映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(886)

  1. hide - Foretoile~フォレトワール~ アトリエと日々のこと

    hide

    CINEMAひと月ほど前になりますが映画『HURRY GO ROUND』を観に行って来ました。X JAPAN hide 没後20年のドキュメンタリー映画です。20数年前リアルタイムで何十回と見ていた映像が詰まっていてヒデと密接な関係の人たちがヒデを語りヒデの魅力、ヒデの愛されキャラが垣間見える映画になっていました。ギターの神様と崇めていた大好きな人だったので、今まで映像を見たり音源を聴くと逝...

  2. デイヴィッド・リーン『ドクトル・ジバゴ』 - 【こぐれ日乗】京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科 芸術営 アーツマネジメント 文化プロデュース 公共政策        

    デイヴィッド・リーン『ドクトル・ジバゴ』

    2018/7/3(火)英語のロシア。ソ連。ロシア人は詩が好きなのね。もちろん、ロケ地はロシアではないのだろうなあ。スペインやフィンランドなどらしい。ロマンス。まあ、結婚してしまった二人。おそすぎた、でも愛しているという悲劇。 デイヴィッド・リーン『ドクトル・ジバゴ』(Doctor Zhivago)1965年、197分、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー。アメリカとイタリアによる合作映画。<ボリ...

  3. ラスト・ダンスは私に 上 * Save the Last Dance for Me 1 - ももさへづり*うた暦*Cent Chants d' une Chouette

    ラスト・ダンスは私に 上 * Save the Las...

    「ダンス・パーティー」という名の紫陽花*Dance Party紫陽花フェスティバルはたけなわです。今宵は華やかな舞踏会!イタリア映画「山猫」には、色んな種類のダンスが出てきます。Our Hydrangea Festival is in full swing.Shall we dance in the ball of the film, Il gattopardo ?まずは老いも若きも楽しく踊...

  4. 「ブラッド・ダイヤモンド」 - ぶらぶらデジカメ写真 by はる

    「ブラッド・ダイヤモンド」

    「ブラッド・ダイヤモンド」衝撃的かつ鮮烈!!少年兵が村を襲い虐殺を楽しむ。ダイヤモンドがもたらした地獄。少年兵たちが村を襲う様子が衝撃的。恐ろしい。彼らは楽しんでいる。ダイヤモンドで国が騒乱の地となったシエラレオネ。反政府ゲリラが村を襲い無差別殺人を行っている。その主力として活動しているのが少年兵。しかし、彼らも元はと言えば襲撃された村から拉致されたこどもたちだ。政府にはゲリラを抑える力がな...

  5. 『探偵物語』(映画) - 竹林軒出張所

    『探偵物語』(映画)

    探偵物語(1983年・角川春樹事務所)監督:根岸吉太郎原作:赤川次郎脚本:鎌田敏夫出演:薬師丸ひろ子、松田優作、秋川リサ、岸田今日子、北詰友樹、坂上味和、財津一郎ヒロコのプロモ顎の線がスッキリしていて新鮮 女子大生(薬師丸ひろ子)と彼女のボディガードをすることになった探偵(松田優作)のラブロマンス……なのかな。ともかくこの2人が、殺人事件に巻き込まれて、あれやこれやテキトーに話が進んでいくと...

  6. 愛と笑いと優しさの傑作映画『ブリグズビー・ベア』 - ウラケン

    愛と笑いと優しさの傑作映画『ブリグズビー・ベア』

    よく行くシネコンにこのポスターが貼られてて、「何だろうこの映画 …まぁ、観ないでも良いかな」と、スルーしてたら王様のブランチであらすじが紹介されて「何か面白そう。ていうか多分好きなヤツだ。」と観に行ったこの作品。やられました。なめてた着ぐるみ映画が笑って泣ける感動傑作映画でした。愛と優しさでボコボコにされました。3コマ目以降は四コマ映画さんで↓ジェームスが語る『ブリグズビー・ベア』の話は観客...

