春日山のタグまとめ

春日山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには春日山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「春日山」タグの記事(23)

  1. 春日山でハイキング(ウォーキング)してみたよ(2021/07/20) - へい まささん の ひとりごと

    春日山でハイキング(ウォーキング)してみたよ(2021...

    春日山でハイキング(ウォーキング)してみたよ(2021/07/20)一年ぶりの春日山です。本来はトレランコースなのですが、当然コロナ以降は走っていないので歩きです。高畑の東海自然道から登っていきます。春日山自然道と違い石や岩が多くて歩きにくいです。完全に運動不足で最初からゼイゼイしてます。朝日観音で休憩です。こちらが観音さまです。天気が良く空が青いです。苔むす倒木です。苔のアップです。巨木で...

  2. 贅沢なわらびとり - がちゃぴん秀子の日記

    贅沢なわらびとり

    ここは奈良の春日山眼下には東大寺、奈良県庁向こうの山は生駒山が見えます。春日山はわらびの宝庫一昨年までは滋賀県の友達の別荘地にわらびとりに行ってたのですが昨年はコロナの為行けなくて今年は近場でわらびとりです。山を下ってしまうと平たんなのですがそこここにワラビが出ていてまるでチンアナゴのようです。あく抜きしたワラビはカツヲをかけて刺身で食べたりタケノコと炊いたり今日のお昼ごはんは山菜そばにしま...

  3. 20210410 【春日山】カモシカに出会った - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20210410 【春日山】カモシカに出会った

    藪の中でガサガサッと音がしました。「熊かな?」怖いもの見たさで、音がする方を見てみました。草を食んでいます。熊ではありません。「カモシカがいるよ!」少しづつ近づいてきます。間違いなくカモシカです。そして、ジーーーーッとこちらを見ています。まだ若い。こちらに興味津々ということでしょう。しばらく睨めっこ。一瞬、実を翻すと、藪の中に消えていきました。しばらくガサガサッと音がしていました。

  4. 20210410 【植物】春日山の花々 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20210410 【植物】春日山の花々

    10日午後、「少し運動しないと体力が落ちてしまう」ということで、春日山に登ってきました。上杉謙信の居城跡です。兵どもの夢の後は今、市民の憩いの地になり、コロナ禍でも賑わっていました。ここはまた、花の山でもあります。ゆっくりと花を愛でながら登ってきました。丁度良い運動になりました。ショウジョウバカマオオシマザクラエンレイソウノアザミテングスミレ=ナガハシスミレトキワイカリソウ

  5. 20210410 【春日山】カタクリ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20210410 【春日山】カタクリ

    越後の里山は今、どこへ行ってもカタクリ(片栗)が咲いています。春日山も例外ではありません。

  6. 春日山 - 風路のこぶちさわ日記

    春日山

    山旅さんの木曜山行の案内を覗いてみたら・・・「あまりに軽い行程なので、厳しい山歩きをご希望の方はご遠慮ください」と書いてあるではありませんか!これはきっと私(たち)を誘っているに違いない・・・と(勝手に)解釈。行先はまたしても聞いたことのない「鳥坂峠から春日山」?どこ???新鳥坂(とっさかと読むらしい)トンネル着。昔の古いトンネルがあったという場所まで行き、急登を30分位?道は乾燥していて落...

  7. 20201021 【ハイキング】春日山へ大手道から - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20201021 【ハイキング】春日山へ大手道から

    21日、すっかり青空が拡がった。上越タイムスに「大井戸の井戸替え」という記事があったので、「春日山へでも行って見ようか」ということで、出かけた。大手道から権現堂へ行き、そこから「大井戸」を見に行くことにした。大手道は久しぶりだ。御前清水の駐車場に車を停める。水汲みの人がいる。女性が大手道に入って行った。先行者がいることは、何かと心強い。田んぼの中の近道を通って、大手道に出る。整備された道だ。...

