映画のタグまとめ

映画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには映画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「映画」タグの記事(255)

  1. 『ブレードランナー2049』の前に予習しよう!『ブレードランナー』ザックリ相関図 - ウラケン

    『ブレードランナー2049』の前に予習しよう!『ブレー...

    1982年公開。それ以降全てのSFを塗り替え、今見ているSFの元ネタは全部コレと言われる伝説のSF映画『ブレードランナー』その30年越しの続編…『ブレードランナー 2049』遂に公開。早速公開日のレイトショーで見てきました。何を話してもネタバレになりますが、これだけは言えます。もし、前作見てないけど、2049は気になる。そんなあなた、絶対に前作見てから映画館行った方が良いです。面白かったです...

  2. この街に出会えて良かった♪ - モノも身の内

    この街に出会えて良かった♪

    昨日は、待ちに待った『猿の惑星』を観に劇場へ♪本物のおサルは苦手だけれど、このシリーズには夢中です。いくらデジタル技術が進歩しているとは言え、あまりにリアル。シーザーの、高い知性と品格、そして深い深い愛情をたたえた瞳・・「あんな人になりたい」と思ってしまいます。猿なのに(笑)そして衝撃のラストシーン・・「えっ?! ちょっと!ちょっと!!」と叫びそうになりました。。最新作を観たばかりですが、も...

  3. 「アトミック・ブロンド」 - ここなつ映画レビュー

    「アトミック・ブロンド」

    シャリーズ・セロンがぶっちぎりで美しく強い。それだけを愛でようと鑑賞しに行ったのだが…。しまった、これは本格的なスパイ物の要素もあったんだ。本格的だなんて全然思わずに最初の方気を抜いていた為、中盤窮地に陥る。っていうかコレ皆さん初見で何のネタバレサイトにも触れず理解してらっしゃるの?自分がバカで嫌になる。が、自分はやめられないからなぁ。それに東西ドイツの地でのシャリーズ・セロンのように変装し...

  4. はんすうしたり深入りしたり - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    はんすうしたり深入りしたり

    まだ余韻に浸っております。いいよね、ことしの年明けから四大陸からワールドから国別からずっとずっとしっかり秘かに心配していて情報の氾濫をずっと横目で見ていて、アイスショーシーズンもちらっとだけお姿を拝見するもより心配になったりしてフィンランディア杯情報があって9月になってフィンランディア杯スキップ情報があって10月になって(私は)JO観にいってもああ木下グループさん!! さとこさんをお願いしま...

  5. マイティ・ソー バトルロイヤル - アサクフカク

    マイティ・ソー バトルロイヤル

    移民の歌をこれだけ効果的に使ったのはブルーザー・ブロディ以来KUA`AINAでアボカドのバーガー映画半券提示でナゲットもいただくどちらもうまし♪

  6. Birds Without Names - 5W - www.fivew.jp

    Birds Without Names

    PHILLIPS(フィリップス)東京オフィス近くに映画館があります1946年にオープンした有楽町スバル座(丸の内名画座)「彼女がその名を知らない鳥たち」を見ました監督:白石和彌

  7. 秋のヨーロッパ旅 1. 羽田からロンドンへ出発 - マイ☆ライフスタイル

    秋のヨーロッパ旅 1. 羽田からロンドンへ出発

    10/9〜 お久しぶりのヨーロッパへ行ってまいりました。今回は、福岡 → 東京 羽田 → イギリス ロンドン → スペイン バスク地方 →フランス バスク地方 → フランス パリ → 東京 羽田 → 福岡へ‥という日程でした。最初の計画では、ロンドンをメインにイギリスに滞在しようかと思っていたのですが、ちょうどイギリスでテロがあったりして、周りの方々から「イギリス行くの?大丈夫!?」と心配し...

