趣味・関心ジャンル×映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(1406)

  1. 「シャークネード6ラスト・チェーンソー」 - おきらくごくらく(出張版)

    「シャークネード6ラスト・チェーンソー」

    「シャークネード6ラスト・チェーンソー」を見ました。”シャークネード”シリーズ第6弾、そして完結篇。監督はアンソニー・C・フェランテ。とうとう禁断のタイムトラベルに手を出して、前作以上にひっちゃかめっちゃか。恐竜時代、中世騎士の時代、アメリカ独立戦争時代、西部劇時代、20013年の未来とあっちこっちへ飛んでいく(笑)そしてシリーズ通して亡くなった方、ノヴァ、ブライアン、スカイなど、実はあの時...

  2. 「シャークネード5ワールド・タイフーン」 - おきらくごくらく(出張版)

    「シャークネード5ワールド・タイフーン」

    「シャークネード5ワールド・タイフーン」を見ました。”シャークネード”シリーズ第5弾。監督はアンソニー・C・フェランテ。冒頭からインディ・ジョーンズのパロから始まり、封印した太古のサメの呪いを開放してしまいシャークネードが復活。しかも今度はアメリカだけではなく、全世界に渡って・・・そしてついに日本もその被害に・・・どこまでエスカレートするのか分からないこのシリーズ。もう収拾がつかなくてめちゃ...

  3. 映画「サブリナ」 - シエラな気分

    映画「サブリナ」

    今日の映画は1995年に公開されたアメリカ映画「サブリナ」です。映画解説・あらすじY!映画よりあのオードリー・ヘプバーン主演「麗しのサブリナ」の現代版リメイク。子供の頃から大富豪のララビー家の次男デヴィットに恋する同家のお抱え運転手の娘サブリナは、パーティの晩にはいつも木に登って彼の姿を見つめていた。父のフェアチャイルドは彼女に、人は自らの立場を知ってこそ幸せになれると言い聞かせていたが、サ...

  4. 「新・極道の妻たち覚悟しいや」 - おきらくごくらく(出張版)

    「新・極道の妻たち覚悟しいや」

    「新・極道の妻たち覚悟しいや」を見ました。極妻シリーズ第6弾。監督は山下耕作。岩下志麻主演。常連のかたせ梨乃が久しぶりに岩下志麻に牙をむく物語。やはりこういう展開じゃないと燃えませんな。シリーズに梅宮辰夫、加賀まりこ、草刈正雄、北大路欣也が初登場。草刈正雄はちょっと小太りで冴えない役だったのが残念。初め見たとき誰?と思ってしまった(笑)岩下志麻が殺し屋の北大路欣也に惚れてしまうという珍しい展...

  5. 「シャークネードザ・フォース・アウェイクンズ」 - おきらくごくらく(出張版)

    「シャークネードザ・フォース・アウェイクンズ」

    「シャークネードザ・フォース・アウェイクンズ」を見ました。”シャークネード”シリーズ第4弾。監督はアンソニー・C・フェランテ。冒頭のスターウォーズパロを見ていると、やりたいことは全部やるぞ!みたいな意気込みが感じられる(笑)前作で死んだと思われたおじいちゃんや妻が生きており、特に妻は闇改造がエスカレートして空を飛びビームを放つところまで来てしまった(笑)劇中で子供を励ますために「私はアイアン...

  6. 「AWAKE」 - おきらくごくらく(出張版)

    「AWAKE」

    「AWAKE」を見ました。将棋電王戦FINAL第5局の対局を題材に、コンピュータ将棋ソフト開発者と将棋棋士の姿を描いた作品。監督は山田篤宏。将棋ファンなら誰もが知っているボナンザVS阿久津八段の21手で終わったコンピュータVS人間の真剣勝負。真剣勝負ゆえにソフトのバグを突き、勝った阿久津八段には何の落ち度もないのだが、なんかすっきりしなかった(正々堂々と戦って欲しかった)のが当時の感想。これ...

