映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(992)

  1. 【特にネタバレ無し】文豪ストレイドッグス DEAD APPLE鑑賞 - evaluation meeting

    【特にネタバレ無し】文豪ストレイドッグス DEAD A...

    三重県では残念ながら109シネマズ四日市でしか上映してない【文豪ストレイドッグス DEAD APPLE】油断してたら1日一回の上映になってたので久々に予定の無かった先週末見てきました。冒頭からやられましたね。このシチュエーション撮りたいとかそんなことばかり考えてました←おいしい感じに登場する中原中也、山口県出身としてはホントにたまらんです。あの帽子がどんなアクションでも外れない感じも止む無し...

  2. 「プラダを着た悪魔」 - ぶらぶらデジカメ写真 by はる

    「プラダを着た悪魔」

    「プラダを着た悪魔」阿保なジャーナリスト志望の子が社畜となったけど、やっとのことで正気に戻る話。漫画チックだけど楽しませてくれる。考えてみれば、ジャーナリスト志望の学生がファッション雑誌の編集長のアシスタントを希望してしまうところが間違い。しかも、ちょっとでも興味があったならともかく、全く興味もなく知識もない。このバカげた選択からこの物語は始まっている。でも、まあ、面白いですよね。本人が混乱...

  3. ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 - 春巻雑記帳

    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

    とりあえず報道に関わる人たちは全員、心の帳面にびっしりメモする勢いで観とけ!という作品ですが、私はこの映画を観ながら今の日本社会における女性は50年前のアメリカと似たような状況なのかな?とうすらぼんやり考えていました。とにかくメリル・ストリープがとても上手い。『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(The Post)』監督: スティーヴン・スピルバーグベトナム戦争が泥沼化していた1971年、...

  4. パシフィック・リム アップライジング - アサクフカク

    パシフィック・リム アップライジング

    良くも悪くもロボット怪獣映画ひたすらロボットと怪獣のバトルを楽しもう♪

  5. 『海辺のリア』(映画) - 竹林軒出張所

    『海辺のリア』(映画)

    海辺のリア(2016年・「海辺のリア」製作委員会)監督:小林政広脚本:小林政広出演:仲代達矢、黒木華、原田美枝子、小林薫、阿部寛仲代の仲代による仲代のための映画 かつての名優が、すでに認知症になっていて施設に入っている。ところがその施設を抜け出して行方不明になる……というストーリーの映画。 日本映画専門チャンネルでたびたび予告編を見て感心し、ぜひ見たいと思っていた。なんといっても画面に映し出...

  6. 各々諸事情 2340 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    各々諸事情 2340

    2018-04-16【訃報】「ハートマン軍曹」役のロナルド・リー・アーメイが死去ACTOR R. LEE ERMEY OF'FULL METAL JACKET' DIES AT 74 http://abc7.com/entertainment/actor-r-lee-ermey-of-full-metal-jacket-dies-at-74/3347853/映画『フルメタル・ジャケット』に「...

  7. 「崖っぷちホテル!」土田英生脚本テレビドラマ 杉本苑子『穢土荘厳』 武内英樹『テルマエ・ロマエ』 - 【こぐれ日乗】京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化プロデュース 公共政策        

    「崖っぷちホテル!」土田英生脚本テレビドラマ 杉本苑子...

    2018/4/15(日)MONOの土田英生さん脚本のテレビドラマの始まり。ホテルというのは、三谷幸喜さん物もあるので、どうなるのかな?と思いつつ、なかなかに楽しめたしこれからただただ期待できそうで良かった。 日本テレビ系 2018年4月期日曜ドラマ「崖っぷちホテル!」<https://www.ntv.co.jp/gakehote/story/https://dorama-netabar...