  8. 「ドリーム」 - 時色

    「ドリーム」

    中秋の名月も終わり秋本番。小さい頃、大人になったら月に行くのが夢でした。残念ながら・・・夢はそんなに簡単に叶わなかったのですが^^;昔々、かぐや姫の物語の時代から、人は月に行くことを夢見てきました。そんな夢を導いたのはNASAで働く黒人の女性たちだったということをこの映画を観るまで知りませんでした。ということで、先日観た映画の話の続きです・・・。お時間のない方はどうかスルーしてください。「ド...

  9. 英語漬けの日々 - 音と光のおくりもの 

    英語漬けの日々

    今ひたすら進めている授業のための準備、「Early Start Denver Model for Young Children with Autism」の中の、ESDMの概要の章(Capter2)を訳してパワーポイントにまとめています。毎日毎日英語と、そして時間との闘いです。元々英語は得意でないのですが、行間が感じられるくらいに読み込まないと内容が「手に取るように」は見えて来ないので、どうし...

  10. 『ヒトラー 〜最期の12日間〜』レビュー - クチナシBOX

    『ヒトラー 〜最期の12日間〜』レビュー

    ーーー作品情報ーーー原題(独):Der Untergang Downfall原題(英):Downfall監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ブルーツ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ日本公開年月日:2005年7月9日ーーーーーーーーーー追い詰められたヒトラーの狂気惑う側近たち、地獄と化すベルリン…第三帝国〈崩壊〉のすべてが今、暴かれる!(パッケージ裏より引用)レビュー第一弾だからこそ...

  11. シモーヌ・シニョレ - hibariの巣

    シモーヌ・シニョレ

    今日は夫と二人で恐い・こわ~~い映画を観てきました。久しぶりに恐くて縮みあがりました。シモーヌ・シニョレ主演の「悪魔のような女」(画像はお借りしました。)妻と愛人が共謀して、夫殺しの完全犯罪を実行する。愛人ニコル役のシモーヌ・シニョレは堂々たる悪女っぷり。何が起きても冷静に対処するが妻のクリスティーナは、繊細で心臓病を患っている。始めは憎む男の殺害を、完全犯罪に持っていくストーリーだけれど後...

  12. 久しぶりに韓国映画へ♪『新感染 ファイナル・エクスプレス』 - ハレクラニな毎日Ⅱ

    久しぶりに韓国映画へ♪『新感染 ファイナル・エクスプレス』

    「絶対に観るべし」とおススメされて、先週末、映画館へスゴイ人気なんですねーー!字幕版、満席でした。ゾゾーッとするホラー系の「ゾンビ映画」だと思ってたら・・・とんでもない!ゾンビよりも・・・うんと、「普通の人間」が恐ろしかった。濃厚な人間模様が描かれた作品だった。極限状態に追いやられた、人間の醜さ。「せっぱ詰まった時の行動」は、人を変えてしまうのか?自分だったらどうする?映画中もずっと考えてし...

  13. The Gamble House / ギャンブル・ハウス - パサデナ日和

    The Gamble House / ギャンブル・ハウス

    映画『バックトゥザフューチャー』のロケで使われた1955年のドク(Doc.Brown)の家といえば、パサデナのここ。 The Gamble House / ギャンブル・ハウス1908年、プロクター&ギャンブル(P&G)社の二代目社長、デビッド・ギャンブルとその家族の為の避寒用別荘として建築されたアメリカ合衆国指定のヒストリカルランドマークである。建物および家具の設計、デザインはチャールズとヘ...

  14. ダイビングベル 2017. 10. 5 - ☆韓国留学 ノチョンガク(노총각)の日記

    ダイビングベル 2017. 10. 5

    こんばんは。皆様チュソクはいかがお過ごしでしょうか?突然ですが「ムルフェ(물회)」という食べ物をご存知でしょうか?浦項という地域の名産なんですが、刺身丼に冷たいスープをかけて召し上がります。何日か前に友達に会う為にそこへ行ったのですが、「浦項で美味しいものといったらムルフェかなぁ?」といいつつ連れて行ってくれました。特に期待せずに食べたのですが食べてびっくり。めっちゃ美味いでこれ。韓国に住ん...

