映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(861)

  1. ディズニーシーごはん~ミゲルと七夕☆蚊の季節 - SUPICA'S  BLOG

    ディズニーシーごはん~ミゲルと七夕☆蚊の季節

    目覚めたら蚊がカーテンに止まっていた一発で仕留めたが時すでに遅しってやつカーテンとスマホケース(武器〉が赤く染まったカーテンもケースも白なのじゃヽ(´Д`;)ノ最後の反撃が強烈だったなり先月ディズニーシーへ映画りメンバーミーの壁画を観に行ったら消されてしまっていたおいディズニーよせめてスペシャルメニュー提供期間は残しておけ!!怒ミゲルのスペシャルドリンクは美味しかったがな?夕べは七夕願い事「...

  2. ラスト・ダンスは私に 中 * Save the Last Dance for Me 2 - ももさへづり*うた暦*Cent Chants d' une Chouette

    ラスト・ダンスは私に 中 * Save the Las...

    彼女の美しさに誰もが息をのんだ。シチリア貴族の舞踏会の花、アンジェリカ(クラウディア・カルディナーレ)。退廃した貴族階級の集いで、庶民の娘の健やかな美貌は異彩を放つ。Sa beauté vaincra tous.Angelica dans le bal de l' aristocratie de Sicilia.Une jeune fille popualire dans l' aris...

  3. 「スパイ・ゾルゲ」 - ぶらぶらデジカメ写真 by はる

    「スパイ・ゾルゲ」

    「スパイ・ゾルゲ」人間の理想の虚しさを感じさせる力作。でも、ドラマチックで見ごたえがありました。人間が生きることの虚しさを感じさせる。226事件を起こした皇道派の思想を尾崎秀美とゾルゲは共産主義思想に近いと評価している。彼らの思想は農村の貧困から発していた。尾崎秀実とゾルゲが共産主義者になったきっかけは、社会的差別や人間性を犠牲にする資本主義のあり方に対する疑問だった。しかし、226事件を起...

  4. メルヘンを纏(まと)った残酷〜シェイプ・オブ・ウォーター - 瑠璃色古雑貨店

    メルヘンを纏(まと)った残酷〜シェイプ・オブ・ウォーター

    時代は昔むかし、ではなく1960年代はじめ、米ソ冷戦下。政府の極秘研究所(?)で清掃員として働くイライザは、幼少期の(おそらく暴力)のせいで声を発することができません。作品のオープニングは これは何処だろう?という水中の風景です。自由自在に水中を泳ぐ あるいは 飛行するかのようにカメラはある建物の中へ。水中に浮かぶ椅子やテーブル後になってわかりますが ここは主人公イライザの住まいなのです。毎...

  5. 『チャタレイ夫人の恋人』(映画) - 竹林軒出張所

    『チャタレイ夫人の恋人』(映画)

    チャタレイ夫人の恋人(1982年・英仏)監督:ジュスト・ジャカン原作:D・H・ロレンス脚本:クリストファー・ウィッキング、ジュスト・ジャカン、マルク・ベーム出演:シルヴィア・クリステル、シェーン・ブライアント、ニコラス・クレイ、ベッシー・ラヴ妖艶、シルヴィア・クリステル ロレンスの『チャタレイ夫人の恋人』は、これまでたびたび映画化されているが、これは僕の知る限り2回目の映画化作品である。主演...

  6. 『アフタースクール』鑑賞 -  All About 身辺雑事

    『アフタースクール』鑑賞

    アフタースクール [DVD]大泉洋,佐々木蔵之介,堺雅人/メディアファクトリーundefined大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人の中堅個性派俳優3人の共演が、公開当初少々話題になったのが標題の作品。物語は女子中学生美紀が下駄箱の前で同級生の木村に一通の手紙を渡すところから始まります。場面は変わって臨月の大きなお腹を抱えた美紀(常磐貴子)を気遣う優しそうな木村(堺)。「木村家」の幸せな朝の風景が描...