  7. 【映画】 パンク侍、斬られて候 - ワカバノキモチ 朝暮日記

    【映画】 パンク侍、斬られて候

    ★★★★★<個人的好き嫌いを5段階で表示>度肝を抜かれるスゴイ映画でした!前のめりでスクリーンを凝視するほど作品の世界に引き込まれました。観終わったあとに、続けて次の回も観ようかと思ったくらいです。一週間まえにギックリ腰をしてしまって、長時間同じ姿勢でいるとまだ腰が痛いので今日は諦めましたが、近いうちにもう一回は必ず劇場で観たいです。アナーキーでアバンギャルドでカオスでカッコイイ。キューブリ...

  8. シネマ・「ジェシー・ジェームズの暗殺」! - 心紋様

    シネマ・「ジェシー・ジェームズの暗殺」!

    ブラビの西部劇?でいいのだろう。10年前の映画だから40才後半かしら?中年真っ盛り・・・ハンサム・・・しびれますね 疑心暗鬼・・・猜疑心のかたまり・・・静かな 静かな 心の演技!銀行強盗と言っても 義侠心のある 強盗団のボス(34才死亡)手下の20才のボブ・フォードに射殺されるも 民衆は ボブ・フォードを 裁くことになる。映像も音楽も 派手さは無いが 人間の心理描写が 好いですね(私は好き)...

  9. 銀座で☕️Afternoon Tea と🎬映画三昧 - ♪Maririn's Tea Salonへようこそ

    銀座で☕️Afternoon Tea と&#12791...

    先日、映画を観に銀座へお出かけしました❗️徹子の部屋でフジコヘミングさんがゲストで出てらして、ドキュメンタリー映画が公開されると聞き、凄く楽しみでした💕映画館『銀座シネスイッチ』に来てみると、凄い人混みです❗️😲取り敢えずチケットをゲットして、🍴ランチがてら近くの澤田珈琲でゆっくりと☕️Afternoon Teaを頂く事に…😋こ...

  10. 万引き家族 - あれこれ逍遥日記 Vol.2

    万引き家族

    昨日の友達との「朝茶」が背中を押してくれて、今日、朝一番の「万引き家族」を見に行く。冷房のきいた映画館から外に出たら、太陽の熱にふらぁ~と一瞬眩暈。家に帰ってお昼を食べながら、さっきまで見ていた映画の中に出ていた人たちの表情や、色々なシーンが思い浮かぶ。余韻を楽しむのとはちがう、見終ってから色々考える映画だ。画像は見えない花火の音を楽しむシーン、その下に小さくて分かりにくいだろうが、海辺に向...

  11. 『教授のおかしな妄想殺人』鑑賞 -  All About 身辺雑事

    『教授のおかしな妄想殺人』鑑賞

    教授のおかしな妄想殺人 [Blu-ray]ホアキン・フェニックス,エマ・ストーン,パーカー・ポージー/KADOKAWA / 角川書店undefinedウディ・アレン監督のコメディサスペンス。主人公は片田舎の小さな大学で、哲学を教えているエイブ。彼は哲学を教えながらも自分の人生に対しては絶望しており、無気力に酒に溺れる日々を送っています。片時もウイスキーが手放せず、近所に住む尻軽な女性化学者が...

  12. 「ミスティック・リバー」 - ぶらぶらデジカメ写真 by はる

    「ミスティック・リバー」

    「ミスティック・リバー」人間の内面への切り込みがすごい。ジェームス・ディーンが蘇ったかと思わせんばかり。鬼才クリント・イーストウッドの傑作。ジミー役のショーン・ペンの演技がすごい。ジェームス・ディーンが大人になって生きているかのよう。飾らない生身の感情、失望、怒り、後悔・・・・等々が強い表現として示されている。ジミーが国家の規範に縛られない人間であるから、それらがより一層ストレートに表出され...

  13. 映画を観ている場合? - Silver clay Ru*  手軽にできるシルバーアクセサリー

    映画を観ている場合?

    今日から7月。1年の半分が終わり、後半戦のスタートですね。今日も朝から夏空、暑い暑い1日でした。こうなると一雨欲しくなるのは…人間のワガママですね。(⌒-⌒; )少し前の話ですが、6月の半ばに映画を観に行ってきました。相変わらず1人でふらっと。(^^)「WONDAR ワンダー 君は太陽」私が感想を書くとどうしてもあらすじになってしまうのですよね。(⌒-⌒; )決してお涙ちょうだいな感じはなく...