  8. 20200523 【植物】サンカヨウの実 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200523 【植物】サンカヨウの実

    サンカヨウの実がもう真っ黒になっていました。今年は何もかもが早く進んでいるようです。

  9. 20200523 【植物】白花のムラサキサギゴケ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200523 【植物】白花のムラサキサギゴケ

    ムラサキサギゴケの花は。紫だと思っていました。白花のものがありました。何と呼べばよいのでしょうか?白色紫蘭白花山吹・・・通常のもの

  10. 20200523 【春日山】松 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200523 【春日山】松

    春日の山の松の風高き響きを今に聞くあら川岸の荻の月久しき影を仰ぐかな東本町小学校の校歌一番の歌詞です。ここで歌われているように、春日山はかつて松の木に覆われていました。それが杉の木に占拠されてしまったのを憂い、復旧作業が進められています。春日山の山頂のの松の木。それが芽吹きを迎えていました。

  11. 2020523 【蝶】アサギマダラ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    2020523 【蝶】アサギマダラ

    今日はまたまた珍しい蝶に出会いました。アサギマダラです。高原ではよく見かける蝶ですが、「この地で、この時期に」と思います。「渡り」で知られる蝶ですが、この個体はこの地で羽化したような、新鮮な姿です。

  12. 20200523 【蝶】ミヤマカラスアゲハ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200523 【蝶】ミヤマカラスアゲハ

    先日にもましてミヤマカラスアゲハがたくさん飛び交っていました。比較的近くまで寄ってきてくれます。

  13. 20200523 【蝶】モンキアゲハ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200523 【蝶】モンキアゲハ

    春日山神社下の駐車場。その近くのノアザミの群落で、今日はモンキアゲハが珍しく吸蜜していました。しかし、遠い。

  14. 20200523 【春日山】毘沙門天 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200523 【春日山】毘沙門天

    「私も行きたい」というので、妻とともに再び春日山へ行ってきました。先日とほぼ同じルートです。頂上の毘沙門堂。謙信が戦勝祈願をしたというお堂です。中に毘沙門天が安置されています。

  15. 2020519 【蝶】再び、ミヤマカラスアゲハ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    2020519 【蝶】再び、ミヤマカラスアゲハ

    帰ろうと、春日山神社の石の階段を降りてきました。駐車場の前の藪。ここにもノアザミの群落があります。そこで、モンキアゲハとミヤマカラスアゲハがじゃれあって飛び交っていました。しかしまたまたモンキアゲハは敏捷に飛び去って行きました。残されたミヤマカラスアゲハが吸蜜を始めました。

  16. 20200519 【蝶】アオスジアゲハ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200519 【蝶】アオスジアゲハ

    三の丸から甘粕屋敷へ下り、車道に出ました。崩落地のところでアオスジアゲハに出会いました。この蝶、わが家の近くにも時々来るのですが、飛翔が激しく飛び回っていて、こんなふうにじっくりととまってくれません。

  17. 20200519 【蝶】ウスバシロチョウ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200519 【蝶】ウスバシロチョウ

    この時期、この地方の里山では、至る所でウスバシロチョウを見ることができます。春日山も例外ではありません。羽化したばかりの新鮮な個体が、葉の上で翅を広げて、日光浴をしていました。

  18. 20200519 【蝶】コチャバネセセリ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200519 【蝶】コチャバネセセリ

    ノアザミの吸蜜では、コチャバネセセリも負けてはいません。小さな蝶ですが、こまめに動いて、しっかりと吸蜜しています。

  19. 20200519 【蝶】ミヤマカラスアゲハ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200519 【蝶】ミヤマカラスアゲハ

    春日山はいたるところにノアザミの群落があります。このノアザミの蜜が大好きなミヤマカラスアゲハが、一心不乱に吸蜜していました。時々、別の個体がちょっかいを出しに来り、キアゲハが絡みついたり、モンキアゲハが果敢にアタックします。このモンキアゲハ、写真に収めようと身構えているのですが、飛翔が速いのとなかなか吸蜜してくれず、結局諦めました。

  20. 20200519 【春日山】トンボが飛んできた - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200519 【春日山】トンボが飛んできた

    山頂の井戸から、景勝屋敷へ向かった時、バサバサッと音がして、近くの葉に、何かがとまりました。オスとメスが繋がったトンボでした。

総件数:23 件

似ているタグ