  7. 『人生を狂わせる10本の映画』を読んだ -  All About 身辺雑事

    『人生を狂わせる10本の映画』を読んだ

    人生を狂わせる10本の映画シネマ4の字固め/nullundefined「シネマ4の字固め」というPod Castで配信されている映画評論対談を書籍化したもの。マルモト、タカノ両氏が「出演」し、マルモト氏編の5本は同氏の一人語り、タカノ氏の5本は両氏の対談という体で文字化してあります。『アマデウス』という超メジャーな名作から、どこで上映されるかすらわからず、語っているタカノ氏本人自身が観たこと...

  8. 東京暇人 - 365歩のマーチ

    東京暇人

    『ザ・ファブル』の最新情報と言うことで楽しみにしていたけど、映像は無かった。宣材写真もヒゲ准だった(苦笑)エイベのプロフィール写真が良かった(ワガママ)天野っちが映画の説明をしてくれた後、「ま、こんだけ喋っているってことはね、映像がないからなんですね。ということで続報が入り次第東京暇人でお伝えしていきますので、お楽しみにしといて下さい。映画『ザ・ファブル』は来年!2019年公開です」公開が近...

  9. エリア・カザン『波止場』 トニー・スコット『トゥルー・ロマンス』 - 【こぐれ日乗】京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化プロデュース 公共政策 by小暮宣雄        

    エリア・カザン『波止場』 トニー・スコット『トゥルー・...

    2018/7/6(金)昨夜にメールが来ていた(今日は臨時休講)を知らずに大学へ。出張報告、近大のレジュメづくり、振替休講(公共政策入門と2回生基礎演習学外授業)届けを出して、早々に帰る(六地蔵に行く職員さんの車があって助かる)。 帰って、2つ映画を観る。録画してていた、いろんな要素がぐっとあるもの(ロマンスで、コミカルでバイオレンス。逃亡カップル物語)。デトロイト。でっかい赤紫のオープンカー...

  10. 夏といえば - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    夏といえば

    先週末「空飛ぶタイヤ」を見に行った時(Tジョイ)イオン内をうろついてて駄菓子屋さん横の壁に金鳥があったんですよね桂川イオンに行くと駐車に列が出来てて映画の時間に間に合えず場所替えました 土日祝のイオンは避けたいと思ってたのに

  11. 壁の向こうへ - 悲しむ君が好き

    壁の向こうへ

    こんばんは。お久しぶりです。生きてます。そこそこ元気です。はじめにお詫びを……5年ほど前にタチの悪いスパムコメントが増え、その対処として一時しのぎのつもりで全記事コメント禁止に設定した後、最近まですっかり忘れていました(滝汗) コメントの新規投稿だけでなく過去に頂いたコメントの閲覧もできなくなっていたかと思います。その間ご不便をおかけしたかもしれません。申し訳ありませんでした。(スパム対策と...

  12. ケン・ラッセルという映画監督の作品は良いと勧められた。 - Fouko

    ケン・ラッセルという映画監督の作品は良いと勧められた。

    だいぶ 昔 私が美大に行ってた頃 夜遅くなって 友人のSちゃんのアパートに泊まった時夜 ずっと話していて 彼女はたくさん映画を観ていたようだったけれど「ケン・ラッセル・・・ケン・ラッセルはいい映画だから 観たほうが良いよ。」そういう話をしていたんだけど 私は天の邪鬼で 1本も観ていない。昨日 ケン・ラッセルの1971年作『ボーイフレンド』という50年代のミュージカル映画をトリビュートした映画...

  13. ママはレスリング・クィーン - アルック・ノオト ~荻窪の八幡さまの鳥居のそばのちいさなカフェより~

    ママはレスリング・クィーン

     ”好きな映画がロードショー公開された月日に合わせて鑑賞することで当時の季節感を追体験してみたい”シリーズ! というわけで、今夜のアルック座は、「ママはレスリング・クイーン」。 5年前の7月3日(仏)に公開されました。北フランスの片田舎。ムショ帰りでシングルマザーのローズは、つれない息子の気を引くために、同じスーパーで働く仲間三人を誘って老レスラーの元に入門を決意。息子が大のプロレスファンだ...

