春日大社のタグまとめ

春日大社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには春日大社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「春日大社」タグの記事(72)

  1. 秋はひちりき10(monologue of a court musician's son 10) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    秋はひちりき10(monologue of a cou...

    生駒山に沈む夕日(Mount Ikoma, 2010s)俺のこと、忘れてもらっちゃあ困るぜ。俺は光継。その名のとおり後継ぎ息子、狛近真の長男だ。だが、俺の名は弟たちと違ってほとんど史実に残っていない。俺は奈良を捨て、京(みやこ)を離れ、東へ向かったから。南都楽所とは縁を切ったから。いつだったか、弟の光喜とふたり、奈良街道を外れて迷ったことがある。(高山へ竹の仕入れに行った時はぐれたんだろうか...

  2. 秋はひちりき9(monologue of a court musician9) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    秋はひちりき9(monologue of a cour...

    霜月の初花 * the first camellia sasanqua木枯らしよいたくな吹きそ山茶花の紅きともしび彼へ届けむwinter wind, do not blow so hard!I will deliver to him, my fathera red lamp of camellia sasanqua小雪 次候 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)11月27日頃雪の三笠山(199...

  3. 秋はひちりき8(monologue of a court musician's father8) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    秋はひちりき8(monologue of a cour...

    今回の語り手、沓手とその恋人の白拍子とは、架空の登場人物です。The narrator of this article, Kutsute and his lover, shira-byoshi dancer are fictional characters. 雅楽器や楽人の彫られた石灯籠(氷室神社)石灯籠に浮彫されたラッパと人形(ひとがた)stone lantern with reliefs...

  4. 秋はひちりき7(monologue of a court musician7) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    秋はひちりき7(monologue of a cour...

    楓錦(生駒)陵王の桴をおさめし唐錦袋もかくや楓(かへるで)紅葉錦秋の光喜びひとときを春日の鹿と遊びしあの日「神鹿」(左)「錦秋」(右)光喜よ、そんなに父が羨ましいか。恨めしいか。せっかく光喜という由緒正しく幸先よき名前を付けたというのに…名前負けか。わが名は近真。狛氏の名前は光、高、真、季、行、則、近などから二文字を組合わせて作る。私は光という字が好きなのだが…。なに、楽人は見事に歌い、奏し...

  5. 秋はひちりき6(monologue of a court musician's son6) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    秋はひちりき6(monologue of a cour...

    氷室神社(Himuro Shrine)興福寺の東、東大寺の西に、氷室神社という社がある。御蓋(三笠)山西麓の氷室の神が今の地に遷座したのは、貞観の昔だった。それから三百余年、建保4(1216)年に大風が吹いて、社殿が傾いちまった。式年造営が前の年に済んだばかりだってのに…。建保4年はまた、『方丈記』の鴨長明が死んだ年でもある。下賀茂神社の神官の息子として生まれ、和歌と音曲をよくした長明に、親...

  6. 秋はひちりき5(monologue of a court musician's son5) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    秋はひちりき5(monologue of a cour...

    主菓子 🍁 神鹿(左)錦秋(右)a cake named "divine deer"霜降 末候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)(54)(11/2-11/6)maple leaves and ivy turn yellow大仏池(1990年代)オレ、光喜。狛近真の次男だ。今日も親父とやり合っちまったぜぃ。兄貴の光継はうまくやったよ。だんだん寂れていく南都...

  7. 秋はひちりき3(monologue of a musician3) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    秋はひちりき3(monologue of a musi...

    白川の数珠玉(10月中旬)数珠玉を映じて白き秋の水崑崙八仙(ころばせ)の嘴(はし)の鈴玉ころころと貫きとめてゆるる数珠玉朽葉色のちさき蟋蟀(こほろぎ)ほのぬくき厨(くりや)をあゆむ歌もわすれて寒露 末侯 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)(51) (10/18-22ごろ) crickets chirp around the door崑崙八仙(ころばせ)(春日大社編『舞楽』より)崑崙八仙という舞が...

  8. 秋はひちりき2(monologue of a musician’s mother2) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    秋はひちりき2(monologue of a musi...

    篳篥(縦笛)、鳳笙、銅拍子(シンバル)、竜笛(横笛) 紫雲は褪色して褐色に変わっている(高野山「阿弥陀聖衆来迎図」より)(『曼荼羅と来迎図』)いいえ、私はいつもお前のそばに居ます。近真(ちかざね)よ、お前の篳篥の音は紫雲を貫いてここまで響いてきました。私はいま絶えず浄土の奏楽を楽しんではいるけれど、わが子の楽の音は格別…いかなる菩薩の奏でる音曲よりも愛おしく、心に沁みます。Chikazane...