  14. 映画:「ウィンチェスターハウス」 - ブリキの箱

    映画:「ウィンチェスターハウス」

    TVで特集とかがあったりしたから、知ってる人も多いかと思う。アメリカの歴史を(良くも悪くも)作ったとも言えるウィンチェスターライフル。ウィンチェスター社の創業者(かな?)一家の住んでいた屋敷。ウィンチェスター銃に恨みを持つ霊魂が集まり住人を苦しめた。それを防ぐためには、迷路のような奇妙な増築を永遠に続けなければならない。これは実在する屋敷で、今は観光地になっている。ま、それはいいとして作品だ...

  15. the Art of Getting By - Life.

    the Art of Getting By

    (500)日のサマーのスタジオが贈る作品、という宣伝文句を最近何度か見て、あの映画は人気なんだなぁと改めて思う。今日観たのはそのうちの一つ。2011年の作品で「The Art of Getting By」。なんかいつも邦題にケチをつけてるけど、これもその一つ。「最低で最高のサリー」はラブストーリーのタイトルだけど、この映画も(500)日の・・と同じで、ナイーブな男の成長の話だと思った。原題の...

  16. ★シネマの時間★第32回映画『猫は抱くもの』 - 佑美帖

    ★シネマの時間★第32回映画『猫は抱くもの』

    【WORK】DRESS★シネマの時間★にて映画のコラムを連載中です。Woman Exciteでも連動してご掲載いただいています。さて、★シネマの時間★第32回は、ありふれた日常がカラフルに輝きはじめる”猫映画”の決定版!映画『猫は抱くもの』をご紹介させていただきます♪原作は、人気推理小説「猫弁」シリーズで知られる作家/大山淳子の同名小説(キノブックス刊)。猫と人間があたたかくせつない絆、愛情...

  17. 映画「空飛ぶタイヤ」 - ニッキーののんびり気まま暮らし

    映画「空飛ぶタイヤ」

    家の近くにあるイオンシネマが5月末にクローズしました。わが街から映画館が無くなってしまうのかと心配していたら、2週間後、シネマサンシャインとして装い新たにオープンしました。映画館存続で良かった~。これまでもすいていたので、今後大丈夫かな?とちょっと気がかりですけどね。さっそく映画を見に行って来ました。選んだのは評価の高かった「空飛ぶタイヤ」です。8つあるシアターのうち、隣のシアターでは「万引...

  18. 映画の話 「マルクス・エンゲルス」 若さが溢れています。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    映画の話 「マルクス・エンゲルス」 若さが溢れています。

    映画 「マルクス・エンゲルス」監督:ラウル・ペック   製作国フランス・ドイツ・ベルギー合作アウグスト・ディール:カール・マルクスシュテファン・コナルスケ:フリードリヒ・エンゲルスビッキー・クリープス:イェニー マルクス生誕200年記念映画です。マルクス(1818年5月5日 - 1883年3月14日)・エンゲルス(1820年11月28日 - 1895年8月5日)の二人は、残っている老成哲学者...

  19. ジュラシック・パーク - のんびり日記かき

    ジュラシック・パーク

    地上波でジュラシック・パークをみたので、他の作品のことを調べようとググったら、でてこなかった、よく見たら「ジェラシック・パーク」と入力してた(笑)ジェラシーのパークかしらん?

  20. 「空飛ぶタイヤ」 - ここなつ映画レビュー

    「空飛ぶタイヤ」

    やっとその月に観た作品をその月に書けるように追いついてきた(とはいえ、まだ追いついていない作品もあるにはあるのだが)。割と手堅い選択の「空飛ぶタイヤ」。本作は息子と観に行こうと思って誘ったものの「俺、池井戸潤ってあまり好きじゃないから」と体良く断られたものである。あらまあ、キミみたいな男っぽさを追求しているヤツにはきっと面白くてよ、と心の中で思いつつ、私は別に男男してはいないのだけれど、それ...

81 - 100 / 総件数:886 件

似ているタグ