映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(890)

  1. 映画『シネマ歌舞伎・東海道中膝栗毛』 - てんてまり@Up.town

    映画『シネマ歌舞伎・東海道中膝栗毛』

    2016年上演の舞台が映画化されたようです。お江戸神田八丁堀の長屋の住人弥次さん(染五郎)と、居候で博打の借金まみれの喜多さん(猿之助)の二人が、歌舞伎座(江戸の町に?)の黒子の仕事を散々にしくじってしまいます。ここは厄落としと伊勢参りを思いつく二人が、ひょんなことから大家の貯め込んだ棚賃を甕ごと手に入れます。そして豪勢な伊勢参りの旅が始まります。喜多さんを追う借金取りと弥次喜多の豪遊に怪し...

  2. Pure#019 - 純情日記

    Pure#019

    今日の格言『ようし、穴に笛を入れてやる。ようし…。』AM:くもり晴れPM:くもり晴れ朝:昼:牛丼(味濃いめ)、豆サラダ夕:ひじき、豆サラダ、青菜のからし和え夜:おやつ:パルム(チョコ)運:★★★★★★★☆☆☆備考:映画『戦場のピアニスト』★★★★★★☆☆☆☆主人公は時代に翻弄されるばかり。実話だけに重く、都合のいいドラマは起きない。前記の『スターリング・ラード』とは真逆の映画。なぜユダヤ人は...

  3. 光をくれた人 - 映画でござる

    光をくれた人

    舞台はオーストラリアの孤島にある灯台。そこで灯台守として働く夫婦・トムとイザベル。立て続けに流産で子供を亡くしたイザベルは渋るトムに懇願し、ボートで流れ付いた赤ん坊を自分らの子として育てることに。しかし、やがて思いがけない真実が明るみになって行く。遥か海上から望む陽の光の美しさ美男美女の美しいカップル登場する子供もまた愛くるしくてすべてにおいてため息が出そうになるほど美しく描かれて登場人物は...

  4. TAP THE LAST SHOW を見て - スポック艦長のPhoto Diary

    TAP THE LAST SHOW を見て

    梅田の写真屋へ焼に行くついでにステーションシネマで映画を見た水谷豊の初監督作品の TAP THE LAST SHOWあまり前評判も高くなく水谷豊は相棒のイメージが強すぎてどんなもんやろうかと危惧しながら入った結果から言うととても面白かった水谷豊が主人公だがダンスに魅入られてダンスで身を立てたいそんな若者群像の青春映画であるラスト24分間はタップダンスのステージのシーン延々とタップを鳴らすのだ...

  5. リニューアル - 365歩のマーチ

    リニューアル

    BS「英雄たちの選択」に原田眞人監督がご出演。BGMに『永遠の0』のサントラが使われるという不意打ちに遭う。映画『関ケ原』7月1日劇場前売券発売。公式サイト リニューアル。相関図、劇場情報、ストーリーページなど。香川県はイオンシネマ3館で前売りがある。ということは3館で上映されるのね?日本で一番小さな県なのに頑張ってるなぁ。できれば内1館がTOHOシネマズだったら、なお嬉しかったけど・・・贅...

  6. 【映画レビュー】セールスマン - A primrose by the river’s brim

    【映画レビュー】セールスマン

    http://www.thesalesman.jp/暇で友だちもいないので、毎日映画ばかり観に出かけている。昔は街に大・小たくさんの映画館があった。ふらりと出かけては目についた映画館に入り、その時上映している映画を観たりした。予備知識もなにもなく入るので、大当たりだったことも、大ハズレだったこともある。「ハズレだ」と思ってすっかり眠りこけていたら、会場内の笑い声で目が覚めてがっかりした、とい...

  7. 映画「手紙は憶えている」 - 日々の雑記ノオト

    映画「手紙は憶えている」

    昨年公開された映画のDVDが発売されたので観ました。公開当時、映画評を読んで気になっていた映画です。何で「手紙は憶えている」というタイトルなのかしらと思ったら、認知症のおじいさん(名優クリストファー・プラマーが演じています)が、自分の行動を立て直すために手紙を読むから・・・1週間前に奥さんが亡くなったことも忘れるので、何度も奥さんの名前を呼ぶシーンが切ない。高級老人ホームで暮らすゼブとマック...

  8. Pure#018 - 純情日記

    Pure#018

    今日の格言『つかみよったな、プロの心』AM:激雨PM:激雨朝:昼:冷やし中華夕:餃子、胡瓜とクラゲの和え物、豆サラダ夜:ピザパンおやつ:パルム(チョコ・イチゴ)運:★★★★★★☆☆☆☆備考:映画『スターリング・ラード』★★★★☆☆☆☆☆☆ドイツ vs ソビエト連邦の、スナイパーガチンコ対決。迫力ある映像でリアルな戦争映画と思いきや、中身は漫画のようなストーリー。いかにもドラマを盛り上げそうな...

  9. 映画の話 水谷豊監督「TAP THE LAST SHOW」 観ました。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    映画の話 水谷豊監督「TAP THE LAST SHO...

    タップダンスはなぜか心を打ちますね。とくに群舞は・・・・北野武監督主演の「座頭市」のラストもタップダンスの群舞でした。 相棒でおなじみ水谷豊の初監督映画です。水谷が40年想い続けた「タップダンス」の映画です。 水谷 豊(みずたに ゆたか、1952年7月14日 - )は、日本の俳優、歌手、映画監督。北海道芦別市出身。へぇ〜、水谷豊は北海道出身なんだ。知らなかった。 昔、舞台の事故で踊ることので...

  10. 「ブラッド・ファーザー」 - ここなつ映画レビュー

    「ブラッド・ファーザー」

    痺れる!区分するのがアリだとしたら、間違いなくこれはB級映画の傑作である。メルギブはいつもこれまで私のことを裏切らなかった。そして本作でも。例え本作の中では裏切りの嵐が吹き荒れていたとしても、だ。「ブラッド・ファーザー」なのであるが、血まみれになっているのは恐らく父の「心」だね。9年(刑期7年+ムショ内の揉め事で2年)の刑期を終えて、独りタトゥーの彫り師をしながらトレーラーハウス暮らしをする...

881 - 890 / 総件数:890 件

似ているタグ