  9. 秋はひちりき1(monologue of a court musician1) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    秋はひちりき1(monologue of a cour...

    三笠山(2016年)*Mt. Mikasa春は、龍笛。春日山の野辺に霞とともに立ち出で、やわらかな横笛を朝風に溶けこませる。秋は、篳篥。三笠の山の森の月影にいざなわれ、鋭き音(ね)を響かせる。牡鹿の甲高い啼き声に負けぬよう、強く、太く、朗々と。The spring is the season for the ryu-teki flute. I wander through a haze in...

  10. 春日大社に行ってみた - ほんじつのおすすめ

    春日大社に行ってみた

    長い参道を歩いてやっと着きました。7時半くらいでも、一人になることができました。これが今の状況なんですね。

  11. 春日大社の参道を歩いてみた - ほんじつのおすすめ

    春日大社の参道を歩いてみた

    朝早い春日大社の参道は、空気が澄んでいて気持ちいい。いつも以上に人が少ない参道で心も静まります。

  12. ゆったり春日大社(岡) - 柚の森の仲間たち

    ゆったり春日大社(岡)

    先日、奈良に行きました。自粛解除されているにもかかわらず、ひと気はあまり無くガラガラ。外国人観光客がいないと観光地も静かなもんですね。おかげでゆったり過ごせました。街を歩いていると、なにやら数人がカメラを向けている小さな神社が急斜面にありました。どれどれ有名な神社なのかな~?手力雄神社(たぢからおじんじゃ)と書かれていました。この神社を撮っているのかと思いきや、どうもノラ猫を撮っている模様。...

  13. 撮影自粛中です - duke days

    撮影自粛中です

    ただいま撮影を自粛しています。県境を越えるのももう少しの辛抱。コロナが落ち着いて、はやく奈良に行きたい。春日大社2017年5月撮影写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。

  14. 心もよう - 感じるまま、気ままなblog

    心もよう

    心が折れて彷徨っていました。もう3月写真も撮りにいかずコロナのニュースに翻弄される日々を送っていました。今日はだいぶ前の2月3日の万灯籠の続編です。みなさんお元気でしょうか?

  15. 万燈朧 - 感じるまま、気ままなblog

    万燈朧

    2月3日節分春日大社恒例の万灯籠に行ってきました。いつもより人が少なかった感じでした。その分撮影に没頭できました。早いもので年が明けもう2月春はそこまでやって来てます。

  16. 大とんど(春日大社) - Taro's Photo

    大とんど(春日大社)

    1月25日(土)春日大社では大とんどという祭礼が行われました。飛火野でお正月飾りや破魔矢を燃やすもので、左義長、どんど焼き……呼び名は少し変わりますが、各地で行われる催しです。春日大社の祭礼はとても規模が大きくて、お正月飾りもたくさん集まります。この「大とんど」の火を種火にして若草山の山焼きが行われます。無料の御神酒も振る舞われます。私は、写真ばかり撮っていてあまり信心深くないので、遠慮しよ...

  17. 春日大社で厄除祈願 - くらしきろくの手帖

    春日大社で厄除祈願

    日曜日夫の厄除祈願で春日大社へ行きました。ちなみに後厄でございます若い時はあまり気にしていなかった厄年ですがそれなりの年齢になり身体のあちこちに不具合がみられるようになったらさすがに気になって。最後の厄ということもありきちんと厄除祈願を受けておこうと前厄の時からずっと春日大社で祈願してもらっています。今年は夫の体調が良くないのでどうしても春日大社で駐車する必要があっていつもより早めに出かけま...

  18. 新型肺炎について - Taro's Photo

    新型肺炎について

    中国から驚きのニュースが入ってきました。新型肺炎(コロナウィルス感染症)の海外への感染を防ぐために、27日から海外への観光旅行が禁止になるそうです。(記事が長いので興味のない人はパスして下さい。続きは写真のあと。)若草山の山焼きの様子です。若草山の中腹でかがり火が焚かれて神事が行われます。かがり火の周りにいるのは白装束と山伏の装束をした人たちです。花火が上がったあと、山の中腹に並んだ消防団の...

  19. 神使 - A  B  C

    神使

    春日大社【お年玉プレゼントキャンペーン】年末年始・新春の一枚 2020!

  20. 春日大社で初詣(2020) - ほんじつのおすすめ

    春日大社で初詣(2020)

    飛火野の後、春日大社へ。まだ、8時前。空いていてたので、ちゃんと参拝して、お願い事も。今年のお願いごとは、壮大。叶うでしょうか?

総件数:72 件

似ているタグ