  14. 『小間使の日記(ルノワール版)』(映画) - 竹林軒出張所

    『小間使の日記(ルノワール版)』(映画)

    小間使の日記(1946年・米)監督:ジャン・ルノワール原作:オクターヴ・ミルボー脚本:バージェス・メレディス出演:ポーレット・ゴダード、バージェス・メレディス、ハード・ハットフィールド、ジュディス・アンダーソン、フランシス・レデラー、レジナルド・オーウェンどれをとってもあまり感じることがないブニュエル版を見たいものだ 『小間使の日記』と言えば、ルイス・ブニュエルの映画が有名だが、あのジャン・...

  15. 「金曜日」、何する? - pink pinko life

    「金曜日」、何する?

    「マリア」グングン北上中、大阪は今日も朝からドシャ降りの1日でした。雨の日はきらいじゃないけど、なんとなく「やる気」損ナ~ウ。(そんなことありません?)しかも今日は金曜日・・・!頑張るのは来週からにしとこか!たしか「金曜日はお金を使いましょうの日」でしたね。ここはいっちょバブル時代の波にのっかって・・・TSUTAYAでも行っとこか♡特にお目当てがあるわけではないけど。開店ダッシュの甲斐あって...

  16. 2018年上半期の(1月~6月)の映画の総括_「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、「ウィンストン・チャーチル_ヒトラーから世界を救った男」そして「孤狼の血」が私のベストスリー - Would-be ちょい不良親父の世迷言

    2018年上半期の(1月~6月)の映画の総括_「ペンタ...

    2018年の上半期に観た50本の映画の私のベスト3は、ストリープとハンクスが描く報道人の矜持が眩しいタイムリーな映画だった「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」、ゲーリーオールドマンがアカデミー主演男優賞に輝いた「ウィンストン・チャーチル_ヒトラーから世界を救った男」そして邦画の役所広司と松阪桃李W主演の「孤狼の血」です。「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」は、マスコミをないがしろにす...

  17. 万引き家族 - リラクゼーション マッサージ まんてん

    万引き家族

    こんにちは。有楽ビル店店長 相馬 です。パルムドールを受賞した映画、「万引き家族」 を観てきました。大体のあらすじも知らず…友人にも「暗そう…」と一緒に観てもらえず 暗いとかそんな感じではないです。やっぱり、「家族」って厄介だなぁと。そして、お目当ての安藤サクラさん。さすがでした。有楽ビル店長 相馬スタッフ随時募集中

  18. 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」 - おきらくごくらく(出張版)

    「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」

     「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を見てきました。  「スター・ウォーズ」の人気キャラ、ハン・ソロの若き頃を描いたスピンオフ。監督はロン・ハワード。  主役のオールデン・エアエンライクがまったくハリドン・フォードに似ていないという欠点があり、なんか別な映画を見ている感が・・・でもチューバッカとの出会いで、ようやくなんとなくハン・ソロぽく見えてきたから不思議。やっぱチューバッカの存...

  19. ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー - 春巻雑記帳

    ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

    興行成績が芳しくないニュースを見てたので期待しないで行ったら、そこまでひどくないんじゃない?と思ったというか、いや、むしろこれプロローグで、続き観ないとダメじゃない? ぜひ続き作って。『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(Solo: A Star Wars Story)』監督:ロン・ハワードポスターの雰囲気からわかるように、スター・ウォーズで西部劇やりました!という作品で、宇宙で大列車...

  20. 海外ドラマ「ザ・シューター」 - 日々の雑記ノオト

    海外ドラマ「ザ・シューター」

    相変わらず、海外ドラマ観ています。いまはアメリカのテレビドラマ「ザ・シューター」のシーズン2の7話が終わったところ。好きな俳優さんのひとりマーク・ウォールバーグの出世作「ザ・シューター極大射程」のテレビドラマ版。映画館でも観たけど、DVDでもまた観ている好きな映画です。2000年の「このミステリーがすごい」の海外ミステリー1位に輝いた原作なので、話自体が面白い。映画でヒーローを演じたマーク・...

61 - 80 / 総件数:861 件

似ているタグ