  7. 「新・極道の妻たち」 - おきらくごくらく(出張版)

    「新・極道の妻たち」

    「新・極道の妻たち」を見ました。岩下志麻主演の極妻シリーズ第5弾。監督は中島貞夫。今回の岩下志麻の姐さんは、3代目として息子を押すのではなく、息子に足を洗わせて堅気にしたいという母親の想いが溢れているのが新鮮。ただその母親の愛情を取り違え、俺は期待されてないから3代目になれないと暴走する息子の悲しさ・・・この息子を高島政宏が好演。桜をバックに母と子のやりとりが迫力がありまさに名シーン。まあ息...

  8. 「シャークネードエクストリーム・ミッション」 - おきらくごくらく(出張版)

    「シャークネードエクストリーム・ミッション」

    「シャークネードエクストリーム・ミッション」を見ました。”シャークネード”シリーズ第3弾。監督はアンソニー・C・フェランテ。今回はいきなりホワイトハウスでのサメとの大格闘。今度は大統領を守るフィン・シェパード!大統領も大活躍(笑)そして妊娠中の妻とその娘はユニバーサルスタジオでサメとの格闘へ。もう東海岸のあちこちでシャークネードが発生するという大惨事に(笑)1作目で奇跡の生還を果たしたノヴァ...

  9. 「凪待ち」 - おきらくごくらく(出張版)

    「凪待ち」

    「凪待ち」を見ました。人生負け犬の男の喪失と再生の物語。監督は白石和彌。ギャンブル狂で短気で暴力的なダメ男を香取慎吾が熱演。あの腐った魚の目のようなどよんとした目つきは最高に良かった。でもたまに見せる優しさが、根は優しい人だと分かるため、周りの人は放っておかないんだろうな・・・・と思ってしまう。特に連れ子の恒松祐里には懐かれているし・・・ただ疑問なのが、夫婦同様に暮らしていた西田尚美が殺され...

  10. 「シャークネードカテゴリー2」 - おきらくごくらく(出張版)

    「シャークネードカテゴリー2」

    「シャークネードカテゴリー2」を見ました。”シャークネード”シリーズ第2弾。監督はアンソニー・C・フェランテ。ロサンゼルスを救い、離婚した妻との関係も修復したフィン・シェパードが今度はニューヨークを救うシリーズ第2作目。前作同様な展開ですが、前作で成功したせいか、倍以上に派手にサメたちが戻ってきてうれしい限り(笑)ラストなんて竜巻に飛ばされてもサメをロデオのごとく操って無事生還する様はもう笑...

  11. 「シャークネード」 - おきらくごくらく(出張版)

    「シャークネード」

    「シャークネード」を見ました。サメと共にやってくる竜巻と人間との死闘を描く”シャークネード”シリーズ第1作。監督はアンソニー・C・フェランテ。まさにB級王道の展開。竜巻だけでも怖いのに、サメが降ってくるなんて・・・竜巻とサメを合わせたアイデアには素直に拍手。次から次へと仲間が一人一人やられていくのもホラー映画の常套手段。でもまさかあの子がラスト助かっていたとは・・・ホラー映画でのお馴染みのア...

  12. 「メランコリック」 - おきらくごくらく(出張版)

    「メランコリック」

    「メランコリック」を見ました。バイト先の銭湯が夜は殺しの場になっているというサスペンスコメディ。監督は田中征爾。同じ時期に入った金髪年下がやけに店長に贔屓されていると感じた東大卒のうだつの上がらない男(ココリコの田中によく似ている)が、勘繰り入れるとという展開がまさにあるあるで笑える。まあバイトした動機が、好きな女の子がここの銭湯に通っているということだからね(笑)実際殺しもその片付けも、み...

  13. 「エージェント:ライアン」 - おきらくごくらく(出張版)

    「エージェント:ライアン」

    「エージェント:ライアン」を見ました。トム・クランシーによる小説のジャック・ライアンを主人王としたオリジナルストーリー。監督はケネス・ブラナー。ジャック・ライアンがCIA分析官からエージェントになっていく物語であるが、あまりにもスパイ物の二番煎じみたいで、今までのジャック・ライアンとは似ても似つかないものとなっている・・・演じているのがクリス・パインであるが、似合ってない。彼はどちらかといえ...