  8. 「レッド・スパロー」 - ここなつ映画レビュー

    「レッド・スパロー」

    スパイ用語のおさらい。「モグラ」はスパイのことである。だが、よく二重スパイのような意味で使われる。「スワン」は女性の情報提供者(だと本作を観て思った)。そして題名にも使われている「スパロー」は、女スパイのことを指していると思われる(更に言うなら、「レッド・スパロー」の「レッド」とは、ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)がロシア人のスパイであることからつけられたのであろう)。「女スパイもの」と...

  9. シェイプ・オブ・ウォーター / THE SHAPE OF WATER - little good things

    シェイプ・オブ・ウォーター / THE SHAPE O...

    日本の映画興行業界では"若く美しい男女のロマンス"作品じゃないと多くの観客に受けないっぽくて、気づいたら家から歩いて行ける映画館での上映は終わっていた。酷い、早すぎる。だもんで、深夜にばびゅっとべーゔぇで第一京浜を北上して川崎で観た。掛けてくれたCINECITTA'は素敵だ。古びてきたけれど、客席からスクリーンが近くて視覚いっぱいに映画を観られる。此処にはCLUB CITTA'もあるしTow...

  10. 【映画感想】パシフィック・リム:アップライジング - セメタリープライム2

    【映画感想】パシフィック・リム:アップライジング

    デルトロ監督のパシフィック・リムの続編。 結論かなりの傑作! 今作の監督は、海外ドラマ『スパルタカス』や『デアデビル』の製作総指揮で知られている、スティーヴン・S・デナイト。代表作から分かる様に、キャラクターの描き方が上手く、超面白いドラマやアクションやお約束が描ける監督なので、その辺りの品質は折り紙付き。 ただ、パシリム1作目が神作品だと思っている人ほど、違和感は大きいかもしれない。という...

  11. リメンバー・ミー - ♪観劇&映画好きOL fuyumiのブログ♪(仮)

    リメンバー・ミー

    祝!初ブログです都内に勤めるfuyumiと言います♪このたび前々から作りたいなーと思っていたブログを開設致しました!ミュージカルや映画を観るたびFacebookに感想を上げて更新していたのですがどうしても毎回長文になってしまう・・・そしてどうしてもFBに長文が似合わない!!というわけで念願のブログ開設となります。(笑)今後ともどうぞよろしくお願いいたしますそしてそして早速・・・タイトルに書き...

  12. 爆誕!メタボリック殺人鬼『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』 - ウラケン

    爆誕!メタボリック殺人鬼『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』

    3コマ目以降は四コマ映画さんで↓悪魔のいけにえビギナーも根っからのホラーファンもどちらにしても、この映画気になってる方はこれ以上の広告情報を見ないで映画館へ行かれることを強くおすすめします。え?ええ?!!マジっ??!ってなります。↑ウラケン自作LINEスタンプ 各種なんやかんや売れてます。

  13. 「パシフィック・リム:アップライジング」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「パシフィック・リム:アップライジング」を観てきました

    ドバイ旅行ブログの前にまたもや映画ネタです、スミマセン。先日、「パシフィック・リム: アップライジング」を字幕版で観てきました。いつもなら前作を見返すのですが、今回は前作公開時にアメリカで2回、日本語吹き替えも1回観て、かなり印象深く残っているのでおさらいは無しで挑みましたが、問題ありませんでした。ネタバレあります。前作から10年後との設定でしたが、世界観が大きく変わることはなく、むしろイェ...

  14. 映画鑑賞 『クソ野郎と美しき世界』 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    映画鑑賞 『クソ野郎と美しき世界』

    数日前、映画『クソ野郎と美しき世界』を観てきました。ユナイテッド・シネマに行くのは10年以上ぶり。記憶にある限り、こういったシネコンと呼ばれる映画館で「自由席」って初!平日の昼間にしては、思ったよりは人が入っていました。観客は全員女性、わたしの見るところ自分を除くと全員40代!(笑)そうですよね、そういう世代よね。みんな同じ空気をまとった観客・・・この映画は、オムニバスで、稲垣五郎、草彅剛、...

