺まがいの事でお金を稼いでいるらしい・・・・終いには内緒で自分に生命保険を掛けられていることを知り愕然となるが・・・まあよくあるダメ男に捕まってしまった女性の物語...

  16. 「屍人荘の殺人」 - おきらくごくらく(出張版)

    「屍人荘の殺人」

    「屍人荘の殺人」を見ました。第27回鮎川哲也賞受賞した今村昌弘によるミステリー小説の映画化。監督は木村ひさし。山奥の山荘で、ゾンビに囲まれサバイバルな状況の中、一人一人何者かの手によって殺されていくというかなり変わったミステリーもの。気軽に見れるラブコメものに路線変更したせいか、ただ何もかもが中途半端で凄くもったいない。また演出も悪く、何が謎でどういう状況が説明不足のため、最後の謎解きのカタ...

  17. 「ピーターラビット」 - おきらくごくらく(出張版)

    「ピーターラビット」

    「ピーターラビット」を見ました。ビアトリクス・ポターの人気絵本を実写映画化。監督はウィル・グラック。ピーターラビットって可愛いウサギのほのぼの物語と思ってましたが、全然違う(笑)まさにウサギVS人間のガチンコ対決。まさかトムとジェリーの世界だとは思ってもいなかった・・・これがまた面白い。可愛い顔してウサギたちの悪質な攻撃は凄い・・・感電網を逆利用したり、ダイナマイトの起爆装置を奪って爆発させ...

  18. 映画「マネキン」 - シエラな気分

    映画「マネキン」

    今日の映画は1987年に公開されたアメリカ映画「マネキン」です。映画解説・あらすじY!映画より芸術家肌が災いし、何をやってもすぐにクビにされる彫刻家志望の青年ジョナサンがマネキンのディスプレイという仕事を見つけた。そこで、彼は一体の美しいマネキンと再会する。それは、彼がかつてマネキン工場で造り上げた、彼の唯一の芸術作品だった。仕事中、そのマネキンがジョナサンの前でいきなり動き出す。マネキンに...

  19. 「ライト/オフ」 - おきらくごくらく(出張版)

    「ライト/オフ」

    「ライト/オフ」を見ました。電気を消すと現れる謎の存在に迫られる姉弟を描いたホラー映画。監督はデヴィッド・F・サンドバーグ。ライトを当てると消えるという亡霊?怨霊?の発想は面白かったが、それを上手く生かし切れていないのが残念。色々矛盾が生じてしまうのだが、もっとそれを上手くごまかしてくれればもっと面白くなったはずなのに・・・結局母親の生み出した化け物というオチもなんだかな・・・

  20. 「リトル・ニキータ」 - おきらくごくらく(出張版)

    「リトル・ニキータ」

    「リトル・ニキータ」を見ました。リヴァー・フェニックスとシドニー・ポワチエ共演のスパイサスペンス映画。監督はリチャード・ベンジャミン。両親がソ連のスパイと知って葛藤する少年を描いた作品。でもこれ色々ツッコミどころ満載で常に???が浮かんでしまう。なぜ少年に両親がスパイであると教えたのか?FBIのシドニー・ポワチエの意図が分からん。20年以上もアメリカにいてスパイ活動をまったくしてないスパイっ...

総件数:1401 件

似ているタグ