  14. 「釣りバカ日誌2」 - おきらくごくらく(出張版)

    「釣りバカ日誌2」

    「釣りバカ日誌2」を見ました。釣りバカシリーズ第2弾。監督は栗山富夫。前作で地方に飛ばされたはずの浜ちゃんが、いつも通り東京にいるのには驚いた。どうやらシリーズ化が決定したので、前作のラストはなかったことになったらしい(笑)今回のマドンナは原田美枝子。年甲斐もなく釣りの旅先で知り合った女性にぞっこんの三國。そのデレデレしている現場を浜ちゃんに見られてとっさに娘だと嘘をつくのがね・・・その彼女...

  15. 「私をくいとめて」 - おきらくごくらく(出張版)

    「私をくいとめて」

    「私をくいとめて」を見ました。綿矢りさの同名小説の映画化。監督は大九明子。のん主演のラブコメディ。脳内にいるもう一人の自分Aを相談役としてシングルライフを満喫するOLが、年下の営業マンと恋に落ち右往左往する物語。この脳内の自分の声が中村倫也というの凄い。もう声だけで彼と分かりますからね。まさに独特の声!そしてこの映画の凄い所は、結婚してイタリアに住んでいる親友役として橋本愛が登場。朝ドラ「あ...

  16. 映画「マネーボール」 - シエラな気分

    映画「マネーボール」

    今日の映画は2011年公開のアメリカ映画、ブラッド・ピット主演の「マネーボール」です。久しぶりに富士宮市立中央図書館で観ました。映画解説・あらすじY!映画よりアメリカのプロ野球、メジャーリーグの貧乏球団を独自の理論で常勝球団に育てあげた実在の男の半生を、ブラッド・ピットが演じる感動的なヒューマンドラマ。球団のゼネラルマネージャーが独自の理論である「マネーボール理論」を推し進め、貧乏球団を常勝...

  17. 「キッド」 - おきらくごくらく(出張版)

    「キッド」

    「キッド」を見ました。チャールズ・チャップリン監督・主演・脚本の51分という短いコメディ。100年前の映画とは思えない楽しさ溢れる作品。貧乏人の男が、赤ん坊を拾って育てるという物語であるが、最初は邪険に扱うけど次第に愛情が沸いてきてもう彼無しには生きてられない様が泣かせる。子供も貧乏であるが、チャップリンの愛を感じ、世渡りの術を覚えていく(あの窓ガラス販売のからくりは笑える)様もいじらしい。...

  18. 「ラ・ブーム」 - おきらくごくらく(出張版)

    「ラ・ブーム」

    「ラ・ブーム」を見ました。当時13歳のソフィー・マルソーのデビュー作であるラブコメディ。監督はクロード・ピノトー。ソフィー・マルソーがとても可愛らしい、まさにアイドル映画。もうこの映画40年以上も前の映画なんだね・・・月日の流れは早いものだ・・・・今から見るとホント取るに足らないよくある物語だけど、新鮮に感じるのは年を取ったせいかな?パーティに参加している子供たちが心配で、親たちがみなパーテ...

  19. 「スペシャリスト」 - おきらくごくらく(出張版)

    「スペシャリスト」

    「スペシャリスト」を見ました。鬼才セルジオ・コルブッチ監督のマカロニウェスタン。フランスのポップ歌手、ジョニー・アリディを主役に迎え、相変わらずの先の読めない展開には驚愕。なんせ出て来る保安官が敵か味方か分からん不思議なポジションで翻弄してくれる。あの盗賊に捕まっての頭突き合戦は異様だ(笑)そして用が無くなったら退場だからね・・・今回は兄を濡れ衣で殺した街の人たちへの復讐としてやってきた主人...

  20. 最近のショーナン2021年05月01日 - ショーナンロケッティアズ STAND ALONE BLOGLLESIV

    最近のショーナン2021年05月01日

    早いねえ、もう5月だよ。結局オリンピックってやることになったんですかね。自分はわりと楽しみにしてる側で、それも、セイラ―競技が家から歩いて10分内の場所で観戦できるもんだから、まあ、そんだけ近けりゃ物見遊山だよね。たのしみだなあ。当初の予定だと、浜で観戦用の大型モニターを設置するとか聞いてたけど、無観客でやるとするなら設置しないのかな。そうなると水平線のむこうのなんか動いてる物体を観察するだ...

総件数:1406 件

似ているタグ