  15. 映画『ドリーム』  原題:『hidden figures』 - Hawaiian LomiLomi ハワイのおうち 華(レフア)邸

    映画『ドリーム』 原題:『hidden figures』

    宇宙飛行士は あの 月にも降り立ったんですねえ。すごいなあ。最初、この映画を パッと写真で見ただけだったので しばらく「ああ黒人さんが出てくるミュージカルかなんかの映画かな」などと思っていたんです。でも ふと予告編を見てみたら「・・NASA??」。そうです。なんと NASAで働く 黒人女性たちのお話だったんですね。しかも原題がとても大事で「隠された人々(数字)」。映画を見るとわかりますが...

  16. 山形国際ドキュメンタリー映画祭2017に行ってみる - ほんやくおじさんどこへ行く?

    山形国際ドキュメンタリー映画祭2017に行ってみる

    去る10月9日(月)、山形国際ドキュメンタリー映画祭に行ってきました。実行委員とある外部協力者とのコミュニケーションにちょっと関与して興味を覚えた次第です。詳しいことは書けませんが。こういう行事が存在していることは15年以上前、それこそ第一回開催くらいの頃に知ったのですが、実際に行くのは初めてです。市内の映画館や公共施設が会場になっています。今回私と奥さんが見たのはスイスのドキュメンタリー映...

  17. サスペンスはお好き? - ポーチ ド ポッチ(ブログ)

    サスペンスはお好き?

    久々に「カフェ青山文庫」に行ってみました。なんとなく座ったテーブルが「映画」セクションでして、まだ見た事のない映画関係の新刊本で溢れてました。手に取ったのが「サスペンス映画ここにあり」川本三郎著。1940年代から60年代ぐらいのサスペンス映画の構成です。ちょっとドキドキしながら本を開くと、噂では知っていたけど・・、あ〜〜!見たみたって映画(「三十九階段・ヒッチコック」「ベルリン特急」「ラセン...

  18. アメリカ映画「フィールド・オブ・ドリームス - ささやかな刺繍生活

    アメリカ映画「フィールド・オブ・ドリームス

    昨日は、ドジャースが勝利をおさめました!大丈夫かなと不安に思っていただけに、とても嬉しかったです。これで、最終戦にもつれこみました。今日ですべてが決まります。先制点を取られた後の、リリーフ陣の抑えが素晴らしかったと思います。満塁のピンチを切り抜けたモロー選手(よくわかりませんが)と、前田選手です。やはり、本拠地に戻ってきて割れんばかりの声援を受けた事も、良い流れを呼び込んだのかなと思いました...

  19. ダンケルクも少し - tir na log(アトリエmao)

    ダンケルクも少し

    いまやってる作業が思いの外長丁場で大変だったので気分転換に『ダンケルク』のファンアートなど描いてみたらすごく楽しかったという(汗)(気分転換なら机から離れろヨと思うのですが完全に絵から離れてしまうと何かが途切れてしまうのでそこは「ちょっと別の絵」を描いてリフレッシュするのでした。※ウォーキングとか雑事で最低限の運動はしてるのでご心配なくね!)ダンケルク未見の方には何のこっちゃですが、鑑賞済み...

  20. 機内で見た映画 その3  『僕のワンダフルライフ』『ヘッドハンター・コーリング』 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    機内で見た映画 その3 『僕のワンダフルライフ』『ヘ...

    アメリカ映画2本 『僕のワンダフルライフ』(ラッセ・ハルストレム)は、犬と飼い主の絆ストーリー。1950年代からのアメリカの情景が変化してくるのを見るのも楽しく、飼い主との間の愛情やかけがえのない感じもぐっとくる。過去に飼っていた犬との思い出も重なる。少年イーサンが青年になり、父親が失業してアル中になり、青年は恋もして、アメリカンフットボールの選手として大学入学が内定し、恋人と同じ都会に出て...

1 - 20 / 総件数:255 件

似ているタグ