  15. 映画の話 「ウイスキーと2人の花嫁」 ほのぼの、ホッコリです。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    映画の話 「ウイスキーと2人の花嫁」 ほのぼの、ホッコ...

    監督 ギリーズ・マッキノン製作 イアイン・マクリーンアラン・J・ワンズ製作総指揮 マイケル・ライアン原作コンプトン・マッケンジー 第二次世界大戦中のスコットランド・エリスケイ島での実話に基づいています。喜劇と言っていいんでしょう。ほのぼのと笑ってしまいます。この島の郵便局長ジョセフ(グレゴール・フィッシャー)は、妻に先立たれ、妙齢の二人の娘ペギー(ナオミ・バトリック)とカトリーナ(エリー・...

  16. シンクロ日記 フラワーショウ! #467 - 「 K 」 Diary

    シンクロ日記 フラワーショウ! #467

    うっす! みんな げんき?俺 も 元気 だぜ『 シンクロ日記 』『 フラワーショウ! 』という 映画 を 観たフラワーショウ!  詳細 Amazon実在 の 人物 がモデル と なっている 作品 でちょっと 驚いた のだがちょうど 昨日 この ブログ で個性 に ついて 書いた のだが英国 チェルシーフラワーショー という ガーデニング の 大会 で無名 の 新人 だった メアリー が自分 ...

  17. 「アバター」 - ぶらぶらデジカメ写真 by はる

    「アバター」

    「アバター」いずれは殺され排除されてしまう先住民への愛を感じさせる作品。ロボット、アバター、森林環境設定等工夫がいっぱい。やはり見せてくれますねー。素晴らしい。アメリカインディアンと騎兵隊の戦いを模したような物語。史実ではアメリカインディアンは、騎兵隊により虐殺され、生き残った者も遥かかなたの不毛地帯に強制移住させられましたが、この映画ではパンドラの先住民ナビの勝利に終わります。でも地球人は...

  18. さよなら、僕のマンハッタン(’17) - Something Impressive(KYOKOⅢ)

    さよなら、僕のマンハッタン(’17)

    先週5日(木)、渋谷のユーロスペースで「さよなら、僕のマンハッタン」試写会、案内状が来ていて都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのYamatoさんとご一緒して鑑賞。代表作らしい「(500)日のサマー」はタイトルを聞いたことがあるっていう程度、初見のマーク・ウェブ監督作。<チラシ→>俳優陣も、ざっと見た所主演のカラム・ターナー初め馴染みの名はなく、Yamatoさんは割と色々出てる人もい...

  19. 【ドラえもん映画】夢幻三剣士 - 役員から降格して見えてきたもの

    【ドラえもん映画】夢幻三剣士

    今日は妻が飲み会の日恒例、お父さん独断と偏見の昔のドラえもんを見る会。前回、「雲の王国」を見て、あまり戦闘シーンがないため飽きがちだった上の子(5歳)のために戦闘シーンが多そうな、「夢幻三剣士」をチョイス。年代が比較的新しいためか、私は見た記憶がほとんどない。個人的な感想はイマイチ。以下ネタバレを含みます。途中ドラえもんが夢の世界での行動をリアルにするために現実世界と夢の世界を入れ替える。危...

  20. 映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」 - 日々の雑記ノオト

    映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

    昨日のおでかけです。何としても映画館で観るべき映画歴史上のできごととして知ってはいるものの、ほんとうにこういうことだったのかと驚きつつ、メリル・ストリープとトム・ハンクスの演技に鳥肌ものでした。個人的には、二人とも一時期より痩せてスッキリしてきれいになっていました。「スリー・ビルボード」が無かったら、間違いなくストリープが4つ目のオスカー獲ったのではないでしょうか。現代は「ザ ポスト」なので...

41 - 60 / 総件数:992 件